クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

雨の日の運転が怖い人のための5つのポイント!運転テクニックや便利グッズ

雨の日の運転のポイント

雨の日の運転が怖い理由

「雨の日の理由が怖い」という人は少なくありません。JAFによると、雨の日は晴天時の約5倍という数字もあります。

雨の日に事故が起こりやすいのは、以下のような理由からです。

  • 路面が濡れてタイヤが滑りやすい
  • 水たまりの反射や水滴でドライバーの視界が悪い
  • 歩行者も視野が狭くクルマに気付きにくい

雨の日は外が暗いだけでなく、歩行者は傘をさしているため更に視野が狭いです。そのためクルマに気付きにくく、思いがけない人身事故に繋がることもあるのです。

雨の日の運転対策5つのポイント

雨の日に運転する時は、以下の5つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 「急」が付く運転を避ける
  • タイヤ交換は余裕を持って
  • 窓ガラスに撥水コート剤を
  • 曇り予防のためにエアコンをON
  • 偏光サングラスで反射対策

ポイント① 「急」が付く運転を避ける

運転に不安な時の大原則は「急」が付く運転を避けること。具体的には以下の3つを避けるようにしましょう。

  • 急ブレーキ
  • 急アクセル
  • 急ハンドル

そのためには車間距離を広く取り、スピードを上げすぎないのがポイントです。これによりスリップや追突のリスクを下げることができますし、急な飛び出しにも対応できる可能性が上がります。

また他のクルマに急ブレーキを踏ませないためにも、早めにライトを点灯して自分の存在を知らせるのも重要です。

ポイント② タイヤ交換は余裕を持って

濡れた道でもしっかり停まるためには、タイヤのグリップ力が非常に重要です。

タイヤはどうしても摩耗してしまうので、定期的に点検しましょう。タイヤの溝にある「スリップサイン」が出てきたら交換の目安です。早めに交換することで、いざという雨でも慌てずに済みます。

タイヤを買いに行くときは、ワイパーのゴムなども一緒に交換しておくと更に安心です。

ポイント③ 窓ガラスに撥水コート剤を

撥水コート剤

窓ガラスに水滴がつくと、視界が悪くなり運転しにくくなります。撥水コート剤を窓ガラスやミラーに塗布しておくと、水を弾いて視界がクリアになるのでお勧めです。

撥水コートはお店でも塗ってくれますが、市販の撥水コート剤を自分で塗布するだけでも見やすさは大きく改善されます。1000円以下で購入できる商品も多く、汚れもつきにくくなるので、洗車のついでに取り入れてみましょう。

ポイント④ 曇り予防のためにエアコンをON

濡れた傘などをクルマに持ち込むため、雨の日は車内も曇りがち。曇り予防のために、除湿効果があるエアコンをつけておくと良いでしょう。

曇りが強い時は「デフロスター」を使うという手もあります。四角に3本の矢印が描かれているボタン(下記画像の一番左)ですので、覚えておきましょう。

デフロスター

ポイント⑤ 偏光サングラスで反射対策

水たまりが多い道を走るなら、偏光サングラスがあると便利です。偏光サングラスというと晴れた日に使うイメージが強いですが、雨の日でも水たまりに水が反射して見づらいことがあるのです。

晴れの日も使えるものですので、クルマの中に一つ常備しておくと安心です。

ゲリラ豪雨の時は早めに停止を

最近増えているゲリラ豪雨。低い土地や立体交差では水が溜まりクルマが動けなくなってしまうことがあります。それどころか、水深が上がるとクルマのドアが開かなくなり、乗っている人の命にも危険が及ぶ場合があるのです。

運転中にゲリラ豪雨にみまわれた時は、安全な高台で停止してやり過ごすようにしましょう。

対歩行者の自動ブレーキで更に安心

クルマに後付けすることができないため、簡単に取り入れるのは難しい自動ブレーキ。しかし歩行者にも対応した自動ブレーキがあると、雨の日は特に心強いです。

ガリバーではメーカー横断で比較した「安全なクルマランキング」も発表していますので、参考にしてみてください。