安全な車ランキング2017 セダン編

自動車ニュース / ガリバー

2017.6.29

安全な車ランキング2017 セダン編

安全な車ランキング2017 セダン

セダンの安全性

このクラスの国産セダンは、販売台数が少ない上にトヨタ クラウンの一人勝ち状態。そのため、高級車ながらどのメーカーの予防安全装備もあまり進んでいなかった。しかも、同じクラスの輸入車は、メルセデス・ベンツCクラスやボルボS60などが世界トップレベルの安全性をもつことから、さらに輸入車人気が高まっている。そうした影響もあってか、徐々に国産セダンの予防安全装備もグレードアップしている。ようやく、価格に合った安全装備を得たといったところだ。2017年7月には、ホンダからシビックが再び日本マーケットに投入される。このモデルは、ホンダセンシングを全車に標準装備化する予定だという。クラウンクラスより下のセダンにも、徐々に予防安全装備が拡充されるだろう。

BEST 1

マツダアテンザ

マツダ アテンザ

アテンザには、歩行者検知式自動ブレーキであるアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートや、AT誤発進抑制制御(前進)、交通標識認識システム、サイドエアバッグやカーテンエアバッグなどが全車に標準装備化されている。エントリーグレードでも、まずまずの安全装備といえる。最上級グレードのLパッケージになると、バック時のAT誤発進抑制制御や後側方車両接近警報、夜間でも最適な視界を確保するアダプティブ・LED・ヘッドライト、車線維持支援機能などが装備され、現在考えられる予防安全装備がフルコース状態で標準装備化されていて、ほぼ万全といえる内容だ。

BEST 2

ホンダアコードハイブリッド

ホンダ アコードハイブリッド

アコードハイブリッドも、ほぼアテンザに準じるくらいの優れた予防安全装備を得ている。ホンダの予防安全装備である「ホンダセンシング」には、歩行者事故低減ステアリングと呼ばれる機能があり、ステアリング操作で衝突を回避するアシストも行う。また、レーンウォッチと呼ばれる機能は、左ウインカーの操作またはウインカーレバーの先端にあるスイッチを押すと、連動して助手席側ドアミラーに装備したカメラが作動。インパネ上部のセンターディスプレイに左後方を広く映し、車線変更時や合流時、左折時の接触事故予防に役立つ。だが、右側の後側方の車両には対応していないのが残念なポイント。サイドエアバッグやカーテンエアバッグも標準装備化されている。

BEST 3

トヨタクラウン

トヨタ クラウン

日本を代表する高級セダンであるクラウンだが、予防安全装備に関しては、ギリギリ及第点といったレベルに止まっている。トヨタの予防安全装備である「トヨタセーフティセンスP」は、歩行者検知式自動ブレーキが用意され、全車標準装備化されている。この機能は、車線維持支援機能などもある。ただ、機能そのものの数はシンプル。とくに、後側方車両接近警報など、後方への予防安全機能が少ない。ただ、一部グレードには、ライバル車には無いボンネットを持ち上げ、頭部の損傷を軽減するポップアップフードを装備。また、ニーエアバッグを標準装備化するなどしている。また、使えるのはごく一部の場所が限られるが、ITS通信を使いリスクを事前にドライバーに伝えるなどができるITSコネクトをオプションで用意。これは、ライバル車にはないユニークな先進予防安全装備だ。

安全なセダンの選び方と注意点

このクラスの国産セダンを含め、総じてセダン系は予防安全装備が貧弱なモデルが多いので、シッカリと歩行者検知式自動ブレーキが装備されているかを確認する必要がある。高級車でも日産スカイラインには、歩行者検知式自動ブレーキは装備されていない。また、トヨタ系ではマークXにはトヨタセーフティセンスPが標準装備されているが、プリウス系は一部オプション設定、また高級車のレクサスHSやサイなどには装備されていない。メーカーが同じでも、予防安全装備はバラバラといったところ。とくに、歩行者検知式自動ブレーキがあると無いとでは、雲泥の差。今では軽自動車にでも安価で装備ができる時代だ。こうなると、こうした予防安全装備がされていない高級セダンは、もはや高級とは言えないクルマなので、購入を見送った方がよい。とくに、高級車に乗るような社会的地位が高い人は、事故へのリスク軽減することを最優先すべきだろう。

安全装備比較表

全車標準装備

一部標準装備または一部オプション

× 標準装備なし

  マツダアテンザ ホンダアコードハイブリッド トヨタクラウン
対車両自動ブレーキ

歩行者検知式自動ブレーキ

ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト

MT車を除く、後方は
一部オプションまたは設定なし

前方のみ

後方オプション、一部設定なし
サイドエアバッグ

カーテンエアバッグ

車線逸脱警報

一部グレード設定なし

車線維持支援

一部グレード設定なし

後側方車両検知警報

一部グレード設定なし

左側のみ。カメラ映像

一部設定なし
後退時後方車両接近警報

一部グレード設定なし

×

×

オートマチックハイビーム

一部グレード設定なし

×

  • ※安全装備の詳細は各車メーカー公式サイトをご確認ください。

その他のボディタイプ別 安全なクルマランキング

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • ミニバン
  • SUV
クルマ評論家 CORISM代表 大岡 智彦 氏

クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

関連記事

安全なクルマランキング 2017
~セダン編~

セダンの安全性

このクラスの国産セダンは、販売台数が少ない上にトヨタ クラウンの一人勝ち状態。そのため、高級車ながらどのメーカーの予防安全装備もあまり進んでいなかった。しかも、同じクラスの輸入車は、メルセデス・ベンツCクラスやボルボS60などが世界トップレベルの安全性をもつことから、さらに輸入車人気が高まっている。そうした影響もあってか、徐々に国産セダンの予防安全装備もグレードアップしている。ようやく、価格に合った安全装備を得たといったところだ。2017年7月には、ホンダからシビックが再び日本マーケットに投入される。このモデルは、ホンダセンシングを全車に標準装備化する予定だという。クラウンクラスより下のセダンにも、徐々に予防安全装備が拡充されるだろう。

BEST 1

マツダアテンザ

マツダ アテンザ

アテンザには、歩行者検知式自動ブレーキであるアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートや、AT誤発進抑制制御(前進)、交通標識認識システム、サイドエアバッグやカーテンエアバッグなどが全車に標準装備化されている。エントリーグレードでも、まずまずの安全装備といえる。最上級グレードのLパッケージになると、バック時のAT誤発進抑制制御や後側方車両接近警報、夜間でも最適な視界を確保するアダプティブ・LED・ヘッドライト、車線維持支援機能などが装備され、現在考えられる予防安全装備がフルコース状態で標準装備化されていて、ほぼ万全といえる内容だ。

BEST 1

ホンダアコードハイブリッド

ホンダ アコードハイブリッド

アコードハイブリッドも、ほぼアテンザに準じるくらいの優れた予防安全装備を得ている。ホンダの予防安全装備である「ホンダセンシング」には、歩行者事故低減ステアリングと呼ばれる機能があり、ステアリング操作で衝突を回避するアシストも行う。また、レーンウォッチと呼ばれる機能は、左ウインカーの操作またはウインカーレバーの先端にあるスイッチを押すと、連動して助手席側ドアミラーに装備したカメラが作動。インパネ上部のセンターディスプレイに左後方を広く映し、車線変更時や合流時、左折時の接触事故予防に役立つ。だが、右側の後側方の車両には対応していないのが残念なポイント。サイドエアバッグやカーテンエアバッグも標準装備化されている。

BEST 3

トヨタクラウン

トヨタ クラウン

日本を代表する高級セダンであるクラウンだが、予防安全装備に関しては、ギリギリ及第点といったレベルに止まっている。トヨタの予防安全装備である「トヨタセーフティセンスP」は、歩行者検知式自動ブレーキが用意され、全車標準装備化されている。この機能は、車線維持支援機能などもある。ただ、機能そのものの数はシンプル。とくに、後側方車両接近警報など、後方への予防安全機能が少ない。ただ、一部グレードには、ライバル車には無いボンネットを持ち上げ、頭部の損傷を軽減するポップアップフードを装備。また、ニーエアバッグを標準装備化するなどしている。また、使えるのはごく一部の場所が限られるが、ITS通信を使いリスクを事前にドライバーに伝えるなどができるITSコネクトをオプションで用意。これは、ライバル車にはないユニークな先進予防安全装備だ。

安全なセダンの選び方と注意点

このクラスの国産セダンを含め、総じてセダン系は予防安全装備が貧弱なモデルが多いので、シッカリと歩行者検知式自動ブレーキが装備されているかを確認する必要がある。高級車でも日産スカイラインには、歩行者検知式自動ブレーキは装備されていない。また、トヨタ系ではマークXにはトヨタセーフティセンスPが標準装備されているが、プリウス系は一部オプション設定、また高級車のレクサスHSやサイなどには装備されていない。メーカーが同じでも、予防安全装備はバラバラといったところ。とくに、歩行者検知式自動ブレーキがあると無いとでは、雲泥の差。今では軽自動車にでも安価で装備ができる時代だ。こうなると、こうした予防安全装備がされていない高級セダンは、もはや高級とは言えないクルマなので、購入を見送った方がよい。とくに、高級車に乗るような社会的地位が高い人は、事故へのリスク軽減することを最優先すべきだろう。

安全装備比較表

全車標準装備

一部標準装備または一部オプション

× 標準装備なし

マツダアテンザ ホンダアコードハイブリッド トヨタクラウン
対車両自動ブレーキ

歩行者検知式自動ブレーキ

ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト

MT車を除く、
後方は一部オプション
または設定なし

前方のみ

後方オプション、
一部設定なし
サイドエアバッグ

カーテンエアバッグ

車線逸脱警報

一部グレード設定なし

車線維持支援

一部グレード設定なし

後側方車両検知警報

一部グレード設定なし

左側のみ。カメラ映像

一部設定なし
後退時後方車両接近警報

一部グレード設定なし

×

×

オートマチックハイビーム

一部グレード設定なし

×

  • ※安全装備の詳細は各車メーカー公式サイトをご確認ください。
クルマ評論家 CORISM代表 大岡 智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員