自動車ローンの借り換え

close
自動車ローンの借り換え
返済額は安くなる?

自動車ローンの借り換えと注意点

自動車ローンを組んで自動車を購入した後に、「毎月の支払いが安くならないか」と考える人は少なくないと思います。
これは実現不可能なことではありません。
具体的な方法として、ローンの借り換えを行うことで実現できます。
ここでは自動車ローンの借り換えについてご紹介します。

借り換えのメリット・デメリット

「ローンを借り換えると金利が安くなり、返済が楽になる」といった広告が多いですが、ローンの借り換えには、メリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。

メリット

  • ローンの金利を下げられる
  • 月々の返済額・返済期間を見直すことができる

デメリット

  • 借り換えの手続きが面倒
  • 借り換えにも手数料が掛かる

メリットである「ローンの金利を下げられる」という点と、「手数料が掛かる」というデメリットのバランス次第では、支払総額が高くなってしまう恐れがあります。

Check! 月々の返済が苦しい時にも使えるローンの借り換え

月々の返済が苦しい時にも使えるローンの借り換え

ローンの借り換えは「支払総額を減らしたい」という人だけでなく「返済期間を伸ばし、月々の返済額を減らしたい」という人にとっても選択肢の一つとなります。

ローンを借り換えるということは、今のローンを返済し、新しいローンを組むということ。そのため返済額や返済期間を、新た設定し直すことができるのです。

現在ご利用中のローンでも、返済期間の見直しなどに応じてもらえる場合もありますので、まずはローンを借りている会社・銀行に相談してみてもいいでしょう。

借り換えで損しないための確認ポイント

ローンを借り換えるには手間もかかるので、絶対に損はしたくないもの。金利だけで判断せずに、以下のポイントをしっかりと確認してください。

  • 今のままローンを返済すると、残りの返済額はいくらになるのか
  • 繰り上げ返済をすると、返済額はいくらになるのか

    ‐ 今のローンを繰り上げ返済するのに手数料はいくら掛かるのか
    ‐ 新たなローンの、保証料を含めた金利や返済額はいくらなのか
    ‐ 新たなローンの事務続き手数料はいくら掛かるのか

  • 低金利で借りられる、勤め先の貸付制度などないか

特に注意したいのが、新たなローンを借りるのに必要な、事務手続き手数料や保証料です。今ローンを借りている会社・銀行と、乗り換え先の候補に問い合わせをして、きちんと総額を確認するようにしましょう。

Check! 金利によってこんなに変わる総支払額

金利が違えば総支払額が違うことは分かっても、「どれくらい変わってくるのか」というのは分かりにくいもの。一例として「借入額230万円、60ヶ月(5年)払い、事務手数料2万円」の場合での支払総額、利息の総額をご紹介します。

金利(年率)※参考値 毎月の支払額 支払総額 利息の総額
メガバンク 2.98% 41,302円 2,496,000円 176,000円
自動車ディーラー 7.80% 46,416円 2,809,000円 489,000円
地方銀行 2.50% 40,819円 2,467,000円 147,000円
信用銀行 1.70% 40,013円 2,419,000円 99,000円
信販銀行 3.40% 41,738円 2,526,000円 206,000円

借入額が大きければ、金利による返済額の差も大きくなります。
そのため「まだローンが多く残っている」という人ほど、ローンの借り換えによって負担が下がる可能性が高いでしょう。

クルマも見直して家計を楽に

ローンの借り換えのタイミングで一緒に検討したいのが、クルマの乗り換え。
ライフスタイルに合わないクルマに乗り続け、知らないうちに損をしているという人も少なくないのです。

例えば子どもが小さいうちには何かと便利なミニバン。しかしミニバンは燃費が悪く、また税金も高いことが多いのです。子どもが大きくなり、家族で出掛ける機会が減ったなら、思い切ってコンパクトカーにした方が得な場合もあります。

「月々の家計が楽になるなら買い替えても良い」という人も、まずはご相談ください。
ガリバーでは今のクルマの買取額、新しいクルマの値段、ローンの金利、税金やガソリン代といった維持費などを踏まえて「買い替えがお得かどうか」をご案内できます。

稲木秀多

専門家プロフィール
稲木秀多

FP2級。地方銀行の営業を経て、現在は、主夫として家事、子育てをしつつ、記事の作成等を行っている。