この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
トヨタSUVは全部で8車種
SUV① ハイラックス
SUV② ランドクルーザー
SUV③ ランドクルーザープラド
SUV④ ハリアー
SUV⑤ RAV4
SUV⑥ C-HR
SUV⑦ ヤリスクロス
SUV⑧ ライズ
プロが選ぶオススメ車種ベスト3

トヨタSUVは全部で8車種

最近では知名度も上がりラインナップも充実してきたSUV。運転席からの見晴らしがよく、オンオフを選ばない走破性もメリットです。
トヨタもSUVモデルを増やしており、現在は以下の8車種を展開しています。

・ハイラックス
・ランドクルーザー
・ランドクルーザープラド
・ハリアー
・RAV4
・C-HR
・ヤリスクロス
・ライズ
(※全長が大きい順)

それぞれの車種について、サイズや特徴をご紹介します。

※以下で紹介している価格相場はガリバーが独自に集計したもので、以下の自動車カタログで他の車種も含めて紹介しています。
※クルマの価格、サイズ、装備、相場は記事の加筆修正時の情報で、今後モデルチェンジなどの理由で変更される可能性があります。

SUV① ハイラックス

・新車時価格(税込):326.7万円〜403.5万円
・中古車相場:285万円〜503.5万円
・全長5,340mm×全幅1,855mm×全高1,800mm(※Zの場合)
・定員5名
・燃費11.7km/L(ディーゼル)

日本で新車購入できる唯一のピックアップトラック「ハイラックス」。日本では流通量が多くないボディタイプですが、それだけに街では目立つこと間違いなしのクルマです。ピックアップトラックはアメリカをはじめ海外では人気のということもあり、ハイラックスも海外ではメジャーな一台です。

SUV② ランドクルーザー

・新車時価格(税込):435万円〜723.6万円
・中古車相場:198万円〜823.6万円
・全長4,950mm×全幅1,980mm×全高1,870mm(※ZXの場合)
・定員5~8名
・燃費6.7~6.9km/L(ガソリン)

高級オフローダーの代表ともいえる「ランドクルーザー」。ただ高級なだけでなく、砂や沼など荒れた道でも走りこなせる悪路走破性が高いのも大きなポイントです。そのため、砂道を走る機会も多い中東でも高い人気を誇ります。またトヨタのSUVの中では唯一8人まで乗ることができ、予算が許すならぜひ検討したい一台です。

SUV③ ランドクルーザープラド

・新車時価格(税込):315万円〜553万円
・中古車相場:37万円〜639万円
・全長4,825mm×全幅1,885mm×全高1,835mm(※TZ-Gの場合)
・定員5~7名
・燃費11.2km/L(ディーゼル)、8.3km/L(ガソリン)

ランドクルーザーと同じ3列シートを備えながら、一回り小さく、また価格も手ごろな「ランドクルーザープラド」。こちらも悪路走破性が高く、オフロード性能はかなりのもの。それでいて内装は「無骨なオフローダー」というよりは「上質な乗用車」という居心地の良さを追求しており、バランスが良い一台です。

SUV④ ハリアー

・新車時価格(税込):299万円〜443万円
・中古車相場:259.8万円〜543万円
・全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm(※Z"Leather Package"の場合)
・定員5名
・燃費14.7~15.4km/L(ガソリン)、21.6~22.3km/L(ハイブリッド)

ランドクルーザーやランドクルーザープラドと異なり、プレミアムで都会派SUV「ハリアー」。高級オンロードSUVのパイオニアともいえるクルマで「ハリアー」というブランドのファンも多くいます。ひどい悪路を走ることを想定していないためハイブリッドモデルも展開しています。

SUV⑤ RAV4

・新車時価格(税込):260.8万円〜402.9万円
・中古車相場:25.9万円〜497万円
・全長4,610mm×全幅1,865mm×全高1,690mm(※Adventureの場合)
・定員5名
・燃費15.2~15.8km/L(ガソリン)、20.6~21.4km/L(ハイブリッド)

2016年に一度は国内販売を終了したものの、SUV人気を受けて2019年に復活した「RAV4」。日本で走るクルマとしては全幅が広めですが、そのぶん車内は広く、また優れた燃費性能を備えています。また580Lの荷物容量があり、2段になったデッキボードで荷物を載せる際の使い勝手も良いので、荷物が多いお出掛けのお供にもピッタリです。

SUV⑥ C-HR

・新車時価格(税込):229万円〜314.5万円
・中古車相場:118.4万円〜394万円
・全長4,385mm×全幅1,795mm×全高1,550mm(※Gの場合)
・定員5名
・燃費14.3~15.4km/L(ガソリン)、25.0~25.8km/L(ハイブリッド)

2016年にデビューした、トヨタのクルマの中ではまだまだニューフェイスの「C-HR」。全幅1800mm未満というコンパクトサイズ、背も高めのSUVながらシャープな走りを見せてくれます。見た目も「無難で万人受け」というよりは「力強さを感じさせる斬新さ」を追求しており、存在感のある一台です。

SUV⑦ ヤリスクロス

・新車時価格(税込):179.8万円〜281.5万円
・中古車相場:183万円〜345万円
・全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,590mm(※HYBRID Zの場合)
・定員5名
・燃費17.4~20.2km/L(ガソリン)、26.0~30.8km/L(ハイブリッド)

2020年8月に発売されたばかりの、トヨタSUVとしては最も新しい「ヤリスクロス」。コンパクトカーであるヤリスをベースにしており、運転しやすいサイズ感です。また注目すべきは他社のライバルを圧倒する高い燃費性能。乗り心地も良好で、非常に良くできたクルマといえるでしょう。

SUV⑧ ライズ

・新車時価格(税込):167.9万円〜228.2万円
・中古車相場:145万円〜313.7万円
・全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm(※Zの場合)
・定員5名
・燃費17.4~18.6km/L(ガソリン)

全長4メートル前後という超コンパクトSUVの市場を狙ってトヨタが2019年に投入したのが「ライズ」。ダイハツの共同開発しており、基本的な構造はダイハツの「ロッキー」と同じです。ガソリン車のみですが燃費性能は高く、また排気量も小さいので維持費も抑えられます。使い勝手もよく、サイズの割には車内の居住性も高いのも魅力です。

プロが選ぶオススメ車種ベスト3

トヨタのSUVだけで8車種もあると、購入する1台を選ぶのも一苦労。そこでガリバーが、2021年に購入するならお勧めしたいトヨタSUVを、新車と中古車それぞれピックアップしました。

新車ならRAV4がオススメNo.1

新車でサイズ大き目のSUVが欲しいなら、RAV4をお勧めします。2019年に再販売されたばかりのモデルということもあり、新しい技術が多く投入されています。
その結果、高い走行性能を備え、オンロードでもオフロードでも楽しめるバランスが良い仕上がりです。ハイブリッドモデルなら21.4km/Lという高い数値を叩き出した優れた燃費性能もお勧めの理由です。

低燃費なヤリスクロスの新車も〇

同じ新車でもコンパクトSUVが欲しいならヤリスクロスもお勧めです。その魅力は何といっても燃費性能。ハイブリッドはもちろんのこと、ガソリン車でも20.2km/Lという数値はライバルを圧倒しています。
サイズ感も使いやすいので「毎日の通勤で使うから燃費は重要。駐車する場所を選ばないサイズ感だとなお嬉しい」という人には特にお勧めです。

中古車ならC-HRが買い時

中古車で考えているなら、C-HRが買い時です。2016年12月にデビューした比較的新しいモデルで、装備や技術もまだまだ新しいC-HR。
通常なら中古車価格が高くてもおかしくはないのですが、新車で売れまくったために、中古車としての流通量も多いのです。2019年にマイナーチェンジしたことも手伝い値段が下がってきているので、ガソリン車を中心に手が届きやすくなっています。