クルマについたペットの臭い!消臭する方法と予防のコツ

クルマについたペットの臭い!消臭する方法と予防のコツ

ペットの臭いの原因

クルマについたペットの臭いは、主に以下が原因になって起こっています。

  • 車中に残ったペットの毛
  • シートに付いたペットの唾液、皮脂
  • それによって集まった雑菌

ペットの毛は、定期的にトリミングに行っている犬種でも必ず抜け落ちます。また唾液、皮脂、雑菌などは目に見えないので、きれいに掃除をしたつもりでも臭い残りの原因になります。

飼い主はペットの臭いに気付きにくいですが、他人にはすぐに分かるもの。「まあ大丈夫だろう」と思わずに、積極的に手入れをしましょう。

クルマを消臭する3つの方法

一度ついた臭いを消すためには、主に以下の3つの方法があります。

  • ペットの毛の徹底的な掃除
  • カバーの洗濯
  • 洗えない部分の除菌

消臭方法①ペットの毛の徹底的な掃除

ペットの毛取りワイパー

見落としがちですが、まずはペットの毛を徹底的に掃除することから始めましょう。ペットの毛が残っていると、そこに雑菌が集まるため、どれほど消臭してもまた臭いが発生してしまいます。

まずは掃除機でシート、フロアマット、床下などを吸引していきます。「パッと見たところ、何の汚れもついていない」というところにも毛は入り込みますので、目立つ汚れがないところも掃除機をかけましょう。掃除機を使用することで小さなダニなども吸うことができます。

見落としがちなのがシートの下や隙間。小型の掃除機、コロコロ、ガムテープなどを駆使し、シートの位置や角度を動かしながら丁寧に毛をとってください。

関連記事:カンタン車内清掃術!家にある掃除グッズだけでクリーニングする方法

消臭方法②カバーの洗濯

シートに染み込んだ唾液や皮脂は、掃除機では取れません。そのためカバーが取り外せるのであれば、外して洗濯をしてしまいましょう。

洗濯の際には、香りがついた洗剤や柔軟剤はできるだけ避けてください。犬をはじめとするペットの中には人よりも嗅覚が優れている動物も多く、化学的な香りは刺激が強すぎることも多いからです。

洗剤は、重曹のように刺激が少ないものや、ペット用に開発されたものを使うと良いでしょう。ペットが舐めても安全なように作られており、また除菌や抗菌効果があるものも売り出されています。

消臭方法③洗えない部分の除菌

「シートカバーは洗えない」「カバー下の部分も気になる」という場合に使いたいのが、除菌や消臭の効果があるスプレー。ペットが外を見る時に顔を近づけた窓ガラスなども合わせてスプレーを吹きかけ、可能なら拭き掃除もしましょう。

この時も注意したいのが、ペットの安全性です。普段ヒトが使っているものだと、ペットが舐めたり吸い込んだりした時に危険な可能性があります。ペットは体が小さいので、「吸い込んでも大丈夫な量」も人間よりはるかに少量なのです。

そのためペットが舐めてしまっても大丈夫な製品を選ぶと良いでしょう。例えば以下のバイオチャレンジは食器の除菌や消毒にも使えるため、こういったものを選ぶと安心です。

絶対にやってはいけないこと

ペットの臭いを誤魔化すために芳香剤を使うのは、絶対に避けてください。身体が小さく、嗅覚が敏感なことも多いペットの身体には百害あって一利なしです。
また、そもそも臭いの元を除去していないので、時間が経つごとに臭いが強くなってしまいます。

洗剤や消臭スプレーを使う時にも、ペットのことを考えたもの以外を使うのは止めましょう。

予防のためのカバー使用が最も効果的

ペット用シートカバー

一度クルマについた臭いをとるためには、掃除や洗濯などなかなか手間がかかるもの。そのため臭い予防こそが最も効果的です。

その時に役立つのが、ペット用のシートカバー。毛が隙間に入り込んだり、唾液や皮脂がシートに付いたりするのを防いでくれます。簡単に取り付け・取り外しができ、丸洗いできる素材でできているため、お手入れも簡単。
小型犬や中型犬向けには、キャリーバックとしても使えるドライブボックスなども売られています。

ペット用のシートカバーが難しい場合には、取り外しと丸洗いが可能なカバーをつけるだけでも手入れはグッと楽になります。これを定期的に選択し、たまに車内を掃除すると臭いはかなり抑えられるでしょう。

norico編集部オススメ記事

ペットとの快適なドライブや車内の掃除が気になる方には、以下の記事もオススメです。ぜひ参考にしてみてください。

written by norico編集長 村田創

norico編集長_村田創

中古車のガリバーに勤務して20年以上のベテランが車の知識をわかりやすく解説します。車のことは、多くのメーカーを横断して取り扱うガリバーにぜひ聞いてください。「車ってたのしい!」を感じてほしいと思っています!