本格派オフローダーとしての価値で、ロングセラーモデルとなったランドクルーザープラド

トヨタは、本格派オフローダーである「ランドクルーザープラド」を一部改良。
さらに、特別仕様車「TX LパッケージBlack Edition」を設定し発売を開始した。

現行のランドクルーザープラドは、4代目で2009年にフルモデルチェンジしている。かなりモデルライフが長くなっているのものの、販売そのものは好調。
本格派オフローダーというキャラクターで、高額な価格帯のクルマなため、販売台数は多くないものの着実に安定した販売を台数を維持しているロングセラーモデルでもある。

ランドクルーザープラドの人気は中古車でも同様。非常に高いリセールバリューとなっていて、短期の乗り換えに向くモデルである。
ランドクルーザー系は海外でも高い人気を誇るモデルということもあり、盗難被害が多いモデルとしても知られている。

その人気を支えているのが、悪路走破性能だ。
歴代ランドクルーザーが築き上げてきた、過酷な条件下でも卓越した走破性・信頼性など、高い基本性能が高く評価されている。

4代目ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ時の開発コンセプトは「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」。
オフロードやオンロードでの快適な走行性能を進化させ、ユーティリティを徹底的に追求した。
また、3列目シート仕様も用意されており7人乗車が可能。さまざまな用途に対応したオフローダーだ。

搭載されたパワーユニットは、デビュー時に2.7Lと4.0Lのガソリンエンジンのみの設定。
その後、2015年の改良で4.0Lガソリンが廃止され、2.8Lディーゼルが新投入された。
現在のモデルも2.7Lガソリンと2.8Lディーゼルの2タイプが用意されている。

エンジンの出力向上と安全装備のバージョンアップが施された一部改良

今回の一部改良では、まずエンジンの出力を向上させている。
2.8Lディーゼルエンジンのターボチャージャーを大型化。最高出力を177psから204psに、最大トルクを450Nmから500Nmに向上した。
この改良により、さらにパンチの効いたパワフルな走りが可能となっている。また、燃費性能はWLTCモードで11.2㎞/Lとなった。

そして、ランドクルーザープラドのように楽々と2トンを超える大きく重いクルマは、歩行者と衝突すれば大きな事故にになりやすい。
そこで、従来の歩行者検知式自動ブレーキの性能を向上。検知範囲を拡大すると同時に、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応できるようになった。

また、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車標準装備している。

モデル末期に入ったモデルであるのにもかかわらず、こうした安全装備の向上は高く評価できる。

そして、TZ-G、TX“Lパッケージ”に駐車場から後退して出る際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーで注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートをオプション設定した。

ただ、ランドクルーザープラドは大きなボディで死角も多い。
こうした装備はうっかり衝突を防ぐ意味で、重要かつ頼りになる装備。

しかし、400万円以上のグレードが大半を占めるランドクルーザープラドの車格を考えると、オプション設定とういのは物足りない。
リヤクロストラフィックアラートのような装備はローテクで、コストもあまりかからない。
こうした部分をオプション設定などにしてケチケチしていたら、上級オフローダーとしてのブランド力を失うきっかけになる。

TZ-Gにはパドルシフトを採用し、ステアリングから手を離すことなくシフトチェンジが可能になった。
街中などでちょっとした原則が必要なとき、パドル操作でシフトダウンしてエンジンブレーキを強めることが容易になるので意外と便利な機能だ。
もちろん、スポーティな走行時もステアリングから手を放す必要がないので、より集中してドライビングが楽しめる。

また、本格派オフローダーとはいえ、コネクティッドサービスが重要視される時代だ。
これに対応するため、9インチのディスプレイオーディオ(DA)をオプション設定。スマートフォンとの連携がより容易になっている。

黒をテーマにして精悍さをアップした特別仕様車TX“Lパッケージ・Black Edition”

一部改良と同時に、ランドクルーザープラドに特別仕様車 TX“Lパッケージ・Black Edition”が設定された。

この特別仕様車は「TX」をベースとし、Lパッケージ”相当の装備に加え、内外装はブラックを基調とした特別仕様車TX“Lパッケージ・Black Edition”を新投入。

インテリアの特別装備部分は、オーナメントパネルをシルバー塗装、センタークラスターパネルなどにブラック塗装し精悍に仕上げた。

エクステリアでは、グリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュに漆黒メッキ加飾を施し、アウターミラー、ルーフレールなどはブラック塗装としている。

また、ベース車では17インチアルミホイールだが、専用ブラック塗装の18インチアルミホイールへインチアップした。ブラック塗装を施した、大型のフォグランプベゼルを装着している。

この特別仕様車TX“Lパッケージ・Black Edition”は、名前通り、ブラックをテーマにしたモデル。全般的に精悍増し高級感がある。

特別仕様車に興味をもてるかどうかが選択のポイント

特別仕様車・Black Editionの価格は、2.8Lディーゼル7人乗りで5,089,000円となった。
ベースとなるTX“Lパッケージ”7人乗りより12.1万円高となっている。
大きな追加装備はなく、アルミホイールが17インチから18インチになった程度。あとは、加飾や色味の変更がメインだ。

こうした変更点であれば、12.1万円という価格アップ分は少々高めの印象。本来なら、こうした装備を施しながら、価格アップを抑えるなどがするのがモデル末期の特別仕様車のセオリーだろう。

あえて特別仕様車・Black Editionでなければダメ!というくらい好きでないと選びにくい。

トヨタ ランドクルーザープラド価格

■2.7Lガソリン
・TX  5人乗り:3,621,000円/7人乗り:3,779,000円
・TX“Lパッケージ” 5人乗り:4,140,000円/7人乗り:4,298,000円

■2.8Lディーゼル
・TX  5人乗り:4,285,000円/7人乗り:4,443,000円
・TX“Lパッケージ”  5人乗り:4,810,000円/7人乗り:4,968,000円
・TZ-G  7人乗り:5,530,000円

■特別仕様車ランドクルーザープラド TX LパッケージBlack Edition
・特別仕様車 TX“Lパッケージ・Black Edition” 5人乗り 2.7Lガソリン:4,261,000円/7人乗り:4,419,000円
・特別仕様車 TX“Lパッケージ・Black Edition” 5人乗り  2.8Lディーゼル:4,931,000円/7人乗り:5,089,000円