軽自動車ハイト系中古車オススメランキング 2016年冬

自動車ニュース / ガリバー

2016.1.25

軽自動車ハイト系中古車オススメランキング 2016年冬


中古軽自動車ハイト系 おすすめランキング2015秋スズキ ワゴンR/ダイハツ ムーヴ/三菱 eKワゴン

コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この冬おすすめの中古車・軽自動車ハイト系を
聞きました。しかも今回は、中古車選びの醍醐味でもある
「知名度が低く新車では人気薄のため、実は非常に良いクルマなのにお買い得!」
な安くて良いクルマも、「裏車種」として厳選してもらいました。

トップへ戻る

  • 軽自動車ハイト系 ランキング ベスト1 スズキ ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    軽自動車の中古車は、人気が高く年式が古くなってもあまり安くない。しかし、年式が古くなれば故障などのリスクは大きくなるので、なるべく高年式のモデルを買った方が無難。ワゴンRも2012年にフルモデルチェンジした現行モデルから選びたい。スズキの看板モデルということもあり、数多くの先進技術が投入されていて、燃費もよく満足度も高い。

  • 軽自動車ハイト系 ランキング ベスト2 ダイハツ ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    ムーヴは、2014年にフルモデルチェンジした。基本性能から磨き直したこともあり、走行性能面では、1クラス上のコンパクトカーを超える仕上がりを見せる。ムーヴも高い人気を誇るので、先代モデルもそれほど安くない。自動ブレーキ関連の安全装備スマートアシストも装備されているので、安全面でも現行モデルがお勧めだ。

  • 軽自動車ハイト系 ランキング ベスト3 三菱 eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    三菱と日産の軽自動車に関する合弁会社であるMNKVからリリースされた第1弾モデルがeKワゴン。日産ではデイズとして売られている。eKワゴンは、三菱のブランド力が弱く、中古車の相場はムーヴやワゴンRと比べるとやや安め傾向。とにかく予算重視で、なるべく安く高年式の軽自動車が欲しいのであればeKワゴンがお勧めとなる。

オススメ ランキングの3台を比較

VS軽自動車ハイト系ランキングベスト3 の 燃費・経済性
  • ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能をもつSエネチャージを搭載したグレードFZの最新モデルの燃費性能は33.0㎞/Lとライバルを圧倒。マイルドハイブリッド機能が無いFXでも30.6㎞/Lとトップレベルだ。このマイルドハイブリッド機能を搭載したFZは、2014年式未使用車がまだ大量に流通していて、価格は100万円を切っているものまで出ている。こうした未使用車は、かなり買い得感がある。これだけ割安だと、新車で購入を考えている人も一度未使用車を検討してみることをお勧めする。

  • ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    ムーヴの最新モデルの燃費は、31.0㎞/Lとなっていて、こちらかなり高いレベルにある。売れ筋グレードのX SAIIも多くの未使用車が流通。より高性能なスマートアシストIIが搭載されている2015年式でも105万円程度から選べるようになる。こちらも、新車より大幅に安いので、わざわざ新車を買う気持ちにならなくなる価格帯だ。

  • eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    eKワゴンも燃費性能では、ライバルに比べそれほど悪くなく最新モデルでは30.4㎞/Lとなっている。2013年式でも29.2㎞/Lと、それほど悪くない。2013年式の相場は70~90万円といったところ。ワゴンRやムーヴと比べると、やや買い得感のある価格設定となっている。

VS軽自動車ハイト系ランキングベスト3 の 装備・使い勝手
  • ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    自動ブレーキであるレーダーブレーキサポートは、オプション設定。中古車の中には、非装着のモデルがあるので、シッカリとチェックしておきたい。約30㎞/h以下の低速域のみに対応するが、装備されていないモデルと比べると安心感は全く違う。リヤシートはワンタッチでフラットにでき、大きな荷物を積載するのに便利だ。また、助手席リヤシート下のアンダートレーは、小物の収納に便利。

  • ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    自動ブレーキ関連の安全装備SAIIは、高い速度域からの自動ブレーキが作動できるようになった。自動ブレーキは作動しないが、歩行者検知もできる。さらに、前方だけでなく後方への誤発進抑制機能も用意されていて高い安全性を誇る。絶対に装着されているモデルを選びたい。また、フロント&リヤドアが90度開く。開口幅が広くなるので、高齢者なども乗り降りがしやすい。

  • eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    2013年頃のモデルには、低速域の自動ブレーキが用意されていないので注意が必要。お勧め装備は、ルームミラー内にカメラを使い自車を真上から見下ろすような画像を表示するマルチアラウンドモニターだ。死角は無くなり安全にクルマを移動できる。クルマの運転が苦手な人には、駐車時などに役立つ。

VS軽自動車ハイト系ランキングベスト3 の 走行性能
  • ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能を搭載したモデルは、アイドリングストップからの再始動がとても静かで振動が無い。ちょっとした高級車並みだ。市街地では何度も繰り返されるアイドリングストップなので、多少高価でもこの機能があるだけで購入する意味がある。ワゴンRはライバルと比べ、車重もやや軽い。さらに、CVTも副変速機付きなので変速比幅がワイド。スムースで力強い加速が魅力だ。

  • ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    走行性能に関しては、徹底的に磨きこまれていて、走りの質という点ではクラストップ。この走行性能は、軽自動車どころか1クラス上のコンパクトカーをも凌ぐもの。よりパワフルで引き締められた足回りをもつターボ車やカスタム系は、高速道路などでも非常に安定感が高くよく走る。ロングツーリングも苦も無くこなすレベルといえる。

  • eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    初期モデルのeKワゴンは、燃費重視にし過ぎた傾向が強く、やや力強さに欠ける。ターボ車や、カスタム系のモデルはアイドリングストップ機能も無く燃費も少々物足りない状況。2015年10月に大幅改良されたモデルからは、そうした部分は改良され、乗り心地性能も向上された。

VS軽自動車ハイト系ランキングベスト3 の デザイン
  • ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能を搭載したFZとFXとで若干デザインが異なる。FZには、メッキを多用した押し出し感のあるグリルを装備。FXはシンプルなメッシュタイプとなっている点が大きな違い。どちらも好き嫌いがあまり出ないプレーンなデザインだ。

  • ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    先代と比べると、ヘッドライトが大きくなり力強さを強調したデザインになった。女性を意識したデザインと決別した印象だ。驚きなのはカスタム系で、LEDを駆使したフェイスまわりのデザインは、超ギラギラ系。とにかく目立つが・・・。

  • eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    ツリ目のヘッドライトに、ボディサイドに入れられたシャープなキャラクターラインは、なかなかスポーティな印象。カスタム系のデザインも、シャープさを生かした押し出し感のあるデザインとなっていて、必要以上に奇をてらう感じが無くデザインとしての完成度も高い。

軽自動車ハイト系 ランキングベスト3 の 知って得する中古車値引き交渉術

軽自動車は、12月末と3月末に一定数の自社登録車が生まれる。自社登録車とは、販売会社が自社の名義でクルマを登録し、売ったことにみせかける手法。自動車販売の悪しき伝統でもある。この自社登録社が、中古車マーケットに流れ登録済み未使用車として販売されている。この未使用車がとても安い。例えばワゴンRは、2014年式の未使用車がまだ流通している状況で、新車よりも30万円以上安いモデルもゴロゴロしている。

2015年式の未使用車なら、ほぼ新車と同じコンディション。色やグレード、オプションなどである程度妥協できれば、かなりお買い得だ。軽自動車は、まずは未使用車を中心に選ぶといい。こうした未使用車は、多く存在するので中古車店同士でも競合させたい。営業マンは微妙な差を伝え、自店の在庫をアピールする。その場合「些細なことは気にしない。予算が重要」と伝えてみよう。未使用車は、安さを売りにしているのだから、安くなくては意味がない。

車両選びは、登録日からなるべく時間が経過していないモデルがよい。1年以上経っているモデルは保管状態にもよるが、雨ざらしになっていたり、動かしていなかったりするケースもあるので、塗装やタイヤの状況をチェックしたい。また、エンジンの機関部も少々心配なので、エンジンがすぐにかかるかなども確認しておきたいポイントだ。

その他のボディタイプ別 オススメランキング
  • 軽自動車スーパーハイト系 燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!
  • ミニバン
  • コンパクト 国産車 無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!
  • コンパクト 輸入車 人気急上昇中!意外とコスパのいい車種多し。
  • SUV デザインと走りを重視する人へ。
  • 高級セダン いつかは乗りたい、王道スタイル。

新車情報の車ニュースを配信中 自動車ニュース

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

中古軽自動車ハイト系 おすすめランキング2016冬

コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この冬おすすめの中古車・軽自動車ハイト系を聞きました。
しかも今回は、中古車選びの醍醐味でもある「知名度が低く新車では人気薄のため、
実は非常に良いクルマなのにお買い得!」な安くて良いクルマも、「裏車種」として厳選してもらいました。

  • RANKING BEST 1スズキ ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    軽自動車の中古車は、人気が高く年式が古くなってもあまり安くない。しかし、年式が古くなれば故障などのリスクは大きくなるので、なるべく高年式のモデルを買った方が無難。ワゴンRも2012年にフルモデルチェンジした現行モデルから選びたい。
    スズキの看板モデルということもあり、数多くの先進技術が投入されていて、燃費もよく満足度も高い。

  • RANKING BEST 2ダイハツ ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    ムーヴは、2014年にフルモデルチェンジした。基本性能から磨き直したこともあり、走行性能面では、1クラス上のコンパクトカーを超える仕上がりを見せる。ムーヴも高い人気を誇るので、先代モデルもそれほど安くない。自動ブレーキ関連の安全装備スマートアシストも装備されているので、安全面でも現行モデルがお勧めだ。

  • RANKING BEST 3三菱 eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    三菱と日産の軽自動車に関する合弁会社であるMNKVからリリースされた第1弾モデルがeKワゴン。日産ではデイズとして売られている。eKワゴンは、三菱のブランド力が弱く、中古車の相場はムーヴやワゴンRと比べるとやや安め傾向。
    とにかく予算重視で、なるべく安く高年式の軽自動車が欲しいのであればeKワゴンがお勧めとなる。

中古車オススメランキングの3台を比較

燃費・経済性
  • ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能をもつSエネチャージを搭載したグレードFZの最新モデルの燃費性能は33.0㎞/Lとライバルを圧倒。マイルドハイブリッド機能が無いFXでも30.6㎞/Lとトップレベルだ。このマイルドハイブリッド機能を搭載したFZは、2014年式未使用車がまだ大量に流通していて、価格は100万円を切っているものまで出ている。
    こうした未使用車は、かなり買い得感がある。これだけ割安だと、新車で購入を考えている人も一度未使用車を検討してみることをお勧めする。

  • ムーヴ

    ムーヴの最新モデルの燃費は、31.0㎞/Lとなっていて、こちらかなり高いレベルにある。売れ筋グレードのX SAIIも多くの未使用車が流通。より高性能なスマートアシストIIが搭載されている2015年式でも105万円程度から選べるようになる。
    こちらも、新車より大幅に安いので、わざわざ新車を買う気持ちにならなくなる価格帯だ。

  • eKワゴン

    eKワゴンも燃費性能では、ライバルに比べそれほど悪くなく最新モデルでは30.4㎞/Lとなっている。2013年式でも29.2㎞/Lと、それほど悪くない。2013年式の相場は70~90万円といったところ。
    ワゴンRやムーヴと比べると、やや買い得感のある価格設定となっている。

装備・使い勝手
  • ワゴンR

    自動ブレーキであるレーダーブレーキサポートは、オプション設定。中古車の中には、非装着のモデルがあるので、シッカリとチェックしておきたい。
    約30㎞/h以下の低速域のみに対応するが、装備されていないモデルと比べると安心感は全く違う。リヤシートはワンタッチでフラットにでき、大きな荷物を積載するのに便利だ。また、助手席リヤシート下のアンダートレーは、小物の収納に便利。

  • ムーヴ

    自動ブレーキ関連の安全装備SAIIは、高い速度域からの自動ブレーキが作動できるようになった。自動ブレーキは作動しないが、歩行者検知もできる。さらに、前方だけでなく後方への誤発進抑制機能も用意されていて高い安全性を誇る。
    絶対に装着されているモデルを選びたい。また、フロント&リヤドアが90度開く。開口幅が広くなるので、高齢者なども乗り降りがしやすい。

  • eKワゴン

    2013年頃のモデルには、低速域の自動ブレーキが用意されていないので注意が必要。お勧め装備は、ルームミラー内にカメラを使い自車を真上から見下ろすような画像を表示するマルチアラウンドモニターだ。死角は無くなり安全にクルマを移動できる。クルマの運転が苦手な人には、駐車時などに役立つ。

走行性能
  • ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能を搭載したモデルは、アイドリングストップからの再始動がとても静かで振動が無い。ちょっとした高級車並みだ。
    市街地では何度も繰り返されるアイドリングストップなので、多少高価でもこの機能があるだけで購入する意味がある。ワゴンRはライバルと比べ、車重もやや軽い。さらに、CVTも副変速機付きなので変速比幅がワイド。スムースで力強い加速が魅力だ。

  • ムーヴ

    走行性能に関しては、徹底的に磨きこまれていて、走りの質という点ではクラストップ。この走行性能は、軽自動車どころか1クラス上のコンパクトカーをも凌ぐもの。よりパワフルで引き締められた足回りをもつターボ車やカスタム系は、高速道路などでも非常に安定感が高くよく走る。ロングツーリングも苦も無くこなすレベルといえる。

  • eKワゴン

    初期モデルのeKワゴンは、燃費重視にし過ぎた傾向が強く、やや力強さに欠ける。ターボ車や、カスタム系のモデルはアイドリングストップ機能も無く燃費も少々物足りない状況。2015年10月に大幅改良されたモデルからは、そうした部分は改良され、乗り心地性能も向上された。

デザイン
  • ワゴンR

    スズキ ワゴンR

    マイルドハイブリッド機能を搭載したFZとFXとで若干デザインが異なる。FZには、メッキを多用した押し出し感のあるグリルを装備。FXはシンプルなメッシュタイプとなっている点が大きな違い。どちらも好き嫌いがあまり出ないプレーンなデザインだ。

  • ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ

    先代と比べると、ヘッドライトが大きくなり力強さを強調したデザインになった。女性を意識したデザインと決別した印象だ。驚きなのはカスタム系で、LEDを駆使したフェイスまわりのデザインは、超ギラギラ系。とにかく目立つが・・・。

  • eKワゴン

    三菱 eKワゴン

    ツリ目のヘッドライトに、ボディサイドに入れられたシャープなキャラクターラインは、なかなかスポーティな印象。カスタム系のデザインも、シャープさを生かした押し出し感のあるデザインとなっていて、必要以上に奇をてらう感じが無くデザインとしての完成度も高い。

中古車値引き交渉術

軽自動車は、12月末と3月末に一定数の自社登録車が生まれる。
自社登録車とは、販売会社が自社の名義でクルマを登録し、売ったことにみせかける手法。自動車販売の悪しき伝統でもある。この自社登録社が、中古車マーケットに流れ登録済み未使用車として販売されている。この未使用車がとても安い。
例えばワゴンRは、2014年式の未使用車がまだ流通している状況で、新車よりも30万円以上安いモデルもゴロゴロしている。2015年式の未使用車なら、ほぼ新車と同じコンディション。色やグレード、オプションなどである程度妥協できれば、かなりお買い得だ。
軽自動車は、まずは未使用車を中心に選ぶといい。こうした未使用車は、多く存在するので中古車店同士でも競合させたい。営業マンは微妙な差を伝え、自店の在庫をアピールする。その場合「些細なことは気にしない。予算が重要」と伝えてみよう。未使用車は、安さを売りにしているのだから、安くなくては意味がない。
車両選びは、登録日からなるべく時間が経過していないモデルがよい。1年以上経っているモデルは保管状態にもよるが、雨ざらしになっていたり、動かしていなかったりするケースもあるので、塗装やタイヤの状況をチェックしたい。また、エンジンの機関部も少々心配なので、エンジンがすぐにかかるかなども確認しておきたいポイントだ。

その他のボディタイプ別中古車オススメランキング

  • 軽自動車スーパーハイト

    燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!

  • ミニバン

    広くて便利、ファミリーカーの代名詞

  • コンパクト国産車

    無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!

  • コンパクト輸入車

    人気急上昇中!意外とコスパのいい車種多し。

  • SUV

    デザインと走りを重視する人へ

  • 高級セダン

    いつかは乗りたい、王道スタイル。

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

その他ランキング

クルマ購入関連コンテンツ

ボディタイプ別オススメランキングトップページへ戻る