この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
EVらしい、走る楽しさも追求
EVのパイオニア
EV航続は101㎞! 国内トップレベルの航続距離
激安? 買い得感が半端ない!
少し高価だが、プリウスはハイブリッドよりPHV
まとめ

ライター紹介

クルマ評論家 CORISM代表

大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

菅総理は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラル宣言をした。EUもガソリン車などの新車販売を2035年に禁止する方針だ。CO2排出減目指した取り組みは、自動車業界に大きな影響を与えている。今回は環境性能に優れたおすすめ中古車をセレクトした。

EVらしい、走る楽しさも追求

ホンダe

HONDA e

ホンダeは、2020年に登場した新型のEVだ。ホンダeには、ホンダのこだわりが凝縮されている。
一般的に、量産EVとなると、コストやスペース効率のよいFF(前輪駆動)を選択することが多い。しかし、ホンダeはRR(リヤモーター、リヤ駆動)である。
当初はホンダeもFFで計画されていた。しかしホンダeのユニークなデザインにするためには、パワーユニットがボンネットの中に入らないことが判明した。デザインを優先するなら、RRにしてしまえ!と、大胆な選択がされている。RRは、走行性能面でもスポーティな走りが可能だ。EVはどうしても環境車的で、走りはつまらないと勘違いしている人が多い。だがホンダは走る楽しさも含めRRを選択している。

プラットフォーム(車台)は、EV専用設計だ。EVらしい低重心で走る楽しさと、ユニークなデザインが融合した魅力的なEVが生まれた。

ホンダeは先進性にもこだわっている。ドアミラーは廃止され、代わりにカメラを装着した。車内からは、モニターで確認できる。ドアミラーを無くすことで、空気抵抗や風切り音の低減にも効果がある。さらにインパネは、世界初となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルが採用された。いかにも先進的な装備だ。
また、AIによる音声認識「ホンダパーソナルアシスタント」も装備している。エアコンやオーディオ、ナビの操作が音声で使える。

EV最速!?

走行性能は、とても素晴らしい。低重心でよく曲がり、コーナーリング速度も出るし安定性も高い。コーナーの立ち上がりでは、RRらしくしっかりと後輪にトラクションがかかり、アクセル操作で自在に車体をコントロールすることが可能だ。

パワーユニットも、ホンダエンジンのように、モーターも高回転域での伸びがあり好印象だ。ホンダは航続距離よりも走りにこだわった仕様も用意している。エコタイヤではなく、ミシュラン製のパイロットスポーツ4を装備する。グリップ力も強大になり、今まで体感したことのないスポーティな走りが可能だ。EV最速と思わせる走りが魅力。これだけスポーティな走りを披露するホンダeだが、乗り後心地も良好だ。

航続距離は短めだが、使い方次第で克服可能

搭載されるバッテリー容量は、35.5kWhと少々小さい。航続距離は259~283㎞(WLTCモード)とやや短めだ。最初は、長距離走行などで心配かもしれないが、休憩時などで継ぎ足し充電を上手くやり繰りするなど、EVの使い方に慣れてくると、意外と十分な航続距離といえる。
予防安全装備は、ホンダセンシングを全車に標準装備しているので安心だ。

新車より少し安価な程度の中古車価格だが、価値ある1台

ホンダeは、2020年デビューなので、中古車流通量はまだ非常に少なく、中古車価格はやや高めだ。新車より、やや安いといった程度である。ホンダeの新車は生産台数が限られているため、不定期での生産になっていた。そのため、すぐに欲しいのであれば中古車がよい。

おすすめ度 90%
航続距離 259~283㎞(WLTCモード)
安全装備 4.0
室内の広さ・使い勝手 3.5
走行性能 5.0
中古車価格 3.0

EVのパイオニア

2代目日産リーフ

日産リーフ_外観

初代日産リーフは、2010年に登場した。昨今、ようやく色々なメーカーからEV(電気自動車)が投入されているが、2010年時点で量産EVを投入しているメーカーはほとんどなく、まさにEVのパイオニアといえるモデルだ。デビュー時の航続距離は、200㎞(JC08モード)と短かった。
その後、初代リーフは何度も改良を加え2017年に2代目リーフへとバトンタッチする。2代目リーフの初期モデルは、40kWhという大容量バッテリーを搭載した。航続距離が400㎞(JC08モード)に伸び、EVの航続距離に懐疑的な人でも安心して乗れるようになった。
2019年には、バッテリー容量を62kWhにまで増やしたリーフe+を投入した。航続距離は570㎞(JC08モード)まで伸びている。

十分な室内スペース

2代目リーフは、初代リーフと同じプラットフォーム(車台)を使う。室内スペースなどは初代とほとんど同じだ。EV専用のプラットフォームなので、室内スペースは広い。後席も余裕があり、やや高めにシートを設置し見晴らしを良くしている。荷室スペースも十分なレベルだ。

乗り心地重視の乗り味。スポーツ性を求めるならNISMOを

2代目リーフの走行性能は、なかなか高いレベルにある。床下に大容量バッテリーを搭載しており、見た目のデザイン的な重心より、クルマそのものの重心はさらに低い。カーブでは驚くほど安定して速くカーブを抜けられる。
そんな運動性能の高い2代目リーフだが、サスペンションセッティングは乗り心地を重視している。カーブでは、やや大きくクルマが傾く。よりスポーティな設定となったリーフNISMOは、航続距離は少し落ちるものの、リーフの持つ潜在能力を生かしスポーティさが際立つ仕様となっている。

スポーツカー並の加速力

2代目リーフの出力は、40kWh車だと150ps&320Nmと非常に力強い。モーター駆動なのでレスポンスは抜群で、100㎞/hくらいまでの速度なら、ちょっとしたスポーツカー並である。
さらに上回るパワーを持つのが、62kWhのリーフe+だ。出力は218ps&340Nmへと大幅にアップした。その加速力は、かなり強烈だ。あまりにハイパワー過ぎて、FFではすでに限界を超えているようで、スポーティに走らせようとすると、やや駆動力が抜けることもある。

予防安全装備は、一定レベルをクリア

歩行者検知式自動ブレーキは全車標準装備だ。踏み間違え防止アシストなど一定のレベルにある。一部グレードでは、全車速追従式クルーズコントロールと車線維持機能を組み合わせたプロパイロットを標準装備している。上級グレードなら、充実した安全装備となる。
また、簡単な操作をすることで、ほぼ自動で駐車が可能なプロパイロットパーキングも用意されている。

おすすめは、安価になってきた40kWh車

中古車としておすすめなのは、40kWhバッテリーを搭載した2代目リーフだ。
62kWhのリーフe+はまだ高年式のため、中古車としての買い得感はないからだ。もう少し年式が古くなってくれば、グッと価格が下がると予想できる。40kWh車よりも航続距離が長い62kWh車が欲しい場合は、少し待った方がよい。

2代目リーフ40kWh車の中古車価格は、2018年式で180~250万円とやや幅が広い。新車価格は約315~399万円だ。新車価格に対して140~150万円も安価になっている。わずか3年落ちでここまで安価になっているのであれば買い得感は高い。まさに中古車で買うモデルといえる。
おすすめグレードは、安全装備やその他装備充実しているG一択といえる。Gグレードの中古車相場は少し高く、220~250万円程度になる。

おすすめ度 85%
航続距離(40kWh車) 322㎞(WLTCモード)
安全装備 3.5
室内の広さ・使い勝手 4.0
走行性能 4.0
中古車価格 4.5

デビュー時、世界最先端の技術を搭載したモデルがお買い得

3位 三菱アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEVは、2013年に発売された。PHEVというだけでも先進性が高かったが、アウトランダーPHEVには、さらにツインモーター4WDが搭載されている。この技術を有していたのは、当時はアウトランダーPHEVのみだ。三菱の技術の高さを見せつけたと言っても過言ではない。

ツインモーター4WDは、前後輪にそれぞれモーターを設置している。モーター駆動なので、自在に制御が可能というメリットがある。運転状況や各種センサーの情報をベースに、前後モーター出力を最適に制御する。路面状況に合わせて、最適な駆動力を得られるので、悪路走破性だけでなく、気持ちのよい走りが可能となった。

背が高いSUVなのに低重心。優れた操縦安定性を誇る

アウトランダーPHEVは、背の高いSUVなのにかなり低重心だ。大きく重い駆動用バッテリーを床下に設置しているからである。この低重心化により、アウトランダーPHEVの操縦安定性は非常に高いレベルとなった。カーブでは、安定した姿勢での高速走行が可能である。
アウトランダーPHEVはモーター駆動なので、かなり力強い加速力をもつ。停止時にアクセルを全開まで踏むと、瞬時に頭が後方にもっていかれるほどだ。ガソリン車では不可能な圧倒的なレスポンスの良さが魅力といえる。
アウトランダーPHEVの乗り心地は、2015年7月のマイナーチェンジで方向性が変わっている。マイナーチェンジ前は、少し硬めの乗り心地だ。マイナーチェンジ後は、ゆったりとした乗り心地重視となり、よりラグジュアリーSUV的になっている。スポーツ性を重視するのであれば、硬めのサスペンションセッティングとなったSエディションがよい。

災害時に役立つ100V1500Wコンセント

アウトランダーPHEVのボディサイズは、初期モデルで全長4,655mm×全幅1,800mm×全高1,680mmとやや大柄で、室内スペースは十分だ。後席や荷室も広い。前席シートは、やや大きくゆったりとしていて、リラックスして運転できる。
非常に大きなメリットとなっているのが、100V1500Wのコンセントだ。このコンセントを使うことで、室外で家電製品が使えるようになる。キャンプなどでは、照明やテレビ、小型の冷蔵庫などにも使える。同時に、この機能は災害時などで停電したときにも役に立つ。停電中でもクルマが発電し電力を作れるので、スマートフォンの充電や家電製品に使え不便さを解消させてくれる。

十分なEV航続距離

アウトランダーPHEVは、バッテリーが十分充電されていると、通常EV走行する。この時のEV航続距離は、初期モデルで60.2㎞/L(JC08モード)だ。それほど長い航続距離ではないが、送迎や買い物、短距離通勤などでは、ほとんどガソリンを使う必要がなくなる。電気代はガソリンよりかなり安価なので、経済的メリットもある。
電力が無くなるとエンジンで発電し、その電力でモーター走行するハイブリッド車になる。ガソリンが使えるので、長距離走行への不安はない。ハイブリッド時の燃費は、18.6㎞/L(JC08モード)と優秀だ。

歩行者検知式自動ブレーキを装備した2017年2月以降の中古車がおすすめ

歩行者検知式自動ブレーキなどの予防安全装備は重要な機能である。アウトランダーPHEVのおすすめ中古車は、歩行者検知式自動ブレーキが装備された2017年2月改良以降のモデルだ。
高年式のため、車両価格は高額だ。3年落ちとなる2018年式の中古車相場は、230~320万円程度。当時の新車価格は、約366~479万円。わずか3年落ちの高年式ながら、アウトランダーPHEVは、新車価格に対して130~160万円ほど安価になっている。
これだけ中古車価格が下がっているのであれば、買い得感は高い。ディーラー系中古車店だとかなり高額に設定されているので、予算重視なら一般的な中古車店で選んだ方がよい。

とにかく安く、というのであればデビュー直後の2013年式あたりがよい。約8年落ちとなり低年式化しているので、中古車価格は安い。中古車相場は、おおよそ120~160万円と手が出しやすい価格帯になっている。
ただ、アウトランダーPHEVの購入は、少し待った方が良い。2021年の秋から冬に、2代目となる新型アウトランダーPHEVがデビューする予定だからだ。
2代目が登場すれば、下取りなどに入った初代アウトランダーPHEVが中古車マーケットに増えてくる。数が増えると中古車相場はグッと下がるだろう。その時が、初代アウトランダーPHEVの買い時といえる。

おすすめ度 85%
EV航続距離 60.2㎞(JC08モード、初期モデル)
ハイブリッド燃費 18.6㎞/L(JC08モード)
安全装備 3.5 (歩行者検知式自動ブレーキ装着車)
室内の広さ・使い勝手 4.0
走行性能 4.0
中古車価格 4.0

EV航続は101㎞! 国内トップレベルの航続距離

4位 ホンダ クラリティPHEV

クラリティ‗外観

ホンダ クラリティPHEVは、2018年に発売された新型車だ。燃料電池車であるクラリティFUEL SELLのPHEV版になる。
クラリティPHEVの特徴は、PHEVの中では比較的大容量である17kWhのリチウムイオン電池を搭載している点だ。そのため、EV航続距離が101㎞(WLTCモード)と長い。国内PHEVでは、トップレベルのEV航続距離となった。
これだけの距離をEV走行できると、日常的な使い方ではほとんどガソリンを使うことがなく、環境性能は高い。しかも、電力はガソリンより大幅に安く経済的だ。ガソリンスタンドに行く回数も激減する。
電力を使い切った後は、ハイブリッド車として走行する。1.5Lエンジンが発電し、その電力で184ps&315Nmという高出力モーターを駆動するのだ。このハイブリッド時での燃費は、24.2㎞/L(WLTCモード)と優秀だ。

快適な乗り心地のラグジュアリーセダン

クラリティPHEVは、全長4,915×全幅1,875×全高1,480mmという大柄なボディサイズをもつ。ゆったりとした前席のシートサイズは、まさにラグジュアリーセダンといえる。後席はやや高めに設定されていて、視界も良好だ。
ラグジュアリーセダンであることをより感じさせたのが、乗り心地だ。路面の凹凸を見事なに吸収し、滑らかに駆け抜けていく。

大きく重い駆動用バッテリーを床下に設置しているため、ガソリン車と比べると、かなり低重心化されている。カーブでの安定性も高く、フラットライドな走りが印象的だ。
駆動用モーターの出力は、184ps&315Nmだ。ボディが大柄なので、速いという印象は無かったが、非常にスムースだ。

残念なのは、外部に給電できる100V1500Wなどのコンセントが用意されていないことだ。これがあれば、停電時にクルマを電源とし、家電製品に電力を供給できたので、少し惜しまれる。

安全装備では、歩行者検知式自動ブレーキを含む予防安全装備パッケージ「ホンダセンシング」を標準装備している。車線維持機能と全車速追従式クルーズコントロールなどの運転支援機能も平均レベルをクリアしている。

激安? 買い得感が半端ない!

クラリティPHEVの中古車価格は激安だ。新車は1グレード設定で、価格は約588万円である。かなりの高級車なのだが、中古車価格は激安傾向にある。なんと、2018年式で280~320万円位になっている。わずか3年落ちで、新車より270~310万円も安くなっている。安価な価格帯では、新車価格の半額レベルだ。
クラリティPHEVの基本性能は、非常に高い。。600万円弱の高級車がこれだけ安くなっているのであれば、間違いなく買い得感はある。難点は、中古車流通量が非常に少ないので、車両を探すのが大変なことくらいだ。

おすすめ度 75%
EV航続距離 101㎞/L(WLTCモード)
ハイブリッド燃費 24.2㎞/L(WLTCモード)
安全装備 3.5
室内の広さ・使い勝手 4.0
走行性能 4.0
中古車価格 5.0

少し高価だが、プリウスはハイブリッドよりPHV

5位 トヨタ プリウスPHV

プリウスPHV

2代目となるトヨタ プリウスPHVは、2017年にデビューした。先代プリウスPHVのEV航続距離は26.4㎞しか走れなかったため、あまり売れなかった。
2代目プリウスPHVでは、リチウムイオン電池の容量を4.4kWhから倍の8.8kWhへ拡大した。その結果、航続距離を68.2㎞にまで伸ばしている。

外観デザインは、通常モデルのプリウスとフロントやリヤのデザインが差別化されている。バックドアは、トヨタ初となるカーボンファイバーのCFRP(炭素繊維強化樹脂)製が採用され、大幅な軽量化も施された。
インテリアもプリウスと差別化されている。センターコンソールには、大型11.6インチ縦型タッチディスプレイを装備した。先進感はあるものの、揺れる車内でタッチパネルの確実な操作は難しい。

初期モデルは、4人乗りなのが悩みどころ

プリウスPHVの室内空間は、プリウスと基本的に同じである。広いとは言えないが、必要十分なスペースになっている。
プリウスPHVの難点は、初期モデルが4人乗りであることだ。2019年5月の改良で、5人乗りへ変更されている。

プリウスより高い静粛性

プリウスPHVの乗り心地は、プリウスより重厚感のある乗り心地となっている。ハンドリングはなかなかスポーティだが、カーブではクルマが傾く傾向が強い。重いリチウムイオン電池を床下に配置しているため、クルマの重心は低く安定感がある。
PHVなのでモーター走行することが多く、静粛性も高められている。路面のよい道では、静かで快適な走行が可能だ。あまりに静かになったことから、路面状況が悪いとロードノイズが気になるかもしれない。

前期モデルで一定レベルをクリアしている予防安全装備

プリウスPHVの予防安全装備は、歩行者検知式自動ブレーキを含む「トヨタセーフティセンスP」が全車標準装備されているので、どのグレードでも安心して乗れる。上級のAグレード系では、車線変更時など頻繁に使い頼りになる後側方車両接近警報や踏み間違え防止機能であるインテリジェントクリアランスソナーが標準装備されている。S系グレードではオプションでも装備できないので、A系グレードを選択したい。

中古車ならではの買い得感あり

プリウスPHVの初期モデルである2017年式の中古車価格は、約210~270万円だ。新車価格が326~422万円だったので、4年で120~150万円も安価になっている。これだけ安価になっていれば、買い得感は十分だ。
同年式のプリウスだと約140~190万円なので、70~80万円高価。プリウスPHVとプリウスの新車価格差より、中古車価格は少し価格差が縮まっている。予算が十分にあるのなら、先進技術の塊でもあるプリウスPHVを積極的選びたい。
おすすめは、予防安全装備や豪華装備が充実したAグレード系だ。

おすすめ度 70%
EV航続距離 68.2㎞/L
ハイブリッド燃費 37.2㎞/L(JC08モード)
安全装備 3.5 
室内の広さ・使い勝手 3.0
走行性能 3.5
中古車価格 4.0

まとめ

1. ホンダe 2. 日産リーフ 3.三菱アウトランダーPHEV 4. ホンダ クラリティPHEV 5.トヨタプリウス
おすすめ 90% 85% 85% 75% 70%
EV航続距離 259~283㎞ 322㎞ 60.2㎞ 101㎞/L 68.2㎞/L
ハイブリッド燃費 - - 18.6㎞/L 24.2㎞/L 37.2㎞/L
安全装備 4.0 3.5 3.5 3.5 3.5
室内空間 3.5 4.0 4.0 4.0 3.5
走行性能 5.0 4.0 4.0 4.0 4.0
中古車価格 3.0 4.5 4.0 5.0 4.0