クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

追突事故の違反点数と罰金「保険の等級は?ゴールド免許は?」

追突事故の違反点数と罰金

物損事故か人身事故か

一口に追突事故といっても、「物が壊れただけ」の物損事故と「相手に身体的な被害がある」人身事故では扱いが大きく異なります。

その違いは行政処分(違反点数)、刑事処分(刑罰)、そして民事処分(賠償請求)で以下のようにまとめられます。

  人身事故 物損事故
行政処分
(違反点数)
加算あり 基本的に加算なし
(※当て逃げや重過失の交通違反の場合は別)
刑事処分
(禁錮刑や罰金等)
あり 基本的になし
(※当て逃げや重過失の交通違反の場合は別)
民事処分
(損害賠償)
治療費や慰謝料など多岐に及び、高額になることも 壊れたものの賠償が中心

物損事故の違反点数・罰金・賠償

追突事故の中でも「家のカベに追突した」「スピンアウトして田んぼに突っ込んだ」といったケースで、特に人を巻き込んでいない物損事故の場合は、基本的には罰金や違反点数は科されません。

あくまで「物を破損した」だけなので、被害を与えたクルマ、カベ、田んぼなどの分を民事で賠償すれば終了します。自分の持ち物であるクルマや壁などを壊した場合には、民事の賠償も不要です。

民事賠償というと深刻に聞こえますが、互いに合意できれば解決となるので、裁判などは必ずしも必要ありません。それぞれの任意保険会社でやり取りをして解決というケースも多いでしょう。

ゴールド免許は維持も保険の等級は下がる

違反点数が付かないため、ゴールド免許を持っている人はそのまま保持できます。

ただしクルマにキズをつけて車両保険を使った場合、またフェンスや壁などに被害を与えて対物賠償を使った場合には保険の等級は下がり、翌年以降の保険料は上がります。

ただし違反点数が加算されるケースも

基本的には違反点数や罰金がない物損事故ですが、以下の場合には「交通違反」となり違反点数や罰金の対象になります。

  • 警察への報告と必要な対処という義務を怠った「当て逃げ」の場合
  • 飲酒運転など重過失がある交通違反の場合

この場合は違反点数が付くので、ゴールド免許も取り消しになります。

人身事故の違反点数・罰金・賠償

「クルマに追突して相手のドライバーがケガをした」「歩行者を巻き込んでしまった」といった人身事故の場合は、違反点数が加算され、罰金など刑事罰の対象になります。また民事でも賠償を求められます。

違反点数は基礎点数+付加点数の合計

違反点数に関しては、以下の2つの合計分が加算されます。

  • 交通違反に対して科される「基礎点数」
  • 被害者の負傷状況と過失割合で加算される「付加点数」

よそ見やわき見などによる追突事故の場合は「安全運転義務違反」となることが多く、基礎点数は2点の加算となります。しかし飲酒、無免許などの交通違反がある場合は、以下のように違反点数が加算されます。

違反の種類 違反点数
安全運転義務違反(よそ見・脇見・漫然運転など) 2点
無車検運行 6点
無保険運行 6点
大型自動車等無資格運転 12点
仮免許運転違反 12点
30㎞以上の速度超過(高速は40㎞) 12点
酒気帯び運転(0.25未満) 13点
酒気帯び運転(0.25以上) 25点
過労運転等 25点
共同危険行為等禁止違反 25点
無免許運転 25点
酒酔い運転 35点
麻薬等運転 35点

また付加点数に関しては、相手にも過失があり軽微な場合でも最低2点、死亡事故になると最大20点が加算されます。

被害者の負傷程度 専ら加害者の不注意により事故が発生した場合 相手にも非がある場合
死亡事故 20点 13点
重傷事故:治療期間3ヶ月以上、後遺症あり 13点 9点
重傷事故:治療期間30日以上、3ヶ月未満 9点 6点
軽傷事故:治療期間15日以上、30日未満 6点 4点
軽傷事故:治療期間15日未満 3点 2点

ゴールド免許は取り消しで免停の可能性も

人身事故を起こすと、基礎点数と付加点数がそれぞれ最低2点ずつ、合計で4点以上が加算されます。

違反点数が加算されるので、ゴールド免許は取り消しとなります。

また前歴がない場合は違反点数6点以上で免停、前歴1回の場合は4点で免停となるため、1回の人身事故で免停になることも少なくありません。

罰金は最低でも12万円

人身事故を起こしてしまった場合、懲役や禁錮、あるいは罰金という刑罰も科されます。事故の状況なども加味した刑罰になるため一概には言えませんが、以下のような刑罰が目安とされています。

事故の度合い 刑事処分(目安)
死亡事故 懲役刑もしくは禁固刑
罰金刑:100万円以下
治療期間3月以上の重傷事故、又は特定の後遺障害が伴う事故 懲役刑・禁固刑
罰金刑:50万円
治療期間30日以上、3月未満の重傷事故 罰金刑:30万~50万円
治療期間15日以上、30日未満の軽傷事故 罰金刑:20万~50万円
治療期間15日以上、30日未満の軽傷事故 罰金刑:20万~30万円
治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故 罰金刑:15万~20万円
治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故 罰金刑:12万~15万円

損害賠償も高額になりがち

人身事故を起こしてしまった場合、以下のような存在賠償も求められます。

  • 被害者の治療費
  • 事故に遭わなければ得られたはずの収入
  • 精神的苦痛の損害に対する慰謝料
  • 併発した物損に対する賠償

相手の生命やケガに対する補償は自賠責保険にもついていますが、金額によっては自賠責保険だけでは賄いきれない場合もあります。その場合は任意保険でカバーするか自分で払うことになり、高額な賠償責任が発生することもあります。

まずは警察と保険会社に連絡を

物損事故も人身事故も、警察に届け出る義務があります。そのため追突事故を起こしてしまったら、まずは警察に連絡しましょう。

また何かを壊してしまうことが多いのも追突事故の特徴です。他人のクルマや所有物に損害を与えた場合は、その所有者にその旨をすぐに知らせましょう。賠償責任が発生しますので、速やかに任意保険会社に連絡することをお勧めします。