マツダ ロードスターを試乗!大幅改良でより気持ちよく、乗りやすくなった

4代目にあたるND型 ロードスターは、2015年に発売された。マツダのロングセラーのオープンスポーツカーだ。2024年1月に4代目ND型ロードスターとしては、最も大きな改良が施された。

今回は大幅改良されたロードスターの走行性能について試乗を通して紹介する。

買い替え前に愛車の買取相場を確認する

車買取相場表|ガリバー

たった約0.2秒、4㎰のパワーアップ? わずかな違いにも深化を感じる改良

ロードスターの車両全景

4代目ND型ロードスターの大幅改良のきっかけとなったのが、eプラットフォームという電気・電子プラットフォームの一新だ。法規制に対応するこの機会を利用して、ロードスターのコンセプトでもある人馬一体感をより深化させるための多くの改良が施された。

 

まず、直4 1.5Lエンジンの出力を向上させた。国内のハイオクガソリン用セッティングを施し、最大出力を4psアップ。132㎰から136㎰となっている。レブリミットや最大トルクなどに変更はない。

最高出力が4㎰アップしたことは、サーキットで高いスキルをもつドライバーが乗れば、タイム差が出るのかもしれない。だが、一般道でその差を感じ取ることはできなかったが、やや高回転域での伸びの良い感覚はあった。

ロードスターの後景

最大出力の向上よりも、アクセルレスポンスが良くなっていたことの方が分かりやすかった。MT車には、RFの2.0Lも含め、駆動力制御に最新の制御ロジックを導入したからだ。アクセルを踏み込んで加速するシーンだけではなく、アクセルを緩めて減速するシーンでも、スッと減速を開始する。そのスピードは、約0.2秒改善。

 

たった約0.2秒、わずか4㎰のパワーアップ。この微妙な改善が、よりロードスターの人馬一体感を深化させているのだと実感した。

掌で路面状況を感じ取れる電動パワステ

ロードスターのフロントフェイス

ステアリング操作フィールにもこだわり、電動パワーステアリングにも改良がくわえられた。

  • コントロール性の改善(ステアリングギアの構造変更によるフリクション低減の影響)
  • 新制御による自然で緻密なフィードバック(モーター制御をマツダ内製化、戻し側制御の緻密化)
  • 街中から高速・高Gまで一貫したアシスト(ステアリングトルクセンサの容量アップ)

こうした改良により、ステアリングから伝わる路面の凸凹やタイヤ状況が分かりやすくなったように感じた。最近「ステアリングフィールの希薄なクルマが増えた」と思っていただけに、クルマとの一体感をより感じる改良となっている。

ロードスターのリヤエンド

今回の改良でDSC-TRACK (MT車のみ)が新設定された。これは、主にサーキットなどをより安全に楽しむことができる機能だ。

現在販売されている各クルマには、横滑り防止装置が標準装備されている。車体のスピンなど制御不能な状態に陥らないように、事前にブレーキやアクセルの制御し事故を防止する機能だ。安全面では非常に効果があり、滑りやすい路面では、この横滑り防止装置機能が無いとまともに走れないこともあるほどだ。この機能をもつ装備をマツダではDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)という。

 

ところが、サーキット走行時に、わずかにタイヤが滑ったり、もしくは意図してタイヤを滑らせたい時には、横滑り防止機能が邪魔になるケースも多い。サーキットではDSCをオフで走行することになる。

しかしサーキット走行は、限界を超えスピン状態に陥ることもよくある。最悪の場合、クラッシュすることもあるだろう。こうなると、愛車を壊してしまい多額の出費が必要となる。

 

マツダは、最悪のパターンだけは避けたいと考えた。そこで、生み出されたのが新制御モードである「DSC-TRACK」だ。スポーツ走行におけるドライバーの運転操作を最大限に尊重する制御ロジックとなっている。

つまり、多少のスライドなどでは、DSCは介入しない。ドライバーがコントロールできないような危険なスピン挙動に陥った場合に限って制御が介入する仕様だ。そのため、愛車を傷つけるリスクを減少させることができる。これもまた、「人馬一体」のための制御技術だ。スポーツ走行を好む顧客にとっては、ありがたい制御といえる。

 

たかがLSD、されどLSD

ロードスターの運転席

ロードスター大幅改良メニューの中で、メインディッシュともいえるのが「アシンメトリックLSD」だ。Sグレードを除くMT車に搭載された。端的に言うと、軽快感と安定感を両立したということだ。

 

LSDは、デフの作動制限によってトラクションを得る機能をもつ。LSDの特性上、差動制限力が大きいと車両は安定するが曲がりにくい傾向になる。逆に、作動制限力が小さいと軽快に走ることができるが、車両は不安定になる。こうした二律背反する要素を解決するために生まれたLSDが「アシンメトリックLSD」なのだ。

ロードスターの荷室

メカニズムは複雑だ。円錐クラッチLSD にカムを追加し、減速側・加速側それぞれにカム角を設定した。このメカニズムによって、必要なシーンでLSDに適切な差動制限力を与えることが可能になった。ロードスターらしいひらひらとした軽快感はそのままに、安定感が増している。

 

「アシンメトリックLSD」のメカニズムは複雑だが、その効果は瞬時に体感できた。分かりやすいシーンは、下りカーブだ。

従来モデルは、ブレーキングしながらステアリングを切ると、ややリヤの接地感が無くなり、ドライバーは微妙な修正舵を繰り返しながら、ターンインしていく。こうした運転になるのは当然のこと。従来モデルでも走りにくいとは感じなかった。

ところが、「アシンメトリックLSD」装着モデルで走行すると、ターンインでリヤタイヤがビタっと安定しているのだ。この安定感には驚愕した。安定感があるので、不安感も少ない。スパッとステアリングを切っても安心感はそのままだ。修正舵もあまり必要なく、ステアリング操作一発で旋回体制に入る。旋回中は、KPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)の恩恵もプラスされ、車体はより安定傾向になる。さらに「アシンメトリックLSD」の効果で、アクセルをグッと踏んでいってもあまりオーバーステア傾向にならないので、気持ちよくアクセルを踏んでいけた。

ロードスターのエンジンルーム

たった1つの下りカーブを曲がっただけで「アシンメトリックLSD」の効果を体感。LSDひとつで、これほど激変するとは・・・。たかがLSD、されどLSDだった。

より懐の深いスポーツカーへと深化

ロードスターのインパネデザイン

大幅改良後のロードスターは、運転のしやすさが際立った。自分の運転が上手くなったように感じるほどだ。スポーツカーというと、クルマの挙動がピーキーで、ドライバーにそれなりのスキルを要求するようなイメージが強いかもしれない。だが、大幅改良後のロードスターはビギナーから高いスキルのドライバーまで、とにかく幅広いドライバーが楽しめる懐の深さを感じた。

ロードスターのメーター

ロードスターがデビューした、2015年のことを思い出した。画期的でカッコよく、気持ち良いオープンスポーツカーではあったものの、少し粗っぽいところもあったのをよく覚えている。

しかし、ロードスターは年を重ねるほど粗っぽさは姿を消し、円熟味を増している。歴代ロードスターもじっくりと育てられたモデルではあった。だが、ND型ロードスターは、シリーズ中、最も上手く育成できているのではないかと思う。

ND型ロードスターは、デビューからそろそろ10年が経過しようとしている。世界中の自動車メーカーが電動化に邁進する中、ロードスターはこれから何年先まで発売することができるのかは分からない。頭の中では、電動化されたNE型? ロードスターに思いを馳せるも、その一方で、大幅改良直後だというのに、ND型ロードスターの次の深化が気になって仕方ない。

ロードスターの中古車在庫をチェックする>

マツダ ロードスター(ND型1.5L)価格

 

6MT

6AT

S

2,898,500円

-

NR-A

3,064,600円

-

S Special Package

3,087,700円

3,203,200円

S Leather Package

3,498,000円

3,613,500円

S Leather Package V Selection

3,553,000円

3,668,500円

RS

3,679,500円

-

マツダ ロードスターRF(ND型2.0L)価格

 

6MT

6AT

S

3,796,100円

3,823,600円

VS

4,154,700円

4,182,200円

RS

4,308,700円

-

マツダ ロードスター(ND型)スペック

代表グレード

ロードスター SレザーパッケージVセレクション(6速MT)

全長×全幅×全高

3,915mm×1,735mm×1,235mm

ホイールベース

2,310mm

最低地上高

140mm

最小回転半径

4.7m

車両重量

1,030kg

エンジン型式、種類

P5-VP(RS)型 直列4気筒DOHC16バルブ

総排気量

1,496cc

最高出力

100kw(136ps)/7,000rpm

最大トルク

152N・m(15.5kg-m)/4,500rpm

WLTCモード燃費

16.8km/L

駆動方式

FR

ミッション

6速MT

サスペンション前/後

ダブルウィッシュボーン/マルチリンク

タイヤサイズ前後

195/50R16

ロードスターのカタログ情報

マツダ,ロードスター
現行モデル
平成27年5月(2015年5月)〜現在
新車時価格
249.5万円〜368.3万円

ロードスターの在庫が現在49件あります

以下車両の保証内容詳細は画像をクリックした遷移先をご確認ください。

もっと在庫を見る

ロードスターとライバル車を比較する

その他のクルマと比較する

ライター紹介

クルマ評論家 CORISM代表

大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員