この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
【結論】2022年初売りで狙うべき車は?
新車初売りは「値引き」より「おまけ」
2022年は値引きが期待できない
その中での狙い目は「在庫車」
中古車も値段が下がるタイミング
未使用車という選択肢も
2022年は買取・下取りを交渉カードに

ライター紹介

CAR-TOPICS編集長

村田 創 氏

大学卒業後新車ディーラーにて5年勤務。その後、中古車のガリバーへ入社。車一筋20年以上のベテランが新車から中古車まで幅広く解説します。

【結論】2022年初売りで狙うべき車は?

「2022年の初売りで車が買いたい」という人は、以下のような車を狙うと良いでしょう。

  • 値引きが期待できないブランド・車種の新車
  • ディーラーが持っている在庫車
  • ディーラーや中古車販売店にある登録済み未使用車
  • 年が明け、年式が大台に乗る中古車

これには初売りと決算セールの「売り方」の違い、また2022年の半導体不足、年式の数え方などの理由があります。これらについて以下で解説していきます。

新車初売りは「値引き」より「おまけ」

新車のディーラーでは、1月に初売りを、3月に決算セールを行うのが一般的です。実はディーラーの初売りと決算セールでは「売り方」に以下のような傾向があります。

  • 初売りは、車両価格の値引きは少ない。しかしオプション無料など特典は多い
  • 決算セールは、車両価格の値引きが中心

そのため「少しでも安く買いたい」という人は決算セールの方が良いでしょう。
しかし人気ブランド、人気車種の場合はディーラーも強気で「一切値引きはしない」といった場合も多いもの。そういったブランドや車種が欲しい場合は、「10万円分のオプション無料」「高級グルメカタログももらえる」という初売りを狙うのがオススメです。

2022年は値引きが期待できない

普段から値引き幅が小さい初売りですが、2022年は更に値引きが厳しくなることが予想されます。半導体不足で車の生産が落ち込んでおり、「売る車」がなかなか用意できなくなっているからです。

ディーラーは、一定の販売台数をクリアした時にメーカーから支給される「販売奨励金」を値引きの原資にしていることが多いです。しかし車の生産が追い付かない中でこの「販売奨励金」が減っているという情報もあり、あまり値引きは期待できないでしょう。

その中での狙い目は「在庫車」

そんな中で「早めに安い車を買いたい」という人は、ディーラーが持っている在庫車を狙うと良いでしょう。在庫があるということは、供給が追い付いていると考えられます。
特に今後、モデルチェンジやマイナーチェンジを予定している車種については、ディーラーとしては早く売ってしまいたいところ。そのため、大幅な値引きの可能性もあります。

また在庫があれば、納車が早いのも嬉しいポイントです。生産遅れの結果、納車までに数か月以上かかるのも珍しくなくなっているので、「3月に車検がある」といった人は在庫車から検討してみるのが良いでしょう。

中古車も値段が下がるタイミング

また年明けは中古車の値段が下がることも多いタイミングです。というのは、例え2020年12月に新車登録をされた車であっても、2022年1月になれば2年落ちという扱いになるからです。
特に「9年落ちだったものが10年落ちになる」など大台になる車については、価格相場がぐっと下がっている可能性があります。

中古車は「在庫があるのが基本」なので、納車が早いのも嬉しいポイントです。

未使用車という選択肢も

「誰かが使ったか分からない中古車は不安」という人には「登録済み未使用車」という選択肢もあります。新車登録を済ませナンバーを付けているので「中古車」という扱いですが、ディーラーや中古車販売店がオーナーになっただけなので未使用の車です。

例えば2021年12月現在のガリバーには、以下のような人気車種の未使用車があります。

  • ダイハツ「タフト」
  • スズキ「ジムニー」
  • ホンダ「N-BOX」
  • ホンダ「フリード」
  • ホンダ「ステップワゴン」
  • トヨタ「ヤリスクロス」
  • トヨタ「ハリアー」
  • トヨタ「ランドクルーザー」
  • トヨタ「シエンタ」
  • トヨタ「ヴォクシー」

2022年は買取・下取りを交渉カードに

2022年の初売りを語る上で欠かせないのが、半導体不足による生産遅れ。これによって中古車の需要が高まっており、買取相場も上がっています。

だからこそ初売りで車を購入する時には、「今の車を高く手放す」ことも意識してください。特にディーラーに入ってしまうと、新しい車の値引きに意識が向いて、下取りは「提示された価格そのまま」という人も多いようです。
下取り価格でもきちんと交渉できるように、ディーラーに行く前に買取相場を調べていくことをオススメします。

ガリバーでは、車種別に買取実績や買取相場を公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。