スバル フォレスタースバルは、人気SUVのフォレスターに特別仕様車「2.0XT EyeSight Smart Edition」、「S-Limited Smart Edition」を設定し発売を開始した。

走破性より力強いデザインと運転のしやすさで人気のフォレスター


スバル フォレスターは、現行モデルが4代目で2012年に登場。最近のSUVは、悪路での走破性で買うというより、力強いデザインやアップライトな着座位置などで見晴らしもよく運転がしやすいなどの理由で人気が高い。魅力的なセダンが少ないこともあり、セダンの代わりに乗るというユーザーも多い。

そのため、本来SUVのもつ悪路での走破性という部分の優先順位はドンドンと下がっている。メーカーもそうした傾向を十分に理解しており、4WDではなく価格の安いFF(前輪駆動)モデルをメインとして販売しているのが現状だ。

モデル末期でも安定した販売を続けるフォレスターの魅力とは?


スバル フォレスターそんなSUVマーケットにおいて、フォレスターはSUVの本質にこだわり続けている。クラストップレベルの最低地上高を220㎜を確保。そして4WDのみの設定とした。

マーケットインの商品を投入することが重要視されるのであれば、FF(前輪駆動)モデル投入されてもおかしくないのだが、フォレスターはあえて4WDにこだわった。

開発コンセプトは「SUVとしての本質的な価値の実現」

フォレスターの開発コンセプトは「SUVとしての本質的な価値の実現」だった。これは、長距離や厳しい走行環境下でも快適に移動できることを重視したからだ。

そのこだわりは、必ずしも販売台数増には結び付いていない。モデル末期に入っていることもあり、直近の新車販売台数ランキングでは、30位付近前後という結果になっている。それほど販売台数は多くないものの、こうしたコンセプトに共感する顧客も一定数いて、販売台数は比較的安定している。

優れた走破性と高い安全性能を誇るSUV

スバル フォレスターもちろん、モデル末期でも安定した販売台数を維持しているのは4WDへのこだわりだけではない。スバルが力を入れている歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備であるアイサイトの人気によるのも大きい。優れた走破性と高い安全性能を誇るSUVがフォレスターの魅力なのだ。

また、こうしたフォレスター独自の魅力が高く評価されていて、中古車マーケットでも高い人気を誇っている。その結果、リセールバリューが高く、フォレスターユーザーは、負担が少なく乗り替えることができている。

<関連記事>
「安全装備向上でブランド力をさらに強化!」スバル フォレスター購入ガイド

装備をやや簡素化し価格を引き下げた「特別仕様車」


スバル フォレスターフォレスターに新設定された特別仕様車「2.0XT EyeSight Smart Edition」、「S-Limited Smart Edition」は、上級グレードである「2.0XT EyeSight」と「S-Limited」をベースとした。特別装備として、ダークメッキのフロントグリル、ブラックのドアミラー、シャークフィンルーフアンテナ、ルーフレールを装着している。その上で、装備を一部簡素化し、ベースモデルより価格を引き下げている。

ベースとなるフォレスターS-Limitedの価格は2,894,400円。2.0XT EyeSightは3,128,760円。特別仕様車S-Limited Smart Editionは、2,808,000円なので約9万円安い設定だ。そして、2.0XT EyeSight Smart Editionの価格は、 3,002,400円なので、こちらはベース車に対して約13万円安くなった。見た目の価格だけ見ると、確かにお買い得に感じるかもしれない。

上級装備が外され、それほど特別感がない仕上がり

ただ、この特別仕様車にプラスされた装備は、色見が違う程度のもの。それほど高コストなものではない。注意したいのが、逆に削られた装備だ。大きなところでは、アルミパッド付スポーツペダルや運転席&助手席8ウェイパワーシート、後席シートヒーターと高額なものが外されている。

for177se09s確かに安くはなっているのだが、特別感がそれほどなく、その上、魅力的な上級装備が外されている点は悩みどころでもある。特別仕様車というよりは、上級装備を簡素化して価格を引き下げた新グレードといった印象が強い。あえて、この特別仕様車を購入したいと思えるほどの魅力はやや欠けている。

しかし、パワーシートや後席シートヒーターなどは、必要ないという顧客もいることも事実なので、上級装備を省いた新グレードであると見方を変えれば、一定のニーズがある仕様となるだろう。

ライバル車と競合し、大幅値引きを引き出す!


フォレスターは、すでにモデル末期なので、エクストレイルやCX-5などと競合させれば、大幅値引きが引き出せる。近い将来フルモデルチェンジしてしまうが、大幅値引きが引き出せれば、リセールバリューも高いので短期の乗り換えでもメリットがあるモデルといえる。
<関連記事>
「プロパイロット搭載で、より安全性能を引き上げたマイナーチェンジ」日産 エクストレイル購入ガイド

▶▶フォレスターを最大限に値引く方法は?新車値引き攻略法はこちら


フォレスター特別装備詳細


スバル フォレスターSmart Editionの変更される装備は以下の通り。

ベースグレードから変更される主な特別装備

■ エクステリア
・ フロントグリル(ダークメッキ)
・ 電動格納式リモコンカラードドアミラー
(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付)(ブラックカラード)
・ ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)(ブラックカラード)
・ ルーフレール(ブラック)*1
・ サイドクラッディング(クロームモール無)*2

■ インテリア
・ インパネ加飾パネル(シルバー塗装)
・ センタートレイ&ドアグリップ加飾(シルバー塗装)

ベースグレードから非装着となる主な装備

■ エクステリア
・ クロームウインドゥモール

■ インテリア
・ アルミパッド付スポーツペダル
・ 運転席&助手席8ウェイパワーシート
・ 後席シートヒーター

*1:ルーフレールはメーカーオプション
*2:2.0XT EyeSight Smart Edition

フォレスター乗り換える前に今の愛車の買取相場を調べる


スバル フォレスター Smart Edition価格


フォレスターの価格は以下の通り

・フォレスターS-Limited Smart Edition 2,808,000円
・フォレスター 2.0XT EyeSight Smart Edition 3,002,400円

フォレスターに乗り換えを検討しているなら!在庫を見てみる


執筆者プロフィール
クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM(http://www.corism.com/)編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員。

こちらの記事もよく読まれています