賢く選ぶ6つのポイント

close
賢くクルマを選ぶためのポイント6つ!損しないクルマの選び方は?

賢くクルマを選ぶためのポイント6つ! 損しないクルマの選び方は?

「クルマをお得に買いたい」「自分に合ったクルマの選び方が知りたい」という方は多いのではないでしょうか。「この車種で良いのか」「中古車は大丈夫なのか」と迷うことも多々あるでしょう。この記事では、どんな順番でクルマ選びをし、何をポイントに見極めるべきか、賢いクルマの選びの方法を紹介します。

POINT 1 まずは用途と予算から考える

まずは、自分がどんなシーンでクルマを利用しようとしているのかを考えましょう。
必要な機能や性能を挙げることができれば、不要なものにお金を払わなくて済みます。
つまり、「自分が乗るクルマに何を求めるか」を決めることです。
具体的には、以下のようなものがあげられます。

  1. 乗れる人数
  2. 載せられる荷物の量
  3. 許容できる大きさ(通常は駐車場のサイズ)
  4. 必要な機能(性能・装備)
  5. 自分なりのこだわり
  6. 払っても良いと思える価格

こういった条件を、一つひとつ明確にしていきましょう。
自分に合いそうなクルマのボディタイプ・装備・色が分かったら、このポイント1は完了です。
ボディタイプは1つに絞りきらず、複数の候補があっても構いません。

3列シートのミニバン

ボディタイプの決め方には、いくつか注目すべきポイントがあります。
例えば、「用途」や「乗る人数」「載せたい荷物の量」などです。
6人以上乗せたいとなると、3列シートがあるミニバンかSUVになります。
一方、ウィンタースポーツやキャンプの道具を載せたい場合、荷物スペースが大きい大型車になります。
ママが乗る2台目のクルマであれば、親子が乗れる軽自動車で充分なことも多いです。

もちろん、自分なりのこだわりも大事です。
クルマは長く使うものなので、自分が気に入らないクルマだと毎日の運転が楽しくなくなってしまいます。
ボディカラーや形、エンジンの性能など、自分なりのこだわりがハッキリしていると選びやすくなります。

ボディカラーが豊富な車

大事なのは予算です。
必要な条件を全て満たすクルマに、いくらなら払っても良いと思えるか考えましょう。
クルマにか掛かる費用は、装備やグレード、新車か中古車かなど、選び方次第で調整できます。
実際にクルマを見るとついつい目移りしてしまうので、この段階で予算を意識するようにしましょう。
用途にあったボディタイプや、新車と中古車で買った場合の相場を解説した記事も参考にしてください。

POINT 2 新車にするか中古車にするか決める

条件と予算が決まったら、これらを両立させられるポイントを探しましょう。

予算に余裕がある人は別として、多くの場合「すべての条件を満たすにはちょっと予算が足りない」「実際に金額を目にすると高い」という悩みにぶつかってしまいます。

そんな時は、条件と予算の調整に一番役立つ、中古車という選択肢も検討しましょう。
ほとんど着ていない古着でも新品に比べると圧倒的に安く買えるのと同じで、クルマも中古という扱いになるだけで価格が安く買えます。
陸運局に登録されただけの「登録済み未使用車」、つまり、使用されていない車も中古車として販売されています。

  • 一度登録された車両で、使用または運行に使用されていない中古車のこと
登録済み未使用車

走行距離がある程度ある中古車なら、登録済み未使用車より更にお得です。
車両代が安くなれば、それに伴い税金も安くなります。
「中古車はちょっと…」という方は、近くの中古車販売店に行き、どんな状態のものがあるか確認してみても良いでしょう。
その上で、新車と中古車の価格差を比べてみてください。

新車にするか中古車にするか、それぞれのメリットとデメリットを以下のページで解説しています。

POINT 3 メーカーや車種は複数比較が基本

条件や予算がハッキリし、新車にするか中古車にするか決めたら、いよいよメーカーや車種を選ぶ段階です。
好きなメーカーがある人はメーカーから、それ以外の方は車種から選ぶことをオススメします。

といっても、この段階では「買ってもいいと思えるクルマ」をとりあえず一台決められれば充分です。
「○○みたいなクルマが欲しいんです」とお店で言えるような状態を目指してください。

メーカーや車種を決める上で参考になるのが、人気ランキングや販売台数ランキングです。
クルマの写真を見ながら、自分の好みの色や形をしているか、価格帯は手が届くかを確認してください。
良さそうな車種が見つかったら、ポイント1で決めた条件を満たしているか確認してみましょう。 ガリバーでも人気ランキングを公開しています。

損をしないための賢い選び方のポイントは、良い車種を一つ見つけるだけで満足しないことです。
ランキングを活用し、いくつか候補を見つけて見積もりを依頼しましょう。
なぜなら、クルマはライバル車の売れ行きや、モデルチェンジのタイミングで、価格が大きく変わります。
いくつかのクルマの見積もりを取ると、よりお得なクルマはどれかわかりやすくなります。

「自分で車種を上手く選ぶことができない」という方は、メーカー横断でクルマを取り扱っているお店に相談しましょう。
ガリバーは中古車買取台数、中古車販売台数ともにNo.1、あらゆるメーカーの、あらゆる車種を把握しています。
お客様に合ったクルマとそれぞれのメリット・デメリットもご案内できます。
お客様と一緒に考えご提案する、ガリバーの中古車ご提案サービスをご利用ください。

  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古車買取市場の大手買取専門業者を対象とした「中古自動車買取台数 No.1 調査」より)
  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車販売台数 No.1 調査」より)

POINT 4 運転しやすいクルマを見極める

クルマを購入してから気付くポイント、後悔しやすいポイントとして「運転のしやすさ」があります。
初心者の方が傷つけにくいという意味での「運転のしやすさ」に加えて、運転していて疲れないという意味での「運転しやすさ」も大事です。

バックモニター

初心者が傷つけにくいという意味では、「サイズが小さい」「小回りが利く」「ボンネットが短い」といった条件が重要です。
駐車が苦手な人なら、バックモニター付きだと安心でしょう。
疲れにくいという点では、「視点が高い」「視線を遮る柱がない」といった点に注目しましょう。

運転しやすいクルマの条件や見極め方については、以下のページで詳しく解説しています。

POINT 5 中古車と新車の違いを知る

新車の場合、欲しい車種が決まったら、色やグレード、オプション装備を選べば購入できます。
それに対して中古車の場合、既にあるクルマの中から、いくつかある自分の条件や希望を満たすクルマを見つけないといけません。

しかも中古車には、年式や走行距離という、新車にはない条件が加わります。 新車として販売されてからどれくらい経っているのか(年式)、どれくらいの距離を既に走っているのか(走行距離)といった条件を踏まえて、クルマを選ぶ必要があります。

ガリバーの点検

「安全に乗りたいなら、走行距離はどこまで?」と迷うことも多いでしょう。 最近のクルマは10年を超えても現役で使用できるほど進化しているほか、タクシーは40万km走ることもあります。 そのため、年式と走行距離を心配しすぎる必要はありません。 自分の予算と、そして希望する「きれいさ」を基準に選びましょう。

とはいえ、中古車にはお得に購入できるタイミング、走行距離があります。 車検の時にクルマを手放す人が多いという傾向があり、4.8万kmと5.2万kmでは大きな差があるような印象を受けるためです。 以下はお得な条件の例として、目安にしてください。

  1. きれいな中古車が欲しいなら、3年落ちで走行距離は3万kmを少し超えたクルマ
  2. 程々で構わないなら、5年落ちで走行距離は5万kmを少し超えたクルマ
  3. 価格安さ重視で今後もしばらく乗りたいなら、7年落ちで走行距離は7万kmを少し超えたクルマ
  4. 価格安さ重視で5年ほど乗れれば良いなら、10年落ちで走行距離は10万kmを超えたクルマ

中古車選びのポイントを詳しく知りたいという人は、以下のページを参考にしてみてください。

POINT 6 価格が大きく変わる装備やグレードにも注目

最後に決めるのが、グレードや装備です。
どれも便利そうで欲しくなりますが、あれこれつけると予算をオーバーしてしまいます。
必要な装備を見極められるようにしましょう。

グレードによる一番の違いは、エンジン性能です。
高いグレードになるほど、排気量や出力が大きいクルマになるのが一般的です。
しかし、高いエンジン性能が必要な人というのは、意外に限られています。
雪道を走る人は四輪駆動が必要ですが、それ以外だと「なくて困る」ということはあまりないでしょう。

必要な装備についても、冷静な目で見てみるようにしてください。
後から付けることができない安全装備は、最も慎重に検討すべき装備です。
「子育てに役立つから自動スライドドア」といったように、ステップ1で考えた装備については、その装備の有無で価格がどのくらい変わるか確認してみましょう。

ファミリーカーとして便利なスライドドア

「付けて良かった」と感じる装備の上位に来るのが、ETC車載器とバックモニターです。
バックモニターは運転が苦手な人のみならず、そうでない人も「一度使うと手放せない」という方が多くいます。

ミニクーパーS

条件をピッタリ満たすクルマを見つけるためには、在庫を豊富に持つお店に相談するのがポイントです。
小さなお店だと「今ある在庫」から選ばなくてはなりませんが、在庫が多いお店なら、選択肢の幅が広がり、条件に合うクルマが見つかりやすいです。

ガリバーでは、全国約のお店からクルマを取り寄せることができます。
毎日約500台の入荷があるため、一人ひとりにピッタリのクルマをお探しできます。
「まだ車種も決まっていない」「どんな条件が必要か分からない」という方も、まずはお近くのお店までお立ち寄りください。
お電話やウェブでのお問い合わせもご用意しています。
ウェブでの申込みは、「中古車ご提案サービス」から受け付けています。