ミニバン おすすめランキング2015

自動車ニュース / ガリバー

2015.5.20

ミニバン おすすめランキング2015


いまならコレを狙え! ボディタイプ別オススメランキング ミニバン ランキングベスト3ホンダ ステップワゴン/日産 セレナ/トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

車の乗り換えや購入を検討している方で、車種選びにお悩み中の方へ。
コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この夏おすすめのミニバンを聞きました。

最新のおすすめランキングへ

  • ミニバン ランキング ベスト1 ホンダ ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    1.5Lダウンサイジングターボの燃費は期待値ほどではないが、わくわくゲートやマジックシートといった他車には無い使い勝手の良い装備が魅力。また、このクラスでは最も進んでいるミリ波を使った自動ブレーキ等の安全装備ホンダセンシングがオプションだが選べる。

  • ミニバン ランキング ベスト2 日産 セレナ

    日産 セレナ

    フルモデルチェンジから随分時間が経過しているが、マイルドハイブリッド機能をもつため、アイドリングストップからの再始動時の静かさや低振動差ではガソリン車としてはトップクラス。ライバルが相次いでフルモデルチェンジしたことから、人気オプションを装備しながら価格アップを抑えた特別仕様車もあり、車両価格面のお買い得度は高い。

  • ミニバン ランキング ベスト3 トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ストロングハイブリッドがあり、低燃費性能ではライバルを圧倒。また、ガソリン車の燃費性能も高く、すべての面で高い総合バランスをもつ。ただし、自動ブレーキを含んだ安全装備が一切用意されていない。

オススメ ランキングの3台を比較

VSミニバンランキングベスト3 の 燃費・経済性
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    1.5Lのダウンサイジングターボの燃費は17.0㎞/Lだが、この燃費値を達成しているのは一部のグレードのみ。人気グレードのスパーダだと16.0㎞/Lか15.4㎞/Lとなり、ライバルなみだ。
    ただし、排気量が1.5Lなので自動車税が34,500円となり、2.0Lが39,500円なので5,000円経済的だ。

  • セレナ

    日産 セレナ

    売れ筋グレードの燃費性能は16.0㎞/Lか15.4㎞/Lで、ライバル車並み。2010年にフルモデルチェンジしており、ライバルに比べれば古くなっている割には燃費値も頑張っている。多少古くなったこともあり、両側スライドドアやLEDヘッドライトなど人気オプションを装備し、約14万円お得な価格設定とした特別仕様車Vセレクション+Safetyが用意され価格経済性ではダントツ。さらに、モデルが古いので値引きもライバルに比べ大きくなるため、さらにお買い得度はアップする。

  • ヴォクシー
    ノア
    エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ハイブリッド車の燃費は23.8㎞/Lとライバル圧倒。車両価格は高いが、燃料費のランニングコストは抑えることができる。ガソリン車の燃費は16.0㎞/Lと、このクラスの平均値。総合力の高いモデルなので、乗り潰すのであればガソリン車でも十分。ハイブリッド車は、リセールバリューが高く、次の乗り換えにもメリットがある。

VSミニバンランキングベスト3 の 装備・使い勝手
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    横開きするわくわくゲートは、後方が壁や他のクルマがあり狭いショッピングセンターなどの駐車場で大活躍してくれる。3列目を床下に収納できるマジックシートは2分割が可能となり一段と使い勝手が向上。わくわくゲートからの3列目シートへのアクセスも可能となった。この使い勝手の良さは、ステップワゴンだけのものだ。室内スペースは、クラストップレベルとなっている。最新の自動ブレーキを含んだ安全装備ホンダセンシングが、全車オプション設定なのが残念。

  • セレナ

    日産 セレナ

    床下に3列目シートを格納するステップワゴンに対して、セレナは跳ね上げ式の左右吊り下げタイプだ。その分、床下には大容量のラゲッジアンダーボックスがあり、ゴルフバッグやベビーカーなどを立てて積載することが可能。後席で寝ることが多い人用に、リラックスヘッドレストがグレード別設定。この機能は、ヘッドレストの両端を倒すことで、頭部をサポート。移動中に寝たいママや子供たちには、ありがたい機能だ。セレナにも歩行者を感知して自動ブレーキを作動させる安全装備が用意されている。

  • ヴォクシー
    ノア
    エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    セレナ同様で、ヴォクシー/ノア/エスクァイアも3列目シートは左右跳ね上げ式。同じくラゲッジアンダーボックスを装備する。低床フロア化されたことで、フロア高はクラストップレベルの360mmと低く、子供や高齢者が乗り降りしやすい設定だ。自動ブレーキ関連の安全装備が無いだけに、安全性視点では選びにくくなっている。

    <関連記事>
    人気ミニバン10種類をシートアレンジで比較!「本当に使いやすい車」はこれだ!

VSミニバンランキングベスト3 の 走行性能
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    エンジンの低回転域では、2.4L車並みのトルク発揮する1.5Lダウンサイジングターボエンジンなので、街中では力強い走りをもつ。
    ただし、高回転域などではライバル車並みの2.0Lクラスの実力だ。静粛性も先代からは随分改善された。また、どのシートでも快適な乗り心地となっている。

  • セレナ

    日産 セレナ

    Sハイブリッドと呼ばれる小さなモーターによるマイルドハイブリッド機能が装備されている。エンジンの始動もこのモーターが行うため、アイドリングストップからの再始動がとても静かで低振動。ちょっとした高級車に乗っている気分になる。走行時に操縦安定性などは、デビューが古いだけありライバルに対して少々ハンデとなっている部分だ。

  • ヴォクシー
    ノア
    エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ハイブリッド車は1.8Lエンジンなので、それほど力強くはないもののスムースさや静粛性などでは際立った存在だ。
    ただし、クルマが重く大きいため高速道路でスピードを上げ気味で走ると空気抵抗などで思った以上に燃費が伸びない。ゆっくり走ると、ハイブリッド車の素晴らしい燃費性能を享受できる。
    ガソリン車の力強さは、このクラスの平均値といったところ。静粛性などに優れ、乗り心地も良好だ。あまり、気になるところがないくらい高い総合力をもつ。

VSミニバンランキングベスト3 の デザイン
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    標準車とスパーダという2つのデザインをもつステップワゴン。トヨタ系の顔の大きさをアピールしたデザインとは逆に、顔のスッキリシャープ感で対抗している。今回のモデルでは、スパーダと標準車の差があまりない。やや精悍さがある程度にとどまっている。LEDを使ったギラギラ感も無く、全体的に優しい感じのミニバンに仕上げている。トヨタ系とは真逆の手法だ。

  • セレナ

    日産 セレナ

    2013年12月に大幅なマイナーチェンジが施されたことにより、フロントまわりのデザインが一新されている。シグネチャーLEDポジションランプなども装備され、なかなか高級感のある仕上がりとなっている。押し出し感重視のトヨタとスタイリッシュさを重視したステップワゴンのちょうど中間点といった顔立ちだ。人気グレードは、エアロパーツが装着されたハイウェイスターだ。

  • ヴォクシー
    ノア
    エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    3姉妹とも、すべて押し出し感重視のデザイン。押し出し感が強い順に並べると、エスクァイア、ヴォクシー、ノアの順。3車種もあるのなら、もう少しデザイン性に振った車種があってもいいと感じるのだが、トヨタはこういったタイプの顔でないと売れないという。各車種とも、エアロタイプのものが用意されており人気グレードになっている。

ミニバンランキングベスト3 の 知って得する新車値引き交渉術

このクラスの値引き術で、カギを握るのがセレナだ。最も古いモデルとなったため、少しでも販売台数を伸ばそうと値引き額が大きくなっている。さらに、装備を充実させ価格を下げた特別仕様車が存在し、ライバル車と比べると明らかにお買い得だ。こうなると、さすがに新型車とはいえ、競合させれば値引き交渉に応じざる負えない状況になっている。

ステップワゴンは、まだ強気だがトヨタミニバン3姉妹には十分に通じる。5ナンバーミニバンの購入時には、必ずこの3車種を競合させることが基本だ。ただ、ハイブリッド車だけは強気。セレナやステップワゴンと競合させても見向きもされないかもしれない。トヨタ系以外にハイブリッド車は無いからだ。この場合、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの3姉妹ハイブリッド車と競合させたい。
トヨタはその昔、他の車種でこうした3姉妹を作ったが、身内での競合、生産性などの効率の悪さから、今では1車種になっている。こうした弱点を突くのがポイントだ。

視点を変えると、5ナンバーミニバンの新車を買うには300万円前後の予算が必要。これだけの予算があると、もうひとクラス上の、アルファード/ヴェルファイア、エルグランドの高年式中古車が狙える。アルファード/ヴェルファイアは旧型モデルになるが、エルグランドは現行モデルで価格も安めなので狙い目だ。

その他のボディタイプ別 オススメ ランキング
  • 軽自動車ハイト系 燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。
  • 軽自動車スーパーハイト系 燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!
  • コンパクト 無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!
  • SUV デザインと走りを重視する人へ。
クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

いまならコレを狙え! ボディタイプ別オススメランキング ミニバン ランキング ベスト3

車の乗り換えや購入を検討している方で、車種選びにお悩み中の方へ。
コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この夏おすすめのミニバンを聞きました。

  • RANKING BEST 1ホンダ ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    1.5Lダウンサイジングターボの燃費は期待値ほどではないが、わくわくゲートやマジックシートといった他車には無い使い勝手の良い装備が魅力。また、このクラスでは最も進んでいるミリ波を使った自動ブレーキ等の安全装備ホンダセンシングがオプションだが選べる。

  • RANKING BEST 2日産 セレナ

    日産 セレナ

    フルモデルチェンジから随分時間が経過しているが、マイルドハイブリッド機能をもつため、アイドリングストップからの再始動時の静かさや低振動差ではガソリン車としてはトップクラス。ライバルが相次いでフルモデルチェンジしたことから、人気オプションを装備しながら価格アップを抑えた特別仕様車もあり、車両価格面のお買い得度は高い。

  • RANKING BEST 3トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    トヨタ ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ストロングハイブリッドがあり、低燃費性能ではライバルを圧倒。また、ガソリン車の燃費性能も高く、すべての面で高い総合バランスをもつ。ただし、自動ブレーキを含んだ安全装備が一切用意されていない。

オススメランキングの3台を比較

燃費・経済性
  • ステップワゴン

    1.5Lのダウンサイジングターボの燃費は17.0㎞/Lだが、この燃費値を達成しているのは一部のグレードのみ。人気グレードのスパーダだと16.0㎞/Lか15.4㎞/Lとなり、ライバルなみだ。
    ただし、排気量が1.5Lなので自動車税が34,500円となり、2.0Lが39,500円なので5,000円経済的だ。

  • セレナ

    売れ筋グレードの燃費性能は16.0㎞/Lか15.4㎞/Lで、ライバル車並み。2010年にフルモデルチェンジしており、ライバルに比べれば古くなっている割には燃費値も頑張っている。多少古くなったこともあり、両側スライドドアやLEDヘッドライトなど人気オプションを装備し、約14万円お得な価格設定とした特別仕様車Vセレクション+Safetyが用意され価格経済性ではダントツ。さらに、モデルが古いので値引きもライバルに比べ大きくなるため、さらにお買い得度はアップする。

  • ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ハイブリッド車の燃費は23.8㎞/Lとライバル圧倒。車両価格は高いが、燃料費のランニングコストは抑えることができる。ガソリン車の燃費は16.0㎞/Lと、このクラスの平均値。総合力の高いモデルなので、乗り潰すのであればガソリン車でも十分。ハイブリッド車は、リセールバリューが高く、次の乗り換えにもメリットがある。

装備・使い勝手
  • ステップワゴン

    横開きするわくわくゲートは、後方が壁や他のクルマがあり狭いショッピングセンターなどの駐車場で大活躍してくれる。3列目を床下に収納できるマジックシートは2分割が可能となり一段と使い勝手が向上。わくわくゲートからの3列目シートへのアクセスも可能となった。この使い勝手の良さは、ステップワゴンだけのものだ。室内スペースは、クラストップレベルとなっている。最新の自動ブレーキを含んだ安全装備ホンダセンシングが、全車オプション設定なのが残念。

  • セレナ

    床下に3列目シートを格納するステップワゴンに対して、セレナは跳ね上げ式の左右吊り下げタイプだ。その分、床下には大容量のラゲッジアンダーボックスがあり、ゴルフバッグやベビーカーなどを立てて積載することが可能。後席で寝ることが多い人用に、リラックスヘッドレストがグレード別設定。この機能は、ヘッドレストの両端を倒すことで、頭部をサポート。移動中に寝たいママや子供たちには、ありがたい機能だ。セレナにも歩行者を感知して自動ブレーキを作動させる安全装備が用意されている。

  • ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    セレナ同様で、ヴォクシー/ノア/エスクァイアも3列目シートは左右跳ね上げ式。同じくラゲッジアンダーボックスを装備する。低床フロア化されたことで、フロア高はクラストップレベルの360mmと低く、子供や高齢者が乗り降りしやすい設定だ。自動ブレーキ関連の安全装備が無いだけに、安全性視点では選びにくくなっている。

    <関連記事>
    人気ミニバン10種類をシートアレンジで比較!「本当に使いやすい車」はこれだ!

走行性能
  • ステップワゴン

    エンジンの低回転域では、2.4L車並みのトルク発揮する1.5Lダウンサイジングターボエンジンなので、街中では力強い走りをもつ。
    ただし、高回転域などではライバル車並みの2.0Lクラスの実力だ。静粛性も先代からは随分改善された。また、どのシートでも快適な乗り心地となっている。

  • セレナ

    Sハイブリッドと呼ばれる小さなモーターによるマイルドハイブリッド機能が装備されている。エンジンの始動もこのモーターが行うため、アイドリングストップからの再始動がとても静かで低振動。ちょっとした高級車に乗っている気分になる。走行時に操縦安定性などは、デビューが古いだけありライバルに対して少々ハンデとなっている部分だ。

  • ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    ハイブリッド車は1.8Lエンジンなので、それほど力強くはないもののスムースさや静粛性などでは際立った存在だ。
    ただし、クルマが重く大きいため高速道路でスピードを上げ気味で走ると空気抵抗などで思った以上に燃費が伸びない。ゆっくり走ると、ハイブリッド車の素晴らしい燃費性能を享受できる。
    ガソリン車の力強さは、このクラスの平均値といったところ。静粛性などに優れ、乗り心地も良好だ。あまり、気になるところがないくらい高い総合力をもつ。

デザイン
  • ステップワゴン

    タント

    標準車とスパーダという2つのデザインをもつステップワゴン。トヨタ系の顔の大きさをアピールしたデザインとは逆に、顔のスッキリシャープ感で対抗している。今回のモデルでは、スパーダと標準車の差があまりない。やや精悍さがある程度にとどまっている。LEDを使ったギラギラ感も無く、全体的に優しい感じのミニバンに仕上げている。トヨタ系とは真逆の手法だ。

  • セレナ

    ウェイク

    2013年12月に大幅なマイナーチェンジが施されたことにより、フロントまわりのデザインが一新されている。シグネチャーLEDポジションランプなども装備され、なかなか高級感のある仕上がりとなっている。押し出し感重視のトヨタとスタイリッシュさを重視したステップワゴンのちょうど中間点といった顔立ちだ。人気グレードは、エアロパーツが装着されたハイウェイスターだ。

  • ヴォクシー / ノア / エスクァイア

    スペーシア

    3姉妹とも、すべて押し出し感重視のデザイン。押し出し感が強い順に並べると、エスクァイア、ヴォクシー、ノアの順。3車種もあるのなら、もう少しデザイン性に振った車種があってもいいと感じるのだが、トヨタはこういったタイプの顔でないと売れないという。各車種とも、エアロタイプのものが用意されており人気グレードになっている。

新車値引き交渉術

このクラスの値引き術で、カギを握るのがセレナだ。最も古いモデルとなったため、少しでも販売台数を伸ばそうと値引き額が大きくなっている。さらに、装備を充実させ価格を下げた特別仕様車が存在し、ライバル車と比べると明らかにお買い得だ。こうなると、さすがに新型車とはいえ、競合させれば値引き交渉に応じざる負えない状況になっている。

ステップワゴンは、まだ強気だがトヨタミニバン3姉妹には十分に通じる。5ナンバーミニバンの購入時には、必ずこの3車種を競合させることが基本だ。ただ、ハイブリッド車だけは強気。セレナやステップワゴンと競合させても見向きもされないかもしれない。トヨタ系以外にハイブリッド車は無いからだ。この場合、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの3姉妹ハイブリッド車と競合させたい。
トヨタはその昔、他の車種でこうした3姉妹を作ったが、身内での競合、生産性などの効率の悪さから、今では1車種になっている。こうした弱点を突くのがポイントだ。

視点を変えると、5ナンバーミニバンの新車を買うには300万円前後の予算が必要。これだけの予算があると、もうひとクラス上の、アルファード/ヴェルファイア、エルグランドの高年式中古車が狙える。アルファード/ヴェルファイアは旧型モデルになるが、エルグランドは現行モデルで価格も安めなので狙い目だ。

その他のボディタイプ別オススメランキング

  • 軽自動車ハイト

    燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。

  • 軽自動車スーパーハイト

    燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!

  • コンパクトカー

    無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!

  • SUV

    デザインと走りを重視する人へ。

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

その他ランキング

クルマ購入関連コンテンツ

ボディタイプ別オススメランキングトップページへ戻る