クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

スマートキーとは?機能や特徴とキーレスキーとの違い

スマートキーとキーレスキーの違い

スマートキーにできること

スマートキーにできること

スマートキーとは、その鍵がクルマの近くにあるだけで、従来の鍵を差し込んでいるのと同じような操作ができるという機器です。

スマートキーをカバンやポケットの中に入れておけば、あとはクルマのドアノブに触れるだけで開錠/施錠ができます。中にはドアノブに触れる必要すらなく、クルマに近づいたり離れたりするだけで、自動で開錠したり施錠したりしてくれる場合もあります。

同様に、鍵が近くにあるだけでクルマを走らせることが可能です。今までのように鍵を差し込み回す代わりに、スタートボタンを押すことでエンジンが掛かります。

スマートキーの仕組み

このようなことが可能なのは、クルマとスマートキーのそれぞれから電波が出ており、互いに通信しあっているからです。かなり近づかないと反応しない微弱な電波を使うことで「遠くにいて気づかないうちに、クルマを開けられてしまった」といったことがないようになっています。

メリットと特におすすめしたい人

スマートキーの最大のメリットは「いちいち鍵を取り出さなくて済む」という点です。そのため、子供がいたり、大きな荷物を持ち運ぶ機会が多い人にはお勧めです。子供や荷物を抱きかかえている時、すぐにドアを開けられるのは想像以上に便利です。

また「カバンの中で鍵を見失ってしまう」といった人にもお勧めです。

キーレスキー(キーレスエントリー)との違い

キーレスキーとスマートキー

(画像左端:キーレスキー、画像右端:スマートキー)

スマートキーと混同されやすいのが、キーレスキー(キーレスエントリー)と呼ばれる機能。

キーレスキーは「テレビのリモコンのようなもの」と考えると分かりやすく、鍵についているボタンを押すことでクルマのドアを開錠/施錠できるというものです。一方で運転をする時は従来と変わらず、鍵を鍵穴に差し込み回す必要があります。そのため、上記画像の左端の鍵のように、差し込む部分が出ていることが多いです。

画像右端のようなスマートキーとは見た目も異なり、また出来ることに大きな差がありますので、クルマを購入する時は勘違いしないように注意しましょう。

気になるトラブルと対処法

スマートキーが電池切れの場合の対処法

スマートキーは電池で動いており、通常、2年程度で電池切れになります。内蔵されている電池は以下のようなボタン型のリチウム電池であることが多く、家電量販店や通販等で購入できるので、家に予備があると安心でしょう。ディーラーや専門店に行かなくても、ドライバーを使えば自分で簡単に電池交換ができます。

しかし「急に電池切れになったらどうしよう…」と心配な人もいるでしょう。

スマートキーの電池が切れても、クルマに乗ることができるので安心してください。スマートキーには従来のような「物理的な鍵」が内蔵されており、それでドアを開けることができます。また「スマートキーがエンジンボタンに触れていればエンジンがかけられる」など、クルマごとに電池切れの場合の運転方法が定められています。あらかじめ確認しておきましょう。

スマートキーを持っている人がクルマから降りたら?

スマートキーの場合、クルマの鍵穴に鍵を差し込む必要がないため、例えば助手席の人のカバンに鍵を入れていてもクルマを走らせることができます。その時に起こりがちなのが、同乗者が先にクルマを降りる時に、スマートキーも持って出てしまうという事態。

エンジンが掛かっていれば、スマートキーがクルマから離れても、クルマが止まってしまうことはありません。「急にクルマが停止してしまった」ということはないので安心してください。

しかし一度エンジンを切ると、次にエンジンをかけるためにはスマートキーが近くにある必要があります。そのため、エンジンを切る前に「ここでクルマを停めて大丈夫そうか?」を確認するようにしましょう。

電波が傍受されてクルマが盗まれることがある?!

スマートキーにまつわるトラブルで心配する人が多いのが、スマートキーの電波を傍受され、その電波を複製することでクルマを盗まれてしまうという被害です。スマートキーの電波を傍受する人から、その電波を複製しクルマに送る人に情報が渡されることから「リレーアタック」と呼ばれることもあります。

もちろん、このようなトラブルが起こりにくいように各社とも努力をしていますが、現状では完全に防ぐことはできていません。自衛のためには、クルマを使用しない時にはスマートキーを以下のような電波遮断ポーチ/ケースに入れておくことをおすすめします。