自動車ローン(オートローン)とは

close
自動車ローンについて知っておくべき5つのポイント!特徴、種類など基礎知識
自動車ローンについて知っておくべき5つのポイント!

特徴、種類など基礎知識

「自動車ローンって車両代にしか使えないのかな?」「自動車ローンに種類はあるの?」など自動車ローンを検討している人でも、意外に知らないことが多いもの。正しい知識を得れば、自分に合ったローンが分かり、損せずに済みます。押さえておくべき基礎知識を分かりやすくご説明します。

POINT 1 自動車ローンは他のローンと何が違うの?

クルマの購入は、時に百万円単位のお金が動く大きな買い物です。一括で払う現金が用意できない、手元の資金が心もとなくなるという人もいるでしょう。そんな時に便利なのが自動車ローンです。

自動車ローンの特徴は、一般的なローンよりも金利が安いことです。というのも、自動車ローンはその用途がクルマに関連することに限定されており、かつローンを使って購入するクルマが担保になっていることが多いからです。

POINT 2 自動車ローンは中古車にも使えるの?

自動車ローンというと、新車にしか使えないイメージの人もいるのではないでしょうか。実は、ほとんどの自動車ローンは中古車にも使えます。中古車は車両代が安いため、借入金や利息が少なくて済むというメリットもあります。

ローンを利用する、中古車ならではのメリットもあります。

中古車の場合、中古車市場に存在する在庫の中から自分の条件を満たすものを見つけなければなりません。「このクルマが気に入ったから、カラーを赤にして、サンルーフを付けて」というようなことはできないのです。

お買い得なクルマ、珍しい掘り出し物などは、一度逃すと暫く出会えない可能性もあります。そんな時にローンを使えば「あの時、あのクルマを買っておけば…」と後悔せずに済みます。

POINT 3 自動車ローンって車両代にしか使えないの?

自動車ローンは車両代にしか使えないと思われていますが、実はクルマに関連することなら他の用途にも使えるのです。

上記でもご紹介した中古車購入に加えて、車検、修理費用、更には運転免許証の取得にも使えます。また自動車に限らないことも多く、船舶・バイクの購入に活用することもできることが多いです。

これだけ様々なシーンで自動車ローンが使えることは、意外に知られていません。自動車ローンは一般的なローンよりも低金利なので、フリーローンなどを使うよりもお得です。ぜひ上手く活用してください。

POINT 4 自動車ローンってどこで借りられるの?違いはあるの?

自動車ローンというと、どこで借りるものだと思っているでしょうか。何となく、ディーラーや中古車販売店で斡旋してもらったところにしようとしていないでしょうか。

自動車ローンには、大きく分けて以下の3つがあります。

A)銀行の自動車ローン

  • 銀行(信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなども含む)が提供している自動車ローン
メリット
  • 金利が低い
  • 選択肢が多い
  • 給与振込口座や公共料金引落し口座の設定がある場合や、住宅ローンを借りている場合などに、金利優遇を受けられるケースがある
デメリット
  • 審査が比較的厳しい(勤続年数など)
  • 審査に日数がかかることが多い
  • 支店に出向く必要があることが多い
  • 別途、保証料、事務手数料がかかる場合がある

B)信販会社の自動車ローン

  • クルマの販売会社経由で申し込む自動車ローンが主流
メリット
  • 審査が緩い(勤続年数など)
  • 手続きがラク(販売会社の店頭で手続きが済む、審査と購入のタイミングの調整の必要がない、など)
  • 金利優遇キャンペーンをやっていることがある
デメリット
  • 金利が高い
  • 選択肢が限られる
  • 返済が終わるまで車の所有権が信販会社や車の販売会社にあるため、車の売却・買い替えの場合はローンの一括返済を求められる

C)その他、自動車の購入などに利用できるローン

  • 多目的型のフリーローン、大口融資枠付きカードローンなどがあり、特徴は様々。
  • 一般に、銀行、信販会社、消費者金融会社の順に金利が高くなる。
  • 使用目的を申し込み時に申告するタイプと、使用目的を問わないタイプとあり、前者の方が金利は低い

Aの銀行の自動車ローンの特徴は、端的に言うと「審査が厳しく手間もかかるが金利が低い」という点です。勤続年数などの点で審査に問題がない人、かつ手間ヒマがかかっても金利が低い方がいいという人には銀行の自動車ローンがおすすめです。

Bの信販会社のローンの特徴は、端的に言うと「審査が緩く便利だが金利が高い」という点です。転職、就職したばかりなど、審査に自信がない人には信販会社の自動車ローンがオススメです。もちろん、まずは銀行の自動車ローンに申し込んでみて、審査が通らなかった時には信販会社提携の自動車ローンに申し込むという選択肢もあります。

ただしローンにトライする回数は2度か3度までにすべきです。ローンの申し込みをした記録は個人信用情報機関に「照会」記録として6か月残るからです。過去6か月の「照会」件数が多いと、「最近この人はお金に困っている」と見なされ、より審査に通りにくくなる可能性があります。

審査に通るためのポイントについてはこちらでもご紹介していますので、併せて参考にしてください。

POINT 5 お得な自動車ローンの選び方は?

自動車ローンの種類や特徴が分かると、気になるのは「具体的にどこのローンを選ぶべきか」という点です。ついつい金利にばかり目が行ってしまいますが、以下のようなポイントも重要です。

  • ローンとは別に保証会社の利用は求められるか
  • ローンの金利以外に負担しなければならない手数料はどのくらいか
  • 家計に負担のない回数でローンが組めるか
  • ボーナス払いなど、自分にあった支払いのオプションはあるか
  • 今のクルマのローンが残っている場合、それに対応できるプランはあるか
画像:銀行ローン

支払い回数や月々の支払金額については、インターネットでシミュレーションできるサイトも多いので、活用してみるのもいいでしょう。またこちらのページでもローンの組み方のポイントについてご案内しています。

既に取引がある銀行だと、顧客限定のキャンペーンなどが用意されている場合もあるので、銀行のホームページなどをチェックしてみてください。また決算期などは、ディーラーや中古車販売店でも金利割引キャンペーンなどが行われています。こちらも見直さないようにしましょう。

ガリバーではこちらでご案内しているように様々なローンを用意し、お客さま一人ひとりに合ったローンをご案内しています。「月々の負担は抑えつつ、できるだけ利息は少ない方が良い」「月々1万円くらいのローンで買えるクルマはないか」など、クルマ選びからローンまでトータルでサポートしていますので、まずはお気軽にご相談ください。