人気の外車SUVはどれ?輸入SUVで日本でも乗りやすいクルマ5選

人気の外車SUVはどれ?輸入SUVで日本でも乗りやすいクルマ5選

ラインナップが増えている外車SUV

世界的に人気が高まっているSUV。ラインナップも増えており、高価なものだと、ベンツのGクラスやレンジローバーなど新車価格が1000万円を超えるものも増えています。また、300~400万円代から購入できるMINIクロスオーバーやBMWのX1などもあり、価格もサイズも様々なラインナップが揃っています。

普段使いならコンパクトSUV

日本の街中で走るなら、あまり大きすぎないSUVが便利です。外車の場合、国内の駐車場に止めやすい「幅1800~1850mm以下」のSUVはあまり多くないので、この数字にこだわらなくても良いでしょう。

ただし幅2000mmを超えると「駐車場には何とか収まってもドアが開けにくい」ということも多いので注意してください。

アウトドアなら本格オフローダー

山中、泥、雨や雪など「悪路もガンガン走りたい」「本格的なアウトドアに使いたい」という場合は、本格オフローダーを選ぶと良いでしょう。その代表格は、SUVの代表としてよくあげられるジープです。またベンツのGクラスも、高級感のある内装とは裏腹に、どんな道でもすいすいと走りこなしてくれます。

外車SUVの人気おすすめ5選

日本で人気の外車SUVを、画像と新車・中古車価格を交えてご紹介します。

ミニクロスオーバー

ミニクロスオーバー

  • 新車時価格(税込):226万円〜615万円
  • 中古車相場:7.2万円〜655万円
    (※ともに「ミニ」シリーズ全体の価格なので注意)

個性的でかわいい見た目に反して、軽やかなゴーカートフィーリングで運転が楽しめるミニ。ミニシリーズのSUVがミニクロスオーバーです。2017年のモデルチェンジにより、新車はクリーンディーゼルとPHEVモデルのみになっています。

最近のミニは、その名前の割にはボディサイズが大きくなっていますが、その分だけ車内の居住性も向上。トランクの容量も増えており、実用性が高く「ミニってかわいいけど使いにくい…」と躊躇していた人でも満足できる仕上がりです。

【利用者口コミ】

前のミニに比べて格段大きくなり、デザインも変わったものの、かわいらしさは健在です。BMWということもあって、小さいのにエンジン音が一丁前なんです。力は充分ありますね。インテリアはメーターが大きめで、でも、全体的にくどくなく、シンプルです。シルバーが多く使われているので、ちょっとメタリックな感じがします。総じていろんな意味で徹底している車なのかなと思います。
→ミニの口コミをもっと読む|中古車のガリバー(※ミニシリーズ全体の口コミ)

メルセデス・ベンツ GLA

GLA

  • 新車時価格(税込):495万円〜555.9万円
  • 中古車相場:126.5万円〜689万円

メルセデス・ベンツが販売するSUVで最もコンパクトなGLA。ハッチバックのAクラスよりはやや大きいものの、日本の立体駐車場にも停めることができる車幅・車高で使いやすいサイズ感で、街乗り志向の一台といえるでしょう。

それでいて、車内に狭い印象はなく、インテリアも「流石はベンツ」といいたくなる上

質感です。

【利用者口コミ】

さまざまなタイプの自動車が登場している時代ですが、とりわけ乗り心地が気に入っているのはドイツのGLAクラスです。メルセデス・ベンツの車種の中でも、高いパフォーマンスを兼ね備えているのが魅力です。ターボエンジン搭載で、優れた燃費なので、安心して乗ることができるのです。給油の作業があまり好きではないため、できるだけ燃費が良い車を選ぶように心がけているのですが、GLAクラスを購入して以来、給油が楽になっています。

→GLAの口コミをもっと読む|中古車のガリバー

BMW X1

X1

  • 新車時価格(税込):385万円〜673.8万円
  • 中古車相場:43万円〜520.9万円

BMWを代表する3シリーズの兄弟車に当たるX1SUVとはいえ、アクセルを踏んだ時の吹き上がり感や乗り心地はBMWらしさをしっかり残しており、運転を楽しみたい人も満足できるSUVです。

GLA同様に街乗り志向のSUVですが、地上高もある程度は確保しているためにちょっと凸凹した道を走りこなすくらいのオフロード性能は備えています。

【利用者口コミ】

X1に乗っています。X1は最低地上高が高めなので、外観的にはSUVのような雰囲気を持っていますが、運転すると、限りなくステーションワゴンに近い車です。雪道などを走る機会があるから4WDが欲しい、だけど大きくて車高が高い車は苦手、という人にぴったりで、実際に雪道を何度か走ったのですが、以前乗っていたFRの3シリーズより格段に安定していました。

そして、もう一つ嬉しいのは、4WDの走破性がありながら、タイヤサイズは一般的なセダンと変わらないので、タイヤ交換の際や、タイヤチェーン、スタッドレスを買う時など、大型のSUVのような高額の出費にならないところが良いですね。ドライブとアウトドアの両方が好きな方には、おすすめの車です。

→X1の口コミをもっと読む|中古車のガリバー

ボルボ XC40

XC40

  • 新車時価格(税込):389万円〜649万円
  • 中古車相場:275万円〜649万円

質感を備えたデザイン性、高い安全性能、こなれた価格、使い勝手の良さ、そして走りの軽快さと絶妙なバランスを備えているXC40。同じセグメントにはメルセデス・ベンツのGLAやBMWのX1などがひしめき合っている中で、高い評価を受けているのも納得の出来栄えです。

サイトやカタログでは使い勝手の良さも分かりにくいので、ぜひ実際の車両をチェックしたいモデルと言っていいでしょう。

ジープ ラングラー

ラングラー

  • 新車時価格(税込):459万円〜622万円
  • 中古車相場:70万円〜689万円

「これぞSUV、これぞジープ」とも言うべきスタイルと風格を備えたラングラー。最近多い街乗り志向のSUVとは一線を画した、本格オフローダーで悪路もしっかりと走りこなしてくれます。といっても見た目ほど荒いクルマではなく、それほど運転しにくくはありません。

ただし燃費性能は高くなく、またアスファルトの上での安定性や滑らかさはイマイチだという点は覚悟しておく必要があります。

【利用者口コミ】

外観・内観ともに、圧倒的に格好いいです。また車高が高いので、視界が良く、運転しやすいです。周囲の車よりも、一つ上から見下ろせるので、余裕を持てます。最初は嫌がっていた妻も今ではラングラーしか運転しないと言い出す始末。欠点を挙げるとすると、乗り心地でしょうか。本来、オフロードでゴリゴリ走る車で、街乗り用では作られていないため、すごくホップします。あと当然燃費はよくありませんが、そこは元々期待していなかったので、問題ありません。欠点はあれど、格好の良さ、運転のしやすさには大満足です。仮に壊れたとしても、またラングラーを購入したいです。当分壊れそうにもないですが。

→ラングラーの口コミをもっと読む|中古車のガリバー

中古車なら外車もリーズナブル

新車だと価格が高く、「ちょっと手が出ない」という人も多い外車。最近は安全装備なども増えてきている分だけ、オプション装備にかかる出費も大きくなりがちです。

価格で躊躇してしまう場合は、中古車を候補に入れるのも一つの選択肢です。中古車の中には「登録済み未使用車」とも呼ばれる「新車登録を済ませてはいるものの実際には使用されていない車両」もあります。年式が新しい中古車も含めれば選択肢はかなり増えますので、状態や価格をチェックしてから決めても良いでしょう。

中古SUVを探してみる|ガリバー

norico編集部のオススメ記事

クルマを購入する時に迷うのが予算。必要な維持費を確認し、無理のないプランニングをしましょう。

Supervised by norico編集長 村田創

norico編集長_村田創

中古車のガリバーに勤務して20年以上のベテランが車の知識をわかりやすく解説します。車のことは、多くのメーカーを横断して取り扱うガリバーにぜひ聞いてください。「車ってたのしい!」を感じてほしいと思っています!