クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

目的別に選ぶのが正解!軽自動車SUVの選び方とおすすめ5選

最近は選択肢も増えてきている、軽自動車SUV。実はその中にも、悪路を走るようなオフロードSUVからもう少しライトなレジャーに使うのに向いたクルマまで種類があります。軽自動車SUVの選び方のポイント、注意点と、オススメの車種をご紹介します。

軽自動車SUVの選び方とおすすめ5選

軽自動車SUVとは

世界的なSUV人気を受けて、最近増えてきているのが軽自動車SUV。

ボディサイズや排気量などは軽自動車の規格に従いながらも、パワーや走行性能を重視し、アウトドアやレジャーでも使いやすいような工夫がされています。

メリットとデメリット

軽自動車とSUVの性質を兼ね備えているので、以下のようなメリット・デメリットがあります。

【メリット】

  • 軽自動車なので、税金などの維持費を安く抑えられる
  • 4WDもあるなど、通常の軽よりパワーや走行性能が高い
  • 車中泊ができるなど、シートアレンジが豊富
  • 防水シートなど、汚れに強い工夫がされていることも

【デメリット】

  • 通常の軽自動車に比べると燃費が悪い
  • 中型や大型のSUVほどの人数や荷物は載せられない
  • 本格オフローダーのような悪路走破性があるモデルは少ない

軽自動車とSUVの特徴を兼ね備えているので、良く言えば「イイところ取り」ができます。他方で「レジャー用のクルマは別にもう1台ある」「日常利用の燃費や乗り心地が一番重要」という人には、軽自動車SUVはあまり向かないでしょう。

選び方のポイント

軽自動車SUVを選ぶときには、利用イメージを明確にすることが大事です。具体的には、以下のような使い方をするつもりがあるのか、考えてみてください。

  • 未舗装の道など、悪路を行くことはあるのか
  • 長さや大きさがある荷物を載せる予定はあるのか
  • 車中泊をする予定はあるのか
  • 日常での燃費をどれくらい重視するのか

なかでも「どんな場所を走るのか」は重要です。泥道や砂道など舗装されていない道を走るのであれば悪路走破性が非常に重要になってきますが、こういった性能を備えている軽自動車SUVは限られているからです。

逆に「舗装された道しか走らない、普段の燃費や乗り心地を重視したい」という場合には、走行性能よりも車内空間や燃費を重視した方が良いでしょう。

駐車場の高さに注意

同じ軽自動車から乗り換える人が注意したいのが、軽自動車SUVの車高。

地上高を確保したり、また車中泊や大量の荷物に対応したりするために、軽自動車SUVは車高が高く設計されていることが多いです。中には、軽自動車の上限である車高2000mmに近い高さを備えているものもあります。

そのため、駐車場によっては天井にぶつかってしまう可能性があるのです。特に立体駐車場を使うことがある人などは、停める機会がある駐車場の制限サイズを確認しておきましょう。

おすすめの軽自動車SUV5選

軽自動車SUVというカテゴリは明確に定義されているわけではないので、自動車メーカーのサイトやクルマの検索サイトを使っても、該当するクルマが見つけにくいことがあります。

そこで、目的や使い方に合わせたおすすめ軽自動車SUVをご紹介します。

本格オフローダーの「ジムニー」

ジムニーのエクステリア

「道なき道を走る」など本格的な悪路走破性を求めるのであれば、「スズキのジムニーをおいて他にない」といってもいいでしょう。軽自動車の中で唯一のオフロードに特化したクルマで、他の軽自動車SUVとは一線を画しています。

多少乗り降りがしにくくても、岩道などに対応できるように200mmを超える地上高を確保ているのも、その姿勢の表れ。日常利用には重きをおいていないため乗り心地が少し硬く、燃費性能もそれほど高くないというデメリットもあります。

荷物の積載量もそれほど多くないですが、ソロキャンプなど本格的な一台を求める人にオススメしたい一台です。

【利用者口コミ】

キャンプやスノーボードなど、アウトドアが大好きな私にとって最適な車でした。なんといってもコンパクトながら、パワーがあるのが魅力です。勾配のある山道を走るときもスイスイ。特によかったと感じるのは雪道です。毎年雪山へ出かけるのですが、やはり道中が大変。初めて四輪に切り替えて走行したときは、安定性を痛感しました。安心して雪道が走れたのは感動ものでした。

ジムニー(スズキ)の口コミをもっと読む|中古車のガリバー

オフロードも対応の「ハスラー」

ハスラーのエクステリア

ジムニーと同じくスズキが販売している軽自動車SUVのハスラー。ジムニーとの棲み分けは明確で、こちらは「ほどほどの走行性能も備え、かつ荷物も載せやすい」というバランス型。ジムニーに比べれば乗り降りがしやすく、日常利用をしていても乗り心地の悪さは気にならないでしょう。

それでいて、軽自動車でありながら4WDも用意してあり、また簡易防水加工が施されているグレードもあるなど、アウトドアに対応しやすい工夫も豊富です。

「それなりにオフロードも走りたいけど、日常の利用も諦めたくない」という人にオススメです。

【利用者口コミ】

私はアウトドア派で夏はサーフィンにキャンプに釣り、冬はスノーボードに雪山登山とアクティブに活動しているのですが、ハスラーは悪路でも問題なく進み、冬山や砂地でも安定した走りを見せるだけではなく、後部座席を倒せばかなりの収納ができるため、長さのある釣り竿なんかも簡単に積み込むことができます。

ハスラー(スズキ)の口コミをもっと読む|中古車のガリバー

バランスが良い「タフト」

タフトのエクステリア

ハスラーと並んでバランスが良いのが、ダイハツが最近発売したタフト。悪路走破性を高めるために最低地上高を190mm確保。4WDも用意しており、ほどほどの悪路なら走り抜けられるように設計されています。

またアウトドア気分を満喫できるように、運転席上部辺りがガラスになっているのも大きなポイント。荷物スペースもしっかり確保されており、レジャーに出掛けるのには十分な広さです。

もちろんダイハツ自慢の先進安全装備もついているため、人が多い街中での運転も安心です。このクルマは2020年3月まで販売されていたキャストアクティバの後継車に当たるので、「リーズナブルに購入したい」「新車でなくても構わない」という場合は、併せて検討するのがお勧めです。

レジャー向きの一台「スペーシアギア」

スペーシアギアのエクステリア

オフロードというよりは、舗装された道を走ってキャンプや海水浴に行くなどレジャー目的の人にオススメなのがスズキのスペーシアギア。悪路走破性は高くないですが、車中泊にも対応、シートには防水処理が施されているなど家族でのレジャーにピッタリの一台です。スペーシアシリーズの特徴である、広々とした車内空間も嬉しいポイント。

またハイブリッドモデルも用意されているため、「人と違うスタイルの軽自動車に乗りたい」「普段の燃費性能も重視したい」という人にも使いやすい一台です。

大容量で車中泊もしやすい「ウェイク」

ウェイクのエクステリア

「とにかく広さ重視」「舗装されていな道はあまり走らない」という人にオススメなのが、ダイハツのウェイク。軽自動車の中でも屈指の広さを誇る一台で、車中泊はもちろん、車内で着替えをしたり、自転車を載せたりすることもできるほどの広さを誇っています。

フロアが低いのでゴツゴツした道を走るのは苦手ですが、その分、子どもでも乗り降りがしやすく、日常利用に便利。ベビーカーをそのまま載せられる室内高なので、子育てのお供にもピッタリの一台です。ダイハツのスマートアシストIIIがついているのも安心ポイントの一つ。