クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

理想のクルマを賢く買いたい!マイカー選びのステップ6

はじめてクルマを購入する方にとって、車種やメーカーを選ぶのは難しいもの。クルマの用途や予算、条件などからクルマを選ぶ手順を6つのステップに分けてご紹介しています。

f:id:noricoEditor01:20180607120348j:plain

クルマは決して安い買い物ではありません。
せっかく買うなら、賢く手に入れたいもの。

本コラムでは、賢いクルマの選び方を、6つのステップに分けてご紹介します。

STEP1 用途はなに?予算はいくら?

f:id:noricoEditor01:20180417122007j:plain

まずは、あなたがクルマに求める条件をはっきりさせることです。

  • どんなときにクルマを使う?
  • 一度に乗せる人数はどれくらい?
  • 載せる荷物の量や大きさはどれくらい?
  • よく使う駐車場の大きさは?
  • どんな性能・装備が必要?
  • 色やカタチにこだわりはある?
  • 予算はいくら?

上記の質問に答えられるようにしておくと、販売店でのクルマ選びがグッとスムーズになります。

たとえば、用途や乗る人数、載せたい荷物の量。
これらによって、ボディタイプがだいたい決まってきます。
6人以上を乗せるなら、3列シートを備えたミニバンやSUV。
ウィンタースポーツやキャンプの道具も余裕を持って積み込むことが可能です。

もう一つ重要なのは、予算です。
クルマの購入費用は、条件によってある程度調整がききます。
最初に予算を決めておくと、あまり目移りせず、スッキリ決めやすいのでおすすめです。

STEP2 新車にする?それとも中古車?

条件と予算が決まったら、その2つを両立させるクルマを探すステップに入ります。
「条件はいいんだけど、新車を買うと少し予算オーバー……」となることも。

そんなときは、中古車を視野に入れてみるといいでしょう。
意外かもしれませんが、新車同様のピカピカなのに、新車よりも数十万円おトクに買えるケースもあるのです。

まずは中古車販売店に足を運び、中古車の状態を見てみてもいいでしょう。

STEP3 メーカーや車種を比較して選ぼう

販売店で希望を伝えるために、好みのメーカーやクルマを選んでみましょう。
「絶対にこれがいい!」とまでいかなくとも、「ラパンみたいな雰囲気が好み」「ハスラーみたいなフォルムが好き」という感じで伝えられれば十分です。

「車種なんて全然知らない」という方は、下記のページで大きさや形から検索してみたり、室内の広さや収納力でクルマを探してみるのもおすすめです。

f:id:drivinghigh:20180829102240p:plain

そのうえで、予算に見合いそうか、STEP1で挙げた条件を満たしているかを、販売店で確認します。

ここでのポイントは、車種を一つに絞らないこと。
いくつか候補を持っておくと、ライバル車の売れ行きやモデルチェンジなどによって、どれか一つがおトクに買える――ということもありますよ。
クルマを“おトク”に購入するためのポイントは下記の記事も参考にしてみてください。

221616.com

 

STEP4 運転しやすいクルマを選ぼう

f:id:noricoEditor01:20180417123129j:plain

初心者にとって気になるのは、運転しやすいかどうか。
運転しやすいクルマの共通点は、サイズがこぶりであること、小回りが利くこと、ボンネットが短いということ。加えて、バックモニターが付いていると、駐車がグッとラクになります。

f:id:drivinghigh:20180829111954j:plain

バックモニター


運転していて疲れにくいクルマは、視点が高く、視線を遮る柱がないクルマ。
疲れやすいクルマは、いつしか乗らなくなってしまうことも。
運転しやすいクルマに関しては、下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

221616.com

STEP5 自分なりの条件を決めよう

これは、特に中古車を購入する場合に必要なステップです。中古車の場合、メーカーと車種、装備やグレードに加え、年式や走行距離という条件が加わります。

f:id:drivinghigh:20180829112515p:plain

ガリバーの在庫検索詳細画面

年式

クルマが製造された後、初めて運輸支局に登録された年を示しています。この年式とは、クルマの製造年とは異なります。一般的に、登録されてからまだ新しいものを高年式(こうねんしき)、逆に古いものを低年式(ていねんしき)と呼びます。価値としては高年式であればあるほど価値は高まります。

走行距離

登録されてからどのくらいの距離を走ったかを示す数字です。この距離が少なければ少ないほど中古車としての価値は高くなります。


この年式と走行距離によって中古車の価値は左右されるのですが、これ以外にも中古車の価値を決める要素がいくつかあります。

グレード

同じ車種であっても、性能や装備に差をつけて販売されていることがあります。これが、グレードといわれる車種の中でのランク分けのことです。

良い中古車を見分けるポイント

ここで、良い中古車を見分けるためのポイントをいつくつかご紹介しましょう。
条件によっては、かなりおトクに購入することもできるので、一つの目安にしていただけ

とにかくキレイなクルマがいい

年式は3年落ち、走行距離は3万kmを少し超えたもの

 

特にこだわりがなく、ほどほどのクルマでいい

年式は5年落ち、走行距離は5万kmを少し超えたもの

安さ重視で、長く乗りたい

年式は7年落ち、走行距離は7万kmを少し超えたもの

安さ重視で、5年ほどで乗りかえるつもり

年式は10年落ち、走行距離は10万kmを少し超えたもの

 

中古車選びには、他にもさまざまなチェックすべきポイントがあります。中古車の購入を検討しているなら、下記の記事を参考にしてみてください。

221616.com

STEP6 装備やグレードを選ぼう

f:id:noricoEditor01:20180417123540j:plain

最後に決めるのが、装備やグレード。
ETC車載器やバックモニター、自動スライドドア、バックモニターなどがこれに当たります。最近では、絶対につけておいた方がよい安全装備など充実してきています。これによって価格が大きく変わってきますので、STEP1で挙げた条件を満たすために必要な装備については、販売店に相談してみましょう。

クルマを賢く購入するための手順を、6つのステップでご紹介しました。
クルマの用途と予算を思い描くところからスタートして、少しずつイメージを絞り込んでいくといいでしょう。

written by norico編集部

f:id:noricoEditor01:20180326155546p:plain

クルマのことはいろんなサイトに情報が載っているけど、言葉もわからないから調べるのも大変・・・。「クルマのわからないことを、どんなひとにも、わかりやすく。」をモットーに、いろんなテーマで記事を執筆。norico編集部に取り上げてほしいトピックや質問、ダメ出しなど、随時募集中。