年末年始は3つの理由でお得

「どうせクルマを買うなら、一番お得な時期に買いたい!」と思うもの。
そのためには、新しいクルマを安く買うのはもちろんですが、今まで乗っていたクルマを高く手放すことができる時期を選ぶことが重要です。

その点、年末年始の乗り換えは以下のような理由から非常にお得です。

・年末年始はクルマを買う時のセールやキャンペーンが多い
・中古車の在庫が多いため、自分の条件に合ったものを見つけやすい
・今のクルマを高く買い取ってもらえる可能性が高い

理由①セールやキャンペーンが多い時期

12月になると、ボーナスや冬休みの行楽を当て込んだ「ボーナスセール」「年末決算セール」などが増えます。また1月になると「初売りセール」もあります。

もちろん、人々が多く買い物をする時期だからという理由もありますが、それだけではありません。自動車業界特有の理由もあるのです。

ディーラーとしては「売らなければならない」時期

日本においては、クルマを作る「メーカー」と、クルマを販売する「ディーラー」は別会社です。
そしてディーラーには販売台数が課され、それを越えるとメーカーから「報奨金」が支給されるなど、何らかのメリットが用意されていることが多いのです。

そのため、特に年末はディーラーにとって「販売台数を稼ぎたい時期」です。
「報奨金」のことを考えれば、値引きをしても元が取れる可能性が高いので、いつも以上の値引きが期待できます。

年末は値引き、新年は特典

年末はいつも以上の値引きが期待できるのに対して、新年は特典やおまけが多いのが特徴です。テレビCMでも「オプション10万円プレゼント」など耳にしたことがあるでしょう。

また新年はお店に行くだけで福袋が貰えたり、試乗や商談をするだけで更に色々もらえたりすることも多いです。

下取りには注意が必要

ただし、注意したいのが下取り価格です。

新しいクルマを買う時は、どうしても購入するクルマの方に目が向きがち。
「年末年始のセールで大幅値引きして貰えた」と思ったら、今のクルマの下取り価格が相場よりもずっと安かったというケースもあります。

そんなことがないように、まずは買取価格を把握してからディーラーに行くことをお勧めします。
先に中古車の買取専門店に寄り、査定の見積書をもらってから、それを持ってディーラーに行くという手もあります。

各メーカー・車種の買取相場はガリバーのサイトでも確認できるほか、「ガリバーオート」というアプリを使えば、家にいながら、簡単に査定を受けることができます。
しつこい営業を受けることなく気軽に買取価格が分かるので、ぜひご利用ください。

理由② 自分にぴったりの中古車が見つかる

新車については「ディーラーから値引きを引き出しやすい時期」というメリットがありますが、中古車を購入する人にとっても、特に年明けは狙い目の時期です。

というのも、この時期は中古車の在庫が多くなる時期だからです。

中古車販売店は商戦期に向けて在庫を増やす

日本で一番クルマが売れるのは、1~3月です。
新車も中古車も良く売れる時期なので、中古車販売店では年明けに向けて在庫を増やしていきます。

なので、年末年始というのは、一番在庫が豊富な時期なのです。
在庫が多いということは価格交渉がしやすいという大きなメリットに加え、「自分の条件をぴったりと満たすクルマ」が見つかるということなのです。

「欲しくないもの」にお金を払わなくて済む

中古車は、それぞれに条件が異なります。

カラー、年式、走行距離、外装や内装のきれいさ、安全装備、オプションなど一台ずつ異なる中で「自分が求めるのにぴったり」な一台を見つけるのは容易ではありません。
結果として「本当は必要ないけどシートヒーター付きのクルマを買った」「本当は黒いクルマが良かったけど、ちょうど良いのがなくて妥協した」といったことになりやすいのです。

しかし在庫が多ければ「自分にぴったりの一台」が見つけやすくなります。
「自分にぴったり」ということは、欲しいものにはお金をかけるけれど、不要なものにはお金をかけずに済むということ。結果としてお得な買い替えができます。

ガリバーでは、条件に合うクルマが入荷したら優先的にご連絡を差し上げるサービスもご用意しています。在庫が増えるこれからの時期に備えて、希望条件を予め伝えておくのもおすすめです。

理由③ 今のクルマを高く買い取ってもらえる

先ほどもご紹介した通り、1~3月は「クルマが売れる時期」。
クルマが売れることが分かっているので、年末年始の中古車買取店は、在庫を増やしておきたいと思っています。

そのため、普段よりも高い値段で買い取ってもらえる可能性が高いのです。

高く売るなら早い方がお得

クルマを高く買い取ってもらうなら、一日でも早い方がお得です。
手放すのが遅くなってしまうと「これからでは売れないかもしれない」と判断され、買取価格が下がる可能性もあるからです。
特に3月後半になって乗り換えようと思っている人は、もう少し前倒しをすることをお勧めします。

そうでなくても、クルマの価値というのは一日ごとに下がっていきます。そのため、早く査定を受けた方が、高値がつきやすいのです。
「新車が届くまで日数があるから、まだ今のクルマは手放せない」という場合には、代車サービスが利用できないか相談してみてもいいでしょう。

ガリバーでも、無料で代車を貸し出すサービスをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。