クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

シートベルト未着用のときの罰金や違反点数、ゴールド免許への影響は?

後部座席も着用が義務化されたシートベルト。しかし運転席・助手席と後部座席で違反点数が異なることもあり、分かりにくいという声もよく聞きます。また違反をした時に、罰金や免許の色が変わるのかどうかも気になるところ。初心者のために分かりやすく解説します。

シートベルト未着用時の罰金

後部座席もシートベルトの着用義務

2008年の道路交通法改正により、運転席や助手席に加えて、後部座席でもシートベルトの着用が義務化されました。高速道路はもちろん、一般道でも着用が義務化されています。

この義務は「クルマを運転する人」に課されているため、同乗者がシートベルトをしていないと、それは運転者の違反と見なされます。

着用しなくても違反にならないケース

シートベルト未着用でも違反とならない場合

基本的には常に着用義務があるシートベルトですが、道路交通法では、以下のように「着用しなくても構わない場合」も定められています。

疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。(道路交通法の第71条の3

具体的には、以下のような場合にはシートベルトを着用していなくても義務違反には問われません。

  • ケガ、障害、妊娠などの理由で、シートベルトを着用すると具合が悪くなる人
  • 座高が高い/低い、肥満などの身体的理由で、適切にシートベルトが着用できない人
  • 定員内ではあるが、子どもを多く乗せるためシートベルトの数が足りない場合
  • クルマをバックさせる場合(運転手のみ)
  • その他、法律でシートベルト着用を免除されている業務中(例:消防士、警察官、郵便配達、ごみ収集、選挙活動など)

違反をした時の違反点数と罰金

罰金や違反点はなし

後部座席も含めてシートベルトの着用が義務化されていますが、現状では、シートベルト着用義務違反に対して罰金や反則金は課されていません。

※ちなみに違いが分かりにくい罰金と違反点ですが、実は全く異なります。罰金とは、違反点数が6点以上の重大な違反をした場合に課される「刑事罰」であり、その金額は裁判で決められます。それに対して違反金は軽微な交通違反に対して適用される制度で、違反の種類によって3000~40000円とあらかじめ定められています。

違反点がつくことも

しかし、罰金や反則金はなくとも「違反であること」に変わりはなく、以下のように違反点数が課されます。

  一般道路 高速道路
シートベルト装着義務違反(運転席・助手席) 1点 1点
後部座席シートベルト装着義務違反 なし 1点

優良ドライバーには「点数計算の優遇」が

シートベルトの着用義務違反をすると上記のように違反点が付きます。しかし2年以上無事故無違反の人については、その後の3か月間が無事故無違反なら、違反点が0点に戻るという制度があります。

これは「点数制度の優遇」という制度で、長期間にわたり無事故無違反だったドライバーが、違反点が13点までの軽微な違反をした場合に適用されます。通常は累積される違反点がリセットされるため、その分だけ今後、免許の停止や取り消しになる可能性が低くなります。

違反点がつくとゴールド免許は更新できない

この「点数計算の優遇」ですが、違反歴が消えるわけではないので注意が必要です。

そのため、1点でも反則点を受けたら、たとえその後の3か月間を無事故無違反で過ごしても違反講習を受ける必要があります。現在ゴールド免許の人も、次回はブルーの免許になってしまいます。

「累積されないから」と油断せず、後部座席もシートベルトを着用するように心掛けましょう。

221616.com