中古車オークションの相場

close
「中古車オークションってお得なの?」 価格相場とその検索方法

「中古車オークションってお得なの?」 価格相場とその検索方法

中古車の購入や売却について調べていると、選択肢として見かけることもある中古車オークション。「色々大変そうだけれど、そんなにお得なのだろうか?」と相場が気になる人もいるでしょう。そこで今回は相場の検索方法をご紹介します。

POINT 1

中古車オークションのメリット

今のクルマを手放したり、新しく中古車を買ったりする時に、真っ先に思い浮かぶのは近くにあるお店という人も多いはず。実際のクルマが見られ、店員さんの説明も受けられるなど、安心できる要素が多いです。

そんな中で、わざわざ中古車オークションを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。大きなメリットは、以下の2つです。

  • 買取店、販売店などの中間コストを減らすことができる
  • コアな人気があるモデルが見つかる可能性がある/売りやすい

では具体的に、中間コストをどれくらい減らすことができるのでしょうか。車種やクルマの状態による差が大きいので一概には言えませんが、クルマの買取を国内外の店舗および数多くのオークションに打診するガリバートレードでは以下のようなケースがありました。

【例1】フォルクスワーゲンの「ティグアン」の場合

  • ある店舗の買取価格:120万円
  • あるオークションの買取価格:140万円

「希望価格を超える売却先が見つかれば手放しても良い」というお客様だったので、急がずに希望価格で買い取ってくれるところを探しました。店舗ではお客様の希望価格に達しませんでしたが、ガリバートレードのネットワークで買取先を探したところ、あるオークションでは140万円で買い取ってくれる落札者が見つかったため、そちらに買い取ってもらいました。
(※実際にお客様に支払われるのは、買取価格から手数料を差し引いた金額になります)

【例2】スズキの「アルト」の場合

  • ある店舗の買取価格:マイナス9800円(※廃車手数料を求められた)
  • あるオークションの買取価格:10万円

またかなり古く、買い取ってもらえない可能性もある状態のクルマでも、ガリバートレードを使うことで買い手を見つけることができました。ガリバートレードがお店とオークションを併用して買い手を探したところ、買取店では値が付かず、逆に廃車にするための手数料が必要だと言われたクルマが、オークションを通じて見つけた買い手には10万円で買い取ってもらえました。

ただし必ずしもオークションの方がお得だとは限りませんので、お店での買取価格や販売価格もチェックした上でオークションを利用するか、お店の査定とオークションをまとめて行ってくれるサービスを選ぶことをおすすめします。

POINT 2

各クルマの相場の検索方法

自分のクルマを中古車オークションに出したらいくらくらいで落札されるのか。それ次第で、中古車オークションを利用するかどうかを決めたいという人もいるでしょう。

本格的に調べたい人には「週刊オークション情報」という雑誌があります。詳しい情報が載っていますが、法人向けの雑誌ということもあり、なかなか手に入れにくいです。

もう少し手軽に調べたいのであれば、オークション代行業者が提供している落札相場検索システムを使ってみてもいいでしょう。メーカーや車種、年式、グレードなどを入力すると相場を確認することができます。実際の落札価格は上下しますが、「中古車オークションではいくらくらいで売れるのか/買えるのか」の一つの目安になります。

POINT 3

中古車オークションの注意点

中古車が高く売れて、安く買えるのでれば、消費者としては嬉しいものです。しかし中古車オークションはメリットだけではないので、下記のようなデメリットにも注意を払う必要があります。

中古車オークションに参加するために代行業者を使う必要がありますが、業者によっては手数料が必要です。出品するだけ、入札するだけで手数料を請求する業者もあるので、中古車オークションの代行サービスを使う前に確認しましょう。

「○○までにクルマを売りたい/買いたい」という人も注意が必要です。中古車オークションの場合、出品したクルマが落札されないというケースも少なくありません。また欲しかったクルマが予想外に高値になり、落札できないという場合もあり、お店での売却・購入に比べると時間が掛かります。

ガリバーではこういった不安やトラブルを解消するために、ガリバートレードというサービスをご用意しています。ガリバートレードは、中古車オークションに加えて全国各地のお店にも買取を打診し、お客様の希望価格で買い取ってくれるところを探すサービスです。お客様の手数料は不要なので、「とりあえず登録してみた」という利用者も多いです。