クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

延滞金や差し押さえの可能性も!自動車税を滞納した場合のペナルティと対処法

自動車税の滞納

自動車税の支払い期限は531

自動車税(および軽自動車税)は、41日時点のクルマの所有者に課される税金です。翌年331日までの分を、原則は一括で払うこととされています。

納付書は5月上旬に届き、納付期限は一部自治体を除き基本的には531日です。(※青森県、秋田県は6月末日)

延滞すると様々なペナルティ

この支払期限を過ぎても自動車税が未納の場合、以下のような不都合やペナルティがあります。

車検が受けられなくなる

車検を受けるには、自動車税の払い込みが完了したことを示す「自動車税納付証明書」が必要です。これがないと車検が受けられないため、クルマに乗ることができなくなります。

ちなみに車検を受けずに公道を走ると違反となり、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金を課されるほか、交通違反点数が6点加算され、1発で免許停止となります。

延滞金が発生する

支払い期限の翌日から実際に支払う日まで、以下の利率で延滞金が発生します。

期間 利率
納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間 2.60%
納期限の翌日から1か月を経過した日以降の期間 8.90%

延滞金の計算方法

例えば50日延滞した場合は、延滞金は以下のように計算します。

延滞金額=【納付書の税額×30日(最初の1か月分)×利率2.6%÷365日】+【納付書の税額×20日(50日-30日)×利率8.9%÷365日】

延滞金は1000円未満は切り捨て

ただし延滞金が1,000円未満は切り捨てとなります。

もともとの税額により変わりますが、現在の自動車税の最高税額である110,000万円の場合でも、30日延滞した場合の延滞金は235円なので、まだ切り捨て対象です。「督促状が来て未納だったことに気づいた!」という場合には、延滞金が発生しないうちに早急に納付するのがお勧めです。

財産が差し押さえられる

督促状が来ても自動車税が未納のままだと、最終的には、預貯金や給与などが差し押さえられる可能性があります。地方税法第331条第1項では以下のように定められており、督促状が発送されてから10日以上経過したら、財産が差し押さえられる可能性があります。

徴税吏員(市長から委任を受けた職員)は督促状を発した日から10日を経過した日までに完納しないときは財産を差し押さえなければならない

延滞した場合の流れ

f:id:mrws-writer:20200514235626j:plain

自動車税を滞納した場合、一般には以下のような流れで督促や差し押さえが行われることが多いです。

  1. 期限後20日以内に、未納を知らせる「督促状」が届く
  2. 差し押さえの可能性を伝える「催告書」が届く
  3. 最後予告となる「差し押さえ予告通知」が届く
  4. 差し押さえが実行される

ただしこれは自動車税を滞納し続け、また県税事務所や市町村の納税課にも何の連絡もしなかった場合です。誠実に対応することで、差し押さえにならないようにしましょう。

滞納に気づいたら早急に対応を

自動車税の滞納に気づいたら、できるだけ早く納付するのが第一です。先述のように、滞納期間が短ければ、延滞金を支払わずに済ませることができます。

また「どうしても自動車税の支払いが難しい」という場合には、支払い期限を待たずに、すぐにでも県税事務所や市町村の納税課に相談しましょう。災害や盗難、病気や負傷、事業の廃止や損失など「やむを得ない」と認められた場合には、1年以内の分割納付が認めてもらえます。

新型コロナ感染症拡大で猶予措置も

2020年の新型コロナ感染症拡大をうけて、各自治体では以下のような自動車税や軽自動車税の支払い猶予措置をとっています。

  • 2020年2月以降、新型コロナウィルス感染症の影響で収入が前年同時期に比べて約20%以上減少している人が対象
  • 猶予が承認されると、無利子無担保で納付期限が1年延長

また自治体によっては支払い期限の延長など独自の措置をとっているところもあります。自動車税の場合は都道府県、軽自動車税の場合は市町村の管轄ですので、お住いの自治体のホームページなどを確認してみてください。