燃費の良いSUVランキング!かっこよくて維持費も安い車種はどれ?

外観の格好良さや多目的に使える利便性の高さから人気のSUV。ここでは国産のSUV燃費ランキングTOP10に加え、サイズ別や外車のSUV燃費ランキングをご紹介しています。

SUVの燃費の目安はどれくらい?

SUVの燃費は、パワートレインとサイズによって大きく異なります。

ガソリン車の場合はフルサイズSUVで10km/L前後、ミドルサイズSUVで15km/L前後、コンパクトSUVで17km/L前後です。一方、ハイブリッド車ではミドルサイズSUVでも20km/L前後、コンパクトSUVでは28km/L前後です。

利用目的も踏まえた選択を

クルマの燃費性能は、車両サイズや駆動方式によって変わります。一般には大きなクルマほど燃費が悪く、また2WD車よりも4WD車の方がわずかに燃費が悪いです。

しかしクルマの選択では、積載性や走行安定性も重要です。燃費だけでなく「積みたい荷物は載るか」「冬の雪道走行も安心して走れそうか」といった点も検討しましょう。

【関連記事】2WDと4WDの違いとは?四駆車を選んだ方が良いのはどういう人?

ガソリンとハイブリッドを選ぶ基準

ハイブリッド車はガソリン代を抑えられる一方、同じ車種のガソリン車と比べて車両価格が数十万円ほど高いです。そのため走行距離が短い人では、ガソリン代で車両価格の差を埋められない可能性があります。

「どれだけ走ればガソリン車より得になるか」は、車種やその時のガソリン価格によって異なります。しかし目安として、年間8,000~1万km以上走る場合にハイブリッド車を選ぶと良いでしょう。

燃費の良い国産SUVランキングTOP10

2024年最新の燃費の良い国産SUVランキングTOP10は、以下の通りです。

順位 メーカー/車種名 新車時価格 最高燃費
(WLTCモード)
サイズ
1位 トヨタ「ヤリスクロス」 190.7万円~ 30.8km/L コンパクト
2位 ダイハツ「ロッキー」 167.7万円~ 28.0km/L コンパクト
2位 トヨタ「ライズ」 171.1万円~ 28.0km/L コンパクト
3位 レクサス「LBX」 460万円~ 27.7km/L コンパクト
4位 トヨタ「カローラクロス」 218.4万円~ 26.4km/L コンパクト
5位 レクサス「UX」 459.9万円~ 26.3km/L コンパクト
6位 ホンダ「ヴェゼル」 239.9万円~ 25.0km/L コンパクト
7位 日産「キックス」 299.9万円~ 23.0km/L コンパクト
8位 トヨタ「クラウンクロスオーバー」 435万円~ 22.4km/L ミドルサイズ
9位 トヨタ「ハリアー」 312.8万円~ 22.3km/L ミドルサイズ
10位 レクサス「NX」 485万円~ 22.2km/L ミドルサイズ

※2024年3月15日時点の情報。新車時価格及び最高燃費は各メーカー公式HPより引用

TOP10の多くはトヨタ車やレクサス車です。また、ランキングの7位までをコンパクトSUVが占めています。ただし4位のカローラクロスと5位のUXは、ミドルサイズSUVに分類されることもあります。

1位 トヨタ「ヤリスクロス」(30.8km/L)

燃費の良いSUVの例:ヤリスクロスの車両画像

  • 新車時価格:190.7万円~
  • 中古車相場:145万円〜380万円
  • サイズ:全長4,180-4,200mm×全幅1,765mm×全高1,580-1,590mm

ヤリスクロスは、トヨタのSUVでライズの次に小さいモデルです。現在新車販売がある車種の中では、唯一最高燃費が30km/Lの大台を超えています。

ヤリスクロスは車両価格も抑えられており、コスパに優れた一台です。ハイブリッド車でも約230万円から手に入ります。ただし全高が低いため、高身長の人は注意が必要です。

【動画で見る】ヤリスクロス 内外装レビュー

ヤリスクロス(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

2位 ダイハツ「ロッキー」(28.0km/L)

燃費の良いSUVの例:ロッキーの車両画像

  • 新車時価格:167.7万円~
  • 中古車相場:48万円〜279.8万円
  • サイズ:全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm

2位はダイハツのロッキー。全長4,000mm以下・全幅1,700mm以下の5ナンバー車なので運転が苦手な人でも乗りやすく、且つ全高はヤリスクロスより高いです。

車両価格も抑えられており、ハイブリッド車でも車両価格は約215万円からとなっています。長らく出荷停止となっていましたが、2024年3月18日より生産が再開されました。

同2位 トヨタ「ライズ」(28.0km/L)

燃費の良いSUVの例:ライズの車両画像

  • 新車時価格:171.7万円~
  • 中古車相場:121万円〜319.9万円
  • サイズ:全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm

ライズはロッキーのOEM車です。そのためロッキーと燃費性能やサイズといったスペックが変わらず、車両価格もほぼ同等となっています。車両価格も維持費も抑えることができ、コスパの良い一台です。

トヨタのブランド力もあり、販売台数はロッキーよりライズの方が多いです。細かなデザインやボディカラーが異なるので、両者を比べて好きなデザインの方を選ぶと良いでしょう。

【動画で見る】ライズ 内外装レビュー

3位 レクサス「LBX」(27.7km/L)

燃費の良いSUVの例:レクサス LBX

  • 新車時価格:460万円~
  • 中古車相場:575万円〜586万円
  • サイズ:全長4,190mm×全幅1,825mm×全高1,545mm

レクサスLBXは2023年12月に発売となったばかりの新モデル。4,200mm弱の全長はヤリスクロスとほぼ同等であり、レクサスのSUVラインナップでは最も小型の車種です。

ただし全幅は1,800mmを超えており、この点が一般的なコンパクトSUVと異なります。全長はコンパクトに、しかし車内の広さはきっちり確保してレクサス車らしい快適さと上質感を備えた一台です。

4位 トヨタ「カローラクロス」(26.4km/L)

燃費の良いSUVの例:カローラクロスの車両画像

  • 新車時価格:218.4万円~
  • 中古車相場:184.8万円〜435万円
  • サイズ:全長4,490mm×全幅1,825mm×全高1,620mm

カローラクロスはコンパクトSUVとミドルサイズSUVの中間にあたるサイズの車種です。大きさの割に燃費性能が非常に優れており、「ヤリスクロスやライズでは小さすぎる」という場合にお勧めします。

ハイブリッド車を選ぶ場合、新車の車両価格は約280万円からです。ヤリスクロスやロッキーのハイブリッド車と比べて少々高価格になる点に注意しましょう。

【関連記事】カローラクロスは2位!人気SUVおすすめランキング15選

カローラクロス(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

5位 レクサス「UX」(26.3km/L)

燃費の良いSUVの例:レクサスUXの車両画像

  • 新車時価格:459.9万円~
  • 中古車相場:195.6万円〜585万円
  • サイズ:全長4,495mm×全幅1,840mm×全高1,540mm

UXは、レクサスSUVの中でLBXに次いで小さいサイズの車種です。2023年末にガソリン車の生産を終了し、現在はLBXとともにハイブリッド車のみの展開となっています。

LBXに比べて全長は約300mm長く、一方で全高はわずかながらにUXの方が低いです。新車時価格もLBXと殆ど変わりませんが、UXの方が馬力・トルクが優れているので、走行性重視の場合はUXを購入すると良いでしょう。

6位 ホンダ「ヴェゼル」(25.0km/L)

燃費の良いSUVの例:ヴェゼルの車両画像

  • 新車時価格:239.9万円~
  • 中古車相場:64.4万円〜381.8万円
  • サイズ:全長4,330mm×全幅1,790mm×全高1,580-1,590mm

コンパクトSUVの中では上品さや重厚感があり、デザインが好評のヴェゼル。サイズはトヨタのカローラクロスとヤリスクロスの中間で、後述のキックスとほぼ同等の大きさです。

新車のハイブリッド車は約280万円からの展開で、ランキング上位に位置するトヨタ車と比べて車両価格も維持費も高いです。しかしながら、デザイン性の高さやしっかり車内空間を確保できている点で人気があります。

【動画で見る】ヴェゼル 内外装レビュー

ヴェゼル(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

7位 日産「キックス」(23.0km/L)

燃費の良いSUVの例:キックスの車両画像

  • 新車時価格:299.9万円~
  • 中古車相場:155.8万円〜354.8万円
  • サイズ:全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,605mm

ヴェゼルとほぼ同サイズのキックス。車両価格が他の車種に比べて高いのは、キックスがハイブリッド車(e-POWER)のみの展開となっているためです。

日産のe-POWERはエンジンで生み出した電力を使って走るシステムで、電気自動車のような高い静粛性と滑らかな加速を実現しています。またキックスは高速道路での走行を支援する「プロパイロット」を全車標準装備。ロングドライブにおすすめの一台です。

【関連記事】超人気BセグメントSUV対決!ヴェゼル VS キックス

8位 トヨタ「クラウンクロスオーバー」(22.4km/L)

燃費の良いSUVの例:クラウンクロスオーバーの車両画像

  • 新車時価格:435万円~
  • 中古車相場:5万円〜880万円(クラウン全体)
  • サイズ:全長4,930mm×全幅1,840mm×全高1,540mm

クラウンクロスオーバーの全長はランドクルーザーと殆ど変わらず、フルサイズSUVに近いサイズ感です。大きさを考えると、燃費性能は抜群の良さと言えます。

「クラウン」の名に相応しい仕上がりで、セダンとSUVを見事に融合させた一台です。装備も充実しており、快適性も抜群。特に後部座席は非常に心地よい空間となっています。

9位 トヨタ「ハリアー」(22.3km/L)

燃費の良いSUVの例:ハスラーの車両画像

  • 新車時価格:312.8万円~
  • 中古車相場:25万円〜553.8万円
  • サイズ:全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm

ミドルサイズSUVの中で新車販売台数が多いハリアー。現在はガソリン車・ハイブリッド車・PHEVの3タイプが展開されています。

ハリアーのハイブリッド車は静粛性が高く、乗り心地の良さにも定評があります。ミドルサイズSUVの中でも快適性重視の人におすすめです。新車の場合、ハイブリッド車の車両価格は約415万円からです。

【関連記事】ハリアーは60系旧型が良い?中古おすすめ年式、グレードを紹介

ハリアー(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

10位 レクサス「NX」(22.2km/L)

燃費の良いSUVの例:レクサスNXの車両画像

  • 新車時価格:485万円~
  • 中古車相場:142.9万円〜818万円
  • サイズ:全長4,660mm×全幅1,865mm×全高1,660-1,675mm

ハリアーと姉妹車関係のNX。しかしサイズから性能、装備まで両者では大きく異なります。

NXはハリアー以上に安全装備が充実しており、ハイパワーで走行性能にも優れています。しかし、ガソリン代に関しては注意が必要です。NXはプレミアムガソリン(ハイオク)を使うため、ガソリン代がレギュラーガソリンより10円/Lほど高いです。

【関連記事】高級SUVの姉妹車の違いを解説!NX VS ハリアー

サイズ別&外車SUV燃費ランキング

ここでは、上記ランキングに含めなかった軽SUVや外車SUVの燃費ランキングをご紹介します。また上記ランキングではコンパクトSUVが大半を占めていたため、ミドルサイズSUVのTOP5もご紹介します。

軽SUVの低燃費TOP3

順位 メーカー/車種名 最高燃費
(WLTCモード)
1位 スズキ「ハスラー」 25.0km/L
2位 ダイハツ「タフト」 21.4km/L
3位 スズキ「ジムニー」 16.6km/L

SUV仕様の軽自動車(=軽SUV)は、現在上記の3車種しかありません。その中で燃費性能に優れているのは、スズキのハスラーです。一方本格オフローダーのジムニーは、軽自動車の中では「かなり燃費の悪い車種」と言えます。

【関連記事】燃費の良い軽自動車ランキングTOP10!安くて燃費の良い軽は?

ミドルサイズSUVの低燃費TOP5

順位 メーカー/車種名 最高燃費
(WLTCモード)
1位 トヨタ「クラウンクロスオーバー」 22.4km/L
2位 トヨタ「ハリアー」 22.3km/L
3位 レクサス「NX」 22.2km/L
4位 ホンダ「ZR-V」 22.1km/L
5位 トヨタ「クラウンスポーツ」 21.3km/L

一般に全長4,500-4,600mm~5,000mm弱のSUVを「ミドルサイズSUV」と言います。TOP5の燃費性能はどれも殆ど変わりません。燃費重視で購入するのであれば、20km/Lを超える車種を選択すると良いでしょう。

外車SUVの低燃費TOP5

順位 メーカー/車種名 最高燃費
(WLTCモード)
1位 ルノー「キャプチャー」 22.8km/L
2位 ルノー「アルカナ」 22.8km/L
3位 シトロエン「C3 エアクロス」 21.3km/L
4位 プジョー「2008」 20.8km/L
5位 BMW「X1」 19.5km/L

※日本での登録台数が半年あたり2,000台を超えるメーカーの中で作成

外車では、フランス車の燃費性能が優れています。X1は2023年にフルモデルチェンジしたばかり。燃費性能も走行性能も優れた一台です。

外車はガソリンの種類に注意
外車はレギュラーガソリンでなく、ディーゼル(軽油)またはプレミアムガソリン(ハイオク)を使用している場合が多いです。おすすめは、レギュラーガソリンに比べて燃料代が20円/Lほど安いディーゼル車です。ただしディーゼル特有の「カラカラ音」などが気になる人もいるので、購入前はできるだけ試乗して乗り味を確認しましょう。

ランキング外のおすすめ低燃費SUV3選

今回ランキング外だった車種でも、燃費性能に優れた車種は多くあります。ここではおすすめの3車種をご紹介します。

【高級】レクサス「RX」(20.2km/L)

燃費の良いSUVの例:レクサスRXの車両画像

2022年11月にフルモデルチェンジしたRX。全長4,900mm近いサイズでミドルサイズSUVの中でも大型ですが、最高燃費は20km/L超えと優秀です。先代モデルと比べて燃費性能は大幅に向上しています。

【関連記事】レクサス新型RX新旧比較!フルモデルチェンジした人気高級SUV

【ディーゼル】マツダ「CX-60」(21.1km/L)

燃費の良いSUVの例:CX-60の車両画像

マツダ車は他の国産メーカーで殆ど展開のないディーゼル車を用意しています。その中でもCX-60は上質感があり、且つ燃費性能に優れたモデルです。全長は4,740mmで、ハリアーとほぼ同サイズです。

【関連記事】人気SUV対決!トヨタ ハリアーvsマツダCX-60 XD-ハイブリッド

【中古】トヨタ「C-HR」(30.2km/L)

燃費の良いSUVの例:C-HRの車両画像

既に生産を終了しているモデルとしては、C-HRがおすすめです。最高燃費はヤリスクロスに次ぐ30.2km/L。全長は4,400mm弱のコンパクトSUVとなっています。

C-HR(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

中古で安く買えないかもチェック!

燃費性能は維持費に大きく関わる部分なので、予算と欲しいサイズ感の車種の中で、できるだけ低燃費のクルマを買うと良いでしょう。

ただしクルマの費用で最も大きな割合を占めるのは、車両価格です。車両価格を抑えれば、燃費性能以上の節約効果があります。特にハイブリッド車は新車時価格が高めなので、中古車もぜひチェックしてみてください。

SUV(ハイブリッド車)の中古車をチェックする>

ヤリスクロスのカタログ情報

トヨタ,ヤリスクロス
現行モデル
令和2年8月(2020年8月)〜現在
新車時価格
179.8万円〜315.6万円

ヤリスクロスの在庫が現在210件あります

以下車両の保証内容詳細は画像をクリックした遷移先をご確認ください。

もっと在庫を見る

ヤリスクロスとライバル車を比較する

その他のクルマと比較する

ライター紹介

car-topics

221616 編集部

世の中の自動車ニュースとは一味違う視点でスローニュースを発信。編集部員はクルマ初心者からクルマをこよなく愛するマニアまで幅広いメンバーで構成。全国のガリバーで売れている中古車や車のスタッフレポートなど、生の情報をお届け中。