この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
「コンパクト」の定義
7人乗れるコンパクトカー全車種
コンパクトさが長所であり短所
コンパクトさが売りのフリードとシエンタ
3列目重視ならフリード
荷物スペース重視ならシエンタ
商用車としても使われるバネット
もう一回り大きい5ナンバーミニバン
「プロパイロット」を備えるセレナ
見た目が選べるトヨタの3兄弟

「コンパクト」の定義

クルマのカテゴリとして「コンパクトカー」という言葉がよく使われますが、実は明確な定義は決まっていません。一般には「全長が4,400mm級未満の、軽自動車以外」を指すことが多いです。

他方で、「5ナンバー車」を「コンパクトカー」ということもあり、この場合、先ほどの「全長が4,400mm級未満」より一回り大きくなります。

(※5ナンバー車の定義は「全長4.7メートル以下、かつ全幅1.7メートル以下、かつ全高2.0メートル以下、かつガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下」と法律で定められています)

7人乗れるコンパクトカー全車種

このような「コンパクト」の定義を満たしながら、3列シートを備えたクルマはそれほど多くありません。現在販売されているクルマだと、以下の車種が挙げられます。

【全長4,400mm級未満かつ5ナンバー】
・ホンダ「フリード」
・トヨタ「シエンタ」
・日産「NV200バネット(16X-3R)」

【5ナンバー車】
・トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」
・日産「セレナ」
・スズキ「ランディ」(セレナのOEM車)

上記のクルマは一般に「ミニバン」というカテゴリにも含まれるため、「コンパクトカー」ではなく「コンパクトミニバン」と呼ばれることが多いです。

コンパクトさが長所であり短所

サイズに少し違いがあるものの、コンパクトミニバンの特長は良くも悪くも「小さくて」「ミニバンである」ということ。コンパクトであることがメリットにもデメリットにもなっています。

【メリット】
・サイズが小さいため運転しやすい
・スライドドアなどミニバンの利便性はそのまま
・大きなミニバンに比べ低燃費
・大きなミニバンよりも税金も安い

【デメリット】
・小さいクルマほど3列目か荷物スペースが狭い
・2列5人乗りと比べると後方の視野が悪いことも
・排気量が小さいため、走行性能は大型ミニバンに劣ることも

ただし、その人が求めるものに合ったクルマを選べば、デメリットはそれほど気にならなくなるでしょう。

コンパクトさが売りのフリードとシエンタ

「全長4,400mm級未満」と、いわゆるコンパクトカーと変わらない大きさで人気なのが「フリード」と「シエンタ」。どちらも小さなサイズなので「大きいクルマはちょっと…」「ミニバンは初めて」という人でも運転しやすいでしょう。

他方でコンパクトなサイズゆえに、3列目シートも荷物スペースのどちらかが犠牲になるというのがこのサイズのデメリットです。この点においてフリードとシエンタでは重視するポイントが異なるので、「3列目をどう使う予定なのか」でオススメが変わります。

3列目重視ならフリード

・全長4,265mm×全幅1,695mm×全高1,710-1,735mm

3列目のシートがある程度広く、座り心地も良いのはフリードです。「兄弟が多い」「祖父母と同居している」など、普段から3列目を使う機会が多い人には、フリードの方が良いでしょう。

他方で3列目シートがしっかりしているため、その後ろにある荷物スペースはかなり狭いです。また3列目を格納する時はクルマの側面に跳ね上げる形なので、高さも幅もある家具などは載せられない場合も出てくるでしょう。

荷物スペース重視ならシエンタ

・全長4,260mm×全幅1,695mm×全高1,675mm

それに対し、シエンタの3列目シートは「予備のシート」という印象。作りは簡素なので、大人が長いあいだ座っていると疲れてしまいます。

しかし3列目シートを床下に格納できるので、荷物スペースをすっきりさせられるのは大きな魅力です。「普段は5人乗れれば充分」「大きな荷物を載せることがある」といった人にはシエンタをおすすめします。

商用車としても使われるバネット

日産「NV200バネット」というモデルは、CMなどで見かける機会も少ないため耳慣れないかもしれません。商用車としても展開されているクルマで、「16X-3R」というグレードは3列シートを備えています。

元々商用車として開発されたので内装などはシンプルですが、2列目や3列シートのきれいに格納することができ、そのスペースに自転車3台でも載せられるほどの荷物スペースを確保することができます。「人よりも荷物を載せることが多い」という人にはおすすめです。

もう一回り大きい5ナンバーミニバン

「3列目も荷物スペースも大事」という人には、シエンタやフリードよりは一回り大きい5ナンバーミニバンをおすすめします。一回り大きいとはいえアルファードやヴェルファイアなどの大型ミニバンに比べるとコンパクトであるため、運転しやすく、また排気量や重量も小さいので税金も安くて済みます。

「プロパイロット」を備えるセレナ

・全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,865mm

この5ナンバーミニバンの中で高い性能を備えているのが日産の「セレナ」。優れた先進運転支援システムである「プロパイロット」を導入して、非常に話題になった一台です。またエンジンで発電し、その電力で走るe-Powerも高く評価されています。
アクセルひとつで発進から停止まで完結することができるため、運転しやすく疲れにくいと評判です。

ちなみにスズキの「ランディ」はセレナのOEM車であり、ベースは同じ。ただしプロパイロットもe-Powerも搭載していないので、シンプルなコンパクトミニバンとして捉えると良いでしょう。

見た目が選べるトヨタの3兄弟

・全長4,695~4,710 mm×全幅1,695~1,735 mm×全高1,825~1,870 mm

トヨタの「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」は名前こそ違いますが、ベースは全て共通している兄弟車。見た目が大きく異なるほかは細かなグレード設定やオプションに差があるだけなので、好みのデザインから選べるのは嬉しいポイントです。

グレードによって5ナンバーサイズのものと、より大きな3ナンバーサイズのものがありますが、これも車内の広さが変わるからではなく、エアロパーツなど見た目が変わるのが一番の理由。実際の乗り心地や使用感にはほとんど差がないと考えて良いでしょう。

ただしモデルチェンジをしてから時間が経っており、装備などは少し古さが目につきます。「どのコンパクトカー、コンパクトミニバンが分からない」という場合はお気軽にご相談ください。ガリバーではメーカー横断で「一人ひとりにピッタリのクルマ」をご提案しています。