クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

軽自動車の車検にかかる費用、必要な書類や安く済ませる方法も紹介

軽自動車の車検にかかる費用を知っていますか?車検にかかる費用は少なくないため、事前にどれくらいかかるのかを把握しておきたいものです。本コラムでは軽自動車の車検にかかる費用と、必要な書類についてもご紹介します。

f:id:noricoEditor01:20190108143136j:plain

初めての車検であれば、一体いくらかかるものなのか、ご存知ない人も多いのではないでしょうか?

実際、車検にはかなりの費用がかかるもので、事前に知っておかないと急な出費に対応できないかもしれません。そんな方に向けて、車検の費用や必要書類、安く済ませる方法について詳しくご紹介します。

軽自動車にかかる車検費用は3種類ある

軽自動車の車検にかかる費用は、3種類あります。

法で定められたものから、依頼先によって異なるものなど、種類はさまざま。

ここではそれぞれの費用について詳しく解説します。

法定費用

法定費用はどこで車検を受けても同じ金額です。法定費用には以下の3つが含まれます。

自動車重量税

車両の重量に応じて課税される税金です。軽自動車の自動車重量税は5,000円を基本として、登録年数に伴う割増やエコカー減税が適用された金額になります。

自賠責保険

車検を受ける際には、必ず加入していなければなりません。2年間で契約することが多く、金額は25,070円です。

検査・印紙代

検査に伴う手数料を印紙で支払います。軽自動車は普通車に比べて若干安くなっています。

重量税 エコカー減税適用車 減税の適用が過ぎたエコカー エコカー以外の車
13年未満 13年超 18年超
免税~2,500円 5,000円 6,600円 7,800~8,200円 8,800円
自賠責 24か月 25,070円
25か月 25,880円
印紙代 指定工場 1,100円
認定工場 1,400円

「エコカー減税」とは、環境性能に優れた車に対して、 自動車税、自動車重量税、自動車取得税を軽減する税の優遇措置のことです。

「エコカー減税の適用が過ぎたエコカー」とは、以前はエコカー減税の条件を満たしていたものの、2018年5月から適用されたルールではエコカー減税の対象から外れたエコカーのことを指します。

 

重量税は、エコカー減税の対象となる新車から3年目の初回車検、さらに一定以上の環境性能を有している車の場合は、2回目の車検まで免税~2,500円が適用されます。 エコカー減税の適用が過ぎたエコカーは5,000円、エコカー以外で登録から13年未満の場合は6,600円、登録から13年以上経過した車7,800~8,200円、登録から18年以上経過した車は8,800円となります。

車検点検・整備費用

保安基準に適合しているかを確認することが主になりますが、万が一適合していなければ、適合するように修理をする必要があります。

24カ月点検といわれるもので、法律で定められた点検項目をチェックします。修理代もある程度は見込んでおきましょう。

保安基準には含まれないブレーキオイルの交換なども、一緒に行ってくれる工場もあります。 確認内容によって費用は変わります。

安く済ませるなら1万円程度でも可能ですが、最低限の項目のみの確認しか含まれていません。保安基準以外のポイントも確認してほしいとなると、5万円程度見込んでおきたい費用です。

予防整備・依頼整備費用

保安検査項目には含まれませんが、ブレーキパッドの減りといった項目外の検査をする場合もあります。

こういったとき、整備工場は予防整備(保安基準だけでなく、次の車検までの期間の安全を考えて行う整備)として、お客様に見積もりを出すことが義務付けられています。

エンジンオイルやバッテリーなどの消耗品は、基準を満たしていればそのままで問題ありません。しかし、2年に1度の車検のときにメンテナンスしておくと安心です。

軽自動車の車検時に必要なもの

・自動車検査証(車検証)

車検証は原本が必要です。コピーでは手続きできません。

また、車検証に記載されている使用者の印鑑が必要です。車に積まれているはずなので、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

もし紛失した場合は、管轄地域の軽自動車検査協会で再発行を依頼しましょう。自動車検査証再交付申請書(軽第3号様式)と手数料印紙(300円)を用意すれば再発行可能です。

・軽自動車税納税証明書

税金を納付してから2~3週間後に発行される証明書です。税金を納めていれば各自治体で発行してもらえます。

原則平日しか受け付けていないので、必ず車検に間に合うように発行しておきましょう。

・定期点検整備記録簿

法定点検の内容を記録するためのものです。車検前に点検整備を行う場合は必要ですが、車検後に点検整備を受ける場合は不要です。

用紙はダウンロードでき、自分で作成することも可能です。ただし、検査項目の中には、専門知識がないと作成するのが難しい項目が含まれています。

整備工場やガソリンスタンドに依頼するのが一般的です。

・自動車損害賠償責任保険証明書

加入が義務となっている、自動車損害賠償責任保険に加入していることを示します。

車検証同様、車に搭載しておく義務があるので、すぐに見つけられるようにしておきましょう。

紛失した場合の再発行は、保険会社の窓口で行うのが一般的です(代理店では不可能なことが多いです)。

・2回目以降に必要な継続検査申請書

軽自動車で車検を受ける際に必要となる書類です。軽自動車検査協会のホームページでダウンロードができます。事前に記載しておくと、当日慌てなくて済みます。

車検にかかる費用を安く抑えるには

法定費用以外は、業者によって作業料や手数料が異なるため、費用に差が出ます。車検は、ディーラーやガソリンスタンドといったところでも受けらます。それぞれのメリットとデメリットを把握して、車検を依頼しましょう。

  ディーラー 車検専門店 ガソリンスタンド カー用品店 街の整備工場
メリット 確実で丁寧な検査が受けられる 短時間で完了できる 店舗数が多く気軽に利用できる 部品の費用が安い 価格が安い
デメリット 点検費用、手数料が高い 車検に通るための整備しかしてくれない 予約がとりにくい 店舗によって当たり外れがある 技術差が大きい

事前に費用を把握して、車検の費用を準備

車検は必須であり、車に乗り続ける限り、定期的にまとまった費用が必要になります。いくらくらい必要かを事前に把握しておき、車検の時期に慌てて準備しなくて済むように、計画的に費用を準備しておきましょう。