クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

自動車の乗車定員とは?子どもの数え方と安全な乗車人数を紹介

自動車の乗車定員で、特に判断に迷うのが子どもを何人乗せてよいかということ。ここでは、子どもの乗車人数に関する法律の規定だけではなく、安全にドライブを楽しむために気を付けなければならないポイントについても併せて紹介しています。

f:id:noricoEditor01:20190301061440j:plain

自動車の定員を考えるときに迷うのが、「子どもはどのようにカウントしたらいいの?」ということではないでしょうか?

そこで今回の記事では、覚えておけば安心できる乗車定員についての計算式を紹介します。 また、乗車人数を守っていても注意しなければならないポイントもあります。シートベルトの数が足りないとき、チャイルドシートのスペースが足りないときなど、安全性を確保するために注意していただきたいポイントについても紹介しています。

自動車の買い替えやファミリーでの車のお出かけの際の参考にしてください。

乗車定員の数え方 - 子どもは1.5人で大人1人分

法律上、乗車定員に関しては数え方の計算式が定められています。子どもの定義、乗車定員の計算は以下の通りです。

子どもの定義

道路交通法では体格などに関係なく、12歳未満が子ども、12歳以上は大人とカウントされます。乗車定員はその車の車検証に記載されていますので、すぐに確認できます。

乗車人数の計算式

子どもの乗車人員の計算式は次の通りです。

(乗車定員-大人の数)×1.5 = 乗車できる子どもの人数(小数点以下は切り捨て)

購入する車やレンタカーを選ぶ際には、乗車可能人員は以下の計算式で割り出します。

大人の人数+(子どもの人数×2/3) = 乗車可能人数(小数点以下は切り上げ)

例えば、大人2名と子ども3名(全員11歳以下)の場合、2 + (3×2/3) = 4となり、乗車定員4名以上の車が必要となります。

乗車定員を超えた場合の罰則

乗車定員を超えて乗車すると、普通車の場合であれば違反点数が減点1、違反の罰金として反則金6,000円が課されます。

また、違法か否かの観点以外でも、「正規の座席および座席のある空間」に「危険ではない方法で乗車している」と判断されなかった場合、加入している自動車保険が下りない可能性があることも忘れてはいけません。

なにより法律面・保険面以上に、車に乗っている人の安全面が第一。乗車定員超えは非常に危険なので、絶対にNGです。

乗車定員以内でも気を付けたいポイント

乗車定員をしっかり守っている場合も、安全面を考えて注意したいポイントについてご紹介します。

人数分のシートベルトが用意できない場合

車には基本的に本来の乗車定員分のシートベルトしかありません。

例えば7人乗りの車に大人3人と12際未満の子ども6人が乗り込む場合、乗車定員は3 + (7-3) × 1.5 = 9人なので、計算上は乗車定員内に収まっています。しかし、シートベルトは7人分しかないので2人分足りません。

このように乗車定員内でシートベルトが不足する場合、運転者と助手席以外のシートベルト着用は免除され、罰則の対象外になります。

しかし、シートベルト未着用時の死亡事故率は、着用時の4倍という事実を考えると、乗車する人数はシートベルトの数以内で抑えたほうが賢明でしょう。

チャイルドシートでスペース不足になってしまうとき

6歳未満の子どもには、乗車時はチャイルドシートを着用することが義務付けられていますし、10歳くらいまでの子どもにはジュニアシートの着用が推奨されています。

チャイルドシートの設置は基本的にシートベルトを利用しますから、チャイルドシートを設置すると座席のスペースはその分狭くなります。

したがって、計算上は乗車定員の範囲内でありながら、チャイルドシートを使用したことが理由で全員が乗れなくなる状況が発生するケースもあるでしょう。

このような場合、チャイルドシートを着用していなくても、罰則の対象にはなりません。しかし、免除されているとはいえ、チャイルドシートなしでは、万が一のときに子どもが車の外に放り出される危険性が増します。

大きな危険を回避するには、チャイルドシートを設置しても、乗車した人全員がシートベルトかチャイルドシート着用可能な乗車人数にしたほうが安全です。

乗車位置にも注意が必要!

子どもを乗せるときは、乗車位置にも注意が必要です。助手席に子どもを乗せるのは安全性の観点から避けたいものです。

乗車する人数が定員以内であることはもちろん、安全面を考慮した適切な座席に着席することも重要。万が一の事故のときに重篤な状況になるリスクを減らせます。

また、危険と判断されるような乗り方をしていた場合、事故の際に保険が適用されないケースもあることは忘れてはいけません。

乗車定員に関するルールを把握し、安全な運転を心がけよう

自動車の乗車定員についてご紹介しました。

子どもの人数は大人の1.5人分としてカウントされるので、「(乗車定員 - 大人の数) × 1.5 = 乗車できる子どもの人数」となります。この計算式を覚えておけば、判断に迷ったときにも安心です。

ただし、シートベルトの数が足りないときや、チャイルドシートを設置するとスペースが足りなくなってしまうときには注意が必要です。

法律上は、乗車定員以内であればシートベルトの着用やチャイルドシートの取り付けの義務は免除されますが、安全性の面では不安が残ります。

また、乗車定員以内であっても、安全性に配慮した乗車をしないと、自動車保険が適用外になるリスクがあることも忘れてはいけません。

乗車定員に関するルールを把握し、違反にならないようにすることが基本です。それに加え、万が一のときのリスク回避までしっかり考えて判断してください。