自動車ローンの審査を通すためのコツ

close
自動車ローン返済に関する3つのポイント!選び方、タイミングで通りやすさが違う?

自動車ローン返済に関する3つのポイント! 選び方、タイミングで通りやすさが違う?

「自動車ローンの審査に通るか心配…」「大丈夫だと思ったのになぜか落ちた」など、不安や心配が多いのが自動車ローンの審査。そもそも、どうやって審査されるのでしょうか。ローンの種類やタイミングによっても、審査の通りやすさが変わります。今回はローンの審査について知っておくべきポイントを分かりやすくご説明します。

POINT 1 審査に通りやすいローン?通りにくいローン?

自動車ローンには、大きく分けて「金融機関による自動車ローン」と「信販会社による自動車ローン」があります。この2つには、それぞれ特徴があることをご存知でしょうか。

金融機関による自動車ローンは、金利が安い反面、審査が厳しく書類手続きが面倒なのが特徴です。金利が安いのは嬉しいですが、審査に通らず借りられないのでれば元も子もありません。信販会社による自動車ローンは、金融機関のものに比べると金利が高めです。しかし審査は緩く、また審査のスピードも早いことが多く便利です。

少しでも金利が安い方が良いという人は、金融機関の自動車ローンに申し込んでみて、審査に落ちたら信販会社を利用するという手もあります。ただし何度も繰り返すと、もっと審査に通りにくくなるため注意をしましょう(詳しくは POINT 3 へ)。

POINT 2 審査では何を見られる?

そもそも、自動車ローンの審査では何を見られるのでしょうか。チェックされる観点は、大きく以下の3つです。

A)過去の「事故歴」「照会件数」など 個人信用情報機関の登録記録をもとに実施
B)「他社での借入残高」「契約件数」「利用可能限度額」など 個人信用情報機関の登録記録をもとに実施
C)属性審査 年齢・職業・勤務先・勤続年数・年収・家族構成など、申込書に書かれた個人情報をもとに実施

これらの個人信用情報機関に登録されている情報が、ローンの審査においては大きな影響を持ちます。

【よくある質問①】「事故歴」や「照会件数」って何?

  • 事故歴

    延滞や破産など、過去の返済トラブル。個人信用情報機関で記録されるのは5年間

  • 照会件数

    ローン申し込みを受け、金融機関が個人信用情報機関に登録情報の照会(問い合わせ)をした回数。基本的にはローン申し込み回数と同じ件数であり、過去6か月分の記録が登録されている

ローン審査において最も重視されるのが、この事故歴と照会記録です。返済トラブルの記録が残っていると「この人はまた延滞や破産をするのではないか」と思われ、審査が通りにくくなります。

また照会件数が多いということは何度もローンに申し込んでいるということであり、「この人はお金に困っている」と判断されやすいです。特に銀行や信用金庫などの金融機関は、この照会件数を審査の重要事項にしています。。

【よくある質問②-1】他社での借り入れが残っている場合はどうしたらいいの?

  • 自社・他社を含めた総借入残高は、返済能力を判断する重要な情報ですが「借り入れがある人は全てお断り」という訳ではありません。年収や返済期間も含めて判断されますので、無理のないローンを組んでいれば、審査に通る可能性はあります。

【よくある質問②-2】「年収のわりに借り入れが多いかも…」という場合にはどうしたら良いでしょうか?

  • ローンの審査に通りたいからといって、申込書に嘘を書くのはお勧めしません。ローン件数や借入残高はもちろん、クレジットカードの利用限度額情報まで個人信用情報機関に登録されているからです。

お勧めなのは、他社のローンを繰り上げ返済することです。それが難しい場合は、自動車ローンの金額を減らす方法についても考えてみましょう。頭金を用意してもいいですし、購入するクルマを見直してもいいでしょう。

ガリバーでは「新車の代わりに使用済み未使用車にする」「年式を1年だけ古くする」「装備が少ないクルマにする」など、それぞれが「気にならないポイント」で上手くクルマの値段を抑えるアドバイスもしていますので、お気軽にご相談ください。

【よくある質問③】属性審査で重視されるポイントは?

属性審査でチェックするポイントや審査基準は各社によって異なりますが、おおむね申込書に書かれた下記のような情報もとに行われます。

  • 年齢
  • 勤務先、勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 持ち家の有無

審査で重視されやすいのが「勤続年数」です。「何年以上」という明示された基準はないですが、一般に銀行の自動車ローンの場合、勤続年数の目安は3年以上と言われています。ローンの審査の際は勤務先に在籍や勤続年数の確認が入るので、嘘を記入しないようにしましょう。

勤続年数が少ない場合は、取引実績のある銀行の自動車ローンを狙ったり、審査に通りやすい信販会社の自動車ローンにしたりなどの工夫が必要です。審査に通りやすいローンについて、詳しくはこちらもご覧ください。

その他の重要項目は年収です。年収と年間の返済額の比率がどのくらいかという「返済比率」が審査の判断材料になりますので、年収が多い方が有利なのは間違いありません。年間の返済額とのバランスで見られるので、年収に不安がある場合は、「頭金を用意する」「クルマの条件をどこか妥協する」などローンの借入額を減らす工夫をしましょう。

POINT 3 審査に通るための工夫とやってはいけないことは?

ここまで、審査で何を見られるのかをご紹介しました。これを踏まえると「やるべきこと」と「やってはいけないこと」が見えてきます。

  • 申請内容に嘘や偽りは書かない
  • 返済事故歴がある場合は、5年待ってから自動車ローンに申し込む
  • 6か月以内のローンの申し込みは2~3件までにする
  • 他社のローンや利用限度額を減らしてから1か月待ってから自動車ローンに申し込む
  • 自動車ローンの審査が終わるまで転職や退職は待つ

個人信用情報機関にはクレジットやローンに関するあらゆる情報が登録されていますし、勤務先や勤続年数についてもチェックされます。情報が保管される期間は項目によって差がありますので、そのタイミングを上手く活用しましょう。

POINT 4 審査が不安なら事前審査(仮審査)という方法も

ここまで、審査で見られる項目や、審査を通りやすくするためにできることについてご紹介しました。

しかしそれでも「年収や勤続年数が足りないかも…」「申し込みをするだけで照会件数が増えるなら、もっと審査に通りにくくなるのでは?」と心配な人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、事前審査(仮審査)です。事前審査とは、申込者が自分で申請した「年収」や「他社からの借入金額」などを元に、各社が自社内で返済能力を審査する仕組みで、以下のようなメリットがあります。

  • 審査に通りそうか、いくらくらい借りられそうか予め分かる
  • 複数社を同時に申し込んでも問題ない
  • 自社内で審査するため、3~7営業日程度で結果が分かる
  • 個人信用情報機関を使わないので、照会件数が増えない

審査に必要な情報については自己申告が基本なので、個人信用情報機関の登録内容と大きく乖離がある場合には、本審査で落ちるという場合もゼロではありません。正確な結果を得るためにも、正しく申告するようにしましょう。

なお、こちらからローンの仮審査をチャットで行うことができます。「ローンが組めそうか」「いくらくらいのクルマなら大丈夫そうか」というご相談も承っています。「月々の支払いを抑えたい」「月1万円のローンで収まるクルマが良い」など、一人ひとりの希望や予算に合わせたクルマ選びをご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。

自動車ローンの選び方、審査に関する他の記事