中古車の個人売買のメリットデメリット

「どんな特徴があるの?」 中古車を個人売買するメリットとデメリット

「どんな特徴があるの?」 中古車を個人売買するメリットとデメリット

アプリなどを通じて気軽に行うことも多い個人売買。クルマを売買することはできるのでしょうか。中古車を個人で売買する時のメリットとデメリット、そして賢く取引する方法を分かりやすくご紹介します。

POINT 1

中古車を個人売買するメリット

それぞれの名前や住所などを知らせず売買できるサービスも増えてきており、以前よりも身近になった個人売買。高価なものなのでハードルが高いとはいえ、中古車を売買する人も増えてきています。またクルマが不要になったから、親戚や知り合いに譲るというケースは以前から多くありました。

こういった中古車の個人売買には、以下のようなメリットがあります。

  • 中間マージンが掛からない分、高く売れて、安く買える
  • 消費税が掛からない

中古車の買取店や販売店を通さないため、お得に売買できるというのは、売る人にとっても買う人にとっても嬉しいポイントです。また売り手が法人でない場合、消費税も不要なので、よりお得に購入することができます。

POINT 2

中古車を個人売買するデメリット

もちろん、良いことばかりではなく、以下のようなデメリットもあります。クルマは概して価格が高いために、何かあった時の被害も大きくなりがちなので注意が必要です。

  • きちんとした査定を受けないまま売買することになる
  • 車両や代金が届くのかという不安が残る
  • 名義変更などの手間がかかる
  • 知り合い同士の場合、人間関係がこじれる原因にもなりうる

クルマの個人売買が、通常の取引と大きく違うところとして「商品の状態を正確に把握するのが分かりにくい」という点が挙げられます。クルマの場合、キズや汚れや凹みを全て確認するだけでも大変で、まして見えない部分の摩耗や不具合は分かりません。個人売買の場合はプロが鑑定するわけではないので、届いた翌日に動かなくなる可能性もゼロではないのです。

また、クルマの所有者をきちんと登録しなければならないという点も、多くの商品とは異なる点です。中古車を売買したら名義変更が必要ですが、そのためには名前や住所、印鑑証明、場合によっては住民票や戸籍謄本なども必要になります。

POINT 3

トラブルを避けつつ個人売買をする方法

こういったデメリットを避けるためには、単なるフリマアプリなどではなく、中古車を売り買いすることの難しさや不安を踏まえたサービスを使うことをお勧めします。以下のような機能があると、安いものではないクルマの売買を安心して行うことができるでしょう。

  • クルマの状態を査定するサービスがある
  • 自動車税の未経過分の負担などについてルールが決まっている
  • 代金を責任をもって徴収してくれる
  • 買ったクルマが納車されるまで責任を持ってくれる
  • 名義変更を代行してくれる

ガリバーでも、安心して個人売買をしていただくためガリバーフリマというサービスをご用意しています。「買ったクルマが届かない」「個人情報が悪用されていた」といったトラブルを避けるため、代金のやり取り、クルマのお届け、名義変更をガリバーが代わりに行っています。