運転しやすい車

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
運転しやすい車って?運転しやすい車を選ぶ5つの重要ポイント
初心者も安心!

運転しやすい車を選ぶ5つの重要ポイント

初心者や運転が苦手な人にとって気になるのが「運転のしやすさ」。運転しやすい車を見極める5つのポイント、そして初心者が避けた方が良い車について解説します。

POINT 1 車のボディサイズが小さい

「車の運転に自信がない」「免許を取ったばかりで何もかも不安」。そんな方にオススメしたいのは、とにかく小さい車を買うことです。具体的には、車の長さが短く、幅も広くない車を選びましょう。

全長の差

車の運転に慣れていない人にとって難しいのが、車の前後左右の感覚をつかむこと。これくらいなら通れるだろうと思っていたら左前を擦ってしまったという話はよく聞きます。

また前後左右や大きさの感覚がつかめても、適切に操作するという難しさもあります。駐車の時など、車が小さければ、その分だけ余裕をもって停められます。サイズが小さければ小回りも利くので、運転もしやすいです。

ボディサイズが小さい車の代表格といえば、軽自動車でしょう。軽自動車ではパワーが気になる人なら、ホンダの「フィット」、トヨタの「ヴィッツ」などのコンパクトカーも小さめで運転しやすいです。

POINT 2 ボンネットが短い

車の前後の感覚がどうにも分からず、車を擦ってしまうことがある。そんな人にチェックしてほしいのが、ボンネットの長さです。

ボンネットとは車の前方の、鼻のように突き出ている部分。ここが長いということは、運転席と車の先端との距離が離れているということ。そのため、車の前の長さがつかみにくいのです。

例えば、ハイト系やスーパーハイト系と呼ばれる、四角ばった軽自動車などはボンネットが短いことが多いです。スズキの「エブリィ」、ダイハツの「タント」、ホンダの「N-BOX」などがその代表です。

ポイント①とポイント②は、特に運転を始めたばかりという初心者の人に重要なポイントです。初心者が運転しやすい車について、詳しくはこちらでもご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

POINT 3 視点が高く、視野が広い

「運転しやすい」というと、ぶつけたり擦ったりしにくいという要素ばかり注目されますが、「疲れにくい」という要素も必要です。そして疲れにくい車のポイントとは、視界がしっかりと確保されていることです。

わたしたちが運転する時、一番大事な情報源は「目」です。そんな「目」からの情報が上手く得られないと、「目を凝らしてみる」「大きく振り返って確認する」といった行動を繰り返すことになり、疲労に繋がってしまいます。

「目」からの情報を適切に確保するために重要なのが、視点の高さと視野の広さです。座面が高い車、そして前方の柱(フロントピラー)が細く邪魔にならない車を選ぶと良いでしょう。

フロントピラー

座面が高い車の代表例といえば、ミニバンやSUVがあげられます。例えばトヨタのSUVである「C-HR」は、視点も高く、また小回りも利きます。またホンダの「フリード」も3列7人乗りながら比較的コンパクトで、視界も開けています。

ハイト系やスーパーハイト系の軽自動車も視点が高いことが多いですが、フロントピラーが邪魔になって斜め前が見にくい車種も多いので注意しましょう。

POINT 4 ドライバーの身体の大きさに合っている

どんなにコンパクトで視界が開けた車であっても、ドライバーの身体の大きさにあっていないと「運転しやすい」とは言えません。

大抵の車は、シートの位置や角度、高さを調整することができます。それを自分にぴったりになるように調整するだけで、かなり運転しやすくなります。

ただし、車についている調整機能だけでは対応しきれないこともあります。特に外国メーカーの車を購入した場合、アクセルやブレーキペダルに足が届いていない人や、視点が低くなってしまっている人を見かけます。

その他にも、シートの硬さ次第で運転していて疲れやすいかどうかも変わってきます。どんな車が自分に合っていて疲れにくいのか、分からない場合はお店の人に聞いてみるのも良いでしょう。

ガリバーのお店では様々なメーカーの車を扱っているため、メーカー横断であなたに合った車を診断いたします。

POINT 5 運転アシスト機能が充実している

「駐車やカーブが不安」「運転していると疲れてしまう」―そんな悩みにこたえるべく、最近はドライバーをアシストしてくれる機能が増えてきています。

バックモニター

駐車をサポートしてくれる機能としてお馴染みなのがバックモニターです。駐車場からの出し入れの際に気がかりな後方を、モニターで映してくれます。最近ではさらに進化した機能も出ており、中には駐車に必要なハンドル操作を全て自動で行ってくれるものもあります。

他にも、車間距離を自動で一定に保ってくれる機能、万が一の時に自動で停車する機能など様々な先進技術が続々と投入されています。手が届きやすい価格の車にも徐々に導入されはじめており、より安心安全に運転することができるようになるでしょう。

初心者には不向き?運転が難しい車とは

以下のような車は、乗りこなすのが難しかったり、うっかりキズをつけてしまう可能性も高かったりするので、初心者にはあまりお勧めできません。

  • 車の長さや幅が大きい車
  • ボンネットが長く、車体のサイズ感が掴みにくい車
  • 視野・視界が低く狭い車
  • マニュアル車、古い車など操作が複雑な車

そのため全長が大きいミニバンやSUV、セダンやステーションワゴンなどは、運転に慣れるまではハードルが高いでしょう。特にセダンやステーションワゴンは、ボンネットも長く視点も低いため、運転に自信がついてから購入することをオススメします。
「どうしてもミニバンが欲しい」「やっぱりSUV」という場合は、軽SUVやコンパクトカーサイズのミニバンを選ぶと良いでしょう。

女性をメインターゲットにした車は運転もしやすい

女性に人気の車は、「運転しやすさ」が追求されていることも多いです。
例えば、うさぎモチーフがかわいいスズキ アルトラパンには、チルトステアリングという、ハンドルの高さを調節できる機能が搭載されています。ダイハツ ムーヴキャンパスにはスライドドアが採用されているため、狭い駐車場でもドアの開閉がスムーズにできます。ムーヴキャンパスの車体の高さで、スライドドアが採用されているのは珍しい設計です。

自分に合った車を選ぶのが大事

いくら運転しやすいからといって、6人家族の人が4人乗りの軽自動車を購入したら「家族全員で出掛けることができない」など困ることも多いでしょう。運転しやすさと同じくらい、その人の家族構成やライフスタイルに合った車を選ぶのが重要です。

ガリバーでは「7人乗りで運転しやすい車がいい」「最初のうちは事故が怖いから手頃な車がいいんだけど」などのご相談も承っております。お気軽にご相談ください。