この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
選択肢が広がったSUV
7人乗りSUVのメリット・デメリット
ミニバンとどっちが良い?
7人乗りSUVがあるモデル
おすすめの7人乗りSUV
3列目も広いランドクルーザー
コンパクトなエクストレイル
ハイブリッドもあるレクサスRX
コスパも良好なCX-8
スポーティーな走りのX5
自分に合った一台を選ぶには?

選択肢が広がったSUV

日本でも次々と新しいモデルが販売され、すっかり市民権を得たSUV。以前は「大人数が乗れるクルマ」といえばミニバン一択でしたが、最近では3列シートを備えたSUVも増えてきています。

それにともない「リーズナブルな価格のモデル」「コンパクトさが売りのモデル」など、ニーズに合わせたクルマ選びができるようになってきています。

7人乗りSUVのメリット・デメリット

大人数が乗れて便利そう3列7人乗りSUVですが、メリットもデメリットもあります。7人乗りSUVが自分に合っているのか見極めるためにも、きちんと特徴を把握しておきましょう。

【メリット】
・7人まで乗れるので人も荷物も載せやすい
・大きなボディの割にスポーティーな走りが楽しめる
・車高が低く、スタイリッシュな見た目

【デメリット】
・3列目がどうしても狭くなりがち
・ミニバンに比べると、貨物スペースは狭い
・高価格のモデルが多い

ミニバンとどっちが良い?

同じ3列シートを備えるクルマとしてミニバンが挙げられます。ミニバンの場合、ボックス型のボディの分だけ車内空間が広く、人が乗るスペースも、また荷物を載せるスペースも広く確保しやすいです。またミニバンの場合には、フルフラットにして車中泊をしやすい形・工夫がされているモデルが多いです。

他方で、その四角く大きなボディがゆえに空気抵抗が大きいのがミニバンの欠点です。そのため走りが重たくなったり、燃費が悪かったりといった欠点もあります。

自分にとって重視するポイントに合わせて、ミニバンにするのかSUVにするのか決めることをおすすめします。

7人乗りSUVがあるモデル

日本では長らくミニバンが人気であったため、まだ3列7人乗りのSUVのモデルは以下のように数が限られています。

【国産車】
・トヨタ「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」
・レクサス「RX450L」
・日産「エクストレイル」
・マツダ「CX-8」
・ホンダ「CR-V」
・三菱「アウトランダー」

【外国車】
・メルセデスベンツ「GLS」
・BMW「X5」
・アウディ「Q7」
・ボルボ「XC90」
・プジョー「5008」
・ランドローバー 「レンジローバー」「ディスカバリー」
・リンカーン「ナビゲーター」
・キャデラック「エスカレード」
・シボレー「キャプティバ」
・テスラ「モデルX」

上記は新車で購入可能なモデルであり、,三菱「パジェロ」のように過去に販売されていたモデルも含めるともう少し数は増えます。またフォードの「エクスプローラー」のように海外では販売されているものの、日本国内では展開されていないモデルもあります。中古車や直接並行輸入車などまで視野に入れると選択肢が大きく広がります。

おすすめの7人乗りSUV

一口に3列7人乗りSUVといっても、ボディのサイズ、得意な環境、価格、燃費などスペックはさまざま。
「誰にとっても良いクルマ」は存在しないので、自分が重視するポイントや使い方に合った一台を選ぶのが重要です。

そこで、よくある重視ポイントごとにオススメの一台を厳選しました。

3列目も広いランドクルーザー

「ミニバンに負けないような広さが欲しい」という方にオススメなのが、SUVの王者ともいえるトヨタの「ランドクルーザー」。全長4950mm、全幅1980mmという大きさで8人乗りも選べる広さを備えているのはもちろん、インテリアにも高級な素材を使っており、ゆったりと寛げる空間に仕上がっています。

また最近のSUVは舗装された道を走ることを想定した「オンロードSUV」が中心なのですが、「ランドクルーザー」の場合には泥道や砂道などもパワフルに走りこなしていくオフローダー。「中東のお金持ちにも人気」と言われているのも頷ける豪華さと性能です。

コンパクトなエクストレイル

「3列目は非常用で構わない。むしろ普段の使い勝手も重視したい」という人にオススメなのが日産の「エクストレイル」。そのボディサイズは全長4690mm、全幅1820mmと、先ほどのランドクルーザーと比べるとコンパクトなボディです。そのため運転しやすく、また大きなクルマに比べると低燃費です。

シートアレンジ次第では、アウトドアやウィンタースポーツに必要なものを載せることもできるので便利。また価格も200万円台からとSUVの中ではかなりリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

ハイブリッドもあるレクサスRX

3列シートが用意されているようなSUVでは未だハイブリッドがないモデルもあるのですが、そんな中でオススメなのがレクサスRX。このうちの450hLというグレードはハイブリッド対応の3列7人乗りSUVです。

ランドクルーザーと同じトヨタ系列のレクサスRXですが、ランドクルーザーがオフロードSUVなのに対し、こちらは街中で走ることを想定した「オンロードSUV」。荒れた道はあまり得意ではありませんが、他方で街中では快適かつパワフルに走ることができます。

コスパも良好なCX-8

マツダは日本車メーカーの中では数少ない、ディーゼルモデルに力を入れているメーカー。このCX-8も軽油で走るクリーンディーゼルモデルなので、通常のガソリンに比べて維持費がリーズナブル。また車両代金も300万円台前半からで手が届きやすいです。

もちろん魅力は車両代や維持費が安いだけではありません。全幅は1840mmとスリムに抑えているため日本でも運転しやすいサイズ感ですが、全長は4900mmと大きいため3列シートまで広々。走っていても思いのほか静かで、使いやすさとコストを考えたら最有力候補です。

スポーティーな走りのX5

「大型SUVとはいえスポーティーな走りを妥協したくない」という人にオススメしたいのが、走りを重視したクルマ作りを続けているBMWのX5。通常のSUVよりも車高を低くすることで流れるようなスタイルを実現するとともに、空気抵抗も減らしています。

大きなボディがぐんぐんと加速する感覚、それでいて俊敏でキレのある走りは、運転が好きな人にも満足してもらえる仕上がり。1000万円程度からとかなり高価な一台ではありますが、新型が出たことで先代モデルの中古車は値段が下がってきています。

自分に合った一台を選ぶには?

「自分に合った一台を」と言われても選びきれないという場合もあるでしょう。また「価格を重視しながら広さも」などバランスが気になる場合もあります。

そういう方は、ぜひお気軽にご相談ください。さまざまなクルマを扱ってきたガリバーだからこそ、メーカー横断でお客様にピッタリな一台をご案内します。