なぜ修復歴・事故歴が重要視されるのか

修復歴(事故歴)の意味と見極め方

事故歴・修理歴がある中古車は避けるべき理由は第一に再度故障が発生する可能性が高いから。販売台数に対して約40%の割合で故障が発生しています。ガリバーでは修復歴車の販売を行っておりません。

修復歴(事故歴)はなぜ大事なの?

修復歴(事故歴)があると、安全性への不安があるからです。「知らないうちに修理歴があるクルマを買ってしまった」といったことがないよう、修理歴の有無を明示しているお店、アフターフォローがあるお店を選ぶようにしましょう。

修復歴(事故歴)があるクルマってどんなクルマ

修復歴車とは、交通事故や災害により、車体の骨格部分が損傷し、そこを修理・交換したクルマのことです。骨格部分の損傷は走行機能に影響する場合もあり、安全性への心配があります。修理が頻繁に必要になることもありますし、悪ければ命に関わる事故に至る可能性もあります。

安全性に不安があるということもあり、修復歴(事故歴)があるクルマは一般的に、通常のクルマより安く販売されています。しかし中には修復歴(事故歴)があることを隠して、さも「お買い得なクルマ」であるように見せている悪質なお店もゼロではありません。中古車を購入する時は、価格だけでなく、信用できるお店かどうかも見極めて購入するようにしましょう。

修復歴(事故歴)の有無はどうやったら分かるの?

修復歴(事故歴)があるクルマは安全性に不安もあるため、「修復歴があると知らずにうっかり買ってしまった」という事態は避けたいものです。

修復歴があるかどうかを確認するには、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

  • ボンネット、ライト、フェンダーの隙間は均等か
  • ドアは全てピッタリと閉まるか
  • ドアを開閉した時にガタついたりしないか
  • ボンネット周りに大きなキズや凹みはないか
  • ドアに大きな凹みはないか

しかしこれらのチェックポイントも、プロがきれいに修復をしてしまうと、ぱっと見ではなかなか分からないものです。「自分で修復歴を見極める自信がない」という人は、信頼できるお店かどうかをチェックするようにしましょう。

  • 修復歴(事故歴)があるクルマである場合、それがきちんと明示されている
  • 自社で独自の点検を行い、その結果を詳細に公開している
  • 保証が付けられる、返品ができるなどアフターフォローもしてくれる

ガリバーでは修復歴(事故歴)の有無は確認できるの?

ガリバーでは、「お客様に安心して中古車を購入いただきたい」「安心してカーライフを楽しんでいただきたい」という思いから、入庫時には徹底的な点検を行っています。そのチェック項目はクルマの骨格や外装、内装はもちろん、外側からは分かりにくい内部にまで及びます。

その上で、修復歴(事故歴)があるクルマについては、それをサイト上や店頭できちんと公開しています。修復歴の有無だけでなく、点検によって分かったキズや凹み、汚れなども詳細に記録し公開することで、「買ってから後悔した」という思いをさせない様にしています。

それでも、クルマの購入というのは何があるのか分からないもの。乗ってみたら不調を感じる可能性はゼロではありませんし、「思っていたよりも運転しにくい」「家の車庫に入らない」といったことも考えられます。そんな時でも「売って終わり」にならないよう、ガリバーでは保証や返品といったサービスもご用意しています。

閉じる