クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

車で日焼けしないための後付け対策3選!運転中の紫外線が気になる女性必見

車の運転中に日焼けが気になる人にオススメの記事です。車に後付けできる対策を詳しく紹介。普段乗っている車がUVカットガラスかどうか確認する方法も掲載しています。シミやそばかすが気になる女性はぜひ参考にしてください。

f:id:drivinghigh:20181011095906j:plain
最近ではガラスにUVカット機能が施された車も増えていますが、すべての車に搭載されているわけではなく、自分で何らかの対策をしなければ紫外線を浴び続けることになってしまいます。

まずはチェック!あなたのクルマのガラスはUVカットガラス?

前述のように、年式の古い車や外国車を除き、UVカットガラスが使用されていることがほとんどです。UVカットガラスには、紫外線を約90%カットする「UVカットガラス」と、紫外線を約99%カットする「スーパーUVカットガラス」があります。

まずはお持ちの車にUVカットガラスが使われているかどうか、使われているとしたらどちらのガラスが使われているのかを確認してみてください。車種によって表示は異なることがありますが、窓の下側に「UV」「UVS」などの記載がされています。

後付けでできる車の紫外線対策

f:id:noricoEditor01:20180719105328j:plain

年式の新しい国産車の場合、フロントガラスは紫外線を約99%カットする「スーパーUVカットガラス」が使われていることが多くなっています。
しかし、フロントサイドガラスやリアガラス、バックガラスは紫外線カット率が異なることが多いので、注意しましょうう。また、紫外線カットガラスが使われていない車の場合は、対策を施さなくてはいけません。

カーフィルムで直射日光と紫外線をカット

そこで効果を発揮するのが、窓ガラスに直接貼り、直射日光を遮光・断熱するカーフィルムです。透明なものや色つきのものなど種類もバリエーション豊富ですが、フロントガラスとフロントサイドガラスは可視光線が70%以上透過するものでないと道路交通法違反となるので注意が必要です。

後部座席も忘れずに対策を

一方、後部座席の窓には特に制限はないので、車内の目隠しをしたい方はそこで色つきのものを選ぶといいでしょう。車内が暗くなるのが嫌という方には透明フィルムがおすすめ。特殊金属がフィルムにコーティングされていて、明るさを全く変えず紫外線を99%遮蔽する商品もあります。

価格は車種や性能によっても違いますが、2,000~5,000円くらいで購入できます。専門の業者さんにお願いして貼ってもらうこともできますが、水で濡らして簡単に貼って剥がせる簡単なタイプもあります。

長年の効果を考えると、プロに依頼するのがおすすめ

この施工自体は自分でもできるものもあるそうですが、やはり細かい作業になるためプロにお願いすることをおすすめします。施工を依頼する場合は、クルマを購入したディーラーや販売店ではもちろん、イエローハットなどのカー用品店やガソリンスタンドでも受け付けているところがありますので、確認してみましょう。プロにお願いする場合は3万円~5万円ほどかかりますが、仕上がりと耐久性は自分で行う場合に比べるとその差は大きいです。

サンシェードで日差しをガード

また、カーフィルムの他に、サンシェードを付けるのも効果的です。ただし、サンシェードは後部座席のドアガラスかバックガラスにしか使えませんので、ご注意ください。

窓ガラスに塗るだけで紫外線をカット!

カーフィルムやサンシェードの他に、リキッドを窓に塗って紫外線をカットする方法もあります。効果は約2か月程度のものが多く、ムラのないようにしっかりと塗ることがポイントです。効果がなくなってきたと感じたら、塗り直しをしてください。ただし、夜間には視界が歪んで見えてしまうことがありますので、フロントガラスには使用できません。

クールUV99.5 プラス 60ml

クールUV99.5 プラス 60ml

 

まとめ

窓ガラスに塗るタイプは手軽ですが、プロにお願いするカーフィルム施工に比べると、効果はそれなりです。まずは今のクルマがUVカットガラスかどうかを確認しましょう。UVカットガラスが使われている車であっても、季節関係なく、長時間のドライブの際には、日焼け止めを塗ったり、肌の露出を抑えることを心がけましょう。

221616.com

written by norico編集部

f:id:noricoEditor01:20180326155546p:plain

クルマのことはいろんなサイトに情報が載っているけど、言葉もわからないから調べるのも大変・・・。「クルマのわからないことを、どんなひとにも、わかりやすく。」をモットーに、いろんなテーマで記事を執筆。norico編集部に取り上げてほしいトピックや質問、ダメ出しなど、随時募集中。