ファミリーカーとして、はたまた一緒にレジャーに行けるクルマとして欠かせないボディタイプ、ミニバン。
たくさんの種類のあるミニバンですが、本当に使い勝手の良い車種はどれなのでしょうか。
ミニバンの魅力の一つとして知られているのがシートアレンジが豊富であることです。
子育て家庭に便利なアレンジから、ゴルフバッグやスノーボードなど、大きな荷物を入れるときまで、用途ごとにオススメの人気車種をピックアップ。
さらに、あらゆるメーカーのミニバンに精通している全国のガリバーのスタッフに、おすすめのシートアレンジを教えてもらいました!

この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
ファミリーカーとしてオススメのミニバン
ママにおすすめなのは:トヨタ エスティマ
コスパの良さで選ぶなら:日産 セレナ
たくさん荷物を出し入れする方にオススメのミニバン
スキーやキャンプなどのレジャーで活躍するミニバン
4WDなら:三菱 デリカD:5
4WDのデメリット
買うならガソリン車?それともハイブリッド?
中古で買うならトヨタ アルファードハイブリッド
実際に売れているのはどのミニバン?
【新車】一番売れてるミニバン:トヨタ シエンタ
【中古車】一番売れてるミニバン:日産 セレナ

ファミリーカーとしてオススメのミニバン

小さなお子さまのいる家庭なら、ベビーカーを車内にそのまま出し入れできるととてもラクになりますね。
自転車や大きな荷物も乗せられるから、お子様が中高生になるまで送り迎えに便利。
休暇にはお子様の友達を乗せてバーベキューに出かけたり、家族の行事事で祖父母や親族を乗せることになれば、普段は使わない三列目が大活躍します。
必要に応じて荷物が入れられたり、大人数の席の用意が可能な、万能タイプのミニバンがおすすめです。

ママにおすすめなのは:トヨタ エスティマ


ずばり、エスティマがオススメの理由は、ミニバンの中でもっとも多彩なシートアレンジが可能なためです。シートアレンジ術のページでも指摘がありますが、エスティマのシートアレンジは独特で、中にはエスティマならではのアレンジも。
例えば2列目のシートをたたむことができるので、冷蔵庫などの大型家電さえ入れられてしまいますね。
下の写真のようにトライアングルシートにすれば、お子様2人を同時に見守ることができるので、母親にとっては大変ありがたいアレンジです。

運転がしやすく小回りがきく車を探しているなら、軽自動車もおすすめです。維持費が安く済む点も魅力ですね。軽でも荷物がたくさん入り、シートアレンジがきくクルマもあります。軽自動車のシートアレンジをまとめた、ファミリーカー特集も要チェックです!

コスパの良さで選ぶなら:日産 セレナ

なるべく価格は抑えて、でも低燃費で、長く乗れる便利なクルマが欲しい・・・。
だれもが夢見る、そんな都合の良い願い。
コストパフォーマンスの観点で考えれば、100万円以下で買えるセレナの中古車がオススメです。

比較的低価格で購入できて、使えるミニバンに乗りたい!とお考えの方へのオススメ1位はセレナです。
価格の割に安全装備が充実していること、比較的低燃費であること、広々としていて使い勝手が良いことから、価格に対して総合的なスペックが優れていると考えられるのが日産 セレナ。
その使い勝手の良さは、2列目をウォークスルーにできたり、ドリンクホルダーを置けたりと、シートアレンジで細かな調節が可能なところからも伝わります。

たくさん荷物を出し入れする方にオススメのミニバン

数あるミニバンの中でも、特に大容量の荷物が積載できる車種を知りたい方も多いのではないでしょうか。Lサイズミニバンならば多くの荷物を積んでも、座席はゆとりをキープすることが可能です。

大容量なら:日産 エルグランドがオススメ!

たくさん入るミニバンを選ぶなら、3列目(サードシート)が跳ね上げ式になっており、椅子が下に格納できるタイプがマストです。
その中でも日常生活で使えるミニバンの中で、もっとも大きいLサイズミニバンがオススメです。エルグランドにはこんなに大容量のスペースが現れます。

エルグランド以外のLサイズミニバンでは、 アルファード/ヴェルファイアデリカD:5などもオススメです。

スライドドアなら:ホンダ ステップワゴンがオススメ

狭い駐車場でも難なく開けられ、お子様が勢いよく開けて隣のクルマにぶつける心配もないなど、何かと便利なスライドドア。ミニバンの人気車種のほどんどはスライドドアタイプです。
開口部の大きく開くスライドドアとはいえ、ミニバンの乗り降りには少し手間がかかりがちです。
特に3列目への移動がしづらいことが多いのですが、ステップワゴンの場合、2列目から跳ね上げが可能なので、3列目への乗り降りがとてもラクになります。

写真のように簡単に倒せてしまうため、大人数で乗ることが多い方には特にオススメです。

また、この2列目シート跳ね上げのおかげで、3列目を格納したときの収納スペースも広々と確保されることもポイントです。

スキーやキャンプなどのレジャーで活躍するミニバン

ミニバンでアウトドアに出かけるときに気にかかるのは、雪道など険しい道に強いクルマを選ぶべきかといったことや、クルマの中で寝泊まりをするのに適したクルマであるかどうかといった点ではないでしょうか。スリップに強い4WDで選ぶという視点と、車中泊に最適という視点からオススメ車種を選びました。

4WDなら:三菱 デリカD:5


4WDのメリット

4WDとは、四輪駆動の車。
二輪駆動と異なり、前方タイヤにも後方タイヤにもエンジンの力がかかります。

4WDのメリットは、
①四輪にかかる駆動力による安全性
②走りの安定感
にあります。

前方あるいは後方のタイヤがすべってしまっても、もう一方に力が入るおかげで、滑りを抑制することが可能です。

その点で、特に積雪地帯ではすべりにくい4WD車であることを最重要視する方も多いです。
雪道や急な山道を走る予定のあるアウトドア派の方は、より安全を求めるならば4WDを探してみると良いでしょう。

4WDのデメリット

他方、デメリットは、
①二輪駆動よりも価格が高いこと
②エンジンにかかる抵抗が大きくなることで燃費がやや悪くなること

です。

とはいえ、ミニバンに搭載されている4WDシステムは、普段は2WDで滑りを感知したときのみ4WDとなるオートタイプのため、実はそれほど燃費効率が悪い訳ではありません。

力強く安定した走りを求める人には大変オススメの4WDミニバン。
中でも人気なのは、三菱のデリカD:5といえます。ミニバンながら本格的な4WDと言われ、足場の悪い道を颯爽と走るイメージの強い人気車です。

中古車であれば価格帯の幅も豊富

デリカは大型のLサイズミニバンで、仕様も豪華。
エントリーグレードでも4WDはおよそ285万円と、高価な部類に入りますが、中古車であれば様々な価格帯からお選びいただけます。
また、デリカD:5以外の4WDであれば、よりサイズが小さいシエンタやステップワゴンも燃費効率がよく、オススメです。

車中泊に向いている車:トヨタ ヴォクシー


ミニバンといえば車中泊!と聞くこともあるほど、クルマの中で泊まるという選択肢においてはミニバンは非常に適応したボディタイプと言えます。 その理由は、 ①フルフラットシートにできる車種が多いこと ②車内が広いことでしょう。

このように、ヴォクシーなら大人の男性一人が足を伸ばしてくつろぐことができます。
また、ヴォクシーは天井が高いため、狭い室内空間の圧迫感を和らげてくれますね。

買うならガソリン車?それともハイブリッド?

ガソリン車に対して高価なハイブリッド。しかし、燃費が良いことと環境に優しいことから年々支持率が上がっています。ハイブリッドカーで特にオススメのトヨタ アルファードの車内の様子やシートアレンジをご紹介します。

ハイブリッドがオススメ

ガソリン車かハイブリッド車でお悩みの場合、リセールバリューの観点でハイブリッドを選択するのも一つの手です。ハイブリッド車のほうが将来的に人気が出やすいため、買取金額が高くつきやすいので結果的にお得になる場合があります。
購入したクルマを手放す時に付く買い値が値崩れしにくく、結果的に見ればお得感の大きなクルマとなります。

リセールバリューに関する詳しい解説は下記リンクをチェックしてみてください。

中古で買うならトヨタ アルファードハイブリッド

中古で買うならアルファードハイブリッドがオススメです。

ミニバンの中でもっとも高価な部類に入るアルファード/ヴェルファイアですが、その価格の分、燃費効率の良さや、乗り心地や走行性能など満足感の高さには定評があり、質の高いカーライフが味わえるクルマです。
中古車なら値段の幅も広く予算に合った1台を見つけやすいでしょう。
また、アルファードはリセールバリューが高い人気車という点も、オススメの理由です。

このように2列目と3列目を向かい合わせにしても、大変のびのびと過ごせます。

実際に売れているのはどのミニバン?

あらゆる自動車の中で実際に販売台数の多いミニバンはどれなのか、ということで、新車と中古車の2016年販売台数ランキングの中から、人気上位のミニバンをご紹介します。実際に多くの人に選ばれているミニバンには、どのような人気の理由があるのでしょうか。

【新車】一番売れてるミニバン:トヨタ シエンタ

あらゆる普通乗用車・軽自動車の中でシエンタは第5位の12万5832台という結果でした。4位まではプリウス、N-BOX、アクア、タントと、トヨタの主力二車に加え人気の軽自動車がランクイン。 実際にミニバンでもっとも売れている新車は、コンパクトミニバンのシエンタなのです。その次に売れている11位のヴォクシー(9万1861台)に大きな差をつけて人気を獲得している理由は、以下のような要因と考えられます。 ①運転しやすいコンパクトサイズ ②燃費が比較的良い ③無理なく7人が乗れる快適性

コンパクトミニバンでは随一!?と言えるほど広々と使えるシエンタ。3列目をしまい込めば、こんなに広い収納スペースも確保できます。

【中古車】一番売れてるミニバン:日産 セレナ

実は、2016年ガリバーで3番目に売れたクルマは意外にも(?)日産セレナです。 ミニバンの中で圧倒的な販売台数を獲得したセレナ。なぜここまで多くの人に選ばれているのでしょうか? 2016年8月にフルモデルチェンジが行われたセレナ。 代替わりにより旧型の中古車が多く市場に登場し、買う側にとってもお手頃価格になったことが人気の一因です。 また、日産はセレナに安全性の高い先進技術を他車種に先駆けていることや、狭くなりがちな3列目シートの空間を快適に過ごせうよう工夫をしていることも評価されているようです。 子育て世代に絶大な人気を得ている理由を、下記のブログでシートアレンジに焦点を当てて解説しています。

今回ご紹介したファミリーカーにおすすめのミニバンのは、実際の室内空間の広さと、実感の広さや積載のしやすさは必ずしも比例するわけではないため、ファミリーカーを検討している方は是非一度、お店に足を運んで体感してみると良いでしょう。

長い時間をともにする自動車。
じっくりと吟味して特別な1台を見つけてくださいね。