中古車オークションの参加方法と資格

close
「資格って必要なの?」 中古車オークションに個人で参加する方法

「資格って必要なの?」 中古車オークションに個人で参加する方法

「お店より高く売れる/安く買える」と話題になることもある中古車オークション。一般人でも参加できるのかなど、分からないことも多いでしょう。そこで今回は、中古車オークションに個人でする方法と、安心して取引するためのポイントをご紹介します。

POINT 1

中古車オークションの種類

中古車オークションといっても、大きく2種類に分かれます。

一つが、「ヤフオク!」に代表されるような、個人間で取引するオークション。もう一つが、中古車販売店が参加する、業者間のオークションです。

POINT 2

個人間オークションの参加資格

消費税もかからず、また必要な手数料なども最小限で済むのが魅力の個人間オークション。個人間の取引なので、基本的には誰でも参加できます。またその流れは、中古車以外のオークションと大きくは変わりません。

ただし個人売買用のアプリやサイトによっては、以下のような参加資格を設けているところがありますので、規約を確認して利用するようにしてください。

  • 本人確認書類を事前に送らないと参加できない
  • クルマ所有者本人でないと出品できない
  • 一定年齢に達しない人は落札できない
  • 過去に取引履歴がないと、クルマの売買はできない

個人売買の方法や具体的な流れ、必要な書類手続きなどはこちらでご紹介していますので、併せてご覧ください。

POINT 3

業者間オークションの参加資格

プロが利用するような業者向けの中古車オークションは、一般的には資格のない個人は参加することができません。それぞれの会場によって条件は少しずつ異なりますが、新たに参加資格を得るためには、以下のような条件が用意されていることが多いです。

古物商許可証を取得して一定の期間を経ている

連帯保証人がいる

車を売買する為の店舗・事業所がある

入会金や保証金が支払える

【出典:USSホームページ(http://www.ussnet.co.jp/start/condition.html) より】

古物商の資格が必要であるなど、個人で資格を得るのは少し大変です。会場によって古物商許可証を取得してからの期間や、必要な店舗・事業所の面積、入会金や保証金の金額などに違いがありますので、「絶対に参加資格を取りたい」という人は、会場別の資格を比較してみてください。

「何年かに一度クルマを買い替えるだけにそこまではちょっと」という人はどうしたらいいのでしょうか。一般の人が業者向けのオークションに参加したい場合、オークション代行業者を利用するという手もあります。オークション代行は、手数料を払えば誰でも利用することができます。

ただし、業者向けの中古車オークションは、あくまで「プロのための場」。クルマの状態や相場の見極めは難しい場合もありますので、注意が必要です。またオークション代行を利用したトラブルも起こっており、信頼できる業者を選ぶ必要があります。

POINT 4

トラブルに巻き込まれないために

どのようなサービスを利用するにしても、顔が見えない相手と取引をするオークションは不安が残るものです。中古車のように金額が大きければ、なおのこと安心できる取引が重要になってきます。

安心できる取引のためにも、利用するオークション代行サービスやオークションサイトが信頼できるものかどうか、見極めるようにしましょう。業者向けのオークションに個人で参加する場合は、普段の生活に支障がないかも重要なポイントです。

  • 信頼できる企業、サービスなのか
  • 出品されているクルマの状態を見極める手伝いをしてくれるのか
  • 落札されなかった/できなかった時のシステム利用料や手数料は必要なのか
  • 出品中にクルマに乗れるのか、または代車を用意してくれるのか
  • 名義変更などの手続きのサポートはしてくれるのか
  • 落札後のクルマの配送の手配はしてくれるのか

ガリバーでは、より高くクルマを売りたいというお客様のために、ガリバートレードというサービスをご用意しています。全国各地のお店はもちろん、オークションも加えた幅広いネットワークを使い、お客様の希望価格で買い取ってくれる相手を探します。出品中もクルマに乗ることができるので、まずはお気軽にご登録ください。