クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico

SEARCH

車中泊に適した車種とは?車と場所選びから快適に過ごす方法もご紹介

車中泊をするためには、適した車種を選ぶことが重要です。また、車中泊ができる場所には決まりがあるので、どこでもできるわけではありません。ここでは車種と場所選びの疑問を解消し、快適な車中泊をするためポイントについてご紹介します。

f:id:noricoEditor01:20190301095148j:plain

車中泊はホテル代を節約できる上に、時間に縛られない旅行を楽しむことができます。しかし、車中泊をするにはどの車種が適しているのか、分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、車中泊に適した車種選びと場所選びについて解説します。車中泊を快適に過ごすポイントもご紹介するので、車中泊で旅行をしたい方には要注目です!

車中泊に適した車を選ぶポイント

車中泊をする場合、「車内でいかに快適に寝られるか」はもっとも重要なポイントです。車中泊に適した車を選ぶには、以下のような条件をチェックしてみましょう。

・フルフラットになる

シートがフルフラットになるタイプの車なら、ゆったりと車中泊ができます。

・脚を伸ばして寝られる長さ

長い時間を車の中で過ごすため、脚を伸ばせる広さは確保したいもの。室内空間が広めの車を選ぶのがポイントです。

・幅は寝返りが打てるくらいの余裕がある

脚を伸ばして眠れるスペースに加え、寝返りが打てる余裕があるかどうかもチェックしましょう。身動きが取れない狭さでは、車中泊に息苦しさを感じてしまう原因となります。

・天井の高さは起き上がれるくらいが望ましい

天井が低いタイプの車は、車中泊で圧迫感を感じてしまいます。寝た状態から置き上がれるくらいの高さがあると快適です。

上記の条件を満たす車は、室内が広く荷物がたっぷり乗せられるミニバンやステーションワゴン、キャンピングカーやSUV車などになります。

逆に、天井が低く運転に特化している2シーターのスポーツカーやセダンなどは、あまり車中泊に向いていないでしょう。

【ボディータイプ別】車中泊できるおすすめ車種を紹介

車中泊に適したおすすめの車種について、ボディータイプごとに紹介していきます。

車中泊できる!おすすめのワンボックス

ワンボックスやワゴンと呼ばれる車は、荷物の運搬用に車内のスペースが確保されている車のこと。車内が広いので車中泊に最適です。

トヨタ/ハイエース

f:id:noricoEditor01:20190402095826j:plain

大きなボディにフルフラットで、室内用途の自由度が高い車です。車中泊はもちろん、キャンプや遠出の旅行も快適に過ごせます。

ボディサイズ 全長4,695~5,380、全幅:1,695~1,880、全高:1,980~2,285(mm)
定員人数 3~9人
エンジン 1,998~2,754cc
JC08モード燃費 9.7~11.4km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 2,116,000円~

トヨタ/ハイエースの在庫情報を見る

車中泊できる!おすすめミニバン

ツーボックスのミニバンも車中泊におすすめです。「大きなワンボックスもいいけど、ドライブも楽しみたい」という人には、以下のようなミニバンがあります。

日産/セレナ

f:id:noricoEditor01:20190402135935j:plain

2018年ミニバン販売台数No.1となったセレナ。ミニバンの中でも、室内空間はかなり大きめ。2~3列目のシートを倒せば、しっかりと足を伸ばして眠れます。USB対応で、スマホなどの充電が楽なところもおすすめです。

ボディサイズ 全長4,690~4,770、全幅:1,695~1,740、全高:1,865~1,875(mm)
定員人数 7人
エンジン 1,198~1,997cc
JC08モード燃費 15.0~26.2km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 2,260,000円

日産/セレナの在庫情報を見る

ホンダ/ステップワゴン

f:id:noricoEditor01:20190402101046j:plain

フルフラット可能で床も低く、スライドドアやわくわくゲートなど乗り降りが楽ちんなステップワゴン。広い車内は、もちろん車中泊にもぴったりです。

ボディサイズ 全長4,690~4,760、全幅:1,695、全高:1,840~1,855(mm)
定員人数 7人
エンジン 1,496~1,993cc
JC08モード燃費 15.0~25.0km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 2,274,000円~

ホンダ/ステップワゴンの在庫情報を見る

車中泊できる!おすすめのステーションワゴン

ミニバンよりも車高が低く、乗用車として汎用度が高いステーションワゴン。車中泊におすすめの車種には、以下のようなものがあります。

ホンダ/シャトル

f:id:noricoEditor01:20190402135817j:plain

コンパクトながら、広い室内空間を実現しているシャトル。フラットになる後席のマットもやわらかく、寝心地も抜群です。

ボディサイズ 全長4,400、全幅:1,695、全高:1,545~1,570(mm)
定員人数 5人
エンジン 1,496cc
JC08モード燃費 19.6~34.4km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 1,639,000円

ホンダ/シャトルの在庫情報を見る

スバル/レヴォーグ

f:id:noricoEditor01:20190402140103j:plain

高級感と堅実さのバランスが良いレヴォーグは、日本の交通環境や車中泊スペースを考えて設計された室内が特徴です。分割可倒式のリアシートで、長い荷物や車中泊も余裕で対応できます。

ボディサイズ 全長4,690、全幅:1,780、全高:1,495~1,500(mm)
定員人数 5人
エンジン 1,599~1,998cc
JC08モード燃費 13.2~16.0km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 2,650,000円

スバル/レヴォーグの在庫情報を見る

車中泊できる!おすすめのSUV

用途によってバラエティ豊かなSUV車ですが、オフロードタイプと街乗りタイプから1つずつおすすめを紹介します。

マツダ/CX-8

f:id:noricoEditor01:20190402140211j:plain

CX-8は街乗りタイプのSUVですが、長時間の運転に配慮したシートへのこだわりが随所に、見られます。6ウェイのパワーシートで、車中泊でもぐっすり眠れることでしょう。

ボディサイズ 全長4,900、全幅:1,840、全高:1,730(mm)
定員人数 6~7人
エンジン 2,188~2,488cc
JC08モード燃費 12.0~13.4km/L
※クリーンディーゼルはWTLCモードで15.4~15.8 km/L
燃料 レギュラーガソリン・クリーンディーゼル
価格 2,680,000円~

マツダ/CX-8の在庫情報を見る

トヨタ/ランドクルーザー

f:id:noricoEditor01:20190402140321j:plain

世界的な4WD車として知名度の高いランドクルーザーは、シートや室内にもさまざまな工夫が凝らされています。

冬や夏の温度調整に対応したシートヒーターや4分割のエアコンシステム、大容量のコンソールボックスなど、快適さを追求したインテリアが特徴です。

ボディサイズ 全長4,950、全幅:1,980、全高:1,870~1,880(mm)
定員人数 8人
エンジン 4,608cc
JC08モード燃費 6.7~6.9km/L
燃料 プレミアムガソリン
価格 4,388,000円

トヨタ/ランドクルーザーの在庫情報を見る

車中泊できる!おすすめの軽自動車

「軽自動車は車中泊に向かないのでは?」と思いがちですが、そんなことはありません。車中泊でくつろげる軽自動車には、以下のようなものがあります。

ダイハツ/アトレーワゴン

f:id:noricoEditor01:20190402140433j:plain

コンパクトながら、ワゴンに必要な条件を網羅するアトレー。自在なシートアレンジで、後席には自転車も乗せられます。低床で車内の移動が楽な設計も魅力です。

ボディサイズ 全長3,394、全幅:1,475、全高:1,875(mm)
定員人数 4人
エンジン 658cc
JC08モード燃費 15.2km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 1,420,000円~

ダイハツ/アトレーワゴンの在庫情報を見る

スズキ/ハスラー

f:id:noricoEditor01:20190402140541j:plain

コロンとしたフォルムとビビッドカラーが可愛いハスラーですが、フルフラットモードやシートバックテーブルなど、室内のこだわりが車中泊に向いています。

ボディサイズ 全長3,395、全幅:1,475、全高:1,665(mm)
定員人数 4人
エンジン 658cc
JC08モード燃費 27.8km/L
燃料 レギュラーガソリン
価格 1,019,000円~

スズキ/ハスラーの在庫情報を見る

車中泊できる場所と注意点

一般の路上での車中泊は、防犯上の面で避けた方が良いでしょう。車中泊が認められておらず、迷惑行為になる可能性もあります。

車中泊に適した場所は以下の通りです。

サービスエリア・パーキングエリア

サービスエリア・パーキングエリアは車中泊する人も多く、お手洗いも確保しやすいのでおすすめです。 常に人の出入りがあるため防犯面での注意は必要ですが、ご当地メニューや限定グッズといった楽しみも多いです。

オートキャンプ場

車で乗り入れることができるオートキャンプ場は、テントなどの機材がなくても手軽にキャンプ気分が楽しめます。騒音など、周囲に迷惑とならないよう配慮する必要はありますが、自然に囲まれた車中泊はぜひとも体験したいものです。

RVパーク

まだ知名度は高くありませんが、車中泊専用の有料スペースであるRVパークもおすすめです。車中泊のための設備が整っており、快適さではとくにおすすめできます。

数が少なく、事前予約が必要といった手間はありますが、防犯や快適さ重視ならRVパークを選択したいところです。

車中泊を快適に過ごす必須アイテム&便利グッズ

車中泊に必須の寝具や照明といった必須アイテムや、あると便利なグッズはこちらです。

・スリーピングマット

シートの繋ぎ目や固さをやわらげ、快適に過ごせるアイテムです。

 

キャプテンスタッグ キャンプ用 エアーマット インフレーティング ダブル カーキ UB-3006

キャプテンスタッグ キャンプ用 エアーマット インフレーティング ダブル カーキ UB-3006

 

 

・インバーター

パソコンやスマホなど、充電残量を気にせず車中泊を楽しみたいなら、インバーターがあると便利です。

 

 

・家庭用カセットコンロ

オートキャンプ場での車中泊には、カセットコンロが重宝します。簡単な調理でも、屋外で食べると美味しいですよ。

 

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

 

 

・お風呂セット

入浴施設があるエリアへ行くなら、お風呂セットを持っておくと便利です。防水で飲み物なども入れられる、ほどよい大きさのものがおすすめです。

 

3WAY 2重構造 オシャレ 温泉バッグ スパバッグ(ブラック) 163342
 

 

車中泊は車選びと場所選びが重要

車中泊をするなら、適したタイプの車種を選ぶことが重要です。条件に合っていれば、予算や好みに合わせて自分に合った車を探せば問題ありません。必ずしも高級車や大きい車である必要はありません。

また、快適な車中泊を実現するためには、グッズや場所選びも重要です。ご紹介したおすすめの場所やグッズ情報もぜひ参考にして、快適な車中泊を楽しみましょう!