この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
100万円以下の新車は希少
100万以下の新車① ミライ―ス
100万以下の新車② ピクシスエポック
100万以下の新車③ プレオプラス
100万以下の新車④ アルト
100万以下の新車⑤ キャロル
+10万円で新車の候補が増える
中古車だと選択肢が広がる
100万円で買える中古車① ハイト系軽自動車
100万円で買える中古車② コンパクトカー
中古車を買うときは「掘り出し物」に注意!

100万円以下の新車は希少

以前は新車で100万円以下の軽自動車もそれほど珍しくありませんでした。

しかし最近、軽自動車の人気と共に装備が充実したモデルが増えてきており、結果として軽自動車の値段が上がってきています。ホンダ「N-BOX」などのハイト系軽自動車だと、コンパクトカーと変わらない価格の車種もあるほど。

そんな中、100万円以下で買える新車は商用車を除くと以下の5種類で、軽自動車の中でもコンパクトサイズのモデルが多いです。
(※新車価格と中古車相場は記事公開時のものであり、変動する可能性があります)

100万以下の新車① ミライ―ス

・新車時価格(税込):84.2万円〜137.3万円
・中古車相場:5万円〜104.1万円

2011年にデビューして以来、ダイハツの軽自動車の中でも手頃なエントリーグレードとして長く愛されてきたミライ―ス。発売当初から約30km/Lという低燃費を達成していた性能も評価され、2012年にはミラシリーズを軽自動車部門販売台数第1位に押し上げた立役者です。

後述のトヨタの「ピクシスエポック」、スバルの「プレオプラス」にOEM供給しており、価格やカラー展開、グレード設定に微妙な差はあるものの、基本的な構造などは同じです。

100万以下の新車② ピクシスエポック

・新車時価格(税込):84.2万円〜136.4万円
・中古車相場:7万円〜97.7万円

ダイハツの「ムーブコンテ」「ハイゼットトラック」「ハイゼットカーゴ」からそれぞれOEM供給を受けていたトヨタのピクシスシリーズに、2012年に追加されたのが「ピクシスエポック」です。先述のようにダイハツ「ミライ―ス」をベースに、エンブレムの形や位置などに微妙な違いがあります。

100万以下の新車③ プレオプラス

・新車時価格(税込):89.6万円〜137.5万円
・中古車相場:3万円〜115.6万円

ダイハツ「ミライ―ス」のOEM供給を受けたもう一台が、スバルの「プレオプラス」です。スバルでは、ダイハツ「ミラ」をベースにしたOEM車「プレオ」を2010年より販売しており、より手頃で低燃費なモデルとして2012年にプレオプラスを追加しました。名前の由来となっている元祖プレオは2018年に販売終了しており、プレオプラスは「プレオ」の名を残す唯一のクルマになっています。

100万以下の新車④ アルト

・新車時価格(税込):69.7万円〜129万円
・中古車相場:5万円〜117.6万円

1979年にデビューして以来、長く日本の軽自動車市場で愛されてきたスズキのアルト。元々は商用車として誕生したモデルですが、後に一般向けの軽自動車として売り出されるようになりました。2014年にモデルチェンジした現行モデルは、ガソリン車としてトップの37km/Lを実現するという低燃費です。

100万以下の新車⑤ キャロル

・新車時価格(税込):84.8万円〜123.8万円
・中古車相場:5万円〜103万円

スズキ「アルト」のOEM供給を受けて販売しているのがマツダのキャロル。マツダの前身である東洋工業の頃から存在する歴史あるモデルで、その頃はOEM供給ではなく、自社開発されていました。1998年の4台目以降はスズキ「アルト」のOEMを受けているため、基本的な作りはアルトと同じです。

+10万円で新車の候補が増える

100万円以下と予算設定をすると候補が限られてしまいますが、予算を10万円追加すると、以下のようなクルマも選択肢に含まれてきます。

ダイハツ「ミラコット」(上図)
・新車時価格(税込):107.5万円〜145.2万円
・中古車相場:74.9万円〜118.9万円

スズキ「ワゴンR」(上図)
・新車時価格(税込):107.9万円〜157.2万円
・中古車相場:5万円〜177.2万円

中古車だと選択肢が広がる

100万円以下の予算でも、中古車を視野に入れると、状態が良いハイト系の軽自動車やコンパクトカーなども充分に手が届きます。以下は2020年2月時点で、ガリバーで実際に販売されているクルマの年式、走行距離、価格の具体例です。

100万円で買える中古車① ハイト系軽自動車

ダイハツ「タントL SAⅢ」(上図)
・年式  :3年落ち
・走行距離:16,000キロ
・車両価格:99万8800円(税抜)

日産「デイズルークス ハイウェイスター Xターボ」(上図)
・年式  :3年落ち
・走行距離:62,000キロ
・車両価格:99万8800円(税抜)

このようなハイト系の軽自動車は、新車で買うと150万円は必要になります。中古車とはいえ年式も新しく、安全装備も充実しているので、安心して乗ることができます。

特に「子どもが生まれた」というきっかけでクルマを購入する場合、子どもが小学校に入る頃にはより大きなクルマが必要になるもの。それを考えても3年~5年落ちのクルマを購入し、乗り潰したら、家族でのレジャーにぴったりのコンパクトカーやミニバンに買い替えるのをお勧めします。

100万円で買える中古車② コンパクトカー

日産「ノートX」(上図)
・年式  :2年落ち
・走行距離:22,000キロ
・車両価格:99万8800円(税抜)

ホンダ「フィット 13G Lパッケージ」(上図)
・年式  :3年落ち
・走行距離:79,000キロ
・車両価格:89万8700円(税抜)

トヨタ「アクア」(上図)
・年式  :4年落ち
・走行距離:41,000キロ
・車両価格:99万8800円(税抜)

軽自動車より一回り大きく、5人まで乗れるコンパクトカーも、中古車なら100万円で充分手が届きます。年式が新しいクルマはもちろん、アクアのようなハイブリッドカーも購入できるので、「新車というプレミアよりも実を重視する」という人はぜひ検討してみてください。

中古車を買うときは「掘り出し物」に注意!

中古車を買うときには「うっかり状態が悪いものを買ってしまわないか」「買った後に思いがけない不具合があったらどうしよう…」といった心配があるもの。

状態が良いクルマを見極めるポイントとして年式や走行距離、さらには修復歴などが挙げられていますが、「掘り出し物には注意する。安い場合はその理由を聞く」ということだけ覚えておくと良いでしょう。安い理由が「不人気の色だから」「ナビが付いていないから」など納得できるものであれば問題ないです。

ガリバーでは安心して中古車を購入していただけるよう、修復歴を含めてクルマの状態を徹底的にチェックし、その結果をお客様に公開しています。また「こちらのクルマは人気なので高いけれど、顔つきにこだわりがないならこちらの方がお得」など、さまざまなメーカーを取り扱っているからこそ、メーカー横断でお客様にピッタリの一台をご案内しています。ぜひお気軽にご相談ください。