中古車と走行距離

close
中古車と走行距離
何万kmなら大丈夫?

中古車の走行距離と品質を見極める方法

「中古車って3万kmまでのものが良いって本当?」「年式と走行距離のどっちで選ぶべき?」日々お客様と接していると、よく質問されます。この2つの関係は深いため、双方のバランスを考えたクルマ選びが重要です。そこで今回は走行距離の読み方、そしてお得な走行距離についてもご紹介します。

POINT 1

走行距離は1年=1万kmを目安に

中古車の価格は年式や走行距離に大きく影響されるため、年式の割に走行距離が短いものは、状態の割にお買い得であることが多いです。
走行距離の目安は、「1年で1万km程度」となります。5年落ち(年式が5年前)のクルマの走行距離は、約5万kmが妥当です。
反対に、5年落ちのクルマで走行距離が3万km程度なら、「年式の割に走行距離が短いお買い得なクルマ」と考えられます。

しかし、「5年落ちなのに走行距離が1万km」といったクルマは、車庫に入れっぱなしでメンテナンスがされていない恐れがあるので、注意が必要です。
走行距離の目安を念頭においておけば、「走行距離が短めで状態が良さそう」「さすがに走行距離が短すぎて心配」といったように、状態の良いクルマを選ぶ基準になります。

POINT 2

「xx万kmをちょっと超えた」が狙い目

人間は「3」「5」「10」などキリの良い数字に敏感で、これを超えているかどうかで、数字の印象が大きく変わります。
たとえば走行距離が4.9万kmと5.2万kmのクルマを比べる時、実際以上に差があるように感じます。この差は、実際の状態以上に価格に反映されることがあります。

そのため、以下のようなポイントに着目すると、状態の割にお買い得なクルマが見つかる可能性が高くなるでしょう。

  • 車体もきれいで新しいクルマが欲しい=走行距離3万kmを少し超えたクルマ
  • 状態も程々の、適度に安いクルマが欲しい=走行距離5万kmを少し超えたクルマ
  • 古くても安いクルマが欲しい=走行距離8万km又は10万kmを少し超えたクルマ
「xx万kmをちょっと超えた」が狙い目

特に最近は、インターネットの検索機能も発達してきました。
検索の条件で「xx万km以下」と選ぶ人も多いため、余計に「xx万kmを少し超えたクルマ」というのは見落とされがちです。見落とされてしまうと売れにくくなるため、価格が安く設定される傾向があります。

POINT 3

「10万km越えは危険」は昔の話

「走行距離が10万kmを超えたクルマは危険だから買うべきではない」という話を聞いたこともあるかもしれません。しかし、それは昔の話です。
ヨーロッパやアメリカでは、20万km以上走っているクルマが多く存在します。また、タクシーは40万km以上走るといわれています。

しかし日本では「10万km越えは危険」という思い込みがあるため、走行距離が10万kmを超えたクルマは、状態の割に安く購入することができます。

確かに、10万kmを超えると、エンジン回りの部品交換を検討するタイミングです。
購入時に走行距離が長いクルマは手放す時の価値も低くなるため、次の買い替え時にほとんど売値がつかない恐れもあります。
しかし、残りの寿命やメンテナンスに掛かる費用を考えても、購入時の費用を大幅に抑えることができます。

POINT 4

メンテナンス状態は必ずチェック

メンテナンス状態は必ずチェック

走行距離と一緒にチェックしなければならないのが、「しっかりメンテナンスされていたか」という点です。
中古車を購入してからメンテナンスについて考えるのではなく、メンテナンスされているクルマなのかを、購入前に必ず確認しましょう。

走行距離が短くてもメンテナンスがされていなければ、安全性や今後の維持費に悪影響を及ぼすためです。走行距離が長ければ、エンジン周りの部品チェックが必要となります。

POINT 5

状態チェックにはプロの力も活用!

クルマの状態をチェックするといっても、エンジンやブレーキの状態まで自分で見極めるのは難しいものです。
だからこそ、一台一台の状態をきちんと説明してくれ、一緒に選んでくれる専門家がいるお店を選びましょう。
クルマの状態はもちろん、年式と走行距離のバランスといったことも、まずは相談してみることをおススメします。

ガリバーでは、クルマの状態はもちろん、修復歴の有無も公開しています。

  • 当社基準による調査の結果、修復歴車と判断された車両は一部店舗を除き、販売を行なっておりません。万一、納車時に修復歴があった場合にはご契約の解除等に応じます。