コンパクトカー(輸入車) 中古車オススメランキング 2016年春

自動車ニュース / ガリバー

2016.3.25

コンパクトカー(輸入車) 中古車オススメランキング 2016年春

中古コンパクト(輸入車) おすすめランキング2016春フォルクスワーゲン ゴルフ/ボルボ V40/フォード フォーカス

コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この春おすすめの中古車・輸入車のコンパクトカーを
聞きました。しかも今回は、中古車選びの醍醐味でもある「知名度が低く新車では人気薄のため、
実は非常に良いクルマなのにお買い得!」な安くて良いクルマも、「裏車種」として厳選してもらいました。

トップへ戻る

※本ランキングには安全装備への言及がありますが、安全装備には作動条件や限界があります。機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。

  • コンパクト輸入車 ランキング ベスト1 フォルクスワーゲン ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    北米でのディーゼル不正の影響を受け、日本のフォルクスワーゲンも販売不振に陥っている。そうした状況下で、ゴルフは自社登録が増え、登録済み未使用車が多く中古車マーケットに流れている。その結果、高年式のゴルフは軒並み価格を下げていて、クルマそのものは素晴らしいので、買い得感が出てきている。2013年式の現行ゴルフの価格は、200万円を余裕で切っていて、180万円以上の予算があれば、上質な中古車が選びやすくなっている。先代のゴルフ6などは、2011年式だと140万円もあれば程度の良い中古車が買える。初めての輸入車にはピッタリだ。

  • コンパクト輸入車 ランキング ベスト2 ボルボ V40

    ボルボ V40

    このクラスのコンパクト輸入車の中で、ナンバー1といえる高い安全装備を備えるボルボV40。最新モデルでは、歩行者だけでなく自転車も認識し緊急時に自動ブレーキを作動させる「インテリセーフ10」が用意されている。この安全装備だけでもV40を買う価値がある。2013年に投入されたモデルだが、ボルボのリセールバリューは、それほど高くないこともあり値落ちは順調。良いクルマがリーズナブルに買える。2013年式で200万円を切っているものもたくさんあり、買い得感は高い。また、2015年に自社登録したモデルが豊富にあり、登録済み未使用車が大量にあるので、高年式を狙うならこうしたモデルを選択するのもありだ。

  • コンパクト輸入車 ランキング ベスト3 フォード フォーカス

    フォード フォーカス

    日本から撤退を表明したフォード。今後、メンテナンスを含み、やや不安が残るものの、フォーカスのクルマとしてのパフォーマンスは素晴らしいものがある。元々リセールバリューが悪く買い得感があったが、こうした理由もプラスされ、さらにコストパフォーマンスに優れた中古車になっていくと予想できるため裏3位とした。タマ数は少なく探すのは大変だが、300万円程度していた新車価格の2015年式登録済み未使用車が200万円を切っていたりする。走行性能は、多くの自動車メーカーがベンチマークとするくらい優れたハンドリング性能をもつだけに、バーゲン価格といえる。

オススメ ランキングの3台を比較

VSコンパクト輸入車ランキングベスト3 の 燃費・経済性
  • ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    最新ゴルフの燃費は、1.2Lが21.0㎞/Lで1.4Lが19.9㎞/Lとなっていて、燃費値はトップクラスの実力。ゴルフだけではないのだが、燃料がハイオクなので、燃費が良くても燃料費はそれほど安くならない傾向にある。走行性能面を考えると、燃費もそれほど大きく変わらないので1.4L車がお勧めだ。

  • V40

    ボルボ V40

    初期モデルは2013年式で、1.6Lターボ車が16.2㎞/Lと平均的。2015年になると1.5Lターボが加わり、燃費は16.5㎞/Lとなっている。さらに、2.0Lディーゼルもラインアップされ、20.0㎞/Lという低燃費性能をもつ。ただ、このディーゼル車は人気が高く、ほとんど新車と同じような価格なので、中古車の旨みはない。V40の場合、2013年式が価格的にもお勧めだ。

  • フォーカス

    フォード フォーカス

    2013年に登場したときには、2.0Lの自然吸気エンジンのみの設定で燃費は非公開となっていた。まぁ、燃費はそれほど期待しない方がよい。デビュー当時の価格は293万円。やや高めの新車価格。また、フォーカスもハイオク仕様だ。

VSコンパクト輸入車ランキングベスト3 の 装備・使い勝手
  • ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    残念ながら、歩行者検知式自動ブレーキではない。しかし、レーンキープアシストは白線を認識し、車線中央を走れるようにサポートしる機能がある。全車速追従式のクルーズコントロールと組み合わせで走行すると、ちょっとした自動運転レベルが味わえる。エアバッグ類は、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグにニーエアバッグも標準装備されているので安心だ。また、FF車ながら最小回転半径は5mと小さく、日本の狭い道でも使いやすい。

  • V40

    ボルボ V40

    初期モデルのV40は、自動ブレーキ関連の安全装備がオプション設定だった。装着率はかなり高かったのだが、実際に購入する時にはシッカリとチェックしておきたい。使い勝手面では、初期モデルのSEグレードで17インチホイール装着車は、最小回転半径が5.7mと大きい。この数値は、大型ミニバン並みで、日本での使い勝手は悪い。エントリグレードは16インチホイール装着車で5.2mとなっている。最新のT3 SEは、17インチホイールでも5.2mとなった。

  • フォーカス

    フォード フォーカス

    フォーカスの初期モデルには、低速域の自動ブレーキを装備したモデルが用意されていた。エアバッグ類は十分なレベル。このフォーカスのボディサイズには、注意が必要だ。全幅が1,810㎜もある。日本の多くの立体駐車場全幅制限が1,800㎜なので、車庫証明が取れないなどのデメリットもある。

VSコンパクト輸入車ランキングベスト3 の 走行性能
  • ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    世界中の自動車メーカーが、ゴルフを研究し目標とするだけあり、その走行性能は粗を探すことが難しいほど。FF車とは思えないほどよく曲がり、操縦安定性は極めて高い。1.2Lのリヤサスはトレーリングアームなのに対して、1.4Lはより豪華な4リンク式を採用。走りの質では、やや1.4Lが勝る。

  • V40

    ボルボ V40

    初期モデルの17インチタイヤを履いたモデルは、なかなかカタメのサスペンション設定がされていて、なかなかスポーティな走りを披露した。しかし、モデル途中で乗り心地が良くないということで改善されている。1.5Lターボと1.6Lターボの2車は、実力はほぼ同等。2.0Lディーゼルは、400NmというV8 4.0L車並みの最大トルクを誇り、かなりスポーティな走行が可能だ。

  • フォーカス

    フォード フォーカス

    2.0L自然吸気エンジンは、170psとなかなかパワフル。トルクベクタリングと呼ばれる機能も加わり、ハンドリング性能はシャープ。走りが楽しめるコンパクトカーだ。また、直近のモデルは1.5Lのエコブーストエンジンに変更された。180ps&240Nmを誇るようになり、さらにハンドリング性能はシャープになり、乗り心地も向上している。

VSコンパクト輸入車ランキングベスト3 の デザイン
  • ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    クリーンで好き嫌いが分かれない高い完成度を誇るデザインだ。エモーショナルといった言葉が似合うクルマではないが、存在感はある。インテリアも同様で、シンプルで機能的。これぞフォルクスワーゲンというデザインだ。

  • V40

    ボルボ V40

    スカンジナビアンデザインを前面に押し出しているV40。ドイツ系のデザインとは完全に一線を画している。そういう意味では、ドイツ車に対して興味を感じない人には魅力的に映るはずだ。インテリアでは、フローティングスタックと呼ばれるセンターコンソールはボルボ車の特徴だ。

  • フォーカス

    フォード フォーカス

    ゴルフとは真逆というか、徹底してエモーショナルなデザインが採用されていて、とにかくフォーカスは目立つ。フォーカスのデザインコンセプトは、キネティック(動的な)デザイン。好き嫌いは明確に分かれるデザインといえるが、気に入ったのなら非常に満足感の高いクルマになるだろう。

コンパクト輸入車ランキングベスト3 の 知って得する中古車値引き交渉術

フォルクスワーゲンは、国内販売が低迷中なので中古車もディーラー系なら値引きしてでも売りたいという状況になっている。ディーラー系中古車店は、下取りに入ったモデルを売る以上、スピーディに現金化しないと会社としては利益がでないからだ。競合させる場合は、同じ輸入車というよりはトヨタ プリウスやマツダ アクセラのディーゼル車などと競合させてみるといいだろう。
V40は、メルセデス・ベンツAクラスが有効。ブランド力のあるメルセデス・ベンツと競合させられると、ややブランド力に劣るV40は値引き対応で勝負に出てくる可能性が高い。もちろん、BMW1シリーズやアウディA3などでも効果的だ。
フォーカスは、もう十分に安いが、一応ゴルフやV40などと競合させておきたい。フォード側から見れば、滅多にこない顧客となるため、値引きしてでも売りたいはずだ。フォードが日本から撤退するなどマイナスな話をしながら「特別安くなるなら」という姿勢での商談をリードしたい。
輸入車全般にいえるのだが、まだまだ整備費などは国産車に比べると高価だ。そう考えると、やはり有料延長保証などのサービスに入った方がいい。こうした有料延長サービスは、値引きの材料にも使われるので、値引き交渉が行き詰まったらこうした有料サービスを無料で付けてほしいなどの交渉に切り替えるといい。

その他のボディタイプ別 オススメランキング
  • 軽自動車ハイト系 燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。
  • 軽自動車スーパーハイト系 燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!
  • ミニバン
  • コンパクト 国産車 無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!
  • SUV デザインと走りを重視する人へ。
  • 高級セダン いつかは乗りたい、王道スタイル。

新車情報の車ニュースを配信中 自動車ニュース

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

中古コンパクト輸入車 おすすめランキング2016春

コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この春おすすめの中古車・輸入車のコンパクトカーを聞きました。
しかも今回は、中古車選びの醍醐味でもある「知名度が低く新車では人気薄のため、実は非常に良いクルマなのにお買い得!」な安くて良いクルマも、「裏車種」として厳選してもらいました。

※本ランキングには安全装備への言及がありますが、安全装備には作動条件や限界があります。機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。

  • RANKING BEST 1フォルクスワーゲン ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    北米でのディーゼル不正の影響を受け、日本のフォルクスワーゲンも販売不振に陥っている。そうした状況下で、ゴルフは自社登録が増え、登録済み未使用車が多く中古車マーケットに流れている。その結果、高年式のゴルフは軒並み価格を下げていて、クルマそのものは素晴らしいので、買い得感が出てきている。2013年式の現行ゴルフの価格は、200万円を余裕で切っていて、180万円以上の予算があれば、上質な中古車が選びやすくなっている。先代のゴルフ6などは、2011年式だと140万円もあれば程度の良い中古車が買える。初めての輸入車にはピッタリだ。

  • RANKING BEST 2ボルボ V40

    ボルボ V40

    このクラスのコンパクト輸入車の中で、ナンバー1といえる高い安全装備を備えるボルボV40。最新モデルでは、歩行者だけでなく自転車も認識し緊急時に自動ブレーキを作動させる「インテリセーフ10」が用意されている。この安全装備だけでもV40を買う価値がある。2013年に投入されたモデルだが、ボルボのリセールバリューは、それほど高くないこともあり値落ちは順調。良いクルマがリーズナブルに買える。2013年式で200万円を切っているものもたくさんあり、買い得感は高い。また、2015年に自社登録したモデルが豊富にあり、登録済み未使用車が大量にあるので、高年式を狙うならこうしたモデルを選択するのもありだ。

  • RANKING BEST 3フォード フォーカス

    フォード フォーカス

    日本から撤退を表明したフォード。今後、メンテナンスを含み、やや不安が残るものの、フォーカスのクルマとしてのパフォーマンスは素晴らしいものがある。元々リセールバリューが悪く買い得感があったが、こうした理由もプラスされ、さらにコストパフォーマンスに優れた中古車になっていくと予想できるため裏3位とした。タマ数は少なく探すのは大変だが、300万円程度していた新車価格の2015年式登録済み未使用車が200万円を切っていたりする。走行性能は、多くの自動車メーカーがベンチマークとするくらい優れたハンドリング性能をもつだけに、バーゲン価格といえる。

中古車オススメランキングの3台を比較

燃費・経済性
  • ゴルフ

    最新ゴルフの燃費は、1.2Lが21.0㎞/Lで1.4Lが19.9㎞/Lとなっていて、燃費値はトップクラスの実力。ゴルフだけではないのだが、燃料がハイオクなので、燃費が良くても燃料費はそれほど安くならない傾向にある。走行性能面を考えると、燃費もそれほど大きく変わらないので1.4L車がお勧めだ。

  • V40

    初期モデルは2013年式で、1.6Lターボ車が16.2㎞/Lと平均的。2015年になると1.5Lターボが加わり、燃費は16.5㎞/Lとなっている。さらに、2.0Lディーゼルもラインアップされ、20.0㎞/Lという低燃費性能をもつ。ただ、このディーゼル車は人気が高く、ほとんど新車と同じような価格なので、中古車の旨みはない。V40の場合、2013年式が価格的にもお勧めだ。

  • フォーカス

    2013年に登場したときには、2.0Lの自然吸気エンジンのみの設定で燃費は非公開となっていた。まぁ、燃費はそれほど期待しない方がよい。デビュー当時の価格は293万円。やや高めの新車価格。また、フォーカスもハイオク仕様だ。

装備・使い勝手
  • ゴルフ

    残念ながら、歩行者検知式自動ブレーキではない。しかし、レーンキープアシストは白線を認識し、車線中央を走れるようにサポートしる機能がある。全車速追従式のクルーズコントロールと組み合わせで走行すると、ちょっとした自動運転レベルが味わえる。エアバッグ類は、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグにニーエアバッグも標準装備されているので安心だ。また、FF車ながら最小回転半径は5mと小さく、日本の狭い道でも使いやすい。

  • V40

    初期モデルのV40は、自動ブレーキ関連の安全装備がオプション設定だった。装着率はかなり高かったのだが、実際に購入する時にはシッカリとチェックしておきたい。使い勝手面では、初期モデルのSEグレードで17インチホイール装着車は、最小回転半径が5.7mと大きい。この数値は、大型ミニバン並みで、日本での使い勝手は悪い。エントリグレードは16インチホイール装着車で5.2mとなっている。最新のT3 SEは、17インチホイールでも5.2mとなった。

  • フォーカス

    フォーカスの初期モデルには、低速域の自動ブレーキを装備したモデルが用意されていた。エアバッグ類は十分なレベル。このフォーカスのボディサイズには、注意が必要だ。全幅が1,810㎜もある。日本の多くの立体駐車場全幅制限が1,800㎜なので、車庫証明が取れないなどのデメリットもある。

走行性能
  • ゴルフ

    世界中の自動車メーカーが、ゴルフを研究し目標とするだけあり、その走行性能は粗を探すことが難しいほど。FF車とは思えないほどよく曲がり、操縦安定性は極めて高い。1.2Lのリヤサスはトレーリングアームなのに対して、1.4Lはより豪華な4リンク式を採用。走りの質では、やや1.4Lが勝る。

  • V40

    初期モデルの17インチタイヤを履いたモデルは、なかなかカタメのサスペンション設定がされていて、なかなかスポーティな走りを披露した。しかし、モデル途中で乗り心地が良くないということで改善されている。1.5Lターボと1.6Lターボの2車は、実力はほぼ同等。2.0Lディーゼルは、400NmというV8 4.0L車並みの最大トルクを誇り、かなりスポーティな走行が可能だ。

  • フォーカス

    2.0L自然吸気エンジンは、170psとなかなかパワフル。トルクベクタリングと呼ばれる機能も加わり、ハンドリング性能はシャープ。走りが楽しめるコンパクトカーだ。また、直近のモデルは1.5Lのエコブーストエンジンに変更された。180ps&240Nmを誇るようになり、さらにハンドリング性能はシャープになり、乗り心地も向上している。

デザイン
  • ゴルフ

    フォルクスワーゲン ゴルフ

    クリーンで好き嫌いが分かれない高い完成度を誇るデザインだ。エモーショナルといった言葉が似合うクルマではないが、存在感はある。インテリアも同様で、シンプルで機能的。これぞフォルクスワーゲンというデザインだ。

  • V40

    ボルボ V40

    スカンジナビアンデザインを前面に押し出しているV40。ドイツ系のデザインとは完全に一線を画している。そういう意味では、ドイツ車に対して興味を感じない人には魅力的に映るはずだ。インテリアでは、フローティングスタックと呼ばれるセンターコンソールはボルボ車の特徴だ。

  • フォーカス

    フォード フォーカス

    ゴルフとは真逆というか、徹底してエモーショナルなデザインが採用されていて、とにかくフォーカスは目立つ。フォーカスのデザインコンセプトは、キネティック(動的な)デザイン。好き嫌いは明確に分かれるデザインといえるが、気に入ったのなら非常に満足感の高いクルマになるだろう。

中古車値引き交渉術

フォルクスワーゲンは、国内販売が低迷中なので中古車もディーラー系なら値引きしてでも売りたいという状況になっている。ディーラー系中古車店は、下取りに入ったモデルを売る以上、スピーディに現金化しないと会社としては利益がでないからだ。競合させる場合は、同じ輸入車というよりはトヨタ プリウスやマツダ アクセラのディーゼル車などと競合させてみるといいだろう。
V40は、メルセデス・ベンツAクラスが有効。ブランド力のあるメルセデス・ベンツと競合させられると、ややブランド力に劣るV40は値引き対応で勝負に出てくる可能性が高い。もちろん、BMW1シリーズやアウディA3などでも効果的だ。
フォーカスは、もう十分に安いが、一応ゴルフやV40などと競合させておきたい。フォード側から見れば、滅多にこない顧客となるため、値引きしてでも売りたいはずだ。フォードが日本から撤退するなどマイナスな話をしながら「特別安くなるなら」という姿勢での商談をリードしたい。
輸入車全般にいえるのだが、まだまだ整備費などは国産車に比べると高価だ。そう考えると、やはり有料延長保証などのサービスに入った方がいい。こうした有料延長サービスは、値引きの材料にも使われるので、値引き交渉が行き詰まったらこうした有料サービスを無料で付けてほしいなどの交渉に切り替えるといい。

その他のボディタイプ別中古車オススメランキング

  • 軽自動車ハイト

    燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。

  • 軽自動車スーパーハイト

    燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!

  • ミニバン

    広くて便利、ファミリーカーの代名詞

  • コンパクト国産車

    無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!

  • SUV

    デザインと走りを重視する人へ

  • 高級セダン

    いつかは乗りたい、王道スタイル。

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

その他ランキング

クルマ購入関連コンテンツ

ボディタイプ別オススメランキングトップページへ戻る