ミニバン おすすめランキング 2016冬

自動車ニュース / ガリバー

2016.1.25

ミニバン おすすめランキング 2016冬


いまならコレを狙え! ボディタイプ別オススメランキング ミニバン ランキングベスト3ホンダ ステップワゴン/日産 セレナ/トヨタ シエンタ

車の乗り換えや購入を検討している方で、車種選びにお悩み中の方へ。
コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この冬おすすめのミニバンを聞きました。

最新のオススメランキング一覧へ

  • ミニバン ランキング ベスト1 ホンダ ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた自動ブレーキ関連の安全装備であるホンダ センシングを搭載。歩行者も検知するタイプの自動ブレーキを備え、このクラスではトップレベルの高い安全性を誇る。ダウンサイジングターボは、1.5Lなのでライバルの2.0L車より自動車税が年間5,000円節税できる。

  • ミニバン ランキング ベスト2 日産 セレナ

    日産 セレナ

    マイルドハイブリッド機能を搭載しているので、アイドリングストップからの再始動時の騒音が小さく、振動も少なく快適。モデル末期だが、歩行者検知式自動ブレーキも用意されていて安全装備面も高いレベルにある。また、フルモデルチェンジが近いこともあり、大幅値引きが期待でき、コストパフォーマンスは高い。

  • ミニバン ランキング ベスト3 トヨタ シエンタ

    トヨタ シエンタ

    ユニークなデザインと、小さなボディながら優れたパッケージングで7人乗りとしたコンパクトミニバン。1.5Lエンジンの他に、1.5Lハイブリッドが用意されクラストップの低燃費を誇る。30㎞/h以下しか対応できない低速域の自動ブレーキが用意されたが、無いよりはましといったところ。安全装備面では物足りないが、大ヒットモデルとなった。

オススメ ランキングの3台を比較

VSミニバンランキングベスト3 の 燃費・経済性
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    売れ筋グレードであるスパーダの燃費は16.0㎞/Lか15.4㎞/Lとなる。1.5Lダウンサイジングターボを採用しているが、燃費値そのものはクラスの平均といったところ。燃費値はとくに注目すべき点は無いが、1.5Lエンジンなのでライバルの2.0L車と比べると自動車税が安い。ステップワゴンの自動車税は34,500円。ライバルの2.0Lは、39,500円なので年間5,000円経済的だ。

  • セレナ

    日産 セレナ

    セレナは、マイルドハイブリッド機能が付いた2.0Lエンジンを搭載。売れ筋グレードのハイウェイスターVセレクション系は15.4㎞/Lという燃費値になる。このクラスでは、最も古いモデルだが燃費値は平均的を維持。モデル末期なので、両側スライドドアや自動ブレーキ、LEDヘッドライトなどの魅力的な装備を標準装備し、価格を抑えたVセレクションシリーズはお買い得感がある。モデルチェンジが近いこともあり、値引き額も大きく、このクラスでは最も高いコストパフォーマンスを誇る。

  • シエンタ

    トヨタ シエンタ

    シエンタには、1.5Lのガソリン車と1.5Lハイブリッド車の2タイプが用意されている。1.5L車の売れ筋グレード燃費値は20.2㎞/L、ハイブリッド車は27.2㎞/Lとなっている。両車ともクラストップの燃費値だ。また、意外と1.5L車の燃費が良い。これくらいハイブリッド車との燃費値が少ないと、高価なハイブリッド車を買っても燃費差で元を取るのは難しい。予算重視なのであれば、1.5Lでも十分経済的だ。ただ、人気車のため納車待ちが長く、値引き額もシブイ。

VSミニバンランキングベスト3 の 装備・使い勝手
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    横開きするわくわくゲートはステップワゴンだけの装備。縦開きする一般的なリヤゲートは、ゲートそのものが大きいので後方にある程度スペースが無いと開くことができない。その上、上部に高く開くため小柄な女性では開け閉めに苦労する。わくわくゲートなら、わずかなスペースがあれば荷物の出し入れが可能で簡単。その上、床下に収納可能な3列目シートをフラットにしておけば、わくわくゲートから後席へ乗員がアクセスできる。使い勝手面では、トップレベルの実力派だ。

  • セレナ

    日産 セレナ

    3列目シートは、左右跳ね上げ式。そのため、3列目シート下には、ラゲッジアンダーボックスがある。下部方向へ深く掘り込まれているので、ゴルフバッグなどの長尺物が縦積みできる。また、モデル末期でありながら、歩行者検知式自動ブレーキを用意。さらに、車両周辺を俯瞰で見たように表示。移動物まで検知するアラウンドビューモニターもある。これらの装備を組み合わせれば、安全装備面でも高いレベルにある。ただし、2列目中央席にはヘッドレストが用意されていないのは残念なポイントだ。

  • シエンタ

    トヨタ シエンタ

    7人乗りミニバンとはいえ、全長は4,235㎜とコンパクトカーのサイズ。そのため、3列目シートは子供用もしくは短距離での使用が現実的。3列目シートは、床下に収納できるので、ワゴン的にも使える。荷室はスクエアに大きく開くので、使いやすい。コンパクトなボディサイズながら、16インチアルミホイールをオプション選択すると、最小回転半径が5.8mとなる。5.8mという最小回転半径は、大型ミニバンのアルファード/ヴェルファイア並み。コンパクトカーとしての機動性を考えると、16インチアルミホイールは選択しない方がよい。

    <関連記事> 人気ミニバン10種類をシートアレンジで比較!「本当に使いやすい車」はこれだ!

VSミニバンランキングベスト3 の 走行性能
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    1.5Lダウンサイジングターボのトルクは、低回転では2.4L車並みのトルクを発揮。エンジンの回転数が低いときは、なかなか力強く感じる。ただし、高回転域では2.0L車との差はそれほどない。ハンドリング性能は、低重心のプラットフォームの恩恵でなかなかスポーティ。ステアリング操作に対して、シッカリと反応。このクラスでは、最もスポーティなハンドリング性能をもつ。

  • セレナ

    日産 セレナ

    マイルドハイブリッド機能を搭載している日産セレナ。モーターのみでの走行はできないが、アイドリングストップ時間も長く、再始動時のエンジン音や振動も少ない。このクラスのガソリン車の中では、最も静かでスムースだ。この静粛性は、ちょっとした高級車並み。エンジン出力そのものは平均的なレベルを維持。乗り心地やハンドリング性能などは、モデル末期ということもあり、ライバルに対し少々ハンデを背負っているが、それほど気にするレベルではない。

  • シエンタ

    トヨタ シエンタ

    さすがに7人乗車になると少々1.5Lガソリン、ハイブリッド車とも厳しいものがある。ただ、乗車人員1~2名程度なら良く走る印象だ。しっかりと造り込まれた印象で、背の高いミニバンながら、クルマの傾きも小さく運転しやすい。普段の足としてだけでなく、ロングドライブにも十分に使える実力派だ。より力強さを求めるのなら、ハイブリッド車がお勧めだ。

VSミニバンランキングベスト3 の デザイン
  • ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    ステップワゴンには、標準車とスポーティな外装のスパーダが用意されている。売れているのは、圧倒的にスパーダ。精悍さもありスポーティなので人気が高いのも納得できる。この売れ行きを見ると、リセールバリューもスパーダの方が高くなると予想できるのでスパーダがお勧め。精悍なデザインに仕上げられたスパーダだが、トヨタのヴォクシーやエスクァイアのような押し出し感は無く上品に仕上げられている。

  • セレナ

    日産 セレナ

    日産セレナの売れ筋グレードは、ハイウェイスターだ。ハイウェイスターは、専用のエアロパーツを装備しスポーティな装いになっている。モデル末期ながら、クリーンな印象があり古臭さはあまり感じない。セレナは、こうしたハイウェイスターの他に標準車、より個性的な装備を装着したライダーなど多くの選択肢があるのも魅力だ

  • シエンタ

    トヨタ シエンタ

    トヨタ車の中では、かなり個性的なデザインが施されている。好き嫌いが明確になるデザインで、かなり挑戦的だ。特徴的なのは、歌舞伎の隈取のようなフェイス。ヘッドライトからフォグランプ、グリルへ流れるラインが入る。ボディカラーと異なるラインがシエンタのキャラクターをより際立たせている。このデザインが高く評価され、シエンタは爆発的に売れ多くのバックオーダーを抱える人気モデルとなった。

ミニバンランキングベスト3 の 知って得する新車値引き交渉術

ステップワゴンやセレナなどの5ナンバーミニバンは、国内専用車ということもあり徹底した改良や進化が繰り返されており、超激戦マーケットになっている。そんな中で、セレナはモデル末期。完全に売れにくいはずなのだが、お買い得な特別仕様車や値引き攻勢で一定の販売台数を維持している。その流れを受けて、ノア/ヴォクシーのハイブリッド車を除きガソリン車は激しい価格競争に飲み込まれている。つまり、こうした5ナンバーミニバンを購入する場合、必ずセレナを入れて競合させたい。セレナを加えることで、値引き交渉が有利になる可能性が極めて高いのだ。競合時には、セールスマンの戯言には耳を貸さず、価格重視であることをアピールするといいだろう。

シエンタのライバルは、フリードになる。フリードは、完全にモデル末期。さらに、シエンタはバックオーダーをたくさん抱えており、ほとんど値引き交渉には応じない状況だ。逆に、フリードを購入したい場合は、必ずシエンタと競合させたい。モデル末期ということもあり、大幅値引きが期待できる。

その他のボディタイプ別 オススメランキング
  • 軽自動車ハイト系 燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。
  • 軽自動車スーパーハイト系 燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!
  • コンパクト 国産車 無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!
  • コンパクト 輸入車 人気急上昇中!意外とコスパのいい車種多し。
  • SUV デザインと走りを重視する人へ。
  • 高級セダン いつかは乗りたい、王道スタイル。
クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

いまならコレを狙え! ボディタイプ別新車オススメランキング ミニバン ランキング ベスト3

車の乗り換えや購入を検討している方で、車種選びにお悩み中の方へ。
コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この冬おすすめのミニバンを聞きました。

  • RANKING BEST 1ホンダ ステップワゴン

    ホンダ ステップワゴン

    ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた自動ブレーキ関連の安全装備であるホンダ センシングを搭載。歩行者も検知するタイプの自動ブレーキを備え、このクラスではトップレベルの高い安全性を誇る。
    ダウンサイジングターボは、1.5Lなのでライバルの2.0L車より自動車税が年間5,000円節税できる。

  • RANKING BEST 2日産 セレナ

    日産 セレナ

    マイルドハイブリッド機能を搭載しているので、アイドリングストップからの再始動時の騒音が小さく、振動も少なく快適。モデル末期だが、歩行者検知式自動ブレーキも用意されていて安全装備面も高いレベルにある。
    また、フルモデルチェンジが近いこともあり、大幅値引きが期待でき、コストパフォーマンスは高い。

  • RANKING BEST 3トヨタ シエンタ

    トヨタ シエンタ

    ユニークなデザインと、小さなボディながら優れたパッケージングで7人乗りとしたコンパクトミニバン。1.5Lエンジンの他に、1.5Lハイブリッドが用意されクラストップの低燃費を誇る。
    30㎞/h以下しか対応できない低速域の自動ブレーキが用意されたが、無いよりはましといったところ。安全装備面では物足りないが、大ヒットモデルとなった。

オススメランキングの3台を比較

燃費・経済性
  • ステップワゴン

    売れ筋グレードであるスパーダの燃費は16.0㎞/Lか15.4㎞/Lとなる。1.5Lダウンサイジングターボを採用しているが、燃費値そのものはクラスの平均といったところ。
    燃費値はとくに注目すべき点は無いが、1.5Lエンジンなのでライバルの2.0L車と比べると自動車税が安い。ステップワゴンの自動車税は34,500円。ライバルの2.0Lは、39,500円なので年間5,000円経済的だ。

  • セレナ

    セレナは、マイルドハイブリッド機能が付いた2.0Lエンジンを搭載。売れ筋グレードのハイウェイスターVセレクション系は15.4㎞/Lという燃費値になる。
    このクラスでは、最も古いモデルだが燃費値は平均的を維持。モデル末期なので、両側スライドドアや自動ブレーキ、LEDヘッドライトなどの魅力的な装備を標準装備し、価格を抑えたVセレクションシリーズはお買い得感がある。モデルチェンジが近いこともあり、値引き額も大きく、このクラスでは最も高いコストパフォーマンスを誇る。

  • シエンタ

    シエンタには、1.5Lのガソリン車と1.5Lハイブリッド車の2タイプが用意されている。1.5L車の売れ筋グレード燃費値は20.2㎞/L、ハイブリッド車は27.2㎞/Lとなっている。両車ともクラストップの燃費値だ。
    また、意外と1.5L車の燃費が良い。これくらいハイブリッド車との燃費値が少ないと、高価なハイブリッド車を買っても燃費差で元を取るのは難しい。予算重視なのであれば、1.5Lでも十分経済的だ。ただ、人気車のため納車待ちが長く、値引き額もシブイ。

装備・使い勝手
  • ステップワゴン

    横開きするわくわくゲートはステップワゴンだけの装備。縦開きする一般的なリヤゲートは、ゲートそのものが大きいので後方にある程度スペースが無いと開くことができない。その上、上部に高く開くため小柄な女性では開け閉めに苦労する。
    わくわくゲートなら、わずかなスペースがあれば荷物の出し入れが可能で簡単。その上、床下に収納可能な3列目シートをフラットにしておけば、わくわくゲートから後席へ乗員がアクセスできる。使い勝手面では、トップレベルの実力派だ。

  • セレナ

    3列目シートは、左右跳ね上げ式。そのため、3列目シート下には、ラゲッジアンダーボックスがある。下部方向へ深く掘り込まれているので、ゴルフバッグなどの長尺物が縦積みできる。
    また、モデル末期でありながら、歩行者検知式自動ブレーキを用意。
    さらに、車両周辺を俯瞰で見たように表示。移動物まで検知するアラウンドビューモニターもある。これらの装備を組み合わせれば、安全装備面でも高いレベルにある。
    ただし、2列目中央席にはヘッドレストが用意されていないのは残念なポイントだ。

  • シエンタ

    7人乗りミニバンとはいえ、全長は4,235㎜とコンパクトカーのサイズ。そのため、3列目シートは子供用もしくは短距離での使用が現実的。3列目シートは、床下に収納できるので、ワゴン的にも使える。荷室はスクエアに大きく開くので、使いやすい。
    コンパクトなボディサイズながら、16インチアルミホイールをオプション選択すると、最小回転半径が5.8mとなる。5.8mという最小回転半径は、大型ミニバンのアルファード/ヴェルファイア並み。コンパクトカーとしての機動性を考えると、16インチアルミホイールは選択しない方がよい。

    <関連記事> 人気ミニバン10種類をシートアレンジで比較!「本当に使いやすい車」はこれだ!

走行性能
  • ステップワゴン

    1.5Lダウンサイジングターボのトルクは、低回転では2.4L車並みのトルクを発揮。エンジンの回転数が低いときは、なかなか力強く感じる。
    ただし、高回転域では2.0L車との差はそれほどない。ハンドリング性能は、低重心のプラットフォームの恩恵でなかなかスポーティ。ステアリング操作に対して、シッカリと反応。このクラスでは、最もスポーティなハンドリング性能をもつ。

  • セレナ

    マイルドハイブリッド機能を搭載している日産セレナ。モーターのみでの走行はできないが、アイドリングストップ時間も長く、再始動時のエンジン音や振動も少ない。このクラスのガソリン車の中では、最も静かでスムースだ。この静粛性は、ちょっとした高級車並み。エンジン出力そのものは平均的なレベルを維持。
    乗り心地やハンドリング性能などは、モデル末期ということもあり、ライバルに対し少々ハンデを背負っているが、それほど気にするレベルではない。

  • シエンタ

    さすがに7人乗車になると少々1.5Lガソリン、ハイブリッド車とも厳しいものがある。
    ただ、乗車人員1~2名程度なら良く走る印象だ。しっかりと造り込まれた印象で、背の高いミニバンながら、クルマの傾きも小さく運転しやすい。普段の足としてだけでなく、ロングドライブにも十分に使える実力派だ。
    より力強さを求めるのなら、ハイブリッド車がお勧めだ。

デザイン
  • ステップワゴン

    ステップワゴン

    ステップワゴンには、標準車とスポーティな外装のスパーダが用意されている。売れているのは、圧倒的にスパーダ。精悍さもありスポーティなので人気が高いのも納得できる。
    この売れ行きを見ると、リセールバリューもスパーダの方が高くなると予想できるのでスパーダがお勧め。精悍なデザインに仕上げられたスパーダだが、トヨタのヴォクシーやエスクァイアのような押し出し感は無く上品に仕上げられている。

  • セレナ

    セレナ

    日産セレナの売れ筋グレードは、ハイウェイスターだ。ハイウェイスターは、専用のエアロパーツを装備しスポーティな装いになっている。モデル末期ながら、クリーンな印象があり古臭さはあまり感じない。セレナは、こうしたハイウェイスターの他に標準車、より個性的な装備を装着したライダーなど多くの選択肢があるのも魅力だ。

  • シエンタ

    シエンタ

    トヨタ車の中では、かなり個性的なデザインが施されている。好き嫌いが明確になるデザインで、かなり挑戦的だ。
    特徴的なのは、歌舞伎の隈取のようなフェイス。ヘッドライトからフォグランプ、グリルへ流れるラインが入る。ボディカラーと異なるラインがシエンタのキャラクターをより際立たせている。
    このデザインが高く評価され、シエンタは爆発的に売れ多くのバックオーダーを抱える人気モデルとなった。

新車値引き交渉術

ステップワゴンやセレナなどの5ナンバーミニバンは、国内専用車ということもあり徹底した改良や進化が繰り返されており、超激戦マーケットになっている。
そんな中で、セレナはモデル末期。完全に売れにくいはずなのだが、お買い得な特別仕様車や値引き攻勢で一定の販売台数を維持している。その流れを受けて、ノア/ヴォクシーのハイブリッド車を除きガソリン車は激しい価格競争に飲み込まれている。
つまり、こうした5ナンバーミニバンを購入する場合、必ずセレナを入れて競合させたい。セレナを加えることで、値引き交渉が有利になる可能性が極めて高いのだ。競合時には、セールスマンの戯言には耳を貸さず、価格重視であることをアピールするといいだろう。

シエンタのライバルは、フリードになる。フリードは、完全にモデル末期。さらに、シエンタはバックオーダーをたくさん抱えており、ほとんど値引き交渉には応じない状況だ。逆に、フリードを購入したい場合は、必ずシエンタと競合させたい。モデル末期ということもあり、大幅値引きが期待できる。

その他のボディタイプ別オススメランキング

  • 軽自動車ハイト

    燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。

  • 軽自動車スーパーハイト

    燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!

  • コンパクト国産車

    無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!

  • コンパクト輸入車

    人気急上昇中!意外とコスパのいい車種多し。

  • SUV

    デザインと走りを重視する人へ

  • 高級セダン

    いつかは乗りたい、王道スタイル。

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

ボディタイプ別オススメランキングトップページへ戻る