クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

罰則もある!横断歩道の標識、義務、紛らわしいマーク

横断歩道の標識、罰則、紛らわしいマーク

似ている2つの標識

横断歩道と学校等あり

青と黄色の「子どもが歩いているイラスト」の標識。よく似ていますが、以下のように全く違う意味を持っています。

  • 青い標識は「横断歩道」
  • 黄色の標識は「学校、幼稚園、保育所等あり」

「横断歩道」は青い標識

横断歩道の標識横断歩道の標識は、「この地点に横断歩道がある」ということを知らせています。

子どもだけでなく、大人の姿が描かれることもあります。また自転車のイラストも一緒に描かれている場合もあります。(※自転車だけが描かれている場合は「自転車横断帯」の標識です)

横断歩道の標識自体は何かの指示するものではありませんが、後述のように横断歩道の周辺には様々な交通ルールがあり、交通違反になると違反点数や反則金の対象となります。

道路上のひし形マークも同じ意味

ひし形の横断歩道マーク
道路上に描かれた「ひし形のマーク」も、前方に横断歩道または自転車横断帯があることを示しています。

標識が横断歩道の近くに設置されているのに対して、このひし形マークは横断歩道の30~50メートル手前に描かれています。そのため、特にカーブや上り坂など横断歩道が見えにくい道では重要な表示です。

歩行者に道を譲らないと反則

横断歩道があるところでは、たとえ信号がなかったとしても歩行者が優先であり、クルマは歩行者に道を譲る義務があります。

歩行者がいるにも関わらず横断歩道や停止線の手前で止まらなかった場合には「横断歩行者等妨害等違反」となり、以下のような違反点数・反則金の対象となります。

反則金 大型車:12000円
普通車:9000円
違反点数 2点

歩行者がいるのかどうか分からない場合には、横断歩道や停止線の手前で止まれるように徐行しなくてはなりません。

追い越しや追い抜きも禁止

また横断歩道とその手前30メートル以内の場所では、他のクルマを追い越したり追い抜いたりするのも禁止されています。

後ろを走っていたクルマが車線を変えて先行車の前に出る「追越し」だけでなく、別の車線を走っていたクルマが前方のクルマを追い抜く「追抜き」も禁止されているので注意しましょう。

横断歩道で追い抜きや追い越しをした場合の反則金、違反点数は以下の通りです。

反則金 大型車:12000円
普通車:9000円
違反点数 2点

「学校、幼稚園、保育所等あり」は黄色

学校、幼稚園、保育所等ありの標識

横断歩道の標識とよく似ていますが、横断歩道が描かれていない黄色の標識は「学校、幼稚園、保育所等あり」の標識です。

これは、以下のいずれかを示しています。

  • この先に学校・幼稚園・保育所等があること
  • 学校・幼稚園・保育所等の1km圏内であり、その通学路・通園路となっている区域であること

ドライバーに注意を促す警戒標識であり、何か具体的な指示をしている標識ではないです。ただし子どもがいる可能性が高いエリアですので、飛び出し等に注意して運転するようにしましょう。

「歩行者専用」も似ているので注意

歩行者専用

このほかに「歩行者専用」「自転車および歩行者専用」も人の姿が描かれています。この標識がある場合は、ここから先にクルマが侵入することは認められていません。

補助標識で進入禁止の時間が限定されていることもありますので、しっかり確認するようにしましょう。