なぜ修復歴・事故歴が重要視されるのか

なぜ修復歴(事故歴)が重要なのですか?

修復歴(事故歴)のあるクルマは、故障の可能性が高いからです。

修復歴(事故歴)のあるクルマは、故障の可能性が高いからです。

修復歴車は安全性に不安があります。

修復履歴車の故障発生率(事故歴ありの場合)
修復履歴車の故障発生率(事故歴ありの場合) 販売台数 4,689
故障申請数 1,846
故障発生率 39.4%

修復歴車とは、交通事故や災害により、車体の骨格部分が損傷し、そこを修理・交換したクルマのことです。クルマの価値が下がるため、その分安く購入できますが、走行機能に影響する場合もあり、安全性への信頼が損なわれます。例え安く買えたとしても、修理が頻繁に必要になることもありますし、悪ければ命に関わる事故に至る可能性もあります。

ガリバーでは修復歴の有無を明示して販売を行っております。

ガリバーでは修復歴車の販売を行っておりません。
ガリバーでは、お客さまが安心できる車両を販売するため、販売しているすべての車両には修復歴(事故歴)の有無を明示して販売いたしております。 入庫時に徹底的な検査を行い、車両の内外装・骨格部のダメージを詳細にお伝えしています。1998年に画像販売システム「ドルフィネット」公開以来一貫したポリシーです。

クルマ選びは「修復歴」も忘れずにチェックしましょう。

中古車探しは安いものを探せばよいという単純なものではありません。クルマに詳しくない方は特に修復歴(事故歴)の有無に注意して選ぶとよいかもしれません。

中古車選びのよくあるご質問

中古車選びに失敗しないために、忘れずチェック!