中古車おすすめランキング 高級セダン編 2017年秋

自動車ニュース / ガリバー

2017.11.2

中古車おすすめランキング 高級セダン編 2017年秋

ボディタイプ別おすすめランキング2017

ボディタイプ別おすすめランキング2017

車種選びにお悩みの方へ。コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、
この秋中古車でおすすめの高級セダンを聞きました。

  • 高級セダン ランキング ベスト1 日産 スカイライン ハイブリッド

    高級セダン ランキング ベスト1 日産 スカイライン ハイブリッド

    日産 スカイライン ハイブリッド

    スカイラインハイブリッドは2014年にデビューした。スカイラインは、北米で販売されている高級ブランド、インフィニティQ50と同じクルマだ。そのため、スカイラインハイブリッドには、グリルなどにインフィニティエンブレムが装着されている。スカイラインハイブリッドは、高級車ブランドであるインフィニティと同等のクオリティをもつ高級車でもある。そのため、スカイラインハイブリッドの新車価格は約500万円という高額な価格からとなっている。このスカイラインハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムは、3.5L V6エンジン+1モーター2クラッチ式。トヨタのような複雑な仕組みではなく、シンプルなシステムで、ダイレクト感のある走りが特徴。FR(後輪駆動)車ということもあり、なかなか気持ちの良い走りができるスポーティセダン。ただ、高額なことや国内の国産セダンマーケットが瀕死状態であることから、スカイラインハイブリッドの販売は不調だ。こうした新車マーケットの流れを受け、中古車マーケットではかなりリーズナブルな価格で売られている。クルマそのものは、完成度の高いスポーティセダンなだけに、これだけ価格が下がっていると非常に魅力的だ。3年落ちの2014年式で、安いものは250万円前後で売られている。

  • 高級セダン ランキング ベスト2 ボルボ S60

    高級セダン ランキング ベスト2 ボルボ S60

    ボルボ S60

    2011年に登場したボルボS60は、デビュー当時から、すでに世界トップレベルの高い安全装備を誇っていた。すでに、この当時から歩行者検知式自動ブレーキなどの先進予防安全装備が用意されていた。こうしたボルボの先進予防安全装備に触発され、多くの自動車メーカーが先進予防安全装備に力を入れ始めたといってもいい。ボルボの歩行者検知式の自動ブレーキを含む先進予防安全装備「ヒューマンセーフティ」は、デビュー当時、一部オプション設定だった。その後、あまりの装着率の高さから全車標準装備になった。2011年の安全装備だが、ボルボの技術は進んでいて今でもトップレベルの実力をもつ。
    しかし、そんな安全性に優れるボルボも、残念ながらブランド構築が苦手のようで、リセールバリューが悪い。中古車マーケットでは、まさかこんなに安いの? と、驚いてしまうような価格で売られている。S60は、優れた安全性能とユニークなデザインなど、クルマの総合性能は十分に高い。ここまでコストパフォーマンスに優れているのなら、迷わず選んでいい中古車だ。

  • 高級セダン ランキング ベスト3 トヨタ カムリ(9代目)

    高級セダン ランキング ベスト3 トヨタ カムリ(9代目)

    トヨタ カムリ(9代目)

    先代となる9代目カムリは、2011年に登場した。この9代目カムリから、ハイブリッド車のみの設定となる。2.5L直4ハイブリッドシステムを搭載した9代目カムリの燃費は、当時のセダンとしては驚異の低燃費23.4㎞/Lを達成した。10代目カムリほどではないが、このクラスのセダンとしては、未だトップレベルの低燃費を誇る。
    9代目カムリの国内販売は、終止不調。これは、主に国産セダンマーケットが大幅に縮小したことによるもの。また、カムリの主戦場は北米としているため、全幅も1,825㎜と大きく、デザインもアメリカ人好みとなったことも売れなかった理由のひとつだ。ただ、カムリは歴代北米を中心としたグローバルモデルで、かなり力を入れた開発がされてきており、クルマ自体の出来はよい。国内での人気は今ひとつだったことや、10代目新型カムリが登場したこともあり、中古車価格はリーズナブルになってきている。5年落ちとなる2012年式では、140~190万円前後が中心となる価格帯。今後さらに価格は下落していくことを考えると、かなりコストパフォーマンスに優れたモデルなので、とても魅力的だ。

目次

オススメランキングの3台を比較

高級セダンランキングベスト3 の 燃費・価格

スカイライン
ハイブリッド

スカイラインハイブリッド スカイラインハイブリッド

スカイラインハイブリッドは、V6 3.5Lという大排気量をもちながら、ハイブリッドシステムをプラスすることで、18.4㎞/Lと低燃費を実現している。一般的なV6 3.5Lガソリン車の倍近い燃費値となっている。同様の1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムを2.0Lターボエンジンに搭載した輸入ハイブリッド車よりも、優れた燃費値だ。ただ、インフィニティブランドということもあり、燃料がハイオクガソリン仕様のため、燃費が良くてもガソリン代がやや高くなる。スカイラインハイブリッドは、新車での販売不振が中古車マーケットでも反映されていて、リセールバリューが低い。新車価格で500万円以上するモデルが、2014年式の高年式モデルでも250万円切っているモデルも出始めている。わずか3年落ちで半額に近い価格で手に入る状況になっている。これだけの高級車が、この値段で買えるようになっているので、まさに非常に買い得感がある。積極的に選んでよい高級セダンだ。

S60

S60 S60

安全性能やデザインなどは、非常に優れているS60だが、燃費性能は今ひとつといった印象だ。デビュー直後の1.6L車で、10・15モード燃費が12.6㎞/L。モデル途中で改良され、JC08で13.6㎞/Lまで燃費を向上したが、それでも微妙な数値だ。最新の1.5Lエンジンは16.5㎞/Lまで燃費を向上させている。どちらかというと、燃費よりパワフルさを優先としたエンジンのようで、なかなか力強い加速性能をもつ。その中でおすすめなのが、2.0Lのディーゼル車だ。燃費は20.9㎞/Lという低燃費を誇るが2015年に登場したばかりだ。ハイオク仕様のガソリン車に比べ、ディーゼルは軽油を使うので30円/L前後燃料費が安くなる。その上、燃費が良く力強い加速も魅力だ。中古車価格は、リセールバリューが低いため総じてかなりリーズナブルな価格で売られている。1年落ちの2016年式で250~320万円がボリュームゾーン。新車価格が約430万円のT3 SEがすでに260万円前後から手に入るようになってきている。ディーゼルモデルは、やや高く280万円台くらいから売られている。新車価格は約460万円なので180万円ほど安くなっている計算だ。5年落ちとなる2012年式になると、100万円を切ったモデルも出始めている。この価格で、世界トップレベルの安全性能を誇るS60に乗れるというのは非常に魅力的だ。

カムリ
(9代目)

カムリ(9代目) カムリ(9代目)

カムリは、ハイブリッド車だけの設定。2.5Lのハイブリッドシステムを搭載して、燃費は23.4㎞/Lという低燃費を達成している。23.4㎞/Lという燃費値は、旧型になったとはいえ、未だこのクラスのセダンの中でトップレベルの実力を誇る。トヨタには、同じような高級セダンとして、サイやレクサスHS250hがあるが、カムリの方が価格も安く燃費もよい。中古車価格は、3年落ちの2014年式で190~240万円前後がボリュームゾーン。5年落ちとなる2012年式では、140~190万円前後が中心となっている。300~400万円くらいが新車価格だったので、買い得感出ている。新型カムリが登場したので、今後さらに価格は下がるだろう。

高級セダンランキングベスト3 の 装備・使い勝手

スカイライン
ハイブリッド

スカイラインハイブリッド スカイラインハイブリッド

残念ながら、高級セダンであるスカイラインハイブリッドには、歩行者検知式自動ブレーキは装備されておらず、追突被害軽減である「エマージェンシーブレーキ」の装備に止まっている。しかし、その他の安全装備は充実。サイド&カーテンエアバック車線逸脱防止支援後側方衝突防止支援システムなどの先進予防安全装備が充実している。また、ドライバーの疲労を軽減する前走車追従式のクルーズコントロール機能も標準装備化されている。
使い勝手面では、トランク容量が少ない。これは、リヤシート後部ハイブリッド用のリチウムイオン電池を設置しているためだ。ゴルフバックなど荷物を多く積むことが多い人は、事前に自分の用途に合うかチェックしておく必要がある。そして、北米向けのクルマということもあり、小回りが苦手だ。最小回転半径は、5.6mと大きい。これは、5ナンバーミニバン並み。本来、スカイラインハイブリッドのようなFR(後輪駆動)車は、小回りが得意な傾向になる。メルセデス・ベンツCクラスなどは、5.1mという最小回転半径となっている。狭い道や駐車場などでは、扱いにくい面がある。

S60

S60 S60

S60を選ぶときに必ず注意したいのが安全装備だ。2011年のデビュー時には、この時期では珍しい歩行者検知式の自動ブレーキ「ヒューマンセーフティ」が用意されていたが、当初オプション設定だった。装着率は非常に高かったようだが、稀に装着されていないモデルがある。こうした車両は選ばないようにしたい。そもそも、S60の最大の魅力は世界トップレベルの安全性能。ヒューマンセーフティが装備されていなければ、買う理由も半減するというより、買う理由が無くなるほどだからだ。S60は、モデル途中から先進予防安全装備の名称を「インテリセーフ10」に変更。全車に標準装備している。

カムリ
(9代目)

カムリ(9代目) カムリ(9代目)

トヨタの予防安全装備は遅れていて、2011年に登場したカムリでさえ自動ブレーキは用意されていない。ただ、エアバッグ類の装備は充実。サイド&カーテン、ニーエアバッグを標準装備化している。2014年のマイナーチェンジ後に、追突被害軽減ブレーキや後側方接近車警報、前走車追従式クルーズコントロール、車線逸脱警報などがセットでオプション設定された。安全性を考えるのなら、こうした装備が付いた車両がよい。
使い勝手面では、このクラスのセダンとしては、トランクが440Lとやや狭い。ただ、それでも他社のハイブリッドモデルに比べると、広いトランクになっている。トランクが狭くなってしまう理由は、リヤシートの後ろにハイブリッド用バッテリーを搭載していたためだ。新型カムリは、リヤシート下に設置されているので、トランク容量は524Lという広さを確保している。北米市場がメインということもあり、とくに後席は広く快適だ。

高級セダンランキングベスト3 の 走行性能・乗り心地

スカイライン
ハイブリッド

スカイラインハイブリッド スカイラインハイブリッド

スカイラインハイブリッドの加速性能は、豪快かつスムース。1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムによるもの。システム出力は364psとパワフル。アクセルを踏んだ瞬間に、モーターの特性である最大トルクが瞬時に立ち上がりクルマを前方に押し出す。エンジントルクは、わずかに遅れてくるので、モーターが、そのわずかな間を埋めてくれるのだ。そして、やや遅れてエンジントルクが伝わり、最後に6,800回転という高回転型エンジンのパワーが上乗せされる。この一連の流れがスムースでレスポンスもよい。アクセル操作に対してレスポンスが良いので、とても気持ちよく意のままに加速できる。それでいて、通常走行時では、アクセルを戻すと積極的にエンジンが停止。平坦路などでは、積極的にEV走行を始め低燃費化に貢献する。このメリハリの効いた走りが、スカイラインハイブリッドの美点だ。また、モデル途中からステアリングと前輪が機械的につながっていない世界初のダイレクト・アダプティブ・ステアリングが装備された。フィーリングに好き嫌いが出るかもしれないが、轍や路面状況によりステアリングを取られることがなくなり、高い直進安定性を誇るなど、安全性や疲労軽減にも役立つ。

S60

S60 S60

S60は、そのスタイリッシュなデザインとは裏腹に、なかなか豪快な走りをする。1.5Lターボでも152ps&250Nmを発揮し、1.5Lとしては、かなりパワフル。さらに、1.6Lターボなどは、180ps&240Nmとなっていて、なかなかパンチのある加速力をみせていた。さらに、2.0Lターボ車は245ps&350Nmという出力。このレベルになると、アクセルをラフに踏むと、フロントタイヤが空転するのをトラクションコントロール機能が抑えにかかるという状態。FF(前輪駆動)モデルの中では、かなりパワフルなモデルといえる。S60には、ポールスターと呼ばれるスポーツグレードが存在する。このグレードは、さらにパワーアップされた。ポールスターには、367ps&470Nmという非常に強力な2.0Lターボエンジンが搭載されている。さすがに、これだけのパワーをFFでは扱いきれないため、AWD化されタイヤサイズは245/35ZR20となった。全般的にスポーティなハンドリング性能で、キビキビとした走りで乗り心地はやや硬め傾向だ。

カムリ
(9代目)

カムリ(9代目) カムリ(9代目)

9代目カムリは、グローバルモデルとしてトヨタの基幹車種になっている。そのため、走行性能も高いレベルにある。2.5Lという絶対的な排気量もあり、なかなか力強い加速性能をみせる。エンジンも頻繁に停止し燃費を向上。メリハリの効いた走りが楽しめる。フットワークもよい。乗り心地重視であることに変更はない。従来のフワフワした感じがなくなり、コシがあり、しっかり感がでている。そのため、高速道路などでの安心化が増している。スポーティな走りを得意とするクルマではないが、とくに不安があるわけでもなく、走行速度が低い日本の道にあったフットワークだ。ハイブリッド車なので、高い静粛性もウリだ。

高級セダンランキングベスト3 の デザイン

スカイライン
ハイブリッド

スカイラインハイブリッド スカイラインハイブリッド

鷹などの猛禽類の鋭い眼光をイメージさせたヘッドライトで、グッと睨みつけるようなフロントフェイスがスカイラインハイブリッドの特徴。トヨタ系のセダンとは違い、グリルはそれほど大きくはない。ボンネットの形状は柔らかな面で構成されているものの、バンパーやボディサイドのシャープなキャラクターラインは、スポーティセダンであることを主張している。そして、基本北米用のモデルとはいえ、リヤのコンビネーションランプには、スカイライン伝統の丸4灯イメージがわずかに残されている。こうした部分を残すことで、国内のスカイラインファンも、少しは納得できるかもしれない。インテリアは、センターコンソールに上8インチ、下7インチのツインディスプレイが設置され、スカイライン独特の空間を作り上げている。

S60

S60 S60

S60のデザインは、なかなかスタイリッシュ。ただし、V40などと比べると、やや好き嫌いが出るかもしれない。ただ、ドイツ系の迫力&威圧系重視デザインに慣れてしまったせいか、S60デザインは非常に新鮮に見える。威圧系デザインと比べると、品があるようにも感じる。このユニークさは、さすがスカンジナビアンデザインといった印象。カッコいいではなく、素直にキレイ、と思うデザインに仕上げている。ドイツ系のデザインにやや飽きている人で、人と同じクルマには乗りたくないという個性派にピッタリの1台と言えるだろう。オーナーのセンスをアピールすることができるモデルだ。

カムリ
(9代目)

カムリ(9代目) カムリ(9代目)

クラウンのように、大型のグリルを装備して威圧感をアピールするセダンとは異なり、9代目カムリのデザインは、やや地味目のフロントフェイスだ。それが、売れなかった理由の一つだが、別に悪いデザインではなく、単に目立たないだけとも言える。インテリアも同様で、インパネ周りのデザインは水平基調のシンプルにまとめられている。エモーショナルなデザインは採用されていないが、カッチリとそつなくまとめられていて完成度は高い。

知って
得する

高級セダン ランキングベスト3 の 中古車値引き交渉術

流通量の少ないモデルは、ライバル車と競合させよう!

スカイラインハイブリッド、S60、カムリ、これらのモデルは中古車の流通量が極めて少ない。特に、S60は近隣のお店で探すことは難しいだろう。本来ならば、同じ車種でグレード・価格が同じ程度の車両を競合させたいが、こうした流通量の少ないモデルはライバル車を加えて競合させるといい。
基本は、同じような価格帯の車両を選ぶことだ。

高級セダンのライバル車

輸入車
メルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4
国産車
クラウンハイブリッド、レクサスIS

こうした人気高級車は、中古車価格が高い。年式を落として、本命の車種と価格を合わせた。スカイラインハイブリッド、S60、カムリなどは、あまり人気がないので、人気車と比較されると非常に厳しい戦いになることを営業マンは理解しているので、最初から値引きベースで商談を始めるのがコツだ。そのためには、絶対に本命車種であることを悟られてはいけない。スカイラインハイブリッド、S60、カムリなどは、普通、なかなか選択肢に入らない車種とはいえ、指名買いとわかれば値引き額は少なくなる。そのためには、先にライバル車の見積りを取っておくことが重要。商談はついでに見に来た程度で「随分安くていいクルマだね。もう少し安くなるなら、購入候補になるかも」くらいでOKだ。あくまで、予算重視であることが大前提。これらのクルマは、簡単に売れないので、ジックリと時間をかけて商談したい。

下取り車は、必ず買取り店で査定しておくこと。

また、S60は輸入車なので、保証面も重要。購入後の修理は、国産車よりも割高になるケースが高い。値引きが限界となったら、有料の延長保証などを無料で提供してもらうように交渉したい。下取り車に関しては、必ず買取り店で査定しておくといい。中古車店の中には、値引き分を下取り車の価格を下げて回収しようとするケースも未だにあるからだ。事前に買取り店で査定しておけば、不当に下取り車の価格を下げている場合、すぐにわかるからだ。下取り車は、最も高額で買取ってくれるところに売却すればいい。

オススメランキングの3台を調べる

日産 スカイライン ハイブリッド

中古車情報
カタログ情報
■新車時価格(税込):
307.6万円~609.8万円
■中古車相場:
98万円~108.9万円
■1ヶ月1,000km走行時ガソリン代:
約7,826円
他の車種と比較

ボルボ S60

中古車情報
カタログ情報
■新車時価格(税込):
375万円~839万円
■中古車相場:
19.9万円~67.7万円
■1ヶ月1,000km走行時ガソリン代:
約5,359円
他の車種と比較

トヨタ カムリ(9代目)

中古車情報
カタログ情報
■新車時価格(税込):
304万円~402.8万円
■中古車相場:
88万円~159万円
■1ヶ月1,000km走行時ガソリン代:
約5,684円
他の車種と比較
※ 燃費は国土交通省発表平成26年3月発表自動車燃費一覧よりJC08モードの数値から掲載しています。
※ ガソリン価格は一律120円で算出しています。
オススメランキングトップページへもどる

クルマ評論家 CORISM代表

大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員