クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

免許の名前を変更する方法とは?引越しや本籍地などの変更方法を紹介

免許証の名前や本籍、住所を変更したい場合、どのような方法で変更すればいいのでしょうか?変更方法と変更できる場所や時間、必要な持ち物についてご紹介します。変更に行ったら書類が足りない…なんてことにならないためにも要チェックです。

f:id:noricoEditor01:20190301021638j:plain

結婚や引越しなどのライフイベントがあった際は、運転免許証の記載事項を変更することが基本です。しかし、頻繁にあることではないので、どのように変更すればいいのか分からない方も多いでしょう。

今回は、本籍と名前、住所の変更方法と、変更しない場合の注意点についてご紹介します。

いざ変更に行ったら書類が足りない…なんてことにならないためにも要チェックです。

免許の名前を変更する方法と注意点

免許証には現在の自分の名前・住所が記載されている必要があり、結婚などで記載内容が変わる場合は、以下で紹介する手続きを踏まなければいけません。

手続きの際の注意点も紹介するので、ぜひチェックしてください。

免許の本籍と名前の変更はどこでできる?

本籍・苗字が変わった場合、管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場で免許証の記載事項変更手続きを行う必要があります。その際の届出を「運転免許証記載事項変更届」といいます。

管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場の受付時間は地域によって異なります。管轄の警察署は土・日・祝日と年末年始を除く平日の9時から16時、運転免許センター、運転免許試験場は各地域により平日だけでなく、日・祝日でも受け付けているところもあります。

平日に時間がある場合は最寄りの警察署へ、日曜日に時間がある場合は近くの運転免許センター、運転免許試験場を利用しましょう。

ただし、土曜日は記載事項変更手続きを受付してくれるところはほぼありませんので、土曜日以外で再度日程を調整する必要があります。

本籍と名前を変更する際の持ち物

記載事項変更手続きを行うためには、以下の5点を用意しなければいけません。

必要なもの 入手先
運転免許証記載事項変更 管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場
運転免許証 本人が所持
住民票(本籍の記載が必要) 市役所、区役所、コンビニ等
印鑑 本人が所持
在留カード(外国人のみ) 本人が所持

免許の本籍と名前を変更する際の注意点

記載事項変更手続きを行う際は、手数料はかかりません。先ほどは記載事項変更手続きに必要な持ち物について紹介しましたが、都道府県によって用意するものが異なる場合があるので、警察署、運転免許センター、運転免許試験場のホームページで確認する必要があります。

また、記載事項変更手続きをする際は、警察署で手続きすると比較的混雑していないこともありスムーズに手続きが進みます。

運転免許センター、運転免許試験場に行く場合は、運転免許の試験を受けに来ている人がいるなど、混雑している可能性が高いことから、時間にゆとりをもって手続きするよう心がけましょう。

免許の名前を変更しないとどうなる?

名前が変わったときに免許証を変更しなければ、道路交通法第94条の「免許証の記載事項の変更届出等の違反」に該当する可能性があります。

ただ、道路交通法に変更の期限については明記されていませんので、いつまでに変更しなければならないという決まりはありませんが、「速やかに」変更することが大切です。

また、免許証の名前を変更しなければ、免許証の役割である「身分証明書」の役割を果たすことができません。役所で書類を申請するときなど、免許証で身分を証明する機会が多いことも考慮すると、できるだけ早く免許証の名前の変更をした方がよいでしょう。

免許の住所を変更する方法とは?

免許証には自分の名前だけでなく住所も記載されています。引越しなどで住所を変更した場合も、速やかに申請手続きすることが大切です。変更方法については以下を参考にしてください。

免許の住所変更はどこでできる?

免許証に記載されている住所を変更する際は、名前を変更するときと同様に、管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場で記載事項変更手続きを行う必要があります。

管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場の受付時間は、管轄の警察署は土・日・祝日と年末年始を除く平日の9時から16時。運転免許センター、運転免許試験場は各地域により平日だけでなく、日曜祝日でも受付しているところもあります。土曜日はどの施設でも受付をしていないところがほとんどですので、注意してください。

住所変更は、手続きに「新住所の住民票」が必要なため、新しい住所のある都道府県で手続きを行わなければなりません。

免許の住所変更に必要な持ち物

免許証の住所変更に必要な書類は以下の5点です。

必要なもの 入手先
運転免許証記載事項変更届 管轄の警察署、運転免許センター、運転免許試験場
運転免許証 本人が所持
新住所が記載された住民票 市役所・区役所
申請用写真1枚(場合による) 証明写真機などで撮影
印鑑 本人が所持

住民票に関しては新住所が記載されたものが必要ですので、まずは市役所・区役所で新しい住所を登録する必要があります。新住民票が無い場合は公共料金の領収書などでも代用できますが、住民票であればどこの施設でも受け付けてくれるので確実です。

免許の住所変更をしないとどうなる?

免許証の住所変更をしておかないと道路交通法第94条違反となり、20,000円以下の罰金、 または科料の扱いになります。変更期限については定められていませんが、新居が確定したあとは、役所に速やかに新住所の届出を行ない、免許証の住所変更を行いましょう。

免許証の住所が旧住所のままだと、免許更新のハガキが届かないので更新を忘れてしまい、うっかり失効してしまう可能性が高くなります。さらに、旧住所管轄の警察署に出向くケースがあるため、手続きに手間と時間がかかります。

また、免許証は身分証明書としても利用できますので、現住所を証明することができないと不便なこともあるでしょう。

免許の更新時に名前・本籍・住所を同時に変更できる?

免許証の更新時に名前・本籍・住所を同時に変更することも可能です。免許更新に必要なものは以下の6点ですので確認してください。

  • 運転免許証
  • 更新連絡書
  • 運転免許証更新申請書
  • 縦3.0cm×横2.4cmの申請用写真1枚
  • 眼鏡、補聴器など
  • 印鑑


運転免許証更新申請書は免許更新を行なう施設に置かれています。申請用写真は警察署で免許更新を行う場合は必要ですが、運転免許センター、運転免許試験場で免許更新を行う際は、現地で撮影してもらえるため不要なところが多いです。

上記に加えて、住所変更をともなう場合は「新住所の住民票」「健康保険証」「マイナンバーカード」「新住所が確認できる公共料金の領収書」があれば、住所変更を同時に行うことができます。

また、氏名の変更がある場合は「本籍地記載の住民票」が必要ですので、合わせて持参してください。

免許の記載事項が変わるときはすぐに変更しよう

名前、本籍、住所が変わった際は、なるべく早く免許証の内容変更をすることが重要です。近くに免許センターがない場合は、管轄の警察署で変更できます。免許証の氏名や住所を変更する際に必要なものも事前に準備しておきましょう。

免許証の変更をしなければ道路交通法違反となり、罰金や科料の対象になってしまいます。

それだけでなく身分証明書としての役割を果たすことができないなどのデメリットもありますので、名前や住所が変更された場合は、すみやかに変更手続きをしましょう。