中古車選びの注意点のご質問

close
中古車選びの注意点のご質問

中古車選びの注意点のご質問

中古車選びの際ご検討いただきたい注意点をまとめました。中古車の修復歴・事故歴やガリバーで提供する保証制度や返品サービスなどご質問内容を回答とともにご紹介いたします。中古車のことならお任せください。

本当にお得な中古車の見極め方

中古車って何に注目したらいいの?

クルマの状態を見るのはもちろんですが、以下の3つを備えているのが、後々のコストまで考えた時に
「本当にお得な中古車」です。

  1. 修復歴(事故歴)がないかしっかり点検し、一台ずつその結果を公開している
  2. 保証や返品などのアフターサービスがあるなど「売って終わり」のお店ではない
  3. リーズナブルな価格であり、かつその価格で提供できる理由がちゃんとある

中古車に多い思わぬ出費とその原因は?

その1 買った後で事故車だと分かる

「買ったあとに事故車だとわかりました…」

通勤用に中古車を購入。購入後から片方のタイヤだけやたらと減るので整備工場で見てもらった。そこで整備工場の方から「事故車なのでよくあるんですよね」と言われた。他の中古車と比べて格安で事故歴がないから購入したのに…

Aさん (28歳、独身、会社員)の場合

事故車とは交通事故や災害により、車体の骨格部分を損傷し、そこを修理・交換したクルマのことをいいます。安く購入できますが、事故歴のないクルマと比べて故障発生率が高いのです。故障すれば修理費がかかりますし、命に関わる可能性もあります。

中には事故車であることを伝えない悪徳業者もあるといいます。「知らないうちに事故車を買っていた」ということがないように、中古車を買う時には信頼できるお店を選ぶといいでしょう。また「安いのには何か訳がある」と考え、きちんと納得できる理由なのか確認するのもおすすめです。

その2 整備済みなのにすぐ故障

「買ったばかりなのに壊れました…」

「整備済み」の中古車を購入。買って間もないのにエアコンがきかなくなった。車内も匂いが残っていて不潔な感じがする。こんなクルマだと知っていたら買わなかったのに・・・

Bさん(31歳、結婚2年目、専業主婦)の場合

中古車を販売する際に、多くの販売店では安全のために点検が行われています。

しかしブレーキやハンドルといった基本的な部位を点検するだけというお店も多く、点検対象外だったエアコンやパワーウィンドウなどがすぐに故障したという話も聞きます。また実際にクルマに乗る時には、車内の汚れや臭い、車外の汚れなどが気になるものです。せっかく安く購入できても、修理やクリーニングにお金が掛かっては元も子もありません。

なので「点検済み」「整備済み」という言葉を鵜呑みにせず、具体的にどこまで点検・整備されているか確認しましょう。ガリバーでは、安心して中古車をお買い求め頂くために、最大162項目の点検作業と内外装のクリーニングを実施しております。

その3 保証付きのはずが多額の修理費用

「【保証付】でも高額な修理費用がかかりました…」

仕事と家庭の兼用で中古車を購入。1年間の『保証付』だったけど、エアコンが故障した時は”保証対象外部品” なので実費で修理。燃料ポンプが故障した時は”保証走行距離”を超えたからと実費で修理。こんなに保証が使えないなんて思わなかった…

Cさん(36歳、結婚10年目、自営業)の場合

最近では、保証付きという中古車も少しずつですが増えてきています。クルマは3万以上の部品を組み合わせて作られた精密な機械で、時間が経てばそれだけ故障しやすくなります。修理費は思いがけず高額になることもあるので、保証が付いていると安心です。

しかし、この保証をめぐるトラブルが多いのもまた事実です。多くの場合、保証には細かい条件が付いているために、「保証が使えると思っていたのに対象外だった」ということが起こってしまうのです。

保証が付いていることに安心せず、保証の細かい条件もきちんと確認するようにしましょう。

  • 保証されている「期間」はどれくらいか
  • 保証されている「距離」はどれくらいか

こういうトラブルを避けるにはどうしたらいいの?

クルマの状態には色んなチェックポイントがあり「どのクルマが良いクルマなのか」「何がお買い得なのか」が非常に分かりにくいです。値段や何となくの印象で判断すると、思わぬ失敗をしてしまう可能性もあります。

「自分でクルマを見極める自信がない…」という人は、信頼できるお店を選ぶことをお勧めします。信頼できるお店を見極める上では、以下をチェックするようにしましょう。

  1. 修復歴(事故歴)がないかしっかり点検し、一台ずつその結果を公開している
  2. 保証や返品などのアフターサービスがあるなど「売って終わり」のお店ではない
  3. リーズナブルな価格であり、かつその価格で提供できる理由がちゃんとある

修復歴も含めて、なかなか気づけないようなキズや汚れをきちんと点検し公開してあれば安心ですし、保証や返品といったサービスがあるということは、クルマの点検・整備品質への自信の表れでもあります。また異常に安い時は「何かある」とチェックすることも忘れないようにしましょう。

ガリバーは何をしてくれるの?

中古車購入というと「自分でクルマを見極められる人だけのもの」「不安やリスクがつきもの」という考えを持っている人もいると思います。

しかしガリバーは、より多くの人に安心して中古車に乗ってほしいと考えています。そのため、お客さまの安心と安全にこだわって、以下のようなサービスをご用意しています。

  • 入庫時の詳細な点検
  • 詳細な車両状態表の作成・公開
  • 走行距離に応じた整備(部品の交換など)
  • 内外装クリーニング
  • 納車前点検
  • 100日の返品受付(車両本体価格での買取)※輸入車は30日
  • 最長10年の有償オプション保証

中でもガリバー自慢のサービスが、返品の受付をしていること。「乗ってみたら運転しにくかった」といった理由はもちろんのこと、「やっぱり色が気に入らない」「他の良いクルマを見つけた」という理由でも承っています。

  • 返品は国産車は納車後100日間、輸入車は納車後30日間、車両本体価格での買取となります。
  • 保証の期間や費用は、車種や販売時の年式/走行距離によって異なります。詳しくは最寄りのお店にご相談ください。
  • G-Selection,GT-Garage@Gulliver,LIBERALA麻布等では修復歴車/保証の対象外/返品対象外の中古車も販売しています。
  • 沖縄県下のガリバーでは返品対象外の中古車を販売しています。
  • 内外装クリーニング、納車前点検整備は有償サービスとなります。

サービスを手厚くした分、クルマは高くなるのでは?

詳細な点検やクリーニング、さらには返品受付や10年保証などのサービスを提供するには、どうしても費用が掛かります。サービスが充実している代わりに商品の代金が高いお店というのは、中古車業界に関わらず数多く存在しています。

しかしガリバーは、それでは意味がないと考えています。中古車のメリットの一つは、その値段がリーズナブルであること。そのため、サービスのために値段が高くなってしまっては元も子もないというのがガリバーの想いです。

そのためガリバーでは「期間限定販売」という仕組みを採用しています。買い取ったクルマに販売期間を設け、その期間内にお客さまからの注文がなければ自動的に中古車オークションに売却してしまう仕組みです。これによって、長期間クルマをお店に置いておくことで掛かる管理費用を抑えています。

このような工夫をすることで、自動車の販売に掛かる管理コストを削減し、中古車ならではのリーズナブルな価格でありながら、以下のような充実したサービスを提供できているのです。

画像:

期間限定販売なのでお早めの連絡を

買取No.1※のガリバーは、毎日約500台の車両が新規入荷されます。しかしコストカットのために「期間限定販売」をしているため、掲載されている車両は高い回転率で次から次へとオークションに売却されてしまうのです。

中古車購入を検討されている方は、気になる車両を見つけたらお早めにお問い合わせください。条件だけお伝えいただいて、マッチするおクルマが入荷次第ご連絡することも可能ですので、まずはお問い合わせください。

  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古車買取市場の大手買取専門業者を対象とした「中古自動車買取台数 No.1 調査」より)
修復歴(事故歴)の意味と見極め方

修復歴(事故歴)はなぜ大事なの?

修復歴(事故歴)があると、安全性への不安があるからです。「知らないうちに修理歴があるクルマを買ってしまった」といったことがないよう、修理歴の有無を明示しているお店、アフターフォローがあるお店を選ぶようにしましょう。

修復歴(事故歴)があるクルマってどんなクルマ

修復歴車とは、交通事故や災害により、車体の骨格部分が損傷し、そこを修理・交換したクルマのことです。骨格部分の損傷は走行機能に影響する場合もあり、安全性への心配があります。修理が頻繁に必要になることもありますし、悪ければ命に関わる事故に至る可能性もあります。

安全性に不安があるということもあり、修復歴(事故歴)があるクルマは一般的に、通常のクルマより安く販売されています。しかし中には修復歴(事故歴)があることを隠して、さも「お買い得なクルマ」であるように見せている悪質なお店もゼロではありません。中古車を購入する時は、価格だけでなく、信用できるお店かどうかも見極めて購入するようにしましょう。

修復歴(事故歴)の有無はどうやったら分かるの?

修復歴(事故歴)があるクルマは安全性に不安もあるため、「修復歴があると知らずにうっかり買ってしまった」という事態は避けたいものです。

修復歴があるかどうかを確認するには、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

  • ボンネット、ライト、フェンダーの隙間は均等か
  • ドアは全てピッタリと閉まるか
  • ドアを開閉した時にガタついたりしないか
  • ボンネット周りに大きなキズや凹みはないか
  • ドアに大きな凹みはないか

しかしこれらのチェックポイントも、プロがきれいに修復をしてしまうと、ぱっと見ではなかなか分からないものです。「自分で修復歴を見極める自信がない」という人は、信頼できるお店かどうかをチェックするようにしましょう。

  • 修復歴(事故歴)があるクルマである場合、それがきちんと明示されている
  • 自社で独自の点検を行い、その結果を詳細に公開している
  • 保証が付けられる、返品ができるなどアフターフォローもしてくれる

ガリバーでは修復歴(事故歴)の有無は確認できるの?

ガリバーでは、「お客様に安心して中古車を購入いただきたい」「安心してカーライフを楽しんでいただきたい」という思いから、入庫時には徹底的な点検を行っています。そのチェック項目はクルマの骨格や外装、内装はもちろん、外側からは分かりにくい内部にまで及びます。

その上で、修復歴(事故歴)があるクルマについては、それをサイト上や店頭できちんと公開しています。修復歴の有無だけでなく、点検によって分かったキズや凹み、汚れなども詳細に記録し公開することで、「買ってから後悔した」という思いをさせない様にしています。

それでも、クルマの購入というのは何があるのか分からないもの。乗ってみたら不調を感じる可能性はゼロではありませんし、「思っていたよりも運転しにくい」「家の車庫に入らない」といったことも考えられます。そんな時でも「売って終わり」にならないよう、ガリバーでは保証や返品といったサービスもご用意しています。

中古車に保証が大事な理由は?

中古車に保証が大事な理由は?

過去にどんな使われ方をしているか分からないため、新車を買う以上に不安なのが中古車の購入。そんな不安を取り除き、またいざという時に修理代が大きな負担にならないようにするためです。

なぜ保証が重要なの?

クルマというのは、3万個以上のパーツを組み合わせて作られた、精密な機械です。最近ではGPSやインターネットを活用した通信機能、センサーを使った自動ブレーキなどの暗線装備など、その作りはさらに精密で複雑になっています。

それだけに、クルマには常に故障のリスクが付きまといます。ナビやオーディオが動かない、エアコンが効かないといった不具合だけでも、かなりの不自由が伴います。ましてブレーキランプが点かない、ブレーキが効かないといった故障だと、命に関わる事故の可能性もあるのです。

特に製造されてから時間が経てば、不具合が起こる可能性は高くなります。思いがけない故障の時、保証があれば、修理費を気にせずに直してもらうことができます。

修理費って具体的にどのくらい掛かるの?

クルマを買う時には「できるだけリーズナブルに抑えたい」「保証を付けるのと修理をするのと、どちらがお得か判断したい」という人も多いでしょう。

そこで気になるのが、修理費がどのくらいかかるか。実際にはクルマのサイズや故障の種類、修理の仕方によって掛かる費用は様々です。あくまで目安ですが、よく起こる故障と修理費用の相場は以下の通りです。

case1 走行時、エンジンランプが点灯→スロットルボディ要交換 概算修理費用約80,000円
case2 エアコンがまったく聞かず冷風が出ない…→エアコンプレッサー要交換 概算修理費用約100,000円
case3 オートマのギアが変わらない→オートミッションの故障、要交換 概算修理費用約400,000円
  • 上記概算修理費用は目安です。実際の金額とは異なる場合がございます。

特に中古車で保証をつける意味は?

新車でも中古車でも、故障の可能性はあります。しかし中古車を購入する時には、保証を付けられるかどうかが一層重要になってきます。

その一つ目の理由が、時間が経ったクルマの方が故障のリスクが高いからです。時間が経つと、どうしても金属は疲労し、部品が劣化します。故障しやすいのであれば、保証を付けておいた方が安心です。

二つ目の理由が、クルマ選びの不安が一つ減るからです。中古車を購入する時に「安いクルマだけど、故障したらどうしよう」という不安を感じる人は多くいます。「故障しにくいクルマはどれですか」と質問する人もいます。そんな時、保証を付けられれば、そういった不安が少し軽くなります。

そして最後に、たとえ保証を付けないとしても、購入した後もサポートをしてくれるお店かどうかを見極めることができます。保証が付けられないようなお店だと、「売った後のことは知らない」というスタンスのお店である可能性があります。それに対して保証が付けられるお店なら、購入した後のカーライフでも何かと相談できるお店だといっていいでしょう。

安心して中古車に乗るためにも、中古車を購入する時は「保証が付けられるお店なのか」をチェックしてください。

ガリバーの保証サービスはどんな内容なの?

『中古車は故障するもので、中古車を買う人はその不安を抱えて購入するのが当たり前』というのが、以前の中古車業界の常識でした。

その常識を覆し、業界で初めて最長10年の保証サービス(有償)や返品サービス(車両本体価格での買取)をスタートしてきたのがガリバーです。「安心して中古車に乗ってほしい」という想いでスタートしたサービスは、特に安全を重視した内容になっています。

  • エンジン・ブレーキ・ミッションという「走る・曲がる・止まる」に関わる重要機構部品は走行距離無制限で保証
  • ナビやオーディオなど指定社外部品・消耗部品も12ヶ月以内であれば修理保証
    (※ 期間内の修理回数に制限はありませんが、保証種別によって累積上限金額が設定されています)
スロットルボディ要交換 概算修理費用約80,000円→0円
エアコンプレッサー要交換 概算修理費用約100,000円→0円
オートミッションの故障、要交換 概算修理費用約400,000円→0円

保証の期間や費用は、車種や販売時の年式/走行距離によって異なります。詳しくは最寄りのお店にご相談ください。またコールセンターなどでもお問い合わせを承っています。

  • G-Selection,GT-Garage@Gulliver,LIBERALA麻布等では保証の対象外/返品対象外の中古車も販売しています。
  • 沖縄県下のガリバーでは返品対象外の中古車を販売しています。
ガリバーの返品サービスの仕組み

本当に返品ができるのですが?

ガリバーでは国産車なら納車後100日以内、輸入車は納車後30日以内にご連絡をいただき、下記の返品条件を全て満たしている場合は、車両本体価格の100%※で買い取りいたします。

  • 購入時に取り付けたオプション品や保証プラン・諸費用等を除いた車両本体価格の100%での買い取りとなります。
  • 車両本体価格が値引きされている場合は車両本体価格は値引後の価格となります。
全額現金購入の返金例
(販売合計金額125万円の場合)
購入時に取り付けたオプション品や保証プラン・諸経費を抜いた車両本体価格の100%※での買取 ※車両本体価格が値引きされている場合は車両本体価格は値引き後の価格となります。

ガリバーでは、安心してクルマを選んでいただくために、中古車販売店としては画期的な返品サービスを実施しています。
見落としていたヘコミがあった、やっぱり色が気に入らない、といった場合でもガリバーなら問題ありません。
国産車なら納車後100日以内・輸入車なら納車後30日以内にご連絡をいただくことで、買い取りできます。

「少し試乗したくらいじゃよくわからない」「買ってすぐ壊れるなんて損はしたくない」というお客さまの声にこたえた、お客さまの安心に徹底的にこだわるガリバーだからこそできるサービスです。

  • 本ページの下記の返品条件を満たす場合に適用されます
  • 輸入車は、返品期間が納車後30日以内となります
  • ご購入時にローンご利用の場合、ローンの解約事務手数料5,000円(税込)が発生いたします。

お問い合わせはお客様相談センターまで (2017年11月現在)

返品の流れ

1 ご連絡 店頭へご連絡ください
2 書類をお届け ご自宅へ書類が届きます
3 ご来店予約 ご来店予約をお願いします
4 ご来店 対象車両のチェック 返品条件のご確認をいたします
5 条件クリア 返品・返金のお手続きへ

返品条件(ご契約の解除を承諾するにあたってガリバーが考慮する事項)

ガリバーが返品をお受けするにあたっては、以下に記載の条件を全て満たすことを前提とさせていただいております。
予め、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

走行距離 納車時からの増加が3,000キロ以内。
キズ・ヘコミ 5cm四方以上のキズ・ヘコミがない。(納車時にあったものを除く。)
事故(修復歴) 納車後に事故を起こしていない。
付属品等 納車時に付いていた機能・機器が付いている。
使用方法 通常の使用方法以外(レース・ラリー等)の用途で使用していない。(納車前の使用は除く)
車検証 納車時の名義人と同じである。ご契約者にお車の処分権限がある。登録が抹消されていない。
税金等の未納 自動車税、自賠償保険料、駐車違反放置違反金等、お車に関する債務が残っていない。
差押等 お車に抵当権、譲渡担保その他第三者の権利が付されていない。
(購入時にオートローンを利用した場合で、信販会社等の権利を除く)
ご契約者様 契約名義を問わず、自動車売買、自動車整備の事業者として契約を締結していない。
ガリバーへの背信行為や不正行為、社会的信用を損なう行為を実行し又は計画していない。
  • その他 上記の他、納車時と比較して、お車の価値が大きく下落する状態となっている場合は、返品をお受けできない場合があります。
    例:改造(痕跡を含む)/修復歴/接合車/フロア交換/冠水・雹害等の災害車/粗悪車/メーター改ざん・交換/車台番号の変更/「道路運送車両の保安基準」等の関係法令に適合しないもの。

注意事項
※原則として下取り車両の買取契約は解除されず、返還されませんで予めご了承ください。
※返品時のお車の引き渡しの際、車両陸送が発生した場合には、お客様に陸送実費をご負担いただきます。
※納車後に取り付けた物品代・工賃や納車後に納税された税金・車検代・重量税・自賠責保険料などは返金対象にはなりません。
※任意保険につきましては別途お客様にて解約のお手続きが必要になります。
※2018年5月1日以降のご契約様に適用されます。

減免事項
買取保証期間中においても、以下事項に該当する場合は相当額を減額させていただきます。
①納車時から傷やヘコミが増えている場合や事故損傷などで修理が必要な場合。
②納車時に付いていた装備品が揃っていない場合、もしくは交換されている場合。
③納車後に改造や架装がなされている場合。
④ご購入時にローンご利用の場合、ローンの解約事務手数料5,000円(税込)が発生いたします。

保証の対象店舗

買取保証は全国のガリバー、ガリバーアウトレット、ガリバーミニクル、スナップハウス、WOW!TOWN、HUNT、LIBERALA(リベラーラ)各店でご購入いただいた車両となります。

  • 但し、G-Selection、GT-Garage、リベラーラ麻布など一部店舗では取り扱いがございません。
  • 新車は対象外となります。

詳しくは弊社お客様相談センターまでお問い合わせください。
商品サービスについて:0120-22-8680

充実したサービスが提供できるヒミツ

なぜこれほど充実したサービスを提供できるの?

ガリバーならではの期間限定販売を行うことで、中間コストをカットし、その分をお客さまの安全・安心を支えるサービスに充てているからです。

ガリバーはどんなサービスがあるの?

ガリバーでは「安心して中古車に乗ってほしい」という想いから、様々なサービスを用意しています。

  • 入庫時の詳細な点検
  • 詳細な車両状態表の作成・公開
  • 走行距離に応じた整備(部品の交換など)
  • 内外装クリーニング
  • 納車前点検
  • 100日の返品受付
  • 最長10年のオプション保証

例えば点検一つとっても、エンジンルームや下回り、足回りといった法定点検はもちろん、エアコンやオーディオ、装備品の点検を含むガリバーオリジナルの厳しい点検項目を採用しています。さらにはその点検の結果を受けて、整備も行っています。

またガリバーでは中古車を「売って終わり」にしないためにも、購入後100日間はどんな理由の返品でも受け付けています。また故障と修理費用の心配を感じなくて済むように、業界初の10年保証をスタートしたのもガリバーです。

サービスの分だけ車両代が高くならないの?

サービスが充実していると、その分だけ商品の代金が高くなるのが一般的です。しかしガリバーは、それでは意味がないと考えています。中古車は価格が安いのが一つのメリットなので、充実したサービスで価格が高くなってしまっては元も子もありません。

そこでガリバーでは、「期間限定販売」という仕組みでコストカットをしています。

お客さまから買い取った商品を店舗に長く置いておくと、駐車場や倉庫、さらにはクルマを管理するメンテナンス費用など様々な費用が掛かります。そこでガリバーでは、全国で買い取った車両に販売期間を設け、その期間内(2週間)にお客さまからの注文がなければ自動的に中古車オークションに売却しています。そうすることで自動車の管理コストを削減でき、 その分をお客さまの安心安全を支えるサービスに充てています。

一般中古車店(在庫管理コストが大きい)・Gulliver(「期間限定販売」で在庫管理コストが小さい)

期間限定販売なのでお早めの連絡を

中古車買取台数No.1のガリバーは、毎日約500台の車両が新規入荷されます。しかしコストカットのために「期間限定販売」をしているため、掲載されている車両は高い回転率で次から次へとオークションに売却されてしまうのです。

中古車購入を検討されている方は、気になる車両を見つけたらお早めにお問い合わせください。条件だけお伝えいただいて、マッチするおクルマが入荷次第ご連絡することも可能ですので、まずはお問い合わせください。

  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古車買取市場の大手買取専門業者を対象とした「中古自動車買取台数 No.1 調査」より)
掲載期限がある理由

なぜ掲載期限があるの?

在庫を管理する期間を短くすることで、中間コストをなくし、その分お客さまの安心・安全を支える充実したサービスを提供するためです。

掲載期限って何?

ガリバーのサイトでご紹介しているクルマの多くには、「掲載期限」が設定されています。掲載期限とはその名の通りサイトに掲載する期限のことで、それを過ぎるとその車両の掲載は終了してしまいます。

というのも、ガリバーでは「期間限定販売」という制度をとっています。全国で買い取った車両に販売期間を設け、その期間内(2週間)にお客さまからの注文がなければ自動的に中古車オークションに売却しています。

そのため掲載期限が過ぎたクルマは、サイト上での掲載期限が終了するだけでなく、お店での取り扱いも終了してしまいます。ですから、気になるクルマがあったら、まずはお問い合わせをしてみてください。

なぜ期間限定販売にしているの?

一般的な中古車販売店は、お客さまから注文が入るまで、お店や倉庫で中古車を管理しています。しかしお客さまから買い取った商品を店舗に長く置いておくと、駐車場や倉庫、さらにはクルマを管理するメンテナンス費用など様々な費用が掛かります。

そこでガリバーでは、全国で買い取った車両に販売期間を設け、その期間内(2週間)にお客さまからの注文がなければ自動的に中古車オークションに売却しています。そうすることで自動車の管理コストを削減でき、中古車ならではのリーズナブルな価格でありながら、以下のような充実したサービスを提供できているのです。

  • 入庫時の詳細な点検
  • 詳細な車両状態表の作成・公開
  • 走行距離に応じた整備(部品の交換など)
  • 内外装クリーニング
  • 納車前点検
  • 100日の返品受付
  • 最長10年のオプション保証
一般中古車店(在庫管理コストが大きい)・Gulliver(「期間限定販売」で在庫管理コストが小さい)

期間限定販売なのでお早めの連絡を

中古車買取台数No.1のガリバーは、毎日約500台の車両が新規入荷されます。しかしコストカットのために「期間限定販売」をしているため、掲載されている車両は高い回転率で次から次へとオークションに売却されてしまうのです。

中古車購入を検討されている方は、気になる車両を見つけたらお早めにお問い合わせください。条件だけお伝えいただいて、マッチするおクルマが入荷次第ご連絡することも可能ですので、まずはお問い合わせください。

  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古車買取市場の大手買取専門業者を対象とした「中古自動車買取台数 No.1 調査」より)
なぜ問い合わせをした方が良いの?

なぜ問い合わせをした方が良いの?

ガリバーでは「期間限定販売」を採用しているため、お客さまからの問い合わせがないと、気になるクルマが自動車オークションで売却されてしまうからです。
また問い合わせがあれば、毎日約500台ある新規入荷のクルマから、お客さまに合った車両を優先的にご案内できます。

なぜ期間限定販売にしているの?

ガリバーでは、お客さまからのお問い合わせがないまま一定期間が過ぎると、自動車オークションで販売してしまいます。そのため、お客さまには不自由をお掛けすることもあるかと思います。にもかかわらず、期間限定販売にしているのには理由があります。

一般的な中古車販売店は、お客さまから注文が入るまで、お店や倉庫で中古車を管理しています。しかしお客さまから買い取った商品を店舗に長く置いておくと、駐車場や倉庫、さらにはクルマを管理するメンテナンス費用など様々な費用が掛かります。

ガリバーでは期間限定販売にすることで自動車の管理コストを削減し、その分を入念な車両チェック、返品の受付(車両本体価格での買取)といった充実したサービスの提供に充てています。

問い合わせをすると何が起こるの?

問い合わせなければ自動車オークションに売却されてしまうと分かっていても、「まだ問合せには早いのでは」と思う人もいるでしょう。

なのでガリバーでは、一口にお問い合わせといっても、それぞれの方に合わせた情報提供をしています。詳しいクルマの状態をご案内することもできますし、クルマに求める条件をお伺いしてピッタリの車種をご案内することもできます。

「まだ車種も決まっていない」というお客さまも多いので、問い合わせたからといって購入しなければならないというものではないのでご安心ください。

問い合わせたら購入しなければならないの?

問い合わせたら購入しなければならないの?

ガリバーのお問い合わせは「車種も決まっていない」「まだ買い時で迷っている」という人にもご利用いただいています。もちろん、問い合わせたからといって購入しなければならないということはありません。

問い合わせをすると何が起こるの?

中古車のサイトに来る人の中には「どんなクルマを買ったらいいか条件も分からない」という人から、個別のクルマを見て「このクルマのキズや汚れなど詳細が知りたい」という人まで、様々な人がいます。

そのため、ガリバーでは、お問い合わせをいただいたら、それぞれの方に合わせた情報を提供しています。「まだ車種も決まっていない」というお客さまも多いので、問い合わせたからといって購入しなければならないというものではないのでご安心ください。

問い合わせをするメリットはあるの?

ガリバーでは、車両の管理コストを抑え、その分を充実したサービスに充てるため、期間限定販売をしています。お客さまのお問い合わせがないまま一定期間が経つと、その車両は中古車オークションで売却されてしまうので、気になるクルマがある人は早めにお問い合わせください。

また予め条件を伺っておいて、ご希望に沿うクルマが見つかったらご連絡するといったこともしております。人気のクルマはウェブに掲載される前に成約してしまうケースもあるので、まずはお気軽にご連絡ください。

まだ何も決まっていないのに問い合わせていいの?

「まだ色々決めていないのに問い合わせをする必要はあるのだろうか」と思う人もいるでしょう。「まだ何も決まっていない」という人にこそ、問い合わせをし、ご相談いただくことをお勧めしています。

家族構成やライフスタイル、さらには予算なども踏まえて、自分にピッタリのモデルを選ぶのは難しいもの。まして、数多くのメーカー/モデルがある中で、自分の条件に合うクルマを全てチェックするのは至難の業です。「こんなクルマもあったのか」と後悔をしないよう、早めにプロの力を使って候補の洗い出しをすることをお勧めします。

ガリバーでは様々なメーカーのクルマを取り扱っているので、メーカー横断でお客さまにピッタリのクルマをご案内できます。特にクルマに詳しくない人、車種にこだわりがない人には、早めの相談がおすすめです。

公開されない車両がある理由

なぜ公開されない車両があるのですか?

買取車両がガリバーに登録されてから公開されるまでの間に、店頭やご提案サービスによって売却されてしまうからです。

入荷車両が登録されてから、公開されるまでに一定期間がかかります。

中古車買取台数No.1のガリバーは、全国約550店舗から毎日のように車両が入荷されますが、買い取ってすぐに販売されるわけではありません。買取車両は登録された後、点検・整備を行なったうえで、ローン完済や所有権移転など各種手続きを済ませる必要があり、インターネット上の公開まで一定期間が必要になります。


入荷車両が登録されてから、公開されるまでに一定期間がかかります。
  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古車買取市場の大手買取専門業者を対象とした「中古自動車買取台数 No.1 調査」より)

ただし公開前の車両でも、事前にお問い合わせいただいた方や、店頭にお越しいただいた方には、優先して販売しています。

買取後の車両は、インターネット上に公開される前でも、ガリバーの車両として登録されており、店頭にお越しいただいているお客さまや、事前にお問い合わせいただいていたお客さまに対しては、公開前の車両でも先にご提案させていただいております。 例えば、先に車種名や価格帯などの諸条件をお伝えいただいていて、「条件に合うクルマが出次第ご連絡」というお約束をしているお客様が多数いらっしゃいます。お約束いただいているお客さまのご希望の車両が入荷されると即座にご連絡し、そこで多くの車両が売却されてしまうのです。

入荷車両が登録されてから、公開されるまでに一定期間がかかります。ベストなおクルマを逃さないために、ご連絡だけでもお早めに。

インターネット上で気になる車両を見つけた方も、見つからなかった方も、お問い合わせいただければ条件にベストマッチしたクルマが見つかるかもしれません。毎日500台の新規車両を入荷し、入れ替わりの激しいガリバーだからこそ、ベストなおクルマを逃さないよう、条件だけでもお気軽にご相談ください。