クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

カーリースとは?メリット・デメリットを把握して失敗のない車選びを

カーリースは初期費用を抑えられるだけでなく、さまざまな特徴やメリット・デメリットがあります。購入とは違うカーリースだからこそ、導入する前に知っておくべき注意点も紹介しています。購入するかカーリースかで迷っている方の判断に役立つ記事です。

f:id:noricoEditor01:20190301063626j:plain

 

初期費用を抑えて車に乗れるのがカーリースの売りですが、それ以外にもさまざまな特徴があります。

購入するときとは異なる、カーリースならではのメリットとデメリットが存在することをご存知でしょうか?

今回は、カーリースを導入する際に役立つ、カーリースの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

メリット デメリット
・初期費用を抑えて新車に乗れる
・毎月一定額の支払いで家計が立てやすい
・税金などの手続きが不要
・メンテナンス、事故や故障の対応もリース会社で行う
・残価によって安く新車に乗れる
・節税対策になる(法人、個人事業主)
・車のカスタマイズは不可
・規定の走行距離をオーバーすると清算金が発生する
・中途解約は解約金が必要
・修復不可能な事故を起こすと強制解約で残金を一括請求される

カーリースの特徴

最近では若者の車離れが進み、車を「購入する」のではなく、車を「借りる」動きがみられます。

なかでもカーリースはレンタカーとは違い、契約期間内であれば契約者が車の使用者として車を所有できます。契約期間が終われば、契約元へ車を返却するシステムです。

車を使っていると定期的なメンテナンスが必要ですし、事故を起こしたり、車が故障したりする場合もあります。そのときに必要なメンテナンス費用や修理費用については、リース会社が請け負ってくれます。

カーリースのメリット

大きなメリットは、初期費用を抑えて新車に乗ることができる点です。

ローンで車を購入する際に必要な法定費用や諸費用など、購入時に必要な費用もリース代に含まれています。税金などの手続きをしなくていいこともポイントです。

また、毎月一定額の支払いのため、家計を立てやすくなります。

自動車税などの税金を負担しなくていい分、法人や個人事業主にとっては節税対策にもなるでしょう。

初期費用を安く抑えられる

初期費用を抑えて新車に乗ることができるのも大きなメリットです。

カーリースは初期費用が0円で、ローンで車を購入する際に必要な法定費用や諸費用など、初期費用もリース代に含まれています。そのため、税金などの手続きが不要なところもポイントでしょう。

ローンで購入するのと比べて月々の支払額が安くなる

カーリースを契約すると、使用料として車の「残価価格」を月々支払うことになります。

残価価格とは、たとえば新車車両本体価格が3,000,000円の車を3年契約でリースする場合、3年後の車の価値を予想し、その差額がリース代になるというものです。

3年後の車の価値(残価)が2,000,000円と予想された場合、あなたが支払うリース代は1,000,000円となります。3年契約であれば、この1,000,000円を36回に分けて支払うのです。 この場合、月々の支払額はおよそ28,000円となります。

このようにカーリースは、新車車両本体価格をすべて支払うわけではありませんので、ローンと比べると月々の支払額が安くなるのです。

維持費もリース料に含まれている

車を所有すると、年度ごとに課せられる自動車税、2年ごとに受けなければならない車検の費用、また車検時には自動車重量税や自賠責保険料の支払いをしなければなりません。

1年ごとに法定点検を受けるためにも費用が発生しますが、このような維持費はリース代に含まれているので、突然大きな出費が発生することがありません。基本的には、リース代の他に必要となるのは、ガソリン代だけでしょう。

定期的なメンテナンスや事故や故障にも対応している

車を使っていると、エンジンオイルの交換やバッテリーの交換といった定期的なメンテナンスが必要です。事故を起こしたり、車が故障したりすることもあります。

そのときに必要なメンテナンス費用や修理費用については、リース会社が請け負ってくれます。ただし、修復不能なレベルの事故を起こすと、強制解約になる場合もあるので、注意が必要です。

車種やグレードは自由に選べる

ローンで車を購入するときと同様、カーリースであってもあなたが好きな車種、グレードを選ぶことができます。

それだけでなくボディカラーやメーカーオプション・デーラーオプションまで自分で選ぶことができますので、カーリースはあなたが欲しい車を希望の条件で購入することができるのです。ただし、自動車メーカーのカーリースは他社の車を選ぶことはできません。

また、カーリースの車をカスタマイズすることは基本的にできません。

もし車をカスタマイズした場合は、車を返却するときにカスタマイズしたパーツを取り外して、元の状態に戻さねばなりません。つまり、もともと装着されていた純正のパーツを保管しておく必要があります。

車を借りたときの状態で返さなければ、返却時に費用を請求される恐れがありますので気を付けましょう。

リース契約終了後に車の買い取りも可能

カーリースの車は契約期間が終了するとき、原則として車を返却しなければいけません。

しかし残価分を支払うことで、車を買取りさせてくれるサービスもあります。具体的には、以下の4つのリース会社が該当します。(norico編集部調べ)

 

①「定額ニコノリパック」(運営:MIC株式会社)

定額ニコノリパックでは、リースの契約期間が終われば「車を返却するか新しく別の車に乗りかえる」「リース期間を延長して同じ車に継続して乗る」「車を買い取って自分のものにする」の3つから選びます。車を買取る場合は残価分を支払えば自分の所有物にすることが可能です。

 

②「新車生活」(運営:ロータスクラブ)

新車生活では5年契約のリース契約期間が終われば、「別の新車に乗りかえる」「車を返却して契約を終了する」「契約期間を延長して同じ車に乗る」「車を買取る」の4つから選ぶことが可能です。車を買取りするときは残価分を支払う必要があります。

 

③「オリックスカーリース」(運営:オリックス自動車)

オリックスカーリースは5年・7年・9年の契約期間を設定していますが、5年契約の場合は契約期間が終わっても車を買取ることができません。7年・9年契約の場合のみ、車を返却するか、車を自分のものにするかを選ぶことができます。

 

④「もろコミ」(運営:カーコンビニ俱楽部)

もろコミのカーリースは7年・9年契約があり、一般的なカーリースのように残価設定がありません。リースの契約期間が終了すると車が自分の所有物になります。残価設定がないため残価分を支払わなくても車が自分のものになるため「買取り」ではありませんが、残価分を支払う負担がないのはユーザーにとって嬉しいことです。

上記のようにリース契約終了後に買い取りが可能なサービスのほかにも、買い取りはできないものの一定期間を満了したら自由に車を乗り替えられるカーリースもあります。色々なタイプの車に乗りたい!という方はこちらのタイプのカーリースを選ぶことをおすすめします。

 

中古車のガリバーでは、最短90日で乗り換え放題の「NOREL」というサービスを提供しています。月額の定額料金で新車から、乗りたかった車まで登録車種約150種から好きな車を選ぶことができます。

norel.jp

カーリースのデメリット

便利でお得な点がもりだくさんなカーリースですが、注意すべきデメリットもあります。 ここでは気を付けてほしい内容を6つご紹介します。

 

①月々のリース代を支払う能力があるのか審査がある

支払い能力がないと判断された場合はカーリースを利用することはできません。

 

②契約の際にローンと同じように連帯保証人が必要になる場合がある

あなたがリース代を滞った場合にリース会社は連帯保証人にリース代を請求することになります。計画的にリース代を支払えるようにしましょう。

 

③カスタマイズができない

カーリースの車はカスタマイズすることができません。カーリースの車は借りた状態で返さなければいけ ないため、カスタマイズした場合は元の状態に戻して返却する必要があります。

 

④走行距離に制限がある

カーリースの車は契約期間中に走行できる距離が決められており、走行距離をオーバーすると精算金が発 生してしまいます。普段の車の使用頻度や長期休暇中を含めて、おおよその走行距離を計算しておきまし ょう。

 

⑤途中解約の場合、解約金が必要になる

ローンで車を購入するときと同様、使用者が車を持つ場合は自宅から半径2km圏内に駐車場を確保して、地域を管轄する警察署で車庫証明を申請しなければなりません。もちろん自宅駐車場がない場合は、月々の駐車料金が発生しますので、それも家計に組み込む必要があります。

 

⑥事故を起こすと強制解約になるケースがある

カーリースの車で修復できないほどの事故を起こすと、強制解約となるケースがあります。その場合、残金を一括で請求されますので、多額のお金が必要になります。

月々の料金だけで判断しないのがベター

カーリースは、ローンで車を購入するときのように法定費用や諸費用などの初期費用を0円で車に乗ることができます。年度ごとに必要な自動車税や、車検ごとに必要な自動車重量税や自賠責保険料など、面倒な手続きが不要なのは大きなメリットです。

好きな車種を選べることはもちろん、ボディカラー、グレード、メーカーオプション、ディーラーオプションが選べることもうれしいポイントでしょう。

一方で、車のカスタマイズができないことやリース契約期間中は走行距離の制限があるなど、デメリットも存在しています。カーリースの料金の安さだけで判断せず、さまざまな側面を検討した上でカーリースを利用しましょう。