自動車の税金種類

close
クルマの税金の種類とは?
はじめての中古車購入ガイド

クルマの税金の種類とは?

クルマには、購入時や維持していくために様々な税金が必要になります。必要な税金の説明と、購入時、維持にかかる税金を事例を交えてご紹介します。

クルマにかかる税金について

排気量別の自動車税一覧

自動車の所有者に課税される税金の一種で、毎年4月1日時点での所有者に排気量によって課税されます。道路を利用することに対して、その整備費などを負担してもらう性格を持ち、各都道府県に申告・納税します。軽自動車には都道府県税の自動車税は課されず、市町村税である軽自動車税が課されます。

軽自動車 1万800円 N-BOX・ワゴンR・タント 排気量別在庫一覧
排気量1000cc以下 2万9500円 パッソ・アウディA1・タンク 排気量別在庫一覧
排気量1000cc超から1500cc以下 3万4500円 ノート・フィット・CX-3 排気量別在庫一覧
排気量1500cc超から2000cc以下 3万9500円 プリウス・ステップワゴン・エクストレイル 排気量別在庫一覧
排気量2000cc超から2500cc以下 4万5000円 アルファード・デリカD:5・CX-5 排気量別在庫一覧
排気量2500cc超から3000cc以下 5万1000円 ランドクルーザープラド・クラウン 排気量別在庫一覧
排気量3000cc超から3500cc以下 5万8000円 クラウンアスリート・レクサスGS 排気量別在庫一覧
排気量3500cc超から4000cc以下 6万6500円 FJクルーザー・GT-R・フェアレディZ 排気量別在庫一覧
排気量4000cc超から4500cc以下 7万6500円 ランドクルーザー 排気量別在庫一覧
排気量4500cc超から6000cc以下 8万8000円 センチュリー・LX 排気量別在庫一覧
排気量6000cc超 11万1000円 ジープ グランドチェロキー 排気量別在庫一覧

上記に記載している車種は一例となります。同じ車種でもグレードによって排気量は異なることがありますのでメーカーサイトにてご確認ください。

自動車重量税

自動車重量税は、クルマの重さによって決まる税金で、自家用乗用車は車両の重さ0.5トンごとに税額が変わります。軽自動車は車両の重さにかかわらず税額は定額です。ただし自家用乗用車も軽自動車も、新車の新規登録から13年以上経過すると税額が上がり、18年以上経過するとさらに税額が上がります。

  • 自動車重量税の税額(自家用乗用車の場合)
    図:自動車重量税の税額
  • 自動車重量税の税額(軽自動車の場合)
    図:自動車重量税の税額

自動車取得税

自動車取得税は、その名の通り自動車を取得(購入)したときにかかる税金で、都道府県および市町村の道路整備の費用として使われます。取得価格が50万円を超えるクルマが対象で、普通車は取得価格の5%、軽自動車は3%が課されます。ただしハイブリッド車や電気自動車の場合は、税率が優遇されることがあります。

軽自動車 取得価格×3パーセント
普通自動車 取得価格×5パーセント

消費税

クルマに限らず、ものを買った場合に必ずかかる、税率は8%の税金です。新車でも中古車でもクルマの本体価格に含まれて表示されています。当然、ナビやフロアマットなどのオプションや付属品の購入時にもかかりますから、クルマの購入時にもっとも多くかかる税金といえるでしょう。

必要な税額を実際にシミュレーション

実際にある車を購入したとして、どの時点でどれくらいの税金がかかるかをシミュレーションしてみます。

ホンダ フィットGtype(FF)
2014年式
排気量1,300cc
オートマ車

購入時点で必要となる税金額

購入時点で必要となる税金は①消費税、②自動車税、③自動車重量税と、計3種類です。

自動車税は、毎年4月1日時点での所有者が1年分を支払うことになっており、新たにクルマを購入した場合は月割りで納めることになっています。4月1日に購入したとすると、フィットの場合、1,300ccなので、34,500円となります。

フィットの本体価格をガリバーのサイトで調べると、税抜き119万7000円でした。消費税が95760円、税込総額は129万2760円となります。

自動車取得税は、クルマ取得に掛かった金額がベースになりますが、オプション装備に10万円分かけたとすると、合計の価格は129万7,000円(税抜き)です。
自家用車として用いる場合は税率が取得価額の5%なので、自動車取得税の金額は129万7,000円×0.05=64,850円となります。(低公害車には特例措置があります。詳しくは「エコカー減税対象車なら、税金が割安に」)

自動車重量税は、次の車検期間までの分をまとめて支払います。
次の車検まで3年の場合の自家用自動車の場合、車重0.5tごとに18,900円、フィットの重量は約1.01tなので、税額の合計は18,900×3(1.5t分)=56,700円となります。
(低公害車には特例措置があります。詳しくは「エコカー減税対象車なら、税金が割安に」)

したがって、車両本体価格が119万7000円のフィットに、10万円分のオプション装備をつけた場合に購入時点でかかる税金の総額は、22万5310円となります。
購入金額の総計は、152万2310円です。消費税も考えると、購入金額のうち実に約15%が税金で占められているということになります。

  • 車種によって誤差が生じます。新車購入を考えている方は、上記の数字をあくまでも参考程度に考えてください。

クルマの維持に必要な税金

クルマに関する税金のうち、定期的に支払う必要があるのは①自動車税、②自動車重量税、の2種類です。

自動車税は、毎年4月1日を迎えるたびに支払う必要があります。今回のフィットは、排気量1,000ccから1,500cc以下・自家用車のカテゴリーに当てはまるので、自動車税の税額は毎年34,500円です。

自動車重量税は、初年度以降も、車検のたびに支払います。2年ごとに車検を受けるとすれば、車検のたびに今後2年分の37,800円を自動車重量税として支払うことになります。これは1年あたり18,900円ずつ支払っている計算になります。

自動車税、自動車重量税に加えて、ガソリン税もかかります。ガソリン税は乗れば乗るほど掛かりますが、仮に年1万km走るとしましょう。フィットはカタログ上の燃費がリッターあたり24kmなので、年間およそ26,200円をガソリン税として支払うことになります。(1リットル126円として)

エコカー減税対象車なら、税金が割安に

クルマには様々な税金が必要となりますが、クルマの種類によっては税金を節約することができます。

今話題のハイブリッド車は「エコカー減税」の対象となっており、他のクルマに比べ負担する税金額が違います。

詳細はこちら