クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

「煽られた時の対策は?」あおり運転の定義、罰則、予防と対策

あおり運転の罰則とあおられた時の対策

あおり運転の定義

いわゆる「あおり運転」は法律上「妨害運転」と呼ばれており、追突しそうな距離で後ろから追い回したり、前を低速で走って走行を邪魔したりといった悪質かつ危険な行為を指します。

具体的には、以下のような違反が「妨害運転の対象となる違反」として定義されています。

  • 通行区分違反(対向車線へのはみ出し)
  • 急ブレーキ禁止違反(危険回避以外のための急ブレーキ)
  • 車間距離不保持(前走車に過剰に接近)
  • 進路変更禁止違反(急な進路変更)
  • 追越し違反(危険な追い越し)
  • 減光等義務違反(嫌がらせ目的でのパッシングやハイビーム)
  • 警音器使用制限違反(不必要なクラクション)
  • 安全運転義務違反(妨害目的での蛇行や幅寄せ)
  • 高速自動車国道最低速度違反(妨害目的での低速走行)
  • 高速自動車国道等駐停車違反(非常時を除く高速での駐停車)

加えて、例えば殴る蹴るなどの行為をした場合には暴行罪や傷害罪にも問われるなど、道交法違反以外の罪に問われる場合もあります。

刑罰と違反点数

妨害運転に対する罰則は、その危険度によって2段階に分かれています。

  • 妨害運転(先述10類型が対象となる違反)
  • 妨害運転により著しい危険を生じさせる

それぞれの場合で、以下のように非常に思い刑事罰(懲役・罰金)や行政罰(違反点数・免許取り消し)が科されます。

  刑事罰 行政罰
妨害を目的とした運転 3年以下の懲役
または50万円以下の罰金
違反点数25点
免許取り消し
(欠格期間2~5年)
妨害運転で著しい交通の危険を生じさせる 5年以下の懲役
または100万円以下の罰金
違反点数35点
免許取り消し
(欠格期間3~10年)

あおられないための予防策

妨害運転罪の制定によりあおり運転がなくなれば良いのですが、未だにあおり運転による事故は起きています。あおり運転されないためにも、以下の4つの予防策をとるのがお勧めです。

  • 事前にドラレコやステッカーを準備
  • 周りの走行スピードに合わせる
  • 追い越し車線の走行は必要最低限に
  • 「挑発」だと取られる運転は避ける

予防策① 事前にドラレコやステッカーを準備

ドライブレコーダー
最近では利用している人も増えたドライブレコーダー。これがあることで、あおり運転をされた時の証拠になります。

ただし「ドライブレコーダーを搭載している」ということが伝わらないと、あおり運転の予防策にはなりません。最近では「ドライブレコーダー搭載」を示すステッカーも販売されていますので、ぜひ取り入れてみましょう。

予防策② 周りの走行スピードに合わせる

あまりに低速で走っていて周りの走行の妨害をしてしまうと、それに苛立ったクルマからあおり運転を受ける可能性があります。高速道路では法定最低速度が時速50kmに設定されている通り、あまりにスピードが遅いと却って危険です。

そのため、周りのスピードに合わせた走行を心掛けましょう。

予防策③ 追い越し車線の走行は必要最低限に

「追い越し車線で邪魔をされた(と思った)」というのも、あおり運転をした人がよく口にする理由です。

だからといってあおり運転が許される訳ではありませんが、そもそも追い越し車線は「追い越しを目的にする時にだけ」走行することが認められている車線です。交通ルールの観点からも追い越し車線の利用は必要な時だけにし、追い越しを終えたら左の車線に移るようにしましょう。

また後ろから自分より速い速度でクルマが走ってきたときは、邪魔しないように早めに車線を譲るのも重要です。

予防策④ 「挑発」だと取られる運転は避ける

あおり運転をした理由を聞くと、非常に些細なことを「挑発や嫌がらせだと感じた」と答える人も多いです。

特に急な車線変更は「割り込んだ」と思われる可能性もありますし、急ブレーキや急アクセルも「嫌がらせだ」と解釈される可能性もあります。

些細なきっかけから執拗なあおり運転に繋がったケースもありますし、そうでなくても急な車線変更やアクセル・ブレーキは危険です。安全に走行するためにも、余裕を持った運転を心掛けましょう。

あおり運転に遭った時の対処法

残念なことに、こちらが交通ルールを守った安全な運転をしていても、あおり運転をされる可能性があります。あおり運転に遭った場合には、以下の4つを心掛けてください。

  • 人目のあるところに移動する
  • すぐに窓を閉め、ドアをロックする
  • 高速道路上では決して停車しない
  • 躊躇わずに110番をする

まずは自分の身の安全を守ることだけを考えましょう。相手と対峙することも、高速上で停まってしまうことも非常に危険なので、すぐにでも周りに助けを求めてください。