この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
7人乗り中古車を選ぶメリット
ランキングの注目ポイント
人気1位 トヨタ「アルファード」
人気2位 日産「セレナ」
人気3位 トヨタ「ヴォクシー」
人気4位 トヨタ「ヴェルファイア」
人気5位 トヨタ「エスティマ」
6位以下には他のボディタイプも
「隠れたオススメ」もチェック

7人乗り中古車を選ぶメリット

7人乗りのクルマは、ボディサイズや排気量の大きさも手伝い、どうしても車両価格が高くなりがちです。「大きなクルマは維持費も高いから、燃料代を考えてハイブリッド車を…」と考えると更に車両代が高くなります。

例えばトヨタ「アルファード」の人気グレードを買おうとするとガソリン車で予算450万円ほど、ハイブリッドだと予算500~570万円ほどは必要になります。

そんな7人乗りこそ、中古車で買うと初期の購入費用を抑えられるというメリットが大きいです。車両代が安ければ、それに比例する消費税やその他の税金、さらにはローンを組む場合の金利も抑えることができます。

ランキングの注目ポイント

そこで今回は、7人乗り中古車の人気ランキングを、中古車相場と共にご紹介します。中古車に目を向けることで、以下のようなクルマを見つけやすくなります。

・新車だと手が届きにくい高価なクルマ
・既に販売したものの、高く評価され続けているクルマ

たとえば新車だと、価格も手頃なコンパクトミニバン「シエンタ」「フリード」などが上位に来ますが、中古車だと、より新車価格が高い大型ミニバンが上位に来る傾向があります。

また販売終了後も人気が衰えないクルマ、あるいは販売終了したことで中古車の相場も下がり値頃感があるクルマも見つけやすくなります。

※以下のランキングで紹介している中古車の相場価格は平成31年・令和1年12月時点のもので変動する可能性があります

人気1位 トヨタ「アルファード」

・中古車相場:198.9万円〜1507.3万円
・全長4,945-4,950mm×全幅1,850mm×全高1,935-1,950mm

迫力系フェイスとラグジュアリーな車内空間で新車人気おすすめランキングでも1位だったアルファードが、中古車人気ランキングでも堂々の1位を獲得。新車では一番安いグレードでも約300万円からですが、中古車では少しは手が届きやすくなります。とはいえ人気車種なので、中古車価格としては高止まりしていると言っていいでしょう。

よく比較されるのは兄弟車であるヴェルファイア(本ランキング4位)に加えて、同じサイズ感のミニバンである日産のエルグランド(同6位)やホンダのステップワゴンです。エルグランドやステップワゴンの方が価格もリーズナブルなので、比較検討することをお勧めします。

人気2位 日産「セレナ」

・新車価格(税抜):175.9万円~
・全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,865mm

アルファードより一回り小さい、5ナンバーサイズの日産「セレナ」が中古車人気ランキングの第2位。こちらも新車でも人気の車種で、先進運転技術である「プロパイロット」や日産独自のハイブリッドシステムである「e-POWER」がその人気の秘密です。またより古いモデルを選ぶ時も、2012年のマイナーチェンジ後に追加されたマイルドハイブリッドモデル「S-Hybrid」を選ぶことをお勧めします。

セレナ最大のライバルは、本ランキングでも3位に入っているヴォクシーと、そのヴォクシーの兄弟車である「ノア」「エスクァイア」。また10位に入っているホンダの「ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ(※ステップワゴンのスポーティーモデル)」も同じサイズ感でしばしば比較されます。

人気3位 トヨタ「ヴォクシー」

・中古車相場:5万円〜421.9万円
・全長4,695~4,710 mm×全幅1,695~1,735 mm×全高1,825~1,870 mm

7人乗り中古車で人気ランキング3位にランクインしたのは、トヨタのミニバンであり、アルファードやヴェルファイアよりは一回り小さいヴォクシー。同じトヨタのミニバンであるノア、エスクァイアとは兄弟車であり、見た目やグレード設定は異なるものの、基本的な構造は同じです。そのため、この3モデルで迷ったら見た目の好みで選んで良いでしょう。

モデル末期になっているため、中古車在庫もかなり豊富になっており、その分だけ価格相場も下がってきています。しかし安全装備については充実していない車両が多いので、同じサイズ感の日産「セレナ」やホンダ「ステップワゴン」と比べる時には安全装備を重点的に確認しましょう。

人気4位 トヨタ「ヴェルファイア」

・中古車相場:199.8万円〜789.8万円
・全長4,945-4,950mm×全幅1,850mm×全高1,935-1,950mm

このランキングで1位だったアルファードの兄弟車であり、より押し出し感の強い顔つきを備えたヴェルファイアが7人乗り中古車人気ランキングの第4位。顔つきやグレード設定が違うだけなので、まずは見た目の好みでどちらにするのか決めると良いでしょう。

このアルファード、ヴェルファイアは今でこそ安全装備も充実していますが、2018年のマイナーチェンジまではトヨタセーフティーセンスが付いていないグレードも珍しくありませんでした。中古車を購入する時には、安全装備を重点的にチェックするようにしましょう。また、マイナーチェンジ前は顔つきも少し異なるので、併せて確認してみてください。

人気5位 トヨタ「エスティマ」

・中古車相場:5万円〜376万円
・全長4,820 mm×全幅1,810mm×全高1,730-1,760mm

中古車のランキングだからこそスポットライトが当たる、販売終了してしまったエスティマが第5位にランクイン。アルファード/ヴェルファイアとヴォクシー/ノア/エスクァイアの間のサイズのクルマです。

2006年に発売されて以来、「トヨタの天才卵」として長年愛されてきたロングセラーモデル。非常に人気があり新車の販売台数も好調でしたが、それだけに中古車市場に流通する台数も増えています。また新車販売が終了したことで相場も下がってきている今が買い時と言っていいでしょう。

ガソリン車も販売されていましたが、おすすめはハイブリッドモデル。2.4Lのハイブリッドシステムで燃費は18.0㎞/L(JC08モード)と今見てもかなりのハイレベルです。

6位以下には他のボディタイプも

7人乗り中古車人気ランキングの1~5位は、2位のセレナを除き、トヨタ車がランクインしていました。それに対し、6位~10位は以下の通りホンダや日産も存在感を見せています。

6位 日産「エルグランド」
7位 トヨタ「プリウスα」
8位 ホンダ「フリード」
9位 トヨタ「ランドクルーザープラド」
10位 ホンダ「ステップワゴンスパーダ」

また1~5位がミニバンばかりだったのに対し、6位以降にはステーションワゴンのプリウスα(7位)やSUVのランドクルーザープラド(9位)など、他のボディタイプも食い込んでいます。日本はミニバン大国と言われますが、ここにも最近のSUVブームが伺えます。

「隠れたオススメ」もチェック

こうした人気ランキングは「押さえておくべきクルマの確認」や「失敗しにくいクルマ選び」には大いに役立つ一方で、「あまり人気はないけれど実は良いクルマ」を見落としやすいのが欠点です。

例えば三菱のミニバン「D:5」(上図)は、ミニバン唯一といっていい高いオフロード性能を備えた一台ですが、三菱というメーカーにあまり人気がないこともあり、上記のランキングには入ってきていません。またホンダ「ステップワゴンスパーダ」も、高い走行性能とコスパの良さを備えているのですが、これも人気ランキングでは10位と目立ちません。

こういったクルマにも光を当てるべく、ガリバーでは価格、走行性能、燃費性能、乗り心地などを踏まえたオススメのクルマのランキングをご紹介しています。あらゆるメーカーのクルマを扱うガリバーだからこそ可能なランキングですので、クルマ選びの参考にしてください。

もちろんガリバーでは「アルファードとエルグランドで迷ってるんだけど…」「セレナとヴォクシーどっちがおすすめ?」といったご相談も承っております。今のクルマの査定を受けながら、隙間時間にチャットを使ってなど、ぜひお気軽にご相談ください。