2021年 安全な車ランキング【ミニバン編】

自動車ニュース / ガリバー

2021.4.27

2021年 安全な車ランキング【ミニバン編】

ミニバン

安全なクルマ ランキング2021

※安全装備には作動条件や限界があります。機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。

安全なミニバンを選ぶポイント

国内で人気の高いミニバン。
予防安全装備が重視される2021年3月現在、優れた予防安全装備を得たモデルが中心だと想像するかもしれない。
しかし、高額車種が多い割に、ほとんどのモデルが一世代前の予防安全装備といった印象だ。
これは、多くのミニバンがモデル末期であることが大きく影響している。

ミニバンは、車体が大きいので死角も多い。
車重も重いため、歩行者との衝突時に大きな被害となる可能性が高くなる。
より大きく重いミニバンこそ、予防安全装備が重要なのだ。

それだけに、現状のミニバンの安全装備は全体的にやや物足りないものとなっている。
安全装備を重視するのであれば、フルモデルチェンジしてからの購入がおすすめだ。

今回は2021年現在の安全なミニバンを5種、厳選してお伝えする。

BEST.1

トヨタアルファード/ヴェルファイア

トヨタ アルファード/ヴェルファイア

アルファードとヴェルファイアは姉妹車関係で、予防安全装備などは共通している。

自動ブレーキは、昼夜の歩行者と昼間の自転車に対応可能だ。
ミニバンというカテゴリーの中では、アルファード/ヴェルファイアの自動ブレーキは高いレベルにある。
しかし予防安全装備の進化スピードは早く、トヨタの最新モデルと比べるともはや旧式といえる。
たとえばコンパクトカーであるヤリスは、昼夜の歩行者と昼間の自転車検知に加え、右左折時に歩行者や、右折時の直進車にも対応しているのだ。
アルファードとヴェルファイアはモデル末期なので、ある意味仕方がないことだ。
ちなみに、トヨタの売れ筋の5ナンバーミニバンであるヴォクシー、ノア、エスクァイアは、さらに旧型の自動ブレーキで、昼間の歩行者検知のみの設定となっている。

アルファードとヴェルファイアは、「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備されている。
この基本的な予防安全装備のパッケージに踏み間違え抑制機能や車線維持機能などが含まれているため、安心して運転できる。

以下の機能は一部グレードのみ標準装備となっている。

  • 後側方車両接近警報
  • 後退時車両接近警報・自動ブレーキ
  • パノラミックビューモニター
  • 車両に装着されたカメラの映像を合成し、車両を俯瞰で見ることで死角を減らす機能

これらは、通常の運転時において作動頻度が高く、とても頼りになる装備だ。
多くはオプション設定のため、高級ミニバンとしては、少し物足りない。
この装備がオプションのグレードを購入するのであれば、必ずオプション選択したい。

衝突安全装備であるサイド&カーテンエアバッグ、ニーエアバッグは全車標準装備されているので安心だ。

BEST.2

トヨタグランエース

トヨタ グランエース

グランエースにも、トヨタの予防安全装備パッケージである「トヨタセーフティセンス」が搭載されている。
ただし同じ名前でも車種やグレードによって搭載機能が異なるので、しっかりと確認する必要がある。

グランエースの自動ブレーキは、アルファード/ヴェルファイアと同じく昼夜の歩行者と昼間の自転車に対応する。
しかし、車線維持機能であるレーントレーシングアシストの装備がない。(アルファード/ヴェルファイアには搭載)
代わりに、レーンディパーチャーアラートという、車線逸脱しそうな方向と反対側の車輪に制動力を加える機能がついている。
ヨー(クルマを回転させる力)を発生させることで、車線・走路逸脱の回避をサポートするのだ。

グランエースは警報(アラート)メインの機能であるのに対し、アルファード/ヴェルファイアは車線維持機能となっている。
安全面では車線維持機能のほうが圧倒的に優れており、大きな差といえる。

運転支援機能も少々物足りない。
アルファード/ヴェルファイアは、渋滞時などに対応可能な全車速前走車追従式クルーズコントロールを搭載している。
対するグランエースは、低速域では追従走行できないレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)となった。

ところが、グランエースは以下が全車標準装備となっている。
アルファード/ヴェルファイアでは、多くのグレードでオプション設定の機能だ。

  • 後側方車両接近警報
  • 後退時車両接近警報&自動ブレーキ
  • パノラミックビューモニター(車両を俯瞰から見た映像を表示し死角を無くす機能)
  • サイド&カーテンエアバッグ(3列目までカバー)
  • ニーエアバッグ

とはいえ、グランエースが600万円越えの高級ミニバンであることを考えると、予防安全装備の機能面でやや物足りない状況と言える。

BEST.3

日産エルグランド

日産 エルグランド

エルグランドは2010年にデビューした。
末期のモデルが多いミニバンの中でも、かなり設計が古い。
しかし、徐々に進化し予防安全装備を充実させた。
エルグランドは安全装備関連の「360°セーフティアシスト」を搭載している。

エルグランドの自動ブレーキは昼間の歩行者のみと少し残念な仕様。
しかし自動ブレーキ以外の安全装備は充実している。
以下が標準装備化されている部分は高く評価できる点だ。

  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
  • LDW(車線逸脱警報)
  • インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
  • インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • サイド&カーテンエアバッグ

ただし、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)は全車オプションである。
これはカメラの映像を加工し車両を俯瞰から見た映像に変換し、死角を無くすことができる機能だ。

なお、セレナのようなプロパイロットは装備されていない。
プロパイロットは車線維持し、全車速で前走車に追従走行、渋滞時のストップ&ゴーも容易な操作で可能になる機能である。
代わりにエルグランドには全車速前走車追従式クルーズコントロールが装備されている。アクセルを操作しなくても、クルマが自動でスピードを保ってくれるのだ。

BEST.4

日産セレナ

日産 セレナ

セレナの予防安全装備はエルグランドと同様、「360°セーフティアシスト」である。
しかし、モデル末期ということもあり、予防安全装備はやや物足りない。

自動ブレーキは、昼間の歩行者検知のみとなっている。
ただし、インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)という機能がある。
2台前の車両を監視、急な減速や急ブレーキなどを警告し、玉突き事故の防止をサポートするのだ。

また、セレナの踏み間違い衝突防止アシストは、壁や障害物だけでなく前方の歩行者にも対応している。
踏み間違い防止機能で歩行者に対応しているモデルは数少ない。
ほとんどの踏み間違い防止機能は、壁や障害物にしか対応していないのだ。
これはセレナのユニークな機能と言える。

使用頻度が高く、実用面で大きなメリットとなる機能を標準装備しているのも評価が高い。

  • インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)

ただし、アラウンドビューモニターは、一部グレードに装着不可もしくはオプションとなっている。
カメラの映像を加工し、車両を上空から見たような映像に変換し死角を無くし、衝突リスクを軽減する機能だ。
ミニバンはボディが大きく死角が多いので、積極的に装着したいオプションといえる。

運転支援機能「プロパイロット」は、標準装備もしくはオプション、装着不可のグレードもある。
これは高速道路などで同一車線内を維持し先行車に追従走行できる機能だ。
簡単な操作で渋滞時などでのストップ&ゴーを繰り返すことが可能となった。
高速道路での移動が多いドライバーにとって、疲労軽減になるだけでなく、うっかり追突や接触リスクも軽減してくれる。

グレード選びの際に注意したいのが、エアバッグ類である。
多くの乗員を載せるミニバンだが、セレナはサイド&カーテンエアバッグがオプションだ。
一部グレードは、装着不可になっている。
多くの乗員を載せるミニバンには必須といえる装備だけに、装着不可モデルはおすすめとは言い難い。

BEST.5

ホンダオデッセイ

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイには、ホンダの予防安全装備パッケージ「ホンダセンシング」が標準装備化されている。
このシステムは、単眼カメラ+ミリ波レーダーの組み合わせだ。

オデッセイのホンダセンシングには、9つの機能がある。
最新軽自動車N-WGNのホンダセンシングは10の機能をもっていることから、やや古いタイプといえる。

オデッセイもモデル末期なので仕方のないところだ。

メインの自動ブレーキは、昼間の歩行者検知のみとやや物足りない仕様となっている。
しかし、以下の予防安全パッケージが標準装備されているのは高評価だ。

  • 車線維持支援機能
  • 前後の誤発進抑制機能
  • サイド&カーテンエアバッグ
  • 全車速前走車追従式クルーズコントロール(高速道路などで渋滞時のストップ&ゴーに対応)
  • マルチビューカメラシステム(クルマを上空から見下ろしたように映し出し、死角を無くす)※別途ナビの装着が必要

ただし、以下はEX系グレードに標準装備で、その他のグレードは装備不可となっている。

  • 後側方車両接近警報(ブラインドスポットインフォメーション)
  • 後退時車両接近警報(バックで出庫する際、左右から近づいてくる車両を検知し警報を発する後退出庫サポート機能)

まとめ

高額なミニバンながら、ほとんどの車種が最新の予防安全装備とは言えない状況だ。
多くのモデルがモデル末期状態なので仕方のない部分もある。
安全装備を重視するのであれば、購入希望の車種がフルモデルチェンジするのを待つしかない。
フルモデルチェンジすれば、最新の予防安全装備が装着され、安全性能は大幅に向上されるだろう。

そんな状況下ではあるものの、あえてこの中から最も予防安全装備のレベルが高いのがアルファード/ヴェルファイアになる。
唯一、夜間の歩行者と昼間の自転車検知に対応している。
オプションの予防安全装備を選択すれば、高いレベルの予防安全性能得ることができる。

安全装備比較表

  • …全車標準装備
  • …一部標準装備または一部オプション
  • ×…標準装備なし
トヨタアルファード/ヴェルファイア トヨタグランエース 日産エルグランド 日産セレナ ホンダオデッセイ
対車両自動ブレーキ

歩行者検知式自動ブレーキ

ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト

サイドエアバック

一部グレード
標準装備
一部グレード
装着不可

カーテンエアバッグ

一部グレード
標準装備
一部グレード
装着不可

車線逸脱警報

車線維持支援

×

後側方車両検知警報

一部グレード
標準装備

一部グレード
標準装備
一部グレード
装着不可
後退時後方車両接近警報

一部グレード
標準装備

一部グレード
標準装備
一部グレード
装着不可
オートマチックハイビーム

一部グレード
標準装備
一部グレード
装着不可

※安全装備の詳細は各車メーカー公式サイトをご確認ください。

その他のボディタイプ別安全なクルマランキング

関連記事

ライター紹介

クルマ評論家 CORISM代表

大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員