オートローンとは

close
自動車ローンとは?
オートローンとは?

自動車ローンで最初に知るべき5つの基礎知識

「自動車ローンって車両代にしか使えないのかな?」「自動車ローンに種類はあるの?」など自動車ローンを検討している人でも、意外に知らないことが多いもの。正しい知識を得れば、自分に合ったローンが分かり、損せずに済みます。押さえておくべき基礎知識を分かりやすくご説明します。

POINT 1

自動車ローンは金利が低い

意外に知られていないことですが、自動車ローンは、一般的なローンよりも金利が低いことが多いです。

金利が低く抑えられているのには、理由があります。
自動車ローンは用途がクルマに関連することに限定されており、ローンを使って購入するクルマが担保になっていることが多いからです。

POINT 2

中古車や免許取得にも使える

自動車ローンは一般的に、用途が「クルマに関連すること」である場合にのみ使えます。以下のような用途も「クルマに関連すること」なので、自動車ローンを使えることが多いです。

  • 新車の購入
  • 中古車の購入
  • クルマの修理、整備
  • 車検
  • 自動車免許の取得
  • バイクの購入など

なおローンの使途を証明するため、見積書・領収書や、自動車免許学校のパンフレットなどを提出するよう求められることがあります。

POINT 3

実は自動車ローンにも種類がある

自動車ローンには大きく分けて「①銀行のローン」「②信販会社のローン」「③その他のローン」と3種類があり、それぞれに特徴があります。

①銀行の自動車ローン

  • 銀行(信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなども含む)が提供している自動車ローン
メリット
  • 金利が低い
  • 様々な銀行から自分で申し込み先を選べる
  • 住宅ローンなど他の取引がある場合、金利優遇が受けられる場合も
デメリット
  • 審査が比較的厳しく、日数が掛かることが多い
  • 審査のために、銀行の本支店に出向く必要があることが多い
  • 別途、保証料、事務手数料がかかる場合も

②信販会社の自動車ローン

  • クルマの販売会社経由で申し込む自動車ローンが主流
メリット
  • 審査はそれほど厳しくない
  • 販売会社の店頭で手続きが済むなど、手続きが楽
  • 決算期など、金利優遇キャンペーンをやっていることも
デメリット
  • 銀行の自動車ローンに比べると、金利が高い
  • 販売会社が取り扱うローンから選ぶため、選択肢が少ない
  • クルマの売却・買い替えの場合は、ローンの一括返済を求められる

③その他のローン

  • 多目的型のフリーローン、大口融資枠付きカードローンなどがあり、特徴は様々
  • 一般に、銀行、信販会社、消費者金融会社の順に金利が高くなる
POINT 4

審査を受けるほど借りにくくなる

「できるだけ金利が低いローンにしたい」といくつも審査を受ける人がいますが、審査を受ければ受けるほど、次の審査に通りにくくなる可能性があります。

というのも、ローンに申し込むと「個人信用情報機関」にそのことが記録されるためです。
ローンの審査時は「過去6か月の申し込み回数」もチェックされるため、何度もローンに申し込んでいると「この人はお金に困っている」と判断されることがあるためです。

ガリバーでは、チャットでローンの仮審査が受けられるサービスを行っています。チャットだけで仮審査が完了するため、まとまった時間が取りにくい人でも簡単に申し込みができます。

自動車ローンの審査に関するさらに詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてください。

POINT 5

金利だけで比較すると損をする場合も

自動車ローンは金利だけで比較されることが多いのですが、しっかりと条件を確認しないと、総支払額が多くなったり、ローンを使っているのに家計が苦しくなったりすることがあります。
「見落としている負担はないか」「自分に合ったローンなのか」を見極めるためにも、以下のような点も踏まえてローンを選ぶようにしましょう。

  • ローンとは別に保証会社の利用は求められるか
  • ローンの金利以外に負担しなければならない手数料はどのくらいか
  • 家計に負担のない回数でローンが組めるか
  • ボーナス払いなど、自分にあった支払いのオプションはあるか
  • 今のクルマのローンが残っている場合、それに対応できるプランはあるか

ガリバーでは、お客様の家計にあった返済ができるように様々なプランをご用意しています。
84回まで自由に支払い回数が決められるプランや、買い替え時にローンを1本化できるプラン、最後にまとめて払うことで月々の支払額を抑えられるプランなどがあります。