三菱の登録車で最も売れているデリカD:5

三菱は、クラス唯一のオフローダー系ミニバンであるデリカD:5に特別仕様車ジャスパー(JASPER)を設定し発売を開始した。この特別仕様車ジャスパーは、アウトドアやレジャーにマッチした仕様となっている。

デリカD:5は、軽自動車を除く三菱の登録車の中で最も売れているモデル。2019年度の登録車新車販売台数ランキングでは、16,553台を販売し43位となっている。67,823台を販売し、13位になったトヨタ アルファードには、足元にも及ばないが安定した販売台数を維持している。ただ、その他の車種は非常に厳しい販売状況が続いており、登録車新車販売台数ランキング50位位内に入っているのはデリカD:5のみだ。

三菱デリカD:5の歴史

現行三菱デリカD:5は、2007年デビューと古い。新型車が投入することが厳しい三菱は、数多く改良・マイナーチェンジを施しながらデリカD:5を熟成させてきた。

その中デリカD:5の歴史の中でも、最も大きなマイナーチェンジが2019年に行われている。もはや、フルモデルチェンジといえるレベルの大幅改良で、プラットフォーム(車台)やボディ、エンジン、ミッションなども刷新もしくは、大幅改良された。

デザインも刷新された。フロントフェイスは一新され、安定感や幅広感、そして上級感を感じる「マルチLEDヘッドライト」を装備。三菱車のデザインアイコンでもある新世代ダイナミックシールドデザインが採用されている。

このマイナーチェンジでは、2.2Lディーゼルターボエンジンのみの設定となった。出力は145ps&380Nmを誇り新たに8速ATと組み合わされている。燃費はWLTCモードで、12.6km/Lとなった。従来のエンジンとは、中身が刷新されており、より力強く静粛性も高くなり、燃費も向上している。

デリカD:5は、国産モデルとしては異例なほどロングセラーモデルとなっている。その理由は、ミニバンカテゴリーで、唯一無二の存在だからだ。多くのミニバンが高級感や迫力を重視する中、デリカD:5はオフローダーミニバンとしての価値を追求してきた。

多くのライバル車にも4WDモデルが設定されているが、デリカD:5の走破性能には遠く及ばない。これは、デビュー時からアウトドアでの使用を想定し、走破性を高めるために三菱独自の思想に基づいたAWC(All Wheel Control)の採用、オフロード走行で重要な185mmという十分な最低地上高が与えられているからだ。

ミニバンにおいて、デリカD:5と同じ方向性をもつモデルは皆無であると言える。そのため、アウトドア志向の顧客や雪深い地域に住む顧客に支持されている。競合車が無いこともあり、爆発的なヒットはないものの一定数を確実に販売できている。

アウトドアで際立つルックス&使い勝手の良さを追求した特別仕様車ジャスパー

ユニークなオフローダーミニバンであるデリカD:5に、新設定されたのが特別仕様車ジャスパーだ。ジャスパーは、マイナーチェンジ前のモデルでも投入され、人気を得ていた特別仕様車。前回投入されたジャスパーと基本コンセプトや装備類など、基本的に同じ仕様となっている。アウトドア・レジャーシーンにおいて、映える外観パーツ類と装備を装着している。ジャスパーの仕様は以下の通りだ。

エクステリア(外装)

三菱デリカD:5特別仕様車ジャスパー・フロントグリルとポジションランプガーニッシュはアイガーグレーメタリック塗装。アルミホイールをダーククローム調塗装とし、力強く引き締まった印象とした。

・特別仕様車名である「JASPER」のデカールをテールゲートに、広大な山並みやヘラジカを描いたデカールをボディサイドに配し、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインとした。

・歴代「JASPER」のテーマカラーであるグリーンを踏襲したエメラルドブラックパール/アイガーグレーメタリック(有料色)の他、新設定の「JASPER」専用色のウォームホワイトパール/アイガーグレーメタリック(有料色)と、人気色のアイガーグレーメタリック/ブラックマイカの3色を用意した。

インテリア(内装)

三菱デリカD:5特別仕様車ジャスパー・シート生地は、アウトドアレジャーで使い勝手のよい、撥水機能を付加したスエード調人工皮革「グランリュクス」に、ブラウンステッチを施した。心地よい手触りに加え、滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状とすることで、機能的なシートとした。

・インパネやドアトリムにもシートと同様のブラウンステッチをあしらうことで、統一感のあるインテリアとした。

専用ディーラーオプションパッケージ

「JASPER」の魅力を高める、専用のオリジナルアクセサリーを組み合わせた「JASPER コンプリートパッケージ」をディーラーオプションとして設定。メーカー希望小売価格は135,740円(本体128,480円、参考取付工賃7,260円、消費税10%込)。

アウトドア志向でなくてもおすすめできる特別仕様車ジャスパー

三菱デリカD:5特別仕様車ジャスパーは、フロントグリルとポジションランプガーニッシュをアイガーグレーメタリック塗装している。これにより、基準車と比べるとかなり精悍さが増した。全体に引き締まった感じもあるのでスポーティさも兼ね備える。

また、ジャスパーのシート表皮は撥水機能が付いている。アウトドアでは、濡れて汚れたものを積んだりすることを想定し、汚れ防止の観点から撥水機能がプラスされている。この撥水機能は、何もアウトドア志向の人だけでなく、小さな子供がいるファミリーにも向く。小さな子供は、食べこぼしなど車内を汚すことがあるので、こうした機能があれば安心だ。そういう視点で見ると、ジャスパーはアウトドア志向の人だけでなく、より幅の広い顧客にマッチする仕様といえる。

特別仕様車デリカD:5ジャスパーの価格は4,100,800円。ディーラーオプションまで含めると、4,236,540円となる。ベース車となったデリカD:5「G」グレード(8人乗り)の価格は4,015,000円なので、ジャスパーは約9万円の価格アップという計算になる。スエード調人工皮革「グランリュクス」が装備されているなどしているので、まぁ妥当な価格アップ。安価な設定としたお買い得な特別仕様車ではない。

元々、デリカD:5はクルマそのものがアウトドア志向といえる。それならば、撥水機能付きシートは必須ともいえるアイテム。デリカD:5の購入を考えているのであれば、まずは特別仕様車ジャスパーをベースに検討するとよいだろう。

三菱デリカD:5特別仕様車「JASPER」の価格

デリカD:5 JASPER(8人乗り)の場合 金額
車両本体価格 4,100,800円
専用ディーラーオプションパッケージ価格(本体+参考取付工賃)135,740円
合計4,236,540円